【簡単&解説】未明のFOMCでは年内の利上げは確実に!ただし見通し引き下げでドル売りに…【6月18日のポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【簡単&解説】未明のFOMCでは年内の利上げは確実に!ただし見通し引き下げでドル売りに…【6月18日のポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

う〜ん、ドルを売るほどの材料では無いと思うのですが、やはり昨日も書いたように期待感先行で相場が動いてきた分、期待が裏切られるとこのような結果となってしまうんですよね(´・ω(´・ω・(´・ω・`)・ω・`)ω・`)ショボレンジャー

sfxmnpc0485.png
↑一昨日から昨日にかけてエクルズ・ビルで議論が交わされましたが…。

今週、最も注目された昨夜の(米)FOMC・金融政策発表は予想通りの現状維持となりましたが、9月利上げを確信させるような示唆はありませんでした。

というわけで、今日は未明に発表されたFOMCについてイエレン議長の会見内容を含めて解説しつつ、今後のドル・円相場についてまとめていきますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

年内の利上げはほぼ確実となりましたが…

 昨夜の記事で書きましたが、今回のFOMCにおける1番のポイントは9月利上げの示唆がどの程度あるかといったことでしたが、残念ながら強弱が入り混じる結果となっており、利上げ時期がやや不透明になった感もある微妙な内容でした(-`д-;)ナンデダヨウ…

まぁ政策委員17人中15人が年内のある時期に利上げ着手を予想していますから、年内に金利引き上げというビッグイベントがあることはほぼ確定的といっても良いでしょう。まず、数ヶ月単位で経済指標の下振れが続かない限りはこの線は動かないかと思います。

そうなってくると、つまり市場の興味としては利上げ時期とペースがどれぐらいになるかということになるわけですが、その辺については全くのノーヒントとなってしまっています↓

★03:00 (米)FOMC・金融政策発表(声明) 要旨
■景況判断
・経済成長はQ1の停滞後、緩やかに拡大している(上方修正
・雇用市場は改善し、失業率は安定的(上方修正

■政策金利
・労働市場の一段の改善が見られ、インフレが中期的に2%の目標を達成すると確信すれば利上げが適切になる(現状維持)

■経済・金利見通し
PCEコア:15年1.35%(1.35%)、16年1.75%(1.70%)
政策金利:15年0.625%(0.625%)、16年1.625%(1.875%)
 ※カッコ内は3月時点のモノ

主な内容としてはこんな感じでした。とりあえず、現在の景況判断にしては比較的楽観的な見方となっており、表現が上方修正されています。まぁ雇用市場に関しては雇用統計のみならずLMCI(労働市場情勢指数)も5月は上昇トレンドを取り戻しましたし、当然の流れともいえるでしょう。

その他、政策金利などについては声明内容も含めて変更はありませんでした。相変わらずインフレ率が2%に達すると確信が持てた時に利上げするとしています。これがいつになるんだよって話なので、もうちょっとヒントをくれと突っ込みたくなりますq(〃・`з・´〃)p モ─ッ!!

で、問題は経済や金利見通しでしょうか。2015年のGDP成長率に関してのみ大幅に下方修正(2.3〜2.7%→1.8〜2.0%)された他、PCEコアについては若干の上方修正、そして政策金利については下方修正が見られます。

ここからはっきり読み取れる変更点は、16年はゆったりとしたペースで利上げを行うということだけですので、全体としてどうなんだろうと市場も考えなければいけない中身となってしまいました。

というわけで、総合的にまとめると現状認識についてはまずまずですが、2015年の経済成長は思ったほどではなく、年内に1回か2回の利上げを行う可能性が非常に高いといった内容でした(。・_・。)(。. . 。)ウン

まぁ市場が望んでいたのは9月利上げへ向けた具体的な言及でしたから、そういった意味では完全に物足りない中身となっており、ドル高で進んできた相場が巻き戻されてしまっています↓

sfxmnpc0487.png
発表直後のドル・円チャート。発表直後から急反転しました。

ドルを売るほどでもないとは思うのですが、とりあえず買い材料ではないので利食いと手仕舞いの流れでしょうか。

ちなみに、イエレンFRB議長の会見についてもどっちつかずの内容となっており、特にヒントはありませんでした↓

★03:30 (米)イエレンFRB議長・定例記者会見 要旨
現時点では年内の利上げが最も適切とみられる
・時期について過大な注目が集まっているが重要なのは全体図
利上げは状況によって徐々に引き上げることが望ましい
・(ラガルド発言に対して)年内利上げが最も適当と判断
・ドル高は輸出に悪影響を及ぼし、経済成長にとっていくらかの足枷
ただしドル高状況下にあっても米経済は順調に成長すると予想

よっぽどのことがない限りは年内の利上げはほぼ確実なんでしょうね。当然のことながらデータ次第としていましたが、気になっていたIMFのラガルド専務理事が来年利上げすることが望ましいといった発言に対しても、現時点で年内の利上げが最も適当として一蹴していますΣd(-`ω´-〃)トウゼンダネ

ただ、利上げスケジュールについても全ては状況次第ではあるものの、緩やかなモノになると予告していることは覚えておきたいですね。

ここのところ、とにかく利上げがいつになるのかといった点についてのみ注目が集まっていますが、問題は時期だけでなく、どれぐらいのペースで行われるかということであるとイエレン議長が自ら言及しています。

市場の過度な注目を逸らす目的もあるとは思いますが、そもそも利上げがいつになるかよりも、最終的にどれぐらい引き上げられるかも重要なので、今後はこの辺についてもポイントとなってきそうです(*゚ェ゚))フムフム

それから、ドル高に関しても言及しており、確かに一定の問題については認めていましたが、この状況下でも米国経済はしっかり成長すると自身も覗かせていました。この辺も状況次第ではあるでしょうが、急速にドル高が進まない限りは問題ないということでしょう。

イエレンの会見については大体こんな感じでしょうかね。結局のところ、年内の利上げが確定的となっただけで、利上げ時期については示唆がありませんでした。

要は、FRBとしてもう少し選択肢を広く持っておきたいということですから、再び今後の経済指標の結果によって、9月になるか或いは12月になるかといった市場の思惑が再燃してくることになりそうです。

今夜の米指標でFOMCのモヤモヤが晴れるか…

 う〜ん、実にモヤモヤするFOMCでしたね。ハト派というほどではありませんが、さすがにノーヒントというのも失望させたでしょう。もしかしたら9月にありそう!ぐらいは示唆してくれることをゆきママも期待していましたが(´・ω・`)ショボーン

とはいえ、今後の材料次第で再び9月の利上げが一段と織り込まれてくるようであれば、再びドル買いが再燃することになると思われますので、今晩の(米)5月消費者物価指数や(米)新規失業保険申請件数はいつも以上に注目度が高そうです。

それから、昨日からのドル・円相場について振り返っていくと、昨日(17日の東京市場は、1ドル=123.30〜123.50円台で様子見ムード。全体的に見ればジワジワと右肩上がりの流れでしたが、基本的にはモミ合い模様。

海外市場は、1ドル=123.20〜124.40円台で大幅に値を下げてしまいました。欧州市場では、FOMCの期待感からか米長期金利(10年債利回り)が上昇しており、相乗効果でドルが買われる展開となりました。

NY市場でも序盤からドルが買われており、ついに124円台を達成しました。しかしながら、(米)FOMC・金融政策発表では、9月利上げの示唆が全く無かったことから相場が巻き戻されて急落してしまいました。

う〜ん、日経平均も大暴落してしまいましたね。まぁ円安・ドル高の流れが緩んだことで、企業の収益悪化が見込まれたことによるとのこと。ドル・円も123円台を割り込んでしまいましたし、厳しい流れとなっています。

まぁ押し目には丁度いいポイントですので、今日の指標結果がそれなりであると考えるのであれば、この辺りからでも良いかもしれませんが、指標が弱含むリスクを考えるとちょっと悩ましいですね(。-`ω´-)ンー



今日と明日(午前)の経済イベントは以下のようになっています↓

6月18日(木)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
17:30
uk.gif
5月小売売上高指数(前月比) ★★★★ 1.2% -0.1%
21:30
usa.gif
Q1経常収支 ★★★ -1135億ドル -1173億ドル
21:30
usa.gif
5月消費者物価指数(前月比) ★★★★ 0.1% 0.5%
21:30
usa.gif
5月消費者物価指数(前年同月比) ★★★★ -0.2% 0.1%
21:30
usa.gif
5月消費者物価指数・コア(前月比) ★★★★ 0.3% 0.2%
21:30
usa.gif
新規失業保険申請件数 ★★★★ 27.9万件 27.7万件
23:00
usa.gif
6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 ★★★ 6.7 8.0
23:00
usa.gif
5月景気先行指標総合指数(前月比) ★★★ 0.7% 0.4%
6月19日(金)午前の主要経済指標・イベントまとめ
未定
jpn.gif
日銀・金融政策決定会合結果発表 ★★★
★★
政策系イベント
15:30
jpn.gif
黒田日銀総裁・定例記者会見 ★★★
★★
要人発言
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日は米国からの経済指標が豊富です。どっちつかずなFOMC通過後ということもありますから、ここでの結果は非常に重視されそうです。特に注目なのはCPI(消費者物価指数)で予想を上回ってくればドルが再び買われてもおかしくはないですが、弱含むと微妙なラインにいることから急落も予想されますので要注意です。

それから、外為どっとコム口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfxmnpc0488.png

ドル・円については、122円半ばに買い注文が集中していますが、ちょっと心もとない感じもあります(; ゚д゚)ゴクリ…

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
【スワップ大幅増加中!】トルコリラは押し目?乗り遅れた人にとっては絶好のチャンスかも【これからFXを始めるなら外為どっとコム】


う〜ん、ドルを売るほどではないですが、ちょっと買いたいといった感じではなくなってしまいましたね( *´Д⊂ グスン… まぁとにかく目先は今夜の指標次第となってきますので、結果をしっかり見ておきましょう。

それから、明日は日銀の金融政策決定会合が予定されています。材料が出てくる可能性は低いですが、いつものように特集記事をアップさせていただきますので、どうぞお楽しみに!


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチッっとな(*′ω`σ)σポチットネ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップします╰(*´︶`*)╯


(๑•́ ₃ •̀๑)◞いつやるの? 13年ぶりの円安な今でしょ!(*'∀'人)
6月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[157,000]ユキチ×15.7マイゲット!! ⊂(´∀`⊂⌒`つ༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0