【現状維持?】未明のFOMC金融政策発表について予想・展望を解説まとめ【10月29日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【現状維持?】未明のFOMC金融政策発表について予想・展望を解説まとめ【10月29日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

いよいよ今週、あるいは今後の値動きにおける大きなターニングポイントとなりそうな(米)FOMC金融政策・声明発表が27:00から予定されています。

sfx2npc0091.png
FOMC(連邦公開市場委員会)ではどのような決定がなされるのか注目!

明日未明の発表となりますので、すでに夢の中という方も多いかもしれませんが、常に注目度は高く大きな値動き要因となっていますので、もしトレードをするのであればポジションを調整するなどして備えておきたいところでしょうか(*-ω-)(-ω-*)ウンウン

てなわけで、今回もFOMCの見どころやポイント、予想などを踏まえて解説していきますので、どうぞよろしくお願いします(∀`*ゞ)

前回分はサプライズで相場が大荒れでしたが…

 少し前回(9月)のFOMCを振り返っておくと、いろんな意味でサプライズ続きで、110円への道筋を作りましたが、その後に105円台に差し込ませたのも9月のFOMCでした(;゚д゚)ゴクリ…

一体どういうことかというと、9月17日に発表されたFOMCの金融政策では、利上げ時期に関する債券購入プログラム(量的緩和)終了後も「相当な期間」続けるという文言や、また労働市場については労働資源の活用不足が「著しい」といった表現が維持されて一見するとハト派(緩和政策容認)姿勢の強い内容となっていました。

ただ、金利見通しの大幅上方修正というのがあったため、これだけ早いペースで金利が上昇するならば金利を引き上げる時期も前倒しされてくるのではないかという、早期利上げ期待が高まってドルが大幅に買われました

参考:前回・9月FOMC【速報】1ドル=108円台!未明のFOMC・金融政策発表&イエレン議長記者会見の解説

しかしながら、この後に市場に衝撃が・・・。110円達成後は次の材料待ちということで、ドル・円相場も調整をこなしながら108円~109円台をウロウロしていました。

そして、そんな中で9月のFOMC・議事録が10月8日に発表されました。この議事録公表というのは、要するにFOMCで話し合われていた内容を公開するイベントです。

9月のFOMCで金利見通しが引き上げられたことから、市場は当然利上げ時期を早めるような議論をしているというタカ派的(緩和政策否定)な中身であると期待していたのですが、蓋を開けてみるとドル高からの米経済停滞懸念や世界経済の成長鈍化に対する厳しい議論が中心で、もはや利上げどころではありませんでした。

結局のところ、いずれも同じ9月FOMCを材料にしているのですが、9月17日の声明発表から市場が読み取った事と10月8日の公表された実際に議論が180度違ったために、値動きも真逆な反応になってしまったんです( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

参考:9月FOMC議事録公表【ドル高けん制?】未明のFOMC議事録は予想以上にハト派的でした(´・ω・`)ガッカリ…

う~ん、前回分は本当にカオスなものとなってしまいました。そして今回は・・・ということで、次にまとめていきたいと思います。

既に現状維持観測が支配的となっていますが…

 今回も前回と同様に、金利引き上げ開始はいつなのか、QE(量的緩和)を終えた後も「相当の期間」はゼロ金利を続けるとしている表現が変わるかどうかが大きな注目ポイントの1つとなっています。

この他には、これも前回と同じですが労働市場に対する表現として、「著しい」活用不足(緩み)があるというのを維持するのかどうか、さらにはインフレに関して、インフレ率が2%を下回り続ける可能性は「幾分か低下したと判断」としていたことなど、これらの表現に変更ないしは削除があるのかどうかを1つ1つ見ていくことになるでしょう。

今のところはいずれも維持されて変更や削除はないといった見方が支配的ですが、「相当な期間」の削除や「著しい」といった表現に変化があれば、それが好感されてドル買いにつながる可能性が高そうです(*´ω`*)

ただ、逆にここ最近は低インフレが懸念されていることもあって、「幾分か低下したと判断」とした前回の表現を削除するのではないかといった指摘もあり、仮に削除されるようであれば、FRBが今後のアメリカのインフレ鈍化傾向を憂慮しているとしてドル売りに傾くといったことも十分考えられますので、少なくともこれら3つの表現についてはしっかり確認しておきたいところでしょう。

また、今回はQE(量的緩和)の終了がほぼ100%に近いレベルで織り込まれています。したがって、万が一終了しなかった場合は、悪い意味でかなりのサプライズとなるでしょう。もしかしたらQE延長を好感して株価は上昇するかもしれませんが、ドルはショック売り状態になりそうですから、こういったパターンも警戒しておきましょう(`・д´・ ;)コェェ…

う~ん、少し前にブラード・セントルイス連銀総裁がQE終了の先送り論について言及していましたからね。先送り可能性は非常に低いでしょうが、念のため想定しておくことは決して悪いことではないと思います。

てなわけで、今回はどちらかというとネガティブサプライズに備えるFOMCになりそうです。今のところポジティブ、つまりはドル買いにつながりそうな材料が出てくる可能性はあまりないので、やや下目線で相場を見ておいた方がいいのかもしれません。

まぁとにかく今後のドルの値動きを占う上で重要なイベントですし、発表後の乱高下の可能性も十分ありますから、ポジションを持っている方やトレードしようと思っている方は備えていただければと思います(・_・;)

今日の注目は言うまでも無くFOMCとなります

 もはや言うまでもないですが、本日の注目材料はFOMCの声明となります。ちなみに今回はイエレンFRB議長の記者会見は予定されていないため、大きな変更はないといった見方が強まっていますが果たして・・・。

そしてここからはいつものように昨日今日のドル・円相場を振り返りつつ、今日明日の値動きについて考えていきます。28日(火)の東京市場は、1ドル=107.60~107.90円台での上下となりました。序盤こそ小高く推移して108円手前までドルが買われたものの、日経平均が反落したこともあり、上値の重かったドル・円も一旦押し下げられました。その後はやや持ち直す場面もあったものの、目立った値動きはありませんでした。

海外市場は、1ドル=107.60~108.10円台のレンジ内で大きく上下しました。欧州市場では、欧州株の堅調さや米長期金利(10年債利回り)の上昇もあってドルが買われて高値圏まで小じっかりでした。

NY市場では、序盤に(米)9月耐久財・製造業受注が発表され、弱い結果となったことで安値をつける急落をみせました。ただ、107円後半の底堅さはあり、さらに直後に発表された(米)10月消費者信頼感指数が大幅に予想を上回ったことで、一気108円台の高値圏に値を戻すといった行って来いの値動きでした。

まぁ今日はFOMCを控えて手控えムードとなっていますが、全体的にはまずまず強めというか、世界的に株価が堅調なので雰囲気的には上々といったところでしょうか。



気になる今日明日の経済イベントは以下のようになっています↓

10月29日(水)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
17:00
sui.gif
KOF秋季経済見通し公表 ★★ -0.1% -0.1%
18:30
uk.gif
9月消費者信用残高 ★★ +9億£ +8億£
20:00
usa.gif
MBA住宅ローン申請指数 +11.6%
21:30
ca.gif
9月鉱工業製品価格指数(前月比) ★★ +0.2% -0.1%
21:30
ca.gif
9月原材料価格指数(前月比) ★★ -2.2% -0.9%
24:30
usa.gif
米2年債入札
26:00
usa.gif
米5年債入札
27:00
usa.gif
FOMC・政策金利発表 ★★★
★★
0.25% 0.25%
27:00
usa.gif
FRB住宅ローン担保証券(MBS)買入プログラム ★★★
★★
月間50億ドル 終了
27:00
usa.gif
FRB米国債買入プログラム ★★★
★★
月間100億ドル 終了
10月30日(木)の主要経済指標・イベントまとめ
05:00
nzl.gif
RBNZ・政策金利発表 ★★★★ 3.50% 3.50%
08:50
jpn.gif
対外証券投資(中長期ネット) ★★ -1兆1691億円
08:50
jpn.gif
対外証券投資(株式ネット) ★★ +3203億円
08:50
jpn.gif
対内証券投資(中長期ネット) ★★ -1847億円
08:50
jpn.gif
対内証券投資(株式ネット) ★★ -4126億円
09:30
aus.gif
Q3輸入物価指数(前期比) ★★★ -3.0% +0.2%
09:30
aus.gif
Q3輸出物価指数(前期比) ★★★ -7.9% -4.7%
11:00
nzl.gif
RBNZ・為替オペの詳細公表 ★★★ 3.50% 3.50%
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日は未明のFOMC待ちといった感じですね。エボラ関連報道やテロなどがない限りは108.00円ラインを挟んでの細かな上下となりそうです。

もちろん、FOMCの結果次第では大荒れという展開も十分考えられますので、ポジションを調整しておくなどして備えておきたいですね(゚ω゚)(。_。)ウンウン

それから、ゆきママがトレードの参考にしている外為どっとコム 口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfx2381.png

ドル・円は難しい状態になっているといえるでしょう。売り買いが交錯しており、市場も気迷いムードであることが見て取れます(;`・_・´)ン- とりあえず108円台前半では売り、107円台後半では買いといった形にはなっているものの、同時に逆の注文も結構あるのでかなり怪しいです。

う~ん、108円台でレジスタンスとなっているテクニカルやたまっている売り注文を突き抜けて、108円台後半あたりに突入できると面白いんですけどね。そうなれば109円、110円といった節目をどこまでこなせるかを試していくことになりそうではあります。

ただ、当然ですが逆パターンもあるわけで、今週の安値を抜けて107円台前半に差し込んでしまうようだと、107円、106円といった下を見る動きが出てきそうです。

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
ゆきママもトレードの参考にしている市場オーダーが見れる外為どっとコムの紹介まとめ


長々なりましたが、今日も最後までお読みいただきありがとうございましたo(>Д<。*)ノアリガトウ! ただ、結構遅くなってしまってどうじにごめんなさいですヾ(_ _。)ハンセイ…

今日はFOMCということで、個人的にはドル買いが進む相場を期待していますが、考えれば考えるほどちょっと厳しいのかなといったところです。ある程度は市場も織り込んでいると思うので、ネガティブサプライズがなければ107円台で踏みとどまれると思うのですが・・・。

まぁ蓋を開けてみてどうかといった感じなので、発表を待ってから動いていこうと思っています。起きていられれば参加予定ですが、寝ちゃってたら・・・ヾ(°∇°*)ォィォィ 最善は尽くすので、どうぞよろしくお願いします。


↓皆様の応援が励みです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!1日1回の応援ポチお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチっとな!ゆきママのやる気UP!!٩(๑•̀ω•́๑)۶アーップ!!


ご存知ですか?\_(。・`ω・。)コレダイジ! 10月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
   スススッ…三((っ`・ω・´)っ[198,000]ユキチ×19.8マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 4