【中国懸念】12月米雇用統計を簡単解説総まとめ!スター・ウォーズで雇用増加も?【ドル円反落】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【中国懸念】12月米雇用統計を簡単解説総まとめ!スター・ウォーズで雇用増加も?【ドル円反落】 [市場概況]

速報記事でも書きましたが、昨夜発表された(米)12月雇用統計(雇用者数・失業率)は賃金インフレこそ発生しなかったものの、雇用者数は予想を大幅に上回るなどアメリカの雇用市場の堅調さを示す結果となりましたヽ(*´ェ`*)ノヤッターン!

ちなみに、昨年12月に公開されたスター・ウォーズ(フォースの覚醒)が雇用統計に影響したとの話もw 映画業界の雇用者数は+1.5万人と過去12ヶ月平均の増加幅である700人から比べると20倍を超えており、雇用統計の上振れに寄与したことはほぼ確実とされています。

sfxmnpc1125.png
↑スター・ウォーズ人気は米雇用統計の結果をも左右するようです(*´∀`*)

フォースの力もあって好結果となったもののNYダウが値を下げたこともあり、為替相場もドル・円などを中心に軟調な推移となってしまいました⊂(´ω` )⊃↓sage↓

合わせて読みたい関連記事:
【簡単解説】今の相場の問題点とは?中国への懸念が高まっている原因や今後についてまとめ

株安となっている要因はやはり中国経済への懸念が強まっていることに他なりません。この辺は上記の記事で詳しくまとめておきましたので、ぜひお読みいただければと思います。

そして、今日はいつものように昨夜の雇用統計の結果について詳しく解説しつつ、エコノミストらの見解や今後のドル相場の展望を含めてまとめていきますので、どうぞよろしくお願いします(*´▽`*)ノ))

事前予想を大幅に上回り堅調な雇用情勢を示す

 今週はじめに発表された12月の自動車販売台数がイマイチなこともあり、エコノミストの事前予想はかなり控えめでしたが、その予想を見事に裏切る好結果となっています↓

■22:30 (米)12月雇用統計(雇用者数・失業率)
・非農業部門雇用者数
【予想】+20.0万人
【結果】+29.2万人
・失業率
【予想】5.0%
【結果】5.0%
・賃金上昇率
【予想】+0.2%
【結果】±0.0%

雇用者数については予想を大幅に上回り、しかも大きく伸びていた10月分も上方修正されたことから、10〜12月の増加平均は+28.4万人となっており、1〜9月の平均である+20.0万人を大幅に上回るなど、一層の拡大傾向を示しています。

失業率については前月から変化はありませんが、これについてはほぼ完全雇用に近い水準ということもあり、大きく悪化しなければ問題ないとされています。

賃金上昇率については±0.0%となっており、前月から比べると伸びがありませんでした。ただ、12月は隔週で給与を受け取る人の給料日である15日が雇用統計の調査週から漏れるため下振れしやすいといった理由もあり、それほど悪いようには受け取られていません。事実、前年同月比では11月+2.3%→12月+2.5%としっかりと伸びています。

このようにトータルで考えればまずまず強めの結果になったのにも関わらず、ドル・円は発表直後に上値を伸ばした後は徐々に戻り売りが優勢となって、大きく値を下げてしまいました↓

sfxmnpc1127.png
↑発表後のドル・円チャート。一時は118円まで伸ばすも1円を超える反落。

事前の予想記事でもテーマは中国への懸念であり、NYダウがついてこれるかどうかが問題としていましたが、結局リスクオフムードを改善するには至らず株価が下落したことで、ドル・円も下押される展開となっています。

エコノミストは高評価!利上げペース加速も?

 それから、イエレンFRB議長が重視しているとされる雇用指標(イエレン・ダッシュボード)については以下のようになっています↓

イエレン・ダッシュボード(雇用関連指標) 比較一覧
指標名  前回(11月)   今回(12月) 
 賃金上昇率  +0.2% ±0.0%
 労働参加率  62.5% 62.6%
 長期失業者率   25.7%  26.3%
 広義の失業率(U6失業率)  9.9% 9.9%
は改善、は悪化を示しています。

 ・賃金上昇率:1時間あたりの平均時給の前月比
 ・労働参加率:生産年齢人口(15~64歳)に占める労働人口の割合
 ・長期失業者率:総失業者数に占める長期(27週以上)の失業者の割合
 ・広義の失業率:フルタイム就業希望者がパートタイムの場合も失業扱い

※イエレン・ダッシュボードには、この他にも求人率や退職率、解雇率、入職率といったものも含まれるのですが、それらは雇用統計ではなく雇用動態調査(JOLTS)で発表されるので、割愛しています。

実は平均時給は前月比で1セント下がっていますが、クリスマスのある12月特有の季節要因の影響とされており、あまり重くは受け止められていません(*゚ー゚)(*。_。)ナルホド…

労働参加率は相変わらずの低水準ですがジワジワと改善を見せつつあります。長期失業率については悪化してしまいましたが、前回が大幅に下がった分の反動と考えることができるでしょう。

まぁ賃金が上がらなかったこと以外は非常に好調な結果となったことで、エコノミストらもかなりの高評価をしていました。

原油安や中国経済の停滞といった外的要因の影響にも関わらずアメリカ経済は非常に力強いため、今後の利上げペースの加速につながるのではないかといった論調が多いですヾ(*゚ο゚)ノオォォ!!

賃金上昇率が横ばいとなったことについても、12月は臨時雇用が多かったという指摘をしており、恐らく賃金インフレは始まっているのではないかといった言及もあるほどでした。

したがって、これまで4月とされていた次回の利上げについても、3月に前倒しされる可能性があるとのことです。何度か書いているように、賃金は一度上昇してしまうと下りにく性質を持つため、賃金インフレの兆候が見られた場合には速やかに引き締め対応をし、できる限り好景気を長続きさせる必要がありますからね(*´ω`人´ω`*)ネー

というわけで、アメリカ経済は非常に堅調なんですよね。それでもドルが上がらないのは、今の相場がとにかく中国発のリスクオフムードに支配されているということに他なりません。

とはいえ、裏を返せば中国への懸念が弱まった際には、ファンダメンタルズに従って株価が上昇し、それとともにドルが買われる可能性が高いと思われますので、ぜひ近く来る底打ちのチャンスをしっかり狙ってトレードしていきたいところでしょう。


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いします(ฅ'ω'ฅ)ニャン
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気アップ!(´・(ェ)・`)ヨロシクマー


超お年玉(*´ェ`*)っ[10,000] 始めるなら今しかない!ч(゚д゚ч)
1月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[184,000]ユキチ×18.4マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0