【シリア情勢で混迷】為替相場(ドル円)~今週(26~30日)総括と来週の展望~:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【シリア情勢で混迷】為替相場(ドル円)~今週(26~30日)総括と来週の展望~ [市場概況]

今週はシリア情勢が思わぬ緊迫化したため、市場も後手後手で対応したといった感じの1週間でした。米英仏による軍事介入の可能性も高まりをみせて、リスクオフ(回避)ムードが強まっちゃましたね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

円高・株安といった流れになったおかげで、外貨預金と株を買いまくってるゆきママにとっては苦しい1週間でしたが、終盤はイギリス議会で介入が否決されたことや、アメリカが単独で動いたとして軍事施設の空爆程度に止まるとの見方から、市場も落ち着きを取り戻し、警戒感が和らいでいます。

現在の状況は、国連調査団の分析を待って、結論は来週以降に持ち越しとなりました。ただし、アメリカが万が一ミサイル攻撃(空爆)以上の軍事介入を行うようであれば、再び混迷を極めることになりそうですので、念のため今後の推移にも注目しておきましょう。

そして、そんなシリア情勢の影にすっかり隠れる形となってしまった、アメリカのQE(量的緩和)早期縮小期待ですが、今週発表された米経済指標は、強弱が入り混じるマチマチの内容で、見極めにくい状況が続いています。

極端に良かったり・悪かったりの結果だったので、9月に縮小を開始するかどうかは、本当に蓋を開けてみないとわからないといった感じになっています(-`ε´-;)ンー

ただ、もちろん来週発表される雇用統計(雇用者数・失業率)が大きな目安となっていますので、その結果によっては一気にどちらかにセンチメントが傾くことになる可能性もありますので、当然ですが要注目です(`・ω・´)

sfx1138.png
↑8月26日~8月30日の週。ドル円相場は1ドル=96.80~98.84円

今週の総括:シリア情勢緊迫化で混乱した1週間

26日の東京市場は、1ドル=98.40~98.80円台で軟調な推移。序盤こそ日経平均株価が上昇して始まったことを好感して、ドル・円も上値を伸ばしたものの、その後は利益確定の動きも強く株価が反落すると、それにつれてドル・円もジリジリと値を下げるといった動きで、株式にらみの神経質な展開だった。
 海外市場は、1ドル=98.20~98.70円台の狭いレンジで忙しい動きだった。欧州市場は、ロンドン市場が休場となっていたことから、閑散として商い薄。ほとんど値動きのないモミ合いが続いたが、底堅い株価を好感したのか終盤にはやや上値を伸ばした。NY市場では、(米)7月耐久財受注が予想を大きく上回る悪化となり、急落スタート。ただ、この悪化をQE(量的緩和)早期終了後退として捉え、株式市場がこれを好感する形でNYダウが堅調に推移したことから、高値圏へ突入するなど株価との綱引きをする場面も。しかしながら、その後にケリー国務長官がシリア政府が化学兵器を使用したとの見解を示したことから、シリア情勢の緊迫化を嫌気してNYダウが失速し、ドル・円も下落した。
 
27日の東京市場は、1ドル=98.00~98.70円台で円買い優勢となった。シリアに対する米英の軍事介入が懸念されたことで、NYダウが大きく値を下げていたことから、日経平均も大幅安でのスタート。これを受けてドル・円も急落。その後、株価が値を戻すにつれて、ドル・円も上昇を見せたが、結局は株価の動きとともに押し戻さる形で下落した。
 海外市場は、1ドル=97.00~98.40円台でリスク回避の動きが鮮明だった。欧州市場は、株価が下落スタートとなったことから、ドル・円も大きく値を下げた。欧州の経済指標は良好だったものの、ユーロ買いは限定的で、クロス円と共に円買いの動きが優勢だった。NY市場では、米高官らの話から軍事介入は避けられないとの見方が広がり、円高・株安の流れが継続した。軍事攻撃が29日になるとの具体的な報道も市場の不安を誘った。そんな中、注目されていた(米)8月消費者信頼感指数などの経済指標はかなりの好結果となったものの上値は限定的で、NYダウの下落と共に弱含む展開だった。

28日の東京市場は、1ドル=96.80~97.30円台での値動き。シリア情勢へ対する懸念から、日経平均が大幅に値を下げてスタートし、つれてドル・円も失速して97円台を割り込んだ。ただ、売り一巡後は徐々に買い戻す動きも強まって、株価が下げ幅を縮小すると共にドル・円も値を戻すなど株価にらみの展開となった。
 海外市場は、1ドル=97.20~97.80円台で堅調な推移。欧州市場では、東京市場の流れから買い戻す動きが継続し、序盤はドル買い優勢。新情報は無かったものの、米国債が売られたことによる長期金利の上昇がQE縮小への思惑を意識させた模様。そして、買い一巡後は様子見ムードとなり、モミ合いが続きました。NY市場では、米長期金利の上昇もあってかドル買い先行。また、前日下げすぎた反動から値ごろ股間もあったのか、NYダウが堅調な推移をみせ、ドル・円も高値圏まで上昇した。しかしながら、買い一巡後はシリア情勢を見極めたいとの思惑から伸びきれず、そのままモミ合いながら取引を終えた。

29日の東京市場は、1ドル=97.40~97.90円台のレンジで大きく上下。前日のNY市場での動きから、リスク回避感が一服したのか、序盤からドル買いで反応した。目新しい材料は無かったものの、NYダウの上昇から日経平均も上昇したことで、ドル・円も上値を伸ばすといった展開。この日も株価の動きに左右される神経質な状態が続いた。
 海外市場は、1ドル=98.00~98.50円台での値動きとなった。欧州市場では、前日まで続いていたシリア情勢に対する過度な懸念が後退したことで、買い戻す動きが活発だった。株価と米長期金利が堅調に推移したことも下支え。NY市場では、注目の(米)Q2GDP<改定値>が大幅に上方修正されたことでQE早期縮小への期待感が高まり、高値圏に突入しましたものの、勢いは続かず米長期金利の下落とともに下押しされました。その後、株価の堅調さなどもあって再び高値へトライするも、上値は重く再び押し戻されてモミ合いが続いた。

30日の東京市場は、1ドル=98.00~98.40円台での振幅。序盤はシリア情勢に対する警戒感が後退したリスクオン(選好)ムードから、堅調な推移となった。さらに日経平均が上昇して始まったことで、ドル・円も高値圏まで上値を伸ばしたが、その後は株価の失速とともに下落。なお、この日発表された日本の失業率や有効求人倍率など、一連の指標は回復傾向を示していた。
 海外市場は、1ドル=97.80~98.30円台で全体的に様子見ムードとなった。欧州市場は米3連休前ということや週末+月末といった特異日を意識したのか、序盤に上下したものの、その後はわずかに上昇するといった大人しい値動きとなった。NY市場では、序盤こそドル買いが優勢となったものの、その後はやや押し戻されてのモミ合いとなり、3連休前ということを意識したのか特に大きな値動きは無かった。ちなみにこの日発表された経済指標はまずまずといったところで、ほぼ事前予想通りだった。


来週の展望:当然、雇用統計をにらんでの値動き

今週は先週に書いたように、QEの動向を静かに眺めて様子見相場となるのかな~なんて思っていたら、シリア情勢で一気にリスク回避に傾くといった週でした。有事のドル買い・・・なんて言ったりもしますが、アメリカが当事者国だと流石にそういう動きは無く、円高・スイスフラン高、そして株安といった流れでした。

注目の的だったはずのアメリカ量的緩和(QE)縮小については、そんな連日のシリアに関する報道でかき消された感もありますが、現段階ではまだまだ結論が出せない状況ですね。9月に行われるFOMCで1つの結論が出ることになりますが、その動向は未だに不透明。最初にも書いたように、経済指標がマチマチの結果となったため、なんともいえないんですよね・・・(゚ω゚;A)ドウナルカナー

ただし、来週は言うまでも無くイベント(経済指標)盛りだくさんの1週間となるため、そこで今後のQEの行方というのが決まってくる可能性もあります。もちろん一番の注目は雇用統計ですね。ここで強い結果となれば早々に9月QE縮小が織り込まれて、一気に円安・ドル高といった動きも考えられます。

まぁあとはやっぱりシリア情勢ですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー 今のところ一旦は市場も落ち着きを取り戻しているものの、今後の推移は予想できない面を多分に含んでいますからね・・・。なので、多少はポジション整理をするなど、有事に備えておきたいという思いはあります。

そんなわけで、来週はいよいよ9月ですね!海外勢もバカンスからやっと帰ってきて、本格参戦することが見込まれるため、以下にもドル買い・株高といった動きを期待したくなりますが、雇用統計までは値動きも限定的なのかなといった気がします。

とはいえ底堅い動きが続くとは思うので、来週はわかりやすい相場となることを期待したいですね(b´∀`)ネッ!

 来週注目の経済指標(ドル円)
2日(月)は特になし
3日(火):23:00 (米)8月ISM製造業景況指数
4日(水):27:00 (米)ベージュブック公表 他
5日(木):21:15 (米)8月ADP雇用統計
      :21:30 (米)新規失業保険申請件数
      :23:00 (米)8月ISM非製造業総合景況指数
6日(金):21:30 (米)8月雇用統計(失業率・雇用者数)

来週は月曜日がNY市場が休場(労働感謝の日)です(。-ω-)zzz… ただ、それ以降は重要指標ラッシュとなりますね(。゚ω゚)ハッ! 当然どれも雇用統計の結果をにらんでの動きとなってきますので、よく見ておきたいところでしょう。

というわけで、改めてですが来週からは9月なんですね(*´ω`*) いよいよ秋の足音も少しずつ近づいてきているようなそんな感じの日々です。

そうそう、9月で思い出しましたが、いよいよ消費税増税をどうするか結論が出てくることになりますが、もう増税の方向で決定のようですね・・・。ニュースでもやっていましたが、自民党の石破幹事長が来週にも開く党税制調査会会合について、税率引き上げの是非を議論する場ではないとの考えを示しました。

記者団に対し、引き上げは党として決定している。誰も異論はない。増税による経済失速をもたらさないための方策をまとめ、安倍晋三首相に伝える作業だ」と述べています。

増税待ったなしです。まぁわかってましたけどね・・・。そもそも有識者会議も完全な出来レースとしか思えませんでしたもん。こうなったらもう増税は確定ですので、問題となるのは法人税引き下げがセットになるかどうかが今後の相場の焦点ですね。とりあえずこの流れは海外勢が好感しそうなので、円安・株高になってくれればせめてもの救いなのですが・・・。

なんだか最後に暗い話に(つ﹏<)・゚。 少しつらい日々が続きますが、どうにかして乗り切れたらと思います。こんな感じで今週のまとめでした。

それから今月の収支についてはこれからまとめていきます(;´∀`) 夜10時ぐらいにはアップできると思いますので、そちらもどうぞよろしくお願いします(∀`*ゞ)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(人・ω・*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります( >ω<)9ヨッシャ♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
9月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中(〃∀〃)ゞ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0