【キャメロンからのお願い】なぜイギリスがEU離脱をしたいのかについて徹底解説【2月19日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【キャメロンからのお願い】なぜイギリスがEU離脱をしたいのかについて徹底解説【2月19日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

ここに来て急に騒がれ始めたイギリスのEU離脱問題ですが、やはり懸念も強まっているようでユーロやポンドが売られる流れとなっています↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

今のところは残留するとの見方が大勢ですが、イギリスの離脱をきっかけにして他国が続くようであれば、EUはもちろん、共通の通貨であるユーロの消滅といった可能性もないわけではないので、しっかりと動向を見ておきたいところです。

sfxmnpc1281.png
↑願いはEUに届くのか?祈り続ける乙女なキャメロン首相。

昨日から今日にかけてのドル・円相場についてまとめておくと、昨日(18日の東京市場は、1ドル=113.70〜114.30円台で軟調な推移となりました。序盤こそ高値をつけたものの、ブラード・セントルイス連銀総裁がインフレ期待の後退を問題視していることが伝えられると、ドルが売られて軟調な推移となった。

海外市場は、1ドル=113.10〜114.00円台で弱い動きは続きました。欧州市場では、原油高や欧州株高を支えに高値圏で推移していた。

NY市場では、概ね好調な経済指標は無視する形で、株安と米長期金利低下の流れから弱めの動きとなり、終盤に大きく値を下げました。

今日も全体的に弱めな値動きが続いていますね。まぁ株安&原油安という状況も影響してはいるものの、逆に株高でもそれほどドルは買われないので、やはり上げていこうという感じは皆無ですね。

というわけで、読者の方からも質問もあったので、今日はイギリスのEU離脱問題について可能性などを含めて徹底解説しておきますので、どうぞよろしくお願いします(*´▽`*)ノ))

イギリスのEU離脱はないとの見方が優勢も…

 基本的にEU離脱はないといった見方が優勢ですし、ゆきママもそう思っていますが、やはり新年早々キンキンに冷え込みんでいる今の状態を考えれば、こういった問題も相当なリスクイベントとして語られるんでしょうね(´・ω・`))´-ω-`)) ウン

やはり市場全体として、イギリスのEU離脱を織り込む動きはほとんどありません。ただ、為替については徐々に準備は進んでいるようで、ポンドの下落に備えるといった向きは出てきましたので、今後次第でしょうか。

そして、現状については昨日も書いたようにイギリスの要求している改革案が全会一致で承認されるかどうかということです。承認されれば、キャメロン首相はEUに留まるよう国民に呼びかけた上で今年の6月中に国民投票を実施するとしています(๑´・ω・`๑)っ[ザンリュウ]

また、承認されなかった場合は今後も交渉が続けられ、2017年末までに離脱の是非を問う国民投票を行うとしていることから、離脱か残留かという不透明な状況が続くことになるでしょう。

ちなみに、イギリスの要求している改革案、つまりキャメロンのお願いは以下の4点になります↓

イギリス第75代首相デイヴィットキャメロンからのお願い
・イギリスを統合対象の例外扱いし、統合プロセスに巻き込まないこと♪
・EU域内の移民に対する社会保障費の支給を制限すること(๑˃́ꇴ˂̀๑)
・イギリスがEUの決定を拒否する権利を認めること₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞
・ユーロを使わないEU加盟国が不利益を被らないようにすること!!!

う〜ん、まさに外道!ですが、これがイギリスなんですね。まぁ本当に紳士の国なんてどの口が言うんだかって感じですが、こういった無茶苦茶な要求をとりあえずやってみたといったところでしょうか(人∀・)タノム!

そして、ここにイギリスの不満が如実に表れているといえるでしょう。この4つの要求というのは、イギリスの自主独立を強く意識させる内容であり、EU、つまりドイツには絶対に従いたくないという強い意志が感じられますヽ(,-`Д´-)ヤダッ

そもそも、EUの成り立ちとして、ドイツはとにかく祖国を統一するという大目標のため、欧州の統一を口実に近隣諸国に頭を下げ続けてどうにか実現したという経緯があります。本当に涙が出るぐらい謝罪に謝罪を重ね、たくさんの泥を被る形でEUを作りあげ、東西ドイツの統一に成功しました。

この時、イギリスは何を思っていたかというと、東ドイツを含めたたくさんの貧乏国(荷物)を背負わせて西ドイツの勢いを減衰し続ける機能を有するといった、一定のメリットを感じていたからこそ統一を認めていました(´・д・`)シャーネー

しかし、ここにイギリスの誤算があるわけですね。90年代はまさに悲惨な状況となっていたドイツが、ユーロという共通の通貨を手に入れ、足枷であるはずのEUを最大限活用し始め、あっという間に世界屈指の経済大国に成長してしまいました。

というわけで、このままではイギリスもEU諸国を従えたドイツに飲み込まれてしまうといった警戒感が今回の騒動の核になっているといえます。

まぁイギリス国民もドイツに相当な脅威を感じているんでしょうね。とはいえ、EU離脱というのはイギリスの孤立化を招きかねませんし、逆にEUに踏みとどまったとしてもジリ貧的な面があるため、非常に難しい選択といえるでしょう(´ε`;)ウーン…

ただ、イギリス首相キャメロンからの4つのお願いが無事に認められるようであれば、EUに残留する道もやぶさかではないということなので、まずは今夜の協議の行方に注目しておきましょう。



今日明日の経済イベントは以下のようになっています↓

2月19日(金)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
22:30
usa.gif
1月消費者物価指数(前月比) ★★★★ -0.1% -0.1%
22:30
usa.gif
1月消費者物価指数・コア(前月比) ★★★★ 0.1% 0.2%
22:30
usa.gif
1月消費者物価指数(前年同月比) ★★★★ 0.7% 1.3%
24:00
eu.gif
2月消費者信頼感・速報値 ★★★ -6.3 -6.6
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はアメリカからインフレ指標の発表がありますので、結果をしっかり見ておきたいところです。株価や原油の動きに影響を受けるというのは言うまでもありませんが、下振れするようだと再び急落もあり得るだけに警戒しておきましょう。

それから外為どっとコム 口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfxmnpc1282.png

ドル・円については、スカスカです。やはり113円を割り込むと雰囲気も変わってきますね。

sfxmnpc1283.png

ユーロ・ドルについては、相変わらずスカスカですね(゜Д゜三⊂(゜Д゜)スカッ

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
ゆきママもトレードが参考にしている市場オーダーが見れる外為どっとコムの紹介まとめ【スマホ(iPhone/Android)での情報収集にも最適】


う〜ん、キャメロンのお願いが叶えられる可能性は低いと思うんですよねw 結局のところ、EUを離脱して本当に困るのはイギリスでしょうから。やはり、こういった時には本当に経済的な体力というのがモノを言うような気がします。つまり、日本は国際的にもうダメって・・・(; ・ω・)ノダメーッ!

というわけで、引き続きユーロやポンドの上値を重くする材料になり続けそうですが、電撃合意となれば大反発ということもありえますので、今日の首脳会議の動向についてもしっかり目を向けておきましょう!


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いします(ฅ'ω'ฅ)ニャン
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気アップ!( ´( ェ )`)ヨロシクマー


バレンタイン(照`・ω・*)っ[10,000] CB美味しい(*´Д`*)ウマー
2月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[184,000]ユキチ×18.4マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0