ロスカット・・・撤収・・・回復不能・・・ブログ終了・・・:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

ロスカット・・・撤収・・・回復不能・・・ブログ終了・・・ [本日の収支]

ブログ記事のランキングを見ると、先日の円高と協調介入でロスカットされたり、追証発生でブログを終了された方が多かったようですね。私の読んでいた方もブログをいったん終了させるそうです(´・ω・`)
私は迷ったら様子見という感じなので、円高時も協調介入時も全くのノーポジションでやり過ごしていましたが、影響の大きさは計り知れないですね。

↓以下本日の収支
勝敗:28勝7敗 収支:+39,900円
sfx007.jpg

今日は夫と子供が寝た22時頃からトレード開始、今日は完全なもみ合い相場。方向感が全く無いまま80.90-81.05円付近で収束しつつあったので、80.90円付近で買い→80.95円付近で決済81.05円付近で売り→81.00円付近で決済をひたすら繰り返し、1~3pipsを細かく取っていくような取引で約プラス4万円で取引を終えました。時間にすると2時間程度の取引でしたが、ポジションはどれも3分以内に決済し、急騰や暴落のリスクにおびえながらトレードしてました。こういう日は神経を使うので、ちょっと胃が痛くなるような取引となりました。

sfx008.jpg

↑80.95円付近に収束していく感じの図
この後は下値をうかがう展開になるのか、上値をうかがう展開になるのかわからないところです。ただ今日は80.80-81.30円とかなり狭いレンジでの値動きに終始したため、明日以降は膠着状態の打開のため荒い値動きになるのではないかと予想しています。リスクヘッジを考えながら慎重にトレードしていきたいと思います。

ちなみに今日の収益の全ては東日本大震災の復興支援として全て募金させていただこうと思っています。ただ適当な募金先を知らないので、もし知っている方がいたら教えていただけるとうれしいです。

↓このクマを遠慮なく叩いて(クリック)してやってください。私のやる気にもつながったりします。
人気ブログランキングへ
↓ついでにこのパンダっぽい生き物もクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

幸福星

募金先は日本赤十字社が無難だとおもいます。
by 幸福星 (2011-03-23 05:46) 

お節介焼き

日本赤十字が一番確実でしょうがTVや銀行などの募金も大丈夫だとは思います
人の善意を疑いたくはありませんが街頭募金は個人的に避けています
by お節介焼き (2011-03-23 23:42) 

お節介焼き

失礼しました<(_ _)>挨拶が先でしたね

初訪問&初カキコの『お節介焼き』と申します
by お節介焼き (2011-03-23 23:44) 

yukiyuki

>幸福星様
>お節介焼き様

ご丁寧にありがとうございます。日本赤十字社に募金させていただくことにします。募金したら、また改めてご報告しますので宜しくお願いします(`・ω・´)
確かに街頭でもやってるんですけどね・・・たくさんの人が・・・本当に人の善意は疑いたくないのですが、たびたび問題になってますよね。なんとか取り締まれないのでしょうか。。。
by yukiyuki (2011-03-24 08:09) 

お節介焼き

街頭募金のみならず実在の団体名を勝手に語って募金を求める輩もいるようです
そう言う連中は人の皮を被った何かなのでしょう…
きっと心というものが無いのだと思います
募金をする行為は立派ですが募金先にはくれぐれも注意してください
by お節介焼き (2011-03-24 15:47) 

yukiyuki

そうなんですか。被災地のことを考えたらそんなことはできないと思いますが、想像力が足りないのでしょうか。。。
募金先には気をつけます。ご忠告本当にありがとうございます。
by yukiyuki (2011-03-25 09:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0