【スイスフランショック】国内FX未収金は33億円!個人のできる備えや対策について考えてみた【外為どっとコム】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【スイスフランショック】国内FX未収金は33億円!個人のできる備えや対策について考えてみた【外為どっとコム】 [外為どっとコム]

1.15ショックとも呼ばれるスイスフランの暴騰ですが、国内のFX取引業者で33億円の未収金が発生していると、今月27日に金融先物取引業協会から発表されました((ノ)゚Д゚(ヽ))ヒィー!!

要するにこれは、顧客の口座残高があっという間にマイナスになり追証が発生しているものの、回収できなかったお金が33億円あるということですね。

ただ、日本国内全体のFX取引業者合わせて33億円ですから、数百億から数千億といった損失を出していた海外のFX業者やヘッジファンドなどと比べれば影響は軽微であったと言えるでしょうε-(´∀`*)ホッ

sfx2npc0205.png
ユーロ・スイスフランのチャート。ユーロ売りが雪崩込んで暴落!

このように、突如としてスイス国立銀行(中央銀行)が対ユーロへの無制限介入を終了すると発表し、1ユーロ=1.2スイスフランに設定していた上限(キャップ)が崩壊してしまいました。

結果としてユーロ・スイスフランでは3,800pipsの大暴落となり、30%を超える大幅な変動となったことから、大損してしまった投資家や一瞬で数億円というお金を手にした投資家が続出しました。

もちろん、億単位を手に入れられる勝ち組投資家になれれば良いですが、追証が発生してしまうような負け組投資家になるのは絶対避けたいですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

そこで今日は、私たちはFXをやる上でどのようなリスクに備えなければならないのか、すぐにできる対策などについて考えてみましたので、ぜひお読みいただき今後に活かしていただければと思います。

取引通貨の流動性をしっかり考えるという教訓

 スイスフランショックによってもたらされた教訓はたくさんありますが、1つ1つのリスクを意識した上で今後に備えていきましょう(`・ω・´)シャキーン

1.為替の変動リスク
 この値動きから見てもわかるように、為替の大幅な変動リスクというのは意識せざるを得ないでしょう。まぁ変動を予測することで利益を得るのがFXですが、こういった急激な値動きが起こりうるものと想定しておく必要はありますよね。

海外FX業者が巨額の損失を出して破綻した大きな要因の1つに、日本と違ってレバレッジ規制がなく1,000倍とか2,000倍といった青天井のトレードが可能だったことが挙げられます。例えば、1億円あれば1,000億円のトレードができるので、±30%の為替変動で±300億円の損益となりますヾ(゚Д゚ )ォィォィ…

ただ、当然ですが口座に入っているお金は1億円なので、下手をすると差引して-299億円の損失となる可能性もあるわけです。

日本国内ではレバレッジが個人の場合だと25倍までと制限されていますが、過度にポジションを持ちすぎないということが、急な為替変動でも追証などといった最悪の事態に陥らないための教訓と言えるでしょう。

2.流動性の低下リスク
 今回の件ではこれが一番大きな教訓かもしれませんね(b´∀`)ネッ! 流動性というのはいわゆる交換のしやすさといった感じで、流動性が高いという場合は、取引をする人が沢山いて需要と供給が多いため、売買が成立しやすいということです。逆に、流動性が低いという場合、取引する人が少ないため必然的に需要と供給も低く、売買が成立しにくいということになります。

そして、この1.15ショックでは、元々スイスフランそのものが流通量が少なかったことや、極端に需給バランスが偏ったことで、流動性が大幅に低下して取引が執行されるまでに時間がかかってしまい、思いがけない損失を抱えたトレーダーも多かったんですね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

損切注文を入れておくのは当然ですが、万が一の備えとしてFXにはセーフティー機能として強制ロスカットシステムが備えられています。これによって、証拠金の割合が一定以下になった場合は、強制的に決済されて追証というような最悪の事態にならないような対策がされています。

しかしながら、今回のショックでは損切注文はもちろん、この強制ロスカットも機能せずに口座残高がマイナスになる追証状態までポジションが決済されませんでした。

これは、FX会社の約定力やシステムの問題と言うよりも、流動性が極端に低下したことで注文が成立しなくなってしまったことが大きいですφ(`д´)メモメモ...

スイスフランは「有事のスイスフラン買い」とされるほど、リスク回避時には人気の集まる通貨なので、マイナー通貨ではないかもしれませんが、やはりドル、ユーロ、円といったBIG3には、取引高などで大きく見劣りすることは確かなので、メジャー通貨以外をトレードする際は、ポジションサイズにはより慎重に検討する必要がありますし、メインはメジャーな通貨ペアでトレードを行うことが無難でしょう。

3.取引会社の破綻リスク
 そして、冒頭でも述べたように、国内のFX業者はスイスフランを取引しているユーザーがそもそも少なかったこともあって影響は軽微でしたが、海外FX業者は破綻が相次ぐなど破綻のリスクも考えなければなりません(´;ω;`)ウッ…

まぁこのブログで何度か書いているように、国内業者は全額信託保全というスキームが義務化されており、顧客の資産が保護されているため資産は基本的に保全されていますが、もしもの際には保有していたポジションなどが全て強制決裁されてしまいます。

したがって、このような破綻のリスクへの具体的な対抗策としては、1つは取引するFX会社を分散するなどして、一切トレードができなくなるようなことが無いようにしたいですね+゚d(゚ω´*)*゚∀´)b´゚ω゚)bソウソウ

そして、もう1つはそもそも破綻のリスクの低いと考えられる会社でトレードすることでしょう。実は、各社の自己資本比率が公開されていますので、これが高い会社を使うというのも具体的な手段として検討したいところです。

自己資本比率とは、自己資本から固定的な資産を控除した「固定化されていない自己資本の額」を諸事情により発生し得る危険に対応するリスク相当額(市場リスク・取引先リスク・基礎的リスクの3つ)で除して算出する健全性の指標。

スキャルピングといった数分からせいぜい数十分程度の超短期の投資ならともかくとして、日をまたいでポジションを持つような取引をする場合は、特に分散することを心がけたいところでしょう。

ゆきママも長期投資の口座としては、スワップポイントの高いGMOクリック証券 【FX】や、70ヶ月連続預かり資産が増加という驚異の安定感のあるマネースクウェア・ジャパンなどを実際に使ってリスクの分散に努めています。

大体こんなところでしょうか。いずれもFXにおいては基本的な事柄だったかもしれませんが、リスクをコントロールして上手に活用するために、しっかりと今回の事件から教訓を学びたいですね(∀`*ゞ)

驚異の1411%!今回の件にもいち早く対応!

 そして、自己資本比率でFX業界トップと言えば、このブログでもお馴染みの外為どっとコムですよね(人'∀'o)ネッ!

なんと昨年12月末時点で、1441.0%という驚愕の自己資本比率となっており、信頼度としては他社と一線を画す存在となっています↓

sfx2npc0204.png

しかも、今回のスイスフランショックで海外FX業者が経営破綻し、日本も危ないのではといった噂が飛び交う中で、真っ先にプレスリリースを発表したのも外為どっとコムでした。


さらに、なんと顧客を対象に日曜日にも関わらず、サポートセンターで臨時電話の受付を実施し、顧客の不安を解消するといった企業努力もしています(☆>ω< p((感))q★*☆p((激))q>ω<★)

普通に考えたらそこまでする必要があるのかといった気もしますが、こういった手厚いサポートがあるからこそ、大切なお金を預けても安心してトレードできるんですよね。

本当に他社にはないサービス精神がある会社だと思いますので、メイン口座、あるいは分散用のサブ口座としてしっかり活用したいところでしょう。

FX4部門でNo.1を獲得!ゆきママも納得デス!

  それから、外為どっとコムFXのイメージ調査における4部門でNo.1をGETしています(σ゚∀゚)σゲッツ!!

sfx2395.png

その4部門というのは、取引ツールの使いやすさサポート体制情報量システムの安定性となっています((φ(・д・。)ホォホォ

これについてはゆきママも納得でしょうかね。やはり口座数・預かり資産の2部門で9年連続No.1というFX業界最大手であることを生かし、しっかりとした基盤が作られているのが同社の強みでしょう。他社の追随を許さない利便性があるのは確かですし、ゆきママも実際に使っていてそれを感じます。

・FX取引ツールの使いやすさNo.1
昨年1月に1,000通貨対応の『外貨ネクストネオ』をサービスインして以来、「スピード注文」や「スワップポイント振替」をはじめとする大小さまざまな新機能、およびiPad版・スマホ版」など新しい取引ツールのサービスリリースを実施!なんと、これらはサポートセンターへ寄せられた意見・要望に基づき実現されたもので、こういった同社の取り組みが評価されたのでしょう(∀`*ゞ)

・FXサポート体制No.1
自社運営によるサポートセンターが24時間稼動しかもよくありがちな外注ではなく、しっかりとFX取引に精通したスタッフによるサポートを実現しています(ノ´▽`)ノオオォォッ♪

・FX情報量No.1
これについてはもはや説明不要というレベルでしょう。はっきりいって他社とは比べ物にならない圧倒的な情報量(マーケットレポート、ニュース、オリジナル動画コンテンツなど)を会員限定サイトの『外為情報ナビ』にて提供してくれます。口座を持っていれば無料で見ることができるので、お持ちでない方はぜひこの機会に!

・FXシステムの安定性No.1
大手の強みを生かして、システムの負荷に対して常に改善を実施しているとのこと。今年は取引系システムの不具合(8月1日現在)が発生していないなど、安定稼動を維持していますので、その辺が評価されたのでしょう(*´∀`*)

以上、No.1を獲得した4部門について簡単にまとめてみました。いずれも本当に納得なんですよね(*´ω`人´ω`*)ネー 実際に使ってみるとわかると思いますが、外為どっとコムの安定感や情報量、さらにサポート体制などは他社とは一線を画すモノが多いです。

決して派手な宣伝に走りすぎることなく、中身で勝負している面もあるため、同社をあまりご存じない方も多いかもしれませんが、この良さは使ってみると改めて実感できるのかなと思います(*´∀`*)

↓4部門で納得のNo.1を獲得!中身で勝負する堅実なFX会社です↓

う~ん、本当には今回の件で株が上がりましたよね。初心者向けツールも非常に豊富ですので、それらもしっかり活用していただければと思います。

関連記事:
【最強タッグ!】初心者向け新ツール「ぴたんこテクニカル」の紹介!みらい予測チャートやお天気シグナル搭載


↓ブログランキング参加中!1日1回応援ポチお願いします⊱ฅ•ω•ฅ⊰ニャ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップ?ʕ •ﻌ• ʔฅ アケオメ!


お正月n(コト´∀`ヨロ)nアケオメお年玉GET!(*゚ω゚)っ[10,000]
1月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[195,000]ユキチ×20マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM.com証券紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ★乱高下&レンジ相場でも絶好調!ゆきママ×M2J紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 2

西藤

スイスフランショックで破綻した会社があると聞き
少し怖くなってましたが海外の業者なんですね
日本の業者は財政がしっかりしていて安心しました
臨時の電話対応が凄くいいなと思ったので
外為どっとコムさんを開設申し込んでみました
長期的な投資をしていけたらなと思っています
by 西藤 (2015-02-01 00:03) 

ゆきママ

>西藤さん

コメントありがとうございます(∀`*ゞ) まぁまさにその通りで、日本のFX会社は度重なる規制などに伴って、どこも比較的安定していると思います。海外は本当に無法地帯なので、気をつけましょう。

そして、外為どっとコムさんは本当に対応が素早くて良かったです。わざわざ日曜日にサポートセンターを臨時で開いてまで対応してくれました。

もちろん、平日は24時間対応となっていますので、初心者の方でもお勧めできると思います(ノ´∀`*)
by ゆきママ (2015-02-01 12:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0