【12月】シストレ(自動売買)運用・収支状況+明日の日銀・金融政策発表についても簡単解説まとめ:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【12月】シストレ(自動売買)運用・収支状況+明日の日銀・金融政策発表についても簡単解説まとめ [シストレ]

お疲れ様です。まぁ今日はFOMCでがっちり稼いだので、久々にシストレ(自動売買)の収支や運用状況についてまとめるほか、明日の日銀・金融政策発表についても簡単に解説しておきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします(ノ´∀`*)

今年の7月18日に運用を開始してから、あっという間に5ヶ月も運用しているんですねw まぁ基本放置でトレードされてしまうので、イマイチ何かをやったという意識は無いままきてしまいました。ただ、ゆきママもそろそろストラテジー選びに関して、ある程度基準が出来上がってきたのでそれらを含めながら今日はやっていこうと思います。

随分このブログでシストレ(自動売買)については扱ってきましたから、ほとんどの方がご存知だと思いますが、あまり知らないという方のためにちょっとだけシストレ(自動売買)について説明しておくと、現在ゆきママが運用しているのはミラートレーダーというシステムで、ストラテジー(戦略ソフト)を選ぶと自動で取引してくれるシステムになっています。

忙しくて時間がない方や、裁量取引だと心理面などからブレてしまって上手くトレードができないといった方に、人気の取引手法になっています。基本はなんといっても放って置けば自動でトレードしてくれますからね。さらに、ここ最近は各社1,000通貨取引対応になったこともあり、1万円程度の小額資金からでも自動売買を楽しむことができるようになりました(∩´∀`)∩

一般的に裁量トレードよりもシストレの方が裁量取引と比べて平均的な損失額が少ない【FX成功の哲学】ストラテジーの選び方やシストレを始める時の注意点についてまとめてみました(ノ´∀`*))となっていますが、ゆきママが思うにルールを守れるか守れないかの違いであると思います。

要は、シストレの場合はストラテジー(戦略ソフト)に従ってトレードするだけなので、感情の入る余地が無く淡々とトレードしていきます。もちろん損切りも同様に一定の法則に従う形でしっかり切ってくれますが、裁量の場合だと、冷静な判断ができずになかなか損切りできないという方も多いので、損失を広げてしまいがちなのでしょう。

そういった意味でシストレは有利なので、ルールがしっかり守れてリスクコントロールできている人は別として、なかなか感情が邪魔してトレードをコントロールできないという方は、もしかしたらシストレの方が好結果を生む可能性があるかとおもいます(*´ω`*)

やってみると選ぶだけなので簡単ですし、興味がある方はまずは小額資金からということで、今月の収支などについてまとめていきます↓

運用状況@インヴァスト証券「シストレ24」:有効証拠金額+111,702
sfx1405.png

今月もめっちゃ低調です(ノ∀`)アチャー 9月の大爆発は夢だったのか・・・。ここ3ヶ月ぐらいは相変わらず微妙な状態が続いています。まぁ勝ったり負けたりで一進一退といったところ。それでもストラテジーを増やしてリスクを分散している分大きく負けてはいませんが、逆に増やしすぎてるのも問題なのかな~と考えさせられました。

sfx1404.png
↑12月の全トレード履歴。一応は微妙にプラスとなっていますw

ちなみに先月紹介したBrand(EUR/AUD)君は意外とやんちゃな子でして、使い始めた当初は良かったのですが、徐々に荒れてしまい不良になってしまったので3週間ぐらいでサヨナラしました( ゚д゚)ノシ サラバジャー

う~ん、先月は思い切って新興系のストラテジーを中心にポートフォリオを作成してみましたがイマイチでした。やっぱり新興系は直後はたくさん稼いでくれるのですが、その後は安定感が無いというか結構荒れてしまうので切り時が難しいですね。

なので、今回は初心に戻って一番好調だった8~9月頃の選択基準で採用していくことにしました。あの頃は右も左もわからなかったので、T-Scoreや年間の収益、取引の平均利益や稼動以来の収益が大きくプラスであるものを中心に選んでいました。

要は老舗系ストラテジーを選んでいたのですが、最近になってそれが正解のような気がしてきました。ゆきママも猪瀬都知事と同じようにストラテジー選びの基準がブレまくっていますが、今度はしっかり基準をはっきりさせて取り組んでいきたいと思います(`・ω・´)

選択基準としては、T-Scoreが8.0以上であることストラテジーの稼動以来の損益がプラスストラテジーの年間損益がプラス(1~3ヶ月間でもなるべく安定していること)という3点でしょうか。

①のT-Scoreに関しては、評価基準が公開はされていないものの、トレード回数や利益率などを総合的に判断する指標となっているので、やはり8.0ぐらいは欲しいところです。②~③については安定性重視ですね。とにかくこれまでにきっちりと利益を出し続けているかどうか、そして直近での状態についても重視してみました。

最初はこんな感じで選んでたんですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー いつからか新興系ストラテジーに走るようになってしまいましたが、ここで調子の良かったころに立ち返ってやっていきたいと思います。

そんなわけで現在の状況についてまとめておくと以下のようになりました↓

■取引資金(有効証拠金)
 111,702円(12/19現在:10万円スタート)
■取引単位
 1,000通貨
■ポートフォリオ(ストラテジー組み合わせ)
OnTheRiver(GPB/JPY) 1k×4
QuickShift(EUR/JPY) 1k×1
tagosaku adx(EUR/JPY) 1k×1
TidalWave(EUR/USD) 1k×4
■推奨証拠金額(合計)
 156,800円

以前使っていた懐かしのストラテジーたちが帰ってきた感じです。まぁなんだかんだ言いながらあの頃が一番安定していましたからね。そういった意味でも老舗系ストラテジーでなんとか建て直しを図りたいところです。今後どうなるかは来月の報告をお楽しみに!

とまぁ大体こんな感じでまとめさせていただきます。それでは最後に、10月から新たにミラートレーダーを採用してサービスを開始したFXプライム byGMOなど、ゆきママお勧めのシストレ業者についてまとめておきますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

FXプライム byGMO紹介&解説ページ
10月から新たにサービスインということで、まだコンテンツについては寂しい印象もありますが、リミット・ストップ機能が他社に比べて充実しており、0.1pips刻みで設定することが可能になっています。きっちり管理をしたいという方にはオススメの会社となっています(。´∀`。)

ちなみに今なら1回取引(1,000通貨でもOK)で1,000円のキャッシュバックを実施しています。ほかと比べるとショボショボですが、まぁ入金制限もないのでやっておいて損はないかと思いますので、興味があるかたはぜひどうぞ↓

インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説ページ
あっという間に50,000口座を突破するなど、シストレ業界でも最大手です。ちなみに特徴としてはやはり独自ストラテジーの多さが光ります(*´ω`*)

しかも現在、限定タイアップキャンペーンを実施中(*`・ω・)ゞ 1,000通貨の1往復取引(1,000通貨でもOK)で最大15,000円のキャッシュバックがもらえる破格のキャンペーンとなっています↓

セントラル短資FX紹介&解説ページ
今年から新たにサービスインしましたが、コンテンツの充実度などは目を見張るばかりです。スプレッド(実質的な取引コスト)についても、業界最高の狭さなのでコスト面では恐らくここがNo.1でしょう!

ちなみにキャッシュバックキャンペーンについては、1回取引(1,000通貨でもOK)で5,000円もらえますヾ(*´∀`*)ノ しかも入金制限など資金拘束が特にないので、資金があまりない方にもお勧めのキャンペーンです↓

もちろんご存知だとは思いますが、シストレ業者のキャッシュバックもおいしいのでしっかり攻略して、取引資金にしながら投資を楽しむということも十分可能ですので、ぜひぜひ攻略していただければと思います。



そしてここからは明日の(日)日銀・金融政策発表について簡単に解説しておきます。ここ最近は存在感が無く割とスルーされがちですが、今回に関して言うと割と注目度は高めなのかもしれません。

FOMCの直後ということもありますが、今回の発表ではある種の懸念が取り沙汰されています。それは、年明け以降の国債買い入れ額が減少するかどうかといった点で、大いに注目を集めることになりそうです。

思い出してほしいのですが、黒田総裁が就任してから2週間後の4月4日に驚くべき規模の異次元緩和を打ち出しました。その政策の目玉となったのが、国債買い入れ額を大幅に上積みするということで、それ以降は7兆円を上回る規模で毎月国債を買い入れていました

ただ、今年と同規模の買い入れ額を来年も維持するとすると、1ヶ月あたり6.5兆円に減少してしまうのではないかという指摘があり、特に海外勢が敏感に反応するのではないかという警戒感が漂い始めています(; ・`д・´)

基本的に今年と同規模の買い入れを来年も行うわけですから、緩和縮小(テーパリング)ではないのですが、今年は1~3月分に異次元緩和を行っていなかったことから、その分4月以降の買い入れ額がやや多くなっています。しかしながら、来年はもちろん1月から異次元緩和状態の買い入れを行うため、2013年の4~12月期の平均7兆円を下回ってしまうということですね。

なんとも悩ましいというか、年単位で見れば同じなのですが、月単位で見ると1ヶ月あたりの買い入れ額が減ったかのように感じてしまうので、その辺を市場がどう判断するかといったところです。恐らく日銀・黒田総裁がこの辺については丁寧に市場に説明していくことになると思いますが、それで特に海外勢が納得するかどうかが非常に微妙なところですσ(o・´ェ`・o)ン-

じゃあ来年の国債の買い入れ額を増やせばいいじゃん!っていう話でもあるのですが、国債の買い増しに関しては他の委員から根強い反対もあり、日銀が現状についての認識を変えない限りはほぼありえないでしょう。

これまで、他の委員から腰折れ懸念が指摘されているものの、黒田総裁自身は2年で2%の物価上昇目標(インフレターゲット)について、順調に道筋をたどっていると強気な姿勢を繰り返しているため、そういった点から考えても今回の会合で増額することは考えにくいです。

従って今回は下手をすると日本版テーパリングと勘違いをされて、ドル・円相場が下落する可能性に注意したいところでしょうか。まぁ海外勢が理解してくれれば問題ないんですけどね・・・ヾ(゚Д゚;)ォィォィ

まぁ円安トレンドは継続すると思われますが、そろそろ利益確定をしておきたいといった面もあるでしょうし、今回の日銀・金融政策発表がその材料に使われるという可能性は否定できません。

なので、トレンド自体を変化させるほど大きな材料とはならないと考えていますが、直前直後についてはこういった日本版テーパリングといった見方などが相場を下押しするかもしれませんので、明日はこの辺によく注意してトレードに望みたいところです。

ちなみに最後に日程だけ確認しておくと、以下のようになっています↓

10:00~15:00 日銀・金融政策発表
15:30~ 日銀・黒田新総裁会見

日程については上記の通りです。正確な時間は決まっておらず、会合が終わり次第発表。そして会見という流れになっています。

う~ん、今回はなんとも微妙な(ノ∀`)アチャー 無風通過も十分あるとは思うのですが、ゆきママ的には下押しの動きを警戒しておきたいところでしょうか。ただ、いずれにせよ一過性の動きと考えられるので、トレードアイディアでいうと押し目を探しながら慎重にやっていきたいですね。



とまぁ日銀については大体こんなところでまとめておきます。それではここからはいつものように昨日今日のドル・円相場と今日明日の値動きについて考えていきます。

昨日の海外市場は、1ドル=102.60~104.30円台で大きく上昇しました。欧州市場では、FOMCを控えていたこともあって値動きに乏しい状態が続き、103円手前での小動きが続きました。

NY市場では、序盤に発表された(米)11月住宅着工件数が好結果だったことなどから、103円台を回復して上値が重いながらもジリジリと上昇しました。そして、大注目の(米)FOMC・金融政策が発表されると、発表直後は大きく乱高下しました。ただ、意外にもテーパリングの開始が決定し、100億ドル規模の量的緩和縮小が伝わると急騰しました。その後は長期金利や株価を見ながらの上下となりましたが、利上げに関しては当初の予定よりも長い期間行わないという姿勢を強く打ち出してバランスをとったため、それを好感してNYダウが大きく上昇したことなどから、一気に104円台に突入しました。昨日はドル高・株高・金利上昇といったトリプル高となり非常にわかりやすい値動きとなっています。

今日の東京市場は、1ドル=103.70~104.30円台でやや利益確定の動きが強まって軟調に推移する場面もみられました。日経先物が大きく上昇していたこともあって、早朝は高値を維持していたものの、大幅高で始まった日経平均がこの日も寄り付き後動かないということもあり、徐々に利食いのドル売りが優勢となって、やや値を下げました。

ただ、先ほど始まった欧州市場では、モミ合いながらも上値を探る動きとなっており、全体的にはまだまだ円安の余地はありそうです。

今後のドル・円相場について考えていくと、今日は22:30から(米)新規失業保険申請件数、24:00には(米)11月中古住宅販売件数、12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数、11月景気先行指数などが予定されており、材料は多めの1日となっています。

昨日の値動きを見る限りだと、割と素直に指標の結果に反応しているので、今日も結果の良し悪しで動いていくことになりそうです。FOMC後というやや不安定な相場状態を考慮すると、いつもより強めに動きが出そうな感じがするので、やや警戒しながら結果を眺めておいたほうが良さそうです。

あっさり105円というパターンも想定はしておきたいですが、どちらかというと利益確定のための口実を探しているといった思惑もありますので、今日は急落といった動きに要注意でしょう。

攻防のポイントとしては、上は高値となった104.30円近辺でしょう。この辺はテクニカルラインもありますので、上値目処として意識するならこのあたりです。逆に下は103.50円近辺にテクニカルがややあるので、まずはこの辺が目処でしょう。どちらかに抜けてしまった場合は大きく動いていくことになりますので、しっかりと意識しておきましょう。

というわけで、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。最近のゆきママはなかなか体調が整わず、なんだかブログの更新が遅れがちで申し訳ありません。骨折以降、いつも以上に家事にかかる時間が増えてしまって、なかなか更新できずにいます。・゚・(ノД`)・゚・。

と、同時にコメントに対する返信なども遅くなってしまっていて本当にごめんなさい( TДT)ゴメンヨー もっときちんと返信していきますし、記事のほうは明日はもう少し早めにアップしていきますので、今後もどうぞよろしくお願いします。


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*`・ω・)ゞ

↓ニャンちゃんにもポチ!元気につながります(っ*´∀`*)っゲンキデルー♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

超重要\_(`・д・)チュウモク! 知っていましたか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFX外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(3) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 3