【増産凍結?】産油国VSシェール企業のチキンレースは続く!未明のFOMCの見所とは?【2月17日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【増産凍結?】産油国VSシェール企業のチキンレースは続く!未明のFOMCの見所とは?【2月17日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

誰も得しない戦いが続いているというか、もはや産油国の敗北が濃厚になってきたような気がします。ブログを始め、メルマガでも原油相場については解説してきましたが、先にギブアップするのはどうやらサウジアラビアでしょうか(ヾノ・ω・`)ギブギブ

合わせて読みたい関連記事:
【日経平均大暴落】荒れる原油相場!サウジとシェールのチキンレースはいつまで続く?

ご存知のように昨日16日にサウジアラビア、ロシア、カタール、ベネズエラの4ヶ国が原油価格の下落に歯止めをかけるためとして、原油の生産量を据え置くと条件付きで合意したと報じられました。

この報道を受けた直後に原油価格は急騰したものの、条件の達成が難しいとの見方や、そもそもこの4ヶ国が限界に近いレベルで原油生産していることもあってか、次第に無意味な合意と見透かされて再び急落しています(。-´ω`-)アーア…

まぁシェール企業はいくらか倒産することになるでしょうが、残った企業は原油安に耐えうる健全性さを有することになりますからね。

う〜ん、積み上げられた技術の継承が行われないぐらいシェール企業を壊滅させられれば産油国の勝利となるんでしょうが、どうやらそれはかなり難しそうですし・・・。価格競争を仕掛けることで技術革新のお手伝いをしてしまっただけという悲しい結末が待っているような気がします。

sfxmnpc1277.png
↑今日はFOMC議事録公表が予定されており、中身に注目が…。

まずは昨日から今日にかけてのドル・円相場についてまとめると、昨日(16日の東京市場は、1ドル=114.20〜114.80円台で115.00円ラインの重さを意識させる動きでした。日経平均の上昇とともにドル・円も小高く推移しましたが、115円台に近づくにつれ伸び悩み、終盤は株価の反落とともに押し戻されました。

海外市場は、1ドル=113.50〜114.50円台でおおむね114円以下での動きでした。欧州市場では、原油安や米長期金利(10年債利回り)の低下によってドルが売られる展開でした。冒頭に書いたように産油国から増産凍結と報道されたものの、結局は失望から原油価格の下落が続きました。

NY市場では、原油価格が一段と押し下げられたもののNYダウが反発したことで、ドル・円相場の下支えとなっています。

段々と底堅さが出てきましたね。昨日は原油安が進んでも株は買われていたので、パニック的な動きは徐々に治まってきたのかなと・・・。となると、やはりアメリカ経済の再評価などがポイントとなってくるでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

そして、今日は未明にFOMC議事録(1月26〜27日分)の公表が予定されていますので、見所について解説していきます。

中心は利上げ見通しだがマイナス金利の検討…

 1月のFOMCでは利上げペースの後退が明らかになったといった見方が広がり、米長期金利の大幅低下を招いてパニック相場を引き起こす要因にもなりましたヾ((`゚ェ゚´;))ノァワワ!

合わせて読みたい関連記事:
【ダウ下落】未明のFOMCはハト派寄りも3月利上げの可能性を排除せず

声明では利上げの時期やペースについての言及を避け、3月利上げの可能性を排除していないようにも見受けられました。

したがって、今回の議事録でそれが明らかになるかまではわかりませんが、少なくとも当局者が12月に示した年4回という利上げペースに対して、各メンバーがどのような見方をしているかは注目しておきたいところでしょう|ω'*)ジー

年4回は難しいといった見方をしているメンバーが多いのか、あるいは、まだ可能としているメンバーがどれぐらいいるかによって、ドル・円の動きが左右される可能性があります。

また、ここ最近話題となっているマイナス金利ですが、イエレンFRB議長が議会証言でこの緩和政策について詳しく検討しているとしていました。

アメリカでは今のところ導入される可能性はほとんどないと考えられていますが、FOMCでどのような議論があったかによってその見方も変わっていくことになります。

もし万が一、導入に意欲的な発言などが見られた場合には、一段と米長期金利が低下してドルが売られるといった可能性もありますので、警戒しておきましょうΣ('ω'*)ドキドキ

この他、問題となっている金融市場の混乱や世界経済への懸念に対してどのような議論がなされているかもポイントとなりますので、発表を受けて株価がどう動くかということを見ながらトレードしていきたいですね。

それから、ドル・円相場については引き続き115.00円ラインが攻防の中心となりそうで、ドル買いが強まった場合にはここを抜けきれるかどうか、ドル売りに傾いた場合は底固めが進んだ113.00円を割り込むかどうかといったところです(。-`ω´-)ンー



今日明日の経済イベントは以下のようになっています↓

2月17日(水)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
22:30
usa.gif
1月住宅着工件数(年率換算件数) ★★★ 114.9万件 117.3万件
22:30
usa.gif
1月住宅着工件数(前月比) ★★★ -2.5% 2.0%
22:30
usa.gif
1月建設許可件数(年率換算件数) ★★★ 123.2万件 120.0万件
22:30
usa.gif
1月建設許可件数(前月比) ★★★ -3.9% -0.3%
22:30
usa.gif
1月卸売物価指数(前月比) ★★★ -0.2% -0.2%
22:30
usa.gif
1月卸売物価指数・コア(前月比) ★★★ 0.1% 0.1%
28:00
usa.gif
FOMC議事録公表 ★★★★ 政策系イベント
2月18日(木)午前の主要経済指標・イベントまとめ
09:30
aus.gif
1月新規雇用者数 ★★★ -0.10万人 1.30万人
09:30
aus.gif
1月失業率 ★★★ 5.8% 5.8%
10:30
cn.gif
1月消費者物価指数 ★★★★ 1.6% 1.9%
10:30
cn.gif
1月生産者物価指数 ★★★★ -5.9% -5.4%
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はアメリカの住宅関連指標にインフレ指標、そしてFOMCと見ごたえのありそうなラインナップになっています。やはり株価の動きが市場のセンチメントを左右することになりそうなので、トレードするときはこれらの指標に対するダウの反応をしっかり見ながらトレードしていきましょう。

それから外為どっとコム 口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfxmnpc1278.png

ドル・円については、114円台後半の売りが優勢です。上値は重そうですが、上昇トレンドに回帰するためにはあっさり戻していかなければなりませんヾ(o・`ω・)ノ キリッ

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
【スマホ(iPhone/Android)対応】初心者向け新ツール「ぴたんこテクニカル」紹介!みらい予測チャートやお天気シグナルで一目でチャート分析完了【ゆきママもトレードの参考に!】


一見落ち着いてきたように見えるマーケットですが、今日からはアメリカの経済指標が連日続きますので、これらの結果を受けてどう動くかが大きなポイントとなります。

アメリカ経済の堅調さを裏付けるような結果となればまず問題はないと思いますが、結果が下振れするようだと再び下落に転じる可能性は十分ですので、1つ1つを大事に見ていきましょう(+`・ω・´)o[ ダイジ!! ]o(`・ω・´+)


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いします(ฅ'ω'ฅ)ニャン
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気アップ!( ´( ェ )`)ヨロシクマー


バレンタイン(照`・ω・*)っ[10,000] CB美味しい(*´Д`*)ウマー
2月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[184,000]ユキチ×18.4マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0