本日(31日)のバーナンキFRB議長講演 市場動向&展望予測まとめ:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

本日(31日)のバーナンキFRB議長講演 市場動向&展望予測まとめ [市場概況]

いよいよ今週のメインイベントとなる(米)バーナンキFRB議長講演23:00から予定されています。週の序盤から注目を集め、ドル・円で続く膠着相場(バーナンキ待ち状態)もこれが原因となっていました。

今回の講演は経済政策のシンポジウム(ジャクソンホールシンポジウム)で行われ(毎年8月後半に開催)、2010年は追加金融緩和の可能性に言及し、量的金融緩和策第2弾(QE2)実施。2011年はそれほど強い示唆はなかったものの、その直後のFOMCでツイストオペを実施するなど、2年続けて金融緩和策実施の前哨戦となっていることなどから、今回も追加緩和に関する何らかの示唆があるのではないかと期待感が高まっています

市場としては期待感が高まっていますが、専門家の多くは「QE3を含めたその他の新たな政策を示唆する発言はないだろう」と見ているようです。例えば、ゴールドマン・サックスのアナリストらは、講演では「金融政策の短期的な戦略について、先週発表されたFOMCの議事録よりもさらに詳しく触れられることは無いだろうと」しています。

そもそも議題が『金融危機以降の金融政策』ということもあって、これからの金融政策を述べるというよりは、むしろこれまでを振り返るといった内容であることや、また昨年からFOMC参加者にはルールがあり、FOMC議事録以上のことを語ってはいけないと指摘されている点から考えても、示唆のある可能性は低そうです。

しかしながら、経済成長の目標を示すなど、経済全体がより大きな回復を示すようになるまで金融緩和を維持する方針を打ち出すなど、踏み込んだ発言をする可能性もあるので、気が抜けない展開となりそうです。

というわけで結論を言うと、バーナンキ議長が何らかの示唆をする可能性は低そうですが、市場の間で重大な政策発表を行うとの期待が高まっていることは否めず、当然(示唆への)期待感があればあるほど、無かった場合の落胆は大きくなり、値動きにも表れてくるかと思います。

もちろん、専門家の予想に反してバーナンキ議長が踏み込んだ発言を行った場合には、追加緩和を期待してのさらなるドル安(円高)ということになるかと思います。

大体こんな感じでしょうか。まぁゆきママ個人としては、専門家の予想と同じく期待はずれに終わってしまう可能性が高いのかな~と思います(;´∀`) そうするとドル高(円安)方向に振れるわけで、上値を伸ばしそうな予感が・・・。その場合だと79円台にすんなりのせられるかどうかでしょうね。

というわけで、結局はバーナンキFRB議長の講演内容次第!ということになりますので、23:00からの値動きには注意しましょう。一応ゆきママも参加予定ですが、値動きがはっきりしてから流れに沿ってチマチマ抜いていく感じでやろうかと思っています(∀`*ゞ)


↓今週も1日1回の応援ポチよろしくお願いします(●´ω`●)ゞ

↓うちのおちびにもお願いしまーすヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ

ゆきママのブログのバナーから口座開設すると、限定で私が選んだ為替本がもらえるチャンスです!3社ともそれぞれ違うので、3冊とも読んでみてください(ノ´∀`*)
   ゆきママ×外為ジャパン紹介記事8/31まで延長決定!)
   ゆきママ×ヒロセ通商紹介記事9/2まで延長決定!)
   ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介記事8/31まで)
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、必ず外為ジャパントレイダーズ証券【みんなのFX】及びヒロセ通商のHPをご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、必ずご確認下さい。)
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0