【速報】緩和縮小継続!新興国不安はさほど重要視せず、100億ドルの減額決定!:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【速報】緩和縮小継続!新興国不安はさほど重要視せず、100億ドルの減額決定! [市場概況]

タイトルにもあるように、QE(量的緩和)縮小が継続されましたね(b´∀`)ネッ! 新興国市場の混乱から通貨や株価が急落し、今回は緩和縮小を見送るのではないかという憶測も広がっていましたが、やはり事前の予想通り、2月から債権購入額を月額で100億ドル減らし、合計650億ドルにすると発表されました。

内訳は、国債購入が50億ドル減で350億ドル、モーゲージ債(MBS)も50億ドル減で300億ドルとなり、債券購入額を100億ドル減らし、計650億ドルとすることになっています(*´ω`*)

当然といえば当然ですが、ここ最近の新興国経済へ対する懸念というのは、ほとんど無視されました。声明文の中でも特に言及はありませんでしたし、FRB(米連邦準備理事会)にとっては取るに足らぬことだったということでしょうか。

そもそも下げすぎというか、下げるための口実に利用されてる感じでしたしね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー アルゼンチンを含め、新興国の大半はどうでもいいというかなんというか・・・。まぁ中国の景気減速懸念というものは注意して見ておかなければなりませんが、現状では日米の経済状況は安定し、さらに改善を続けていますから当たり前の判断と言えるでしょう。

というわけで、前回のFOMCに続き今回も100億ドル規模の緩和縮小となりました。ここからはFOMCの声明文やドル・円相場の値動きについてまとめておきます↓

■04:00(米)FOMC・金融政策発表(声明)要旨
米長期国債は月額400億ドルから350億ドルに縮小
モーゲージ債(MBS)を月額350億ドルから300億ドルに縮小
・金融政策は全会一致で決定した
雇用指標はまちまちだが、全体をみるとさらに改善したことを示している
インフレ見通しが2.0%を下回り続ける場合ゼロ金利を維持する公算

とりあえず冒頭でお話したQEのさらなる縮小が発表されたほか、まさかの結果となった12月雇用統計についても一定の評価をしているようで、今後の見通し的には明るいのかなといったところです。

そしてやはりゼロ金利政策はかなり長引きそうですね。失業率が6.5%を下回っても、特にインフレ見通しが2.0%を下回る場合、FF(フェデラルファンド)金利の誘導目標をかなりの期間0―0.25%に維持する公算としていますので、ある意味ではもはや失業率6.5%という数字には意味がないのかもしれません。

う~ん、結局フォワード・ガイダンス(政策指針)に大きな変更はなかったものの、ゼロ金利政策についてはさらにもう一歩踏み込んで、失業率とインフレターゲット目標の両方をクリアしない限り、FRBが十分と判断しない限り続けられるということになりました。

失業率に関しては予想を上回るペースで改善していますが、インフレ率に関しては思うように上がっていないのが現状なので、もはや数字的にあまり意味を持たなくなりそうです。そうそうに失業率が6.5%を下回ったとしても、インフレ率はなかなか上がないので、ゼロ金利終了の大きなハードルになるかもしれませんヾ(°∇°;) オイオイ

こんな感じで、前回と同様に量的緩和を進める代わりにゼロ金利政策に関しては長期化する可能性を示唆するなど、バランスのとれた内容になっています。

普段の状態であれば、これらの結果からドル買いに傾いてもおかしくなさそうだったのですが、昨日は残念ながらFOMCの前に新興国経済へ対する懸念が再び高まり、大きく値を下げていたことから値動きは限定的でした↓

sfx1518.png
↑発表時のドル・円チャート。直後はドル買いで反応したものの方向感なし。

一応発表直後はドル買いで反応したのですが、その後は再び下落・・・再び上昇といった流れで方向感は定まらず、なんだかあの地震計のような上下を繰り返しました

相場の状態としては、量的緩和縮小に伴って日米の金融政策差、金利差を意識したドル買いと、新興国からの資金引き上げによる経済ダメージを懸念して安全資産である円買いという、同じ材料を元に相反する動きが出たことがこの値動きの原因となっています。

個人的には新興国市場へ対してそこまで敏感になる必要はないと思うのですが、市場はFOMC直前のリスクオフ(回避)ムードの高まりを意識してか、なかなか上昇せず、かといって下落せずといった気迷いムードとなってしまいました(´・ω・`)

これらに関しては、市場で結論がでるのを待つしかなさそうですね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー ただ、新興国へ対する懸念というのは、徐々に弱まってくると考えられるので、個人的には警戒しつつもドル買いで参加したいところが・・・。

今後のドル・円相場に関しては、昨日もお話したようにしばらくは株価新興国通貨の値動き次第といったところでしょう。この辺がしっかりしてくれば一安心ですが、崩れた場合は再び102円割れといった動きも出てくるかと思いますので、注意して見ておきましょう。

こんな感じで昨夜のFOMCについてまとめさせていただきました。値動きとしては寂しい結果となってしまいましたが、ドル買いに結びつきやすい内容だったことは救いです。

ゆきママはもちろん今日もトレードしていく予定です。また夜にそれらの結果などをまとめていきますので、どうぞよろしくお願いします。それではまた夜に( ゚∀゚)ノシ マタネ♪


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びます(pq′▽`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉\_(´∀`)ココ注目!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1