本日のポイント&重要指標:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】知らないと絶対に損するFXキャッシュバック【2月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【3月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金8,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金5,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
M2J 特製レポート (NEW)10万円入金
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
春分3月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計8社限定タイアップキャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメ(*´∀`)っ【iii】ツクシ
会社名(詳細はココ↓) 金額 条件(解説はコチラ↓)
ヒロセ通商 10,000円 入金+10万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 10,000円 入金+20万通貨取引
DMM.com証券 20,000円 10万入金+スマホ500lot取引
外為ジャパンFX20,000円 10万入金+スマホ500lot取引
本日のポイント&重要指標 ブログトップ
前の7件 | -

【The End of Trump rally】下院・オバマケアを、君に【3月24日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

なんとなくエヴァネタw うん、まぁ結局は政治ショー継続ってことなんですけどね(´・ω・`))´-ω-`))ウン やはりオバマケアの改廃ごときでモタつくようではトランプの掲げる大規模減税なんて不可能ということで、トランプ・ラリーの終焉が騒がれています。

結局のところ、この代替法案を通して予算を成立させなければ、税制改革法案を上院の過半数獲得で可決することができませんからね。ある意味で、最初から最大の難関が立ちはだかっているといったところでしょうか。

sfxmnpc2482.jpg
↑もうトランプは身動きが取れなくて終了するヵモ…。(Photo:PD/CC0)

昨日から今日にかけての値動きをまとめると、昨日(23日の東京市場は、1ドル=111.30〜111.50円台で上値の重い展開でした。この日は森友学園理事長の籠池氏が国会で証人喚問されていた影響もあったのか、序盤はやや円が売られて高値をつけましたが、その後はやはり伸びず。

海外市場は、1ドル=110.60〜111.30円台で大きく下押されました。欧州市場では、軟調な推移を続けました。米長期金利(10年債利回り)の低下もあり、安値をつける場面も。

NY市場では、オバマケアの代替法案を巡る政治動向に右往左往する展開となり、共和党の支持を取り付けたといった報道で急激に反発しましたが、結局は先送りとなっており、やや失望が残る格好となっています。

今日も111円台前半で上下を続けていましたが、方向感は出ずでやはり上値の重い状態は継続となっており、モメンタム的にも下なのかなと思います┗(; -`д-)┛オモー

それでは、今夜の政治ショーの見どころや、ドル円相場の展望やトレード戦略について解説していきますので、ぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ドル円】トランプ・ラリーの終焉?オバマケア攻防が正念場に【3月23日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

昨日のNYダウは前日の下げ過ぎ感もあったのか、流石に底堅く持ち直しました。ただし、オバマケアの改廃をうまくやらない限り、市場も見限ってトランプ・ラリーが終了するのではといった見方も増え始めていますので、引き続き警戒が必要でしょう(ノ)´Д'(ヾ)アワワ…

やはり昨日の記事でも書いたように与党内の調整すら困難を極めるようであれば、トランプ大統領が実行するとしていた大胆な減税政策など夢のまた夢ですからね。それを織り込んで動いてきた相場が一気に巻き戻される可能性すらあります。

sfxmnpc2478.jpg
↑オバマ前大統領がゾンビとなって復活!?(Photo by Don McCullough/CC BY 2.0)

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(22日の東京市場は、1ドル=111.30〜111.70円台で弱めの値動きとなりました。前日のNYダウの大幅安を引きずる形で日経平均株価も大きく下落しており、ドル円も序盤から上値が抑えられる展開でした。

海外市場は、1ドル=110.70〜111.60円台で1円近い下落を記録しています。欧州市場では、東京市場の流れそのままに株安や米長期金利(10年債利回り)の低下からドルが売られて軟調な推移となりました。

NY市場では、オバマケア廃案に向けて下院での調整が難航していると伝えられたことで、トランプ大統領の政権運営を不安視する見方が強まり、一段と下押されて安値をつける場面もありました。

今日のドル円はやや買い戻されました。森友学園理事長の籠池氏の証人喚問も影響したかもしれませんねw ただ、上値を伸ばそうという意欲には乏しく、再び反落という流れです↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

それでは、今夜の最大の注目ポイントであるアメリカ議会下院における決議の行方やドル円相場の展望について詳しく解説していきますので、ぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【オバマの亡霊】新材料はトランプ政治?減税政策は遅れるとの見方で株安&ドル安へ!【3月22日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

FOMCを通過して今週は新たな材料探しとしていましたが、どうやらついにトランプの政策や政権運営といった政治ネタがターゲットとなりそうです。

トランプを信じてついてきたNYダウも200ドル以上下げるなど大崩れの展開となっており、ようやく夢から覚めそうな感じです。まぁ高値圏で入りにくさはありましたから、ある意味では待ちに待った展開でもあるでしょう。問題はどこで下げ止まるか?(どこから入るか?)ということでしょうけど・・・(-ω-; ムム…

sfxmnpc2475.jpg
↑支持率低下が伝えられるトランプ大統領…。(Photo:Pixabay/CC0)

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(21日の東京市場は、1ドル=112.20〜112.80円台でやや小高く推移しました。序盤は売り仕掛けもあったのか急落する場面もありましたが、その後は自律反発的な動きもあって高値をつけるなど底堅さを見せました。

海外市場は、1ドル=111.50〜112.80円台で1円幅を超える下落を記録しています。欧州市場では、材料不足の中高値圏で伸び悩む展開でした。

NY市場では、米長期金利(10年債利回り)の低下からドル安となり、またオバマケアの改廃に伴う調整の難しさから政権運営に疑義が生じたことで、減税政策も先送りされるのではといった見方が広まってNYダウは大幅安となっており、原油の冴えない動きも合わさって、株&金利&ドル&原油が下がるクワドロプル安となりました。

今日のドル円は下値試しモードでしたね。長らく続いた1ドル=111.50〜115.50円のボックス圏を下方向へ抜け出そうという意欲にあふれています。そして、抜けてしまったのでいよいよ110円の大台を試しそうな雰囲気:;(∩´﹏`∩);:

てなわけで、今後注目すべきトランプ政権の動向とドル円相場の目先の展望について詳しく解説していきますので、どうぞよろしくお願いします。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【モミ合い】原油相場には異変も?ロシアの裏切りに加え想定以上に技術革新が早く…【3月21日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

1週間20pips生活のゆきママです!というわけで、今日も時間をかけましたがチマっとトレードして成功しております。詳しくはツイートを見ていただければ幸いです(`・∀・´)ノヨロシクゥ


やはりドル円相場は相変わらず冴えない動きです。113円手前の112.80〜112.90円が壁となっているようで上値は重たいです。まぁ下値も堅いので大崩れはしていませんが、今夜はもう一段下を試す可能性が高いのかなと。

そして、為替についてはあまり書くこともないので、今日はここ最近下押された原油をクローズアップしてみたいと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

sfxmnpc2472.jpg
↑ロシアは音楽も素晴らしいのですがどうして…。(Photo:Pixabay/CC0)

週明けからのドル円相場を振り返ると、昨日(20日の東京市場は祝日(春分の日)で休場。アジア時間帯は、1ドル=112.40〜112.70円でやや弱含む展開でした。G20の声明がアメリカに配慮される形で反保護主義を盛り込まなかったことがやや影響したかもしれません。

海外市場は、1ドル=112.40〜112.80円台での上下でした。欧州市場では、自律反発的な動きとなっており、やや反発して高値をつけています。NY市場では、エバンズ・シカゴ連銀総裁やカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁らから発言がありましたが、いずれもハト派的で米長期金利(10年債利回り)低下したことでドル円も下押されて安値圏へ。

今日も狭目のレンジで往って来いですね。まぁ下がったら下がったで買いたいという向きもあるようで底は支えられていますが、今後どうなるかといえば微妙なところでしょうか(´・ω・`))´-ω-`)) ウン

というわけで、タイトルにもあるように原油相場を取り巻く現状と今後の展望についてまとめておきますので、ぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ECBナイト!ドラギ記者会見の見どころ展望を簡単解説【3月9日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

今日はドラギナイトですね。21:45にECB理事会の結果発表、その後22:30からドラギECB総裁の定例記者会見が行われます。今回も特に政策の変更はないでしょうが、政策の方向性は注目されています|ω'*)ジー

ちなみに前回もそこそこドラギマジックは成功し、直後はユーロ売りに傾いたんですよね。新味に欠けるドラギの発言でユーロが売られるとは思っていなかったのですが・・・。まぁ賞味期限は短く、すぐに反発しましたけどね。

sfxmnpc2439.png
↑前回1月19日の会見直後はユーロ安。(チャート:外為どっとコム

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(8日の東京市場は、1ドル=113.50〜114.00円台で軟調気味の推移となりました。序盤に発表された中国の貿易統計が3年ぶりの赤字となったことをやや嫌気する形で値を下げました。ただ、終盤には米長期金利(10年債利回り)が上昇したことでやや買い戻されています。

海外市場は、1ドル=113.60〜114.70円台で1円幅を超える上昇となりました。欧州市場でも米長期金利の上昇が続き114円台を回復し、続くNY市場ではADP雇用報告が予想を大幅に上回る数字を記録したことで高値をつけました。ただ、終盤にはアメリカの原油在庫増を受けて、原油が大幅安となりドル円も大きく下落して取引を終えています。

今日は比較的底堅い推移ですね。ルペンリスクも大きく後退したことが報じられており、リスクオン気味です。原油に関しては在庫増はもちろんですが、ロシアの減産履行が進んでいないことも要因となっています。必ずロシアはどこかで裏切ると・・・(*`ω´*)

というわけで、今夜のECBイベントの見どころや相場展望について解説していきますので、ぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【膠着】ルペンリスク消滅なら引き締めか?ユーロ買いに警戒!【3月8日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

ドル円は相変わらず上値が重く膠着状態で、NYダウもそんな感じですね。まぁダウの方は一旦利食いして押し目を待っても良いかもしれませんc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

まぁドル円やダウに関しては、今週末の雇用統計や来週のFOMC、予算教書公表といったイベント待ちですから、まだまだこの状態が続く可能性が高いでしょう。ただし、ユーロに関しては今週のECB理事会が大きなポイントになる可能性がありますので警戒しておきましょう。

sfxmnpc2438.jpg
↑最近は説得力がないドラギ総裁。(Photo by INSM/CC BY-ND 2.0)

週明けからのドル円相場を振り返ると、一昨日(6日の東京市場は、1ドル=113.60〜114.10円で高値を維持できずレンジ内で神経質な値動きでした。北朝鮮のミサイル発射に加え、日本の米軍基地をターゲットにしたと報道されたことで懸念が高まった模様。

海外市場は、1ドル=113.50〜114.00円台で反発する場面もありました。欧州市場では、東京市場の流れから安値をつける場面もありましたが、米長期金利(10年債利回り)が上昇したことでドル買いが徐々に優勢に。NY市場では、上値を伸ばす場面がありましたが、冴えないNYダウを眺めて伸びきれずの流れ。

昨日(7日の東京市場は、1ドル=113.80〜114.00円の極小レンジでの値動きとなりました。週末に雇用統計を控えていることや目立った材料もなくモミ合いに。

海外市場は、1ドル=113.70〜114.10円台で小動きが続きました。欧州市場では、独経済指標の下振れなどからやや円が買われて安値をつけましたが、下値も限定的でした。NY市場では、米長期金利の上昇で114円台に乗せましたが、ダウが上がらない中では上昇力は限られました。

今日は上値が重く反落する場面もありましたが、その後は反発しています。先ほどの(米)2月ADP雇用報告の予想を大幅に上回る数字から一段高となっていますが、114.00円ラインの引力がどう作用するかといったところです[115.00円]д°`>⊂(・ω・`)ヒッパリ

それでは、タイトルにもあるようにフランス大統領選挙の現状や明日のECB理事会におけるポイント、ユーロ相場の現状についてまとめておきますので、ぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ピーク探し】深夜のイエレンFRB議長講演で3月利上げは確定するか?【3月3日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

流石に昨日のNYダウは下げましたが、21000ドルの大台は維持といった流れ。ダウに関しては戦略が明確で、常に軽めにポジションを持ちながら利食いを挟みつつ、押し目があればしっかり拾っていくといった形になるでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

ドル円については、やはり114円台に乗せたことで売るにも買うにも確信を持つのが難しい状況になりました。短期的には上を目指すことも十分考えられますが、上がったら上がったでトランプ陣営のドル高牽制なども予想されます。

まぁ深夜のイエレンFRB議長の講演によって、3月利上げが確定することになるでしょうが、そうなった時の値動きはしっかり見ておきたいところでしょう|ω'*)ジー

sfxmnpc2427.png
↑3月利上げは8割近く織り込み済みで限界か?CME Groupより)

ここまでの値動きについてまとめると、28日の東京市場は、1ドル=112.30〜112.80円台で右肩下がりの値動きとなりました。前日のNY市場の一段高から高値圏でのスタートとなりましたが、日経平均株価の弱さもあり伸びきれずに反落という流れでした。

海外市場は、1ドル=111.60〜112.80円台で上下に大きな動きとなりました。欧州市場では、下値模索の流れでジワジワ値を下げる展開。NY市場では、この日の流れから弱めの動きは続きましたが、終盤に各連銀総裁が3月利上げを強く示唆する発言があり、急速にそれを織り込む形で大幅上昇しました。

1日の東京市場は、1ドル=112.70〜113.60円台で一段高となりました。トランプ大統領の議会演説は新味に欠ける内容だったものの、無難にまとめたこともあってかリスクオン(選好)気味の上昇を続けました。

海外市場は、1ドル=113.40〜114.00円台で上昇は継続。欧州市場では、東京市場の流れを引き継ぐ形で上値を伸ばしました。NY市場では、経済指標の好調さにも支えられてNYダウが大幅高となったこともあり、ドルはジワリと上値を伸ばしています。

2日の東京市場は、1ドル=113.60〜114.10円台で小高く推移しました。早朝にブレイナードFRB理事が早期利上げを支持したことからややドルが買われました。

海外市場は、1ドル=114.00〜114.50円台でジワジワと上値を伸ばしました。欧州市場では、流れそのままにドル買いが続きました。NY市場でも米長期金利の上昇とともにドルが買われましたが、この日はNYダウが大幅安となったことで上値が抑えられました。

今日は114円台前半での上下が続いています。そろそろ買い疲れや利上げの織り込みが完了しつつありますから、これ以上はといった感もありますので、基本はピーク探しになりそうです(^ω^=^ω^)ドコダロ

それでは、今夜の見どころやドル円を中心に今後のトレード戦略について解説していきますので、ぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | - 本日のポイント&重要指標 ブログトップ

初月無料!お値段以上のメルマガ配信中です(`・ω・´*)b

b_0001673898_468x120 (2).png