【オリンピック開幕】為替相場(ドル円)~今週(3~7日)総括と来週の展望~【そして寝不足へ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【オリンピック開幕】為替相場(ドル円)~今週(3~7日)総括と来週の展望~【そして寝不足へ】 [市場概況]

こんばんは(ヽ'ω`)グフッ… ソチオリンピックの見すぎで寝不足のゆきママです。昨日もずっと見ていましたが・・・またその話は後ほど・・・(´;ω;`) ブワッ

今週のドル・円相場は序盤はISMの下ブレもあってリスク回避的な動きもあったのですが、中盤以降は新興国経済の懸念も和らぎ始めたのかな~といった感じでした。なので、週末のビックイベントである雇用統計には期待していたのですが・・・。

しかし、残念ながら(米)1月雇用統計はまさかの結果となってしまいました。雇用者数が予想を大きく下回り、寒波の影響は間違いないのですがどの程度のものかもわからないので、どうにも捉えにくい内容に。ただ、QE(量的緩和)縮小が少なくとも加速しないだろうとの見方が強まって、株高の流れから102円台をキープして取引を終えています。

来週はまず雇用統計の消化と、そしてこの結果を受けての新FRB議長のイエレン氏による議会証言が大きなポイントとなりそうです。もともとハト派色(緩和推進派)が強いことでしられていますが、2ヶ月連続で低調に終わった雇用統計についてどういう見方を示すのかが注目されます。

株式市場では、月100億ドルの縮小をキープして欲しいという思惑があるため、今回の雇用統計は渡りに船といった面もあるので、ハト派のイエレン議長らしい姿が見られればまずまず大丈夫なのかなといったところです(*´ω`*)

sfx1549.png
↑2月3日~2月7日の週。ドル円相場は1ドル=100.57~102.75円

今週の総括:後半は落ちついてきたものの雇用統計が…

3日の東京市場は、1ドル=101.90~102.40円台での値動。マーケットオープン直後は日経平均株価の下落を織り込んで下押しする動きが強まったが、売り一巡後は買戻す動きが優勢となり午前は堅調で、株価の軟調な動きとは対照的。大口投資家による買いが下支えとなった模様。ただ、午後に入って株価が一段と値を下げると、その動きにつられる形でドル・円も下落した。
 海外市場は、1ドル=100.70~102.20円台と大きく値を下げた。欧州市場では、序盤は高値圏でのモミ合いを続けていたものの、欧州株が下落に転じると102円台を割り込むなど次第にドル売り優勢に。その後は株価の動きに合わせる形で反発するも、戻しは限定的だった。
NY市場では、NYダウが冴えないスタートとり弱めの動きでスタート。さらに、雇用統計の先行指標として注目を集めていた(米)1月ISM製造業景況指数の大幅な悪化を受けて一段と値を下げることとなった。その他、米長期金利(10年債利回り)も急低下しており典型的なトリプル安相場。その後、一旦は目先の防衛ラインである101.00円ラインで踏みとどまるも、株価が一段と値を下げたことを受けて100円台へ突入した。

4日の東京市場は、1ドル=100.70~101.30円台で買い戻す動きがやや優勢だった。序盤は大幅安で始まった日経平均の動きとは裏腹に、本邦実需筋からのドル買い観測などもあって、ジワジワと上昇した。しかしながら、午後に入って日経平均が一段と値を下げ600円超安となると、それにつられて大きく下落した。
 海外市場は、1ドル=100.80~101.60円台でリスク回避の動きが一服し買い戻される展開となった。欧州市場では、序盤は東京市場の流れから弱含んでスタートしたが、欧州株が下げ止まると徐々に値を戻して101円台を回復。さらに新興国の通貨安も一服していたことで、その後もジワジワと値を戻してNY市場へ。
NY市場では、株価や米長期金利(10年債利回り)がしっかりとした値動きとなっており、それとともにドル・円も上昇した。特に目立った材料は無かったものの、新興国通貨が下げ止まったことでリスクオフ(回避)ムードが後退していた。また、要人発言では、ラッカー・リッチモンド連銀総裁が「QE縮小停止のハードルはかなり高いなどとしたため、それらの思惑も手伝って堅調な動きとなった模様。

5日の東京市場は、1ドル=101.30~101.70円台で株価を見ながらの値動きとなった。株価が小高く始まったことで高値を維持していたものの、日経平均が失速したことでドル・円も大きく下押しされた。ただ、終盤にかけては株価が切り返したことでやや値を戻しており、底堅い。
 海外市場は、1ドル=100.80~101.60円台で激しい値動きを見せる場面もあった。欧州市場では、EU圏の小売売上高の悪化によってユーロ・円が下落したことに伴って、ドル・円もジワジワと値を下げる展開と。株価も冴えない動きとなって、米長期金利も低下していたことなども背景となった。
NY市場では、上下に激しい動きも。序盤に発表された(米)ADP雇用統計は予想値をやや下回った程度だったものの、これを受けて一段と弱含み安値圏へ。この後直後の(米)1月ISM非製造業景況指数は予想を上回り、特に雇用指数が2010年10月以来の高水準となったことで、高値圏まで上昇した。そして再び大きく値を下げるなど方向感なく忙しい値動きだった。それでも、ADPもISMもなんとか切り抜けたということで、概ね市場は好感ムードで株価のしっかりとした動きに支えられて値を戻して取引を終えた。

6日の東京市場は、1ドル=101.30~101.60円台のレンジ内での値動きだった。日経平均株価が小高く始まったが伸び悩み、ドル・円相場も株価の動きにあわせて上下を繰り返すだけといった状態。やはり当日のECBや翌日の雇用統計といったビックイベントを控えて値動きは限定的だった。
 海外市場は、1ドル=101.20~102.10円台でほぼ1円幅で大きな上下となった。欧州市場では、ECBを控えて、東京市場の流れを引き継ぐ形で狭めの動きで様子見ムード。そして注目の(欧)ECB・金融政策発表では、政策の変更は発表されず現状維持とのことで、あまり値動きはなかった。
NY市場に入り、(欧)ドラギ総裁記者会見が行われ、少なくとも3月までは緩和措置が行われないとの見方が強まると、ユーロが買われたことでユーロ・円が上昇し、それにつられる形でドル・円も上昇した。そして新興国通貨が堅調に推移する中でNYダウや米長期金利が大きく上昇したことで、一段高となると102円台を回復して取引を終えた。

7日の東京市場は、1ドル=101.90~102.00円台の狭いレンジでの小動きだった。株価は堅調な推移を見せたものの、ドル・円は昨日の段階で上昇しきった感もあり伸び悩み。これから雇用統計を控えていることもあって、典型的な様子見モードで利益確定の売りと期待感からの買いが交錯してほとんど値動きはなかった。
 海外市場は、1ドル=101.40~102.50円台と1円を超える振れ幅。欧州市場では、雇用統計待ちといった状態であまり値動きはなく、102.00円近辺での上下動に終始。
NY市場では、大注目の(米)1月雇用統計が発表され、雇用者数が予想を大幅に下回り、発表直後は大きくドルが売られる結果となった。ただ、その後はレポートの内容からそれほど弱い結果とは言い切れない微妙な中身となっていたことで、押し目買いの動きもあった。さらに、今後のQE縮小ペースは少なくとも加速することはないだろうとの見方が株式市場で広がり、大きく株価が上昇したことから、ドル・円もつられて上昇した。


来週の展望:新議長イエレンの発言から動向を探る展開に

序盤は新興国不安からリスク回避の動きもありましたが、徐々に徐々に落ち着きを取り戻してきたような1週間でした。週末の雇用統計を受けても、なんとか102円台を維持したことでまずは一息といったところでしょうか(〃´o`)=3 フゥ

雇用統計については言わずもがなですが、少し(欧)ECB・金融政策発表についても目を向けておくと、緩和措置への期待があったものの、結局は据え置きとなってしまいました。更なる情報を待ちたいとドラギ総裁は強調していましたが、これ以上金利を引き下げたところで効果は限られているといった感もあり、また不胎化オペ停止(量的緩和の非不胎化)についても議論すらなかったとのことで、手詰まり感がありありとしています。

こうなってくると、少なくともユーロ・円に関しては目先の上値の重さがある程度払拭されそうです。そうするとその動きでドル・円も・・・と期待したいところですが、来週はというと最大の注目イベントとしては、イエレンFRB議長による議会証言でしょう(ノ´∀`*)

今週から新体制を発足させたFRB(連邦準備制度理事会)ですが、今回の雇用統計の内容を含めてどのような見解、さらには今後の展望を示すのかが注目されます。市場からすれば、すでに毎月100億ドルのQE縮小が織り込まれていますから、そういった中身になると上昇しやすいのかなと思われます。

また、失業率が6.6%となっていますので、フォワード・ガイダンス(政策見通し)でゼロ金利政策終了の1つの基準としていた失業率6.5%を今後どうするのかといったことについても注目があつまります。

とりあえずここ最近の相場は株価が引っ張っている一面もあるので、株式市場が好感するような緩和縮小は100億ドル程度に留め、さらにゼロ金利政策が長引くとの雰囲気になることを期待したいところです(∀`*ゞ)

 来週注目の経済指標(ドル円)
10日(月):08:50 (日)12月経常収支・貿易収支 他
11日(火):24:00 (米)イエレンFRB議長議会証言
12日(水):28:00 (米)1月財政収支 他
13日(木):22:30 (米)1月小売売上高、新規失業保険申請件数 他
14日(金):23:55 (米)2月ミシガン大学消費者信頼感指数 他

来週はイエレンの他に1月の小売売上高にも注目ですね。もちろんこれも寒波の影響が心配されるわけですが・・・(ノ∀`) アチャー とりあえず強めの結果となればポジティブに反応しますので、そうなることを期待したいところです。

また、来週火曜日は日本は祝日(建国記念の日)休場ヾ(´○` )お♪( ´▽`)や♪(´ε` )す♪( ´θ`)ノみ♪ ですが、相場は動いていますのでもちろんゆきママもしっかりトレードする予定です(*´ω`*)

大体こんなところで今週のまとめと来週の展望でした。それから最後になりますが、今月もキャッシュバックキャンペーンの大強化月間となっております。各社がかなり力を入れていますので、何かと物入りなこの季節を乗り越える意味でもぜひぜひ攻略していただければと思います(*`・ω・)ゞノリコエマショ!

中でも特にお得なワントレード(1回取引)でキャッシュバックがもらえるキャンペーンは

サイバーエージェントFX(当ブログ限定3,000円紹介記事
セントラル短資FX【ウルトラFX】当ブログ限定5,000円紹介記事
インヴァスト証券「シストレ24」(当ブログ限定15,000円紹介記事
シストレ.COM(当ブログ限定3,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定6,000円紹介記事
外為ジャパン(当ブログ限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事
マネースクウェア・ジャパンJTB商品券5,000円紹介記事

2月は以上の9社が実施中です!ほとんどがこのゆきママのブログだけで行われている特別なキャンペーンなので、ぜひぜひご活用いただければと思います。

上位数社でワントレードするだけで、楽に数万円は稼げてしまうので、このキャッシュバック分だけで普通にFXで運用できますよ(o・ω´・b)b

という感じです。まぁお得なキャンペーンも忘れずに攻略しておきましょう。そして話はオリンピックになりますが、昨日のモーグルは・・・ヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。ウワァァァン 本当に銅メダルなのかな~o(・ω・o)(o・ω・)oワクワク♪ と思っていたらまさかの4位・・・改めて採点競技の難しさというか、見ている側に伝わりにくい点数で決まってしまうことには疑問もありますねヽ(`Д´)ノプンプン

でも、多くの方が感謝の言葉を述べているように、その価値は決してメダルで決まるものではありません。本当にお疲れ様でした。

それにしてもオリンピックを見ていると、寝不足になっちゃいますね(´ぅω・`)ネムイ 相変わらずブログの更新が遅れがちなので、気をつけます。そんなわけで、どうぞ来週も応援よろしくお願いします。


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びますヾ(o´∀`o)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ

重要\_(´∀`)コレ大事!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×シストレ.COM紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパンシストレ.COM及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0