本日のポイント&重要指標:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【6月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金8,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金5,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
M2J−CFD 特製レポート (NEW)10万円入金
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
衣替え6月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメ(人*´ω'*)ィィ
本日のポイント&重要指標 ブログトップ
前の7件 | 次の7件

【ポンド&ユーロ】英総選挙と仏大統領選で右往左往?【4月19日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

昨夜、無料メルマガの方でフランス大統領選挙の展望についてお送りさせていただきました。まぁメイ首相の突然の発表でボツになってしまった原稿なんですけど(ノ∀`)アチャー

概ね展望としてはあんな感じで描いています。詳しくは投資戦略も含めて再度まとめさせていただきますが、マクロン氏が通過できなければ地獄の蓋が開いてしまうのかなと・・・w

sfxmnpc2582.jpg
↑マクロン氏が第2回投票に進めないと…。(Photo by Ecole polytechnique Université Paris-Saclay/CC BY-SA 2.0)

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(18日の東京市場は、1ドル=108.80〜109.20円台のレンジ内で上下しました。前日のNY市場でムニューシン米財務長官が長期のドル高は国益といった発言によるドル買いを受けて高値スタートとなりましたが、株価とともに伸び悩み。

海外市場は、1ドル=108.30〜109.10円台で下落しています。欧州市場では、序盤は高値圏での動きが続いていたものの、突然、メイ英首相が議会を解散して6月8日に総選挙を行うと発表したことから、ポンドが買われ、ドルが売られる展開に巻き込まれる格好でドル円も下落しました。

NY市場では、リスクオフ(回避)の流れから米国債が買われており、米長期金利(10年債利回り)がますます低下する中でドル売りが進んで安値をつけています。

今日は流石に買い戻されていますけどね。ただ、本質的なドル買い材料はありませんし、フランス大統領選挙の不透明感が続くのであれば、上値は重いままかなと思います⊂ ´⌒つ´Д`)つダルオモー…

そして、読者の皆様からはユーロやポンド相場の昨日今日の値動きについて多く質問が寄せられましたので、ゆきママの分かる範囲で今後の展望などを解説させていただきます。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【日米経済対話】ムニューシン米財務長官の発言で一段高!【4月18日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

タイトルにもあるように、未明にムニューシン米財務長官が長期的にドルが強いことは良いことだと述べたことで一段高となりました。まぁこの発言以外にも、NYダウが大幅高となったこともドル円の下支えにはなっていますけどねΣb( `・ω・´)グッ!

ただ、株価がこれだけ戻しても、米長期金利(10年債利回り)は相変わらず低いままで、まだまだ様子見といった感もあり、ドル円が底を打ったかといえばかなり微妙でしょう。

sfxmnpc2573.png
↑米長期金利。少なくとも2.3%台に乗せてこないと110円復帰はなさそう。

週明けからのドル円相場を振り返ると、昨日(17日の東京市場は、1ドル=108.10〜108.70円で軟調な推移となりました。早朝のオセアニア市場は上窓スタート。北朝鮮の核実験がなかったことなどから反発してドルが買われました。しかしながら、東京市場オープン直前から急落し、安値をつけた後は安値圏でモミ合うという流れでした。

海外市場は、1ドル=108.20〜109.00円台で一転して上昇するなど流れが変わっています。欧州市場では、イースターマンデーで主要市場が休場ということもあり、モミ合いが続きました。NY市場では、米企業の好決算を足がかりにNYダウが大幅高となり、ドル円も堅調な推移を続けてムニューシンの発言で一段高という流れ。

今日は一旦高値圏で様子見といった感じですね。このまま110円を回復するのであれば、底打ちといった話も出てきそうですが、そうでなければ再び下落圧力が高まることでしょう┗(; -`д-)┛オモー

それでは、現在行われている日米経済対話の見所やドル円相場の見通し、トレード戦略について解説していきますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【北朝鮮有事】Xデーは明日?持ち越す際は最大限警戒&検討を!【4月14日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

実に不穏な空気が漂っていますね。米NBCニュースが先制攻撃をする準備を進めていると報じています。核実験をしようとしている兆候が見られた場合に限るとしているものの、明日4月15日は朝鮮民主主義人民共和国の偉大なる指導者で永遠の総書記として名高い金日成同志の誕生日ですからね!

というわけで、明日は偉大なる首領様の生誕祭(105周年記念)なので、核実験を行うのではないかとの見方が広がっており、場合によっては米国が先制攻撃をする可能性があるのとことですので、ポジションの整理は必ず検討しておきましょう\_( ゚ロ゚)ハィココダイジ!

sfxmnpc2559.jpg
↑金日成と金正日。見分けつかない…。(Photo by José Fernandes Jr. /CC BY 2.0)

昨日今日の値動きをまとめると、昨日(13日の東京市場は、1ドル=108.70〜109.20円台での上下となりました。トランプのドル高けん制発言から、トランプラリー以後割り込んだことのない200日移動平均線を試しに行く値動きでした。ただ、一旦は反発して高値圏で取引を終えています。

海外市場は、1ドル=108.90〜109.30円台のレンジ内で上下しました。欧州市場では、細かな値動きに終始。NY市場に入ると、新規失業保険申請件数の好結果や主要企業の好決算による株高を受けて、ややドル買いが強まる場面もありましたが、米軍がアフガニスタンに爆撃との一報が伝わると、再び安値圏まで値を下げています。

昨日から今日にかけてのドル買いはショートカバーが中心でしょうかね。今日もNY市場がお休みなので、昨日と同じ程度の値動きしか出なさそうですが、本質的に弱い状況は変わらないでしょう。

それでは、米軍の先制攻撃の可能性を含めて、目先のドル円相場の展望について解説させていただきますので、よろしくお願いします(*´▽`*)ノ))

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【1ドル=108円台】トランプのドル高けん制発言を受けてだが単なる理由探し?【4月13日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

ゆきママのブログ、あるいはツイートを見ている方はそれなりに勝てたと思います(´ε`*人)メチャゥレシ! やはり流れに逆らった短期のロング(買い)はダメですね。ここ1ヶ月ぐらいはずっとショート(売り)推奨でしたが、その通りになって良かったです。

まぁ要因はトランプ大統領がWSJのインタビューに対し、「ドルは強くなりすぎている。最終的には害をもたらすと異例の言及を行なったことが報じられたことなので、偶然の要素も強いですが、本質的なドル安というよりは、ただ売る材料を探しており、それに乗っかるといった流れなのかなと。

sfxmnpc2555.png
↑ドル円は底が見えなくなりつつ…。(チャート:外為どっとコム

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(12日の東京市場は、1ドル=109.30〜109.70円台で弱めの推移となりました。110円台に戻すのが難しそうで、上値の重い展開からジワリと下方向への動きが続きました。

海外市場は、1ドル=108.90〜109.80円台で1円幅近い下落を記録しました。欧州市場では、欧州株が反発したこともあり、やや持ち直して109円台後半でのモミ合いが続きました。

NY市場では、欧州市場に引き続き小動きが続き、一時的に持ち直して高値をつける場面もありましたが、トランプが冒頭にあるドル高けん制発言をしたことで、ドルは売られて急落し、安値をつけています。

今日は流石に下げすぎ感もありますし、東京時間帯はここ最近は全然動きが出ていないので、モミモミ停滞が続いています。まぁ引き続き弱めの値動きは続きそうな気配ですね⊂ ´⌒つ´ω`)つズコー

それでは、気になる市場の現状と目先のドル円相場展望についてまとめておきますので、ぜひお読みいただければ幸いです。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【シリア】今晩の注目は米露外相会談!ドル円の上値は重いか?【4月12日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

為替相場については、とりあえずポジションを閉じておこうモードで弱めの流れが続いています。まぁ加えて、とりあえずショート(売り)の意識もあるでしょうかね。これだけ問題が山積みだと、仕方ないような気がします(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン

そして、今日の最大の注目ポイントは米露外相会談となるでしょう。ただ、今の所は雰囲気は最悪の模様です。まぁシリア攻撃時はロシアと話がついており、あくまでプロレスといった見方もありましたが、単に米国が踏み込みすぎたのかなといった感があります。

sfxmnpc2253.png
↑ティラーソン外相を迎え入れたロシアの空港は黒煙が立ち込めており…。

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(11日の東京市場は、1ドル=110.50〜110.90円台で弱めの値動きとなりました。序盤をピークにして上値の重さが意識される格好で、上値を切り下げながら押し下げられる展開でした。

海外市場は、1ドル=109.50〜110.70円台でついに110円の大台を割り込みました。欧州市場では、急進左派のメランション氏が巻き返したとのことでリスクオフ(回避)の動きが強まりましたが、ユーロ売り・ドル買いの流れの中でドル円は動けず。

NY市場では、序盤から下値を試す動きが広がり、110.00円ラインをあっさり割り込みました。リスクオフの流れは続いており、米長期金利(10年債利回り)が下がり、NYダウも下落する中でドル安も進み、トリプル安商状となりました。

今日は日経平均が大幅安となる中、ドル円も一段と下げる場面がありました。まぁ北朝鮮有事を理由にしているだけといった感もあるというか、単に弱いだけではないのかという気がします(´-ω-`)ヨワヨワ…

それでは、タイトルにもあるように本日、最も注目される米露外相会談の行方や目先のドル円相場展望について解説させていただきますので、よろしくお願いします。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【戻り売り】目先のインフレ期待が萎む中でドル円の上昇は厳しそう【4月11日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

東芝の会見を見ていたら、ブログの更新が遅れてしまいましたm(・ω・m)モウシワケアリマセン まぁ完全に時間の無駄でしたねw 逆ギレというか開き直りというか、これまで散々粉飾まがいのことをしておいて、自分たちは頑張ってるアピールをされてもね〜といった感じでしょうか。

東芝は置いておくとして、相場の方はなかなか厳しさを増しています。ドル円については、111円台の定着にすら失敗しており、このままだとやはり下落圧力は徐々に高まっていくのかなと。110.00円の大台ラインは硬いですが、繰り返している通り時間の問題かと思います。

sfxmnpc2547.png
↑基本はレンジですがショート中心に。(チャート:外為どっとコム

週明けからのドル円相場を振り返ると、昨日(10日の東京市場は、1ドル=111.00〜111.50円での値動きでした。序盤はゴトー日要因でドルが買われ、小高く推移しました。激動の前週を乗り切り、まさにアク抜け感もあったでしょう。ただし、上値を伸ばしきれず、前週と同じく111円半ばで一旦ストップの格好となりました。

海外市場は、1ドル=110.80〜111.40円台で概ね弱めの値動きが続きました。欧州市場では、調整的な値動きにとどまり、一旦調整といった感じのモミ合い。NY市場では、NY連銀が発表した3月調査でインフレ期待が大幅に弱まっていたことから米長期金利(10年国債利回り)が低下し、ドルが売られる展開でした。

早朝にあったイエレンFRB議長も総じてハト派的でしたしね。まぁ安定維持で以前のように過熱感を懸念するといった感じはなくなってしまっています。そんな感じで、今日のドル円もジワ下がりって雰囲気ですね↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

というわけで、とりあえず原油なども含めた相場全体について今日はまとめておきますので、現状理解に活用いただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【FOMC議事録】バランスシート縮小観測で急落!米中首脳会談はどうなる?【4月6日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

今日はちょっとしたおはぎゃあ相場から始まりましたね。まぁ今週の展望記事などでも再三繰り返してきましたが、やはりモメンタム的には下方向ということでしょう。ちょっとでも嫌な材料があれば、とりあえず下落するといった印象です↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

そして、今日からいよいよ米中首脳会談が行われます。各エコノミストらの見方は様々ですが、概ね友好ムードを作るのではないかとされています。トランプも国内のごたごたで外交どころではないといった面もありますし、習近平も無闇に刺激することはないだろうとのこと。

sfxmnpc2527.png
↑アメリカVS中国のバチバチな構図だと…。(Photo by Iecs/CC BY 3.0)

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(5日の東京市場は、1ドル=110.50〜110.90円台で反落しました。序盤は比較的強めの動きで高値をつけたものの、その後は下落に転じて安値をつけており、軟調な推移となりました。

海外市場は、1ドル=110.30〜111.40円台で1円幅を超える下落を記録しています。欧州市場では、小高く推移してやや反発。NY市場では、序盤に発表された3月米ADP雇用統計の上振れを好感する形で一段高となり、111円台へ。3月米ISM非製造業景況指数は予想を下回ったものの、まずまずの数字。その後のFOMC議事録で年内にバランスシート縮小と伝わるとドルが買われて高値をつけたが、株には悪材料とされてNYダウが反落すると、ドル円も押し戻されて急落しています。

今日は日経平均の大幅安もあって下落する場面もありましたが、一定レベルの底堅さもあって一旦は110円の大台割れを回避しています。まぁ明日の雇用統計が下振れれば割り込む可能性は結構ありそうですね(ノД\lll)コワイヨー

てなわけで、未明に発表されたFOMC議事録の内容について解説しつつ、米中首脳会談の行方やトレード戦略についてまとめておきますので、ぜひお読みいただければ幸いです。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | 次の7件 本日のポイント&重要指標 ブログトップ

初月無料!お値段以上のメルマガ配信中です(`・ω・´*)b

b_0001673898_468x120 (2).png