【先送り?】景気判断5か月ぶり下方修正!消費増税見送りはどう影響するか?【3月23日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【先送り?】景気判断5か月ぶり下方修正!消費増税見送りはどう影響するか?【3月23日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

先ほど3月の月例経済報告が発表され、国内の景気判断を5か月ぶりに下方修正しました。その他、個人消費を7か月ぶり、企業収益を1年7か月ぶりに判断を引き下げました⊂(´ω` )⊃↓sage↓

現在行われている国際金融経済分析会合で、ポール・クルーグマン氏(プリンストン大学名誉教授)やジョセフ・スティグリッツ氏(コロンビア大学教授)が増税先送りを提言していることを合わせて考えると、やはり2017年4月とされていた消費税10%への引き上げは延期される可能性がありそうです。

sfxmnpc1405.png
↑消費増税を言い出した民主党の野田総理は今…(´;ω;`)ブワッ

まずは昨日から今日にかけてのドル・円相場についてまとめると、昨日(22日の東京市場は、1ドル=111.80〜112.20円台で112.00円ラインを挟んでモミ合いとなりました。株価の動きに合わせて上下する形でしたが底堅く推移。

海外市場では、1ドル=111.30〜112.40円台で1円超の値幅となりました。欧州市場では、序盤にベルギーのブリュッセルで同時多発テロが発生。空港での爆発が伝えられると市場はリスクオフ(回避)に傾き、ユーロが売られるとともに円が買われてドル・円も急落し、安値をつけました。ただし、これまでと同じく一過性の動きでその後はジワジワとドルが買い戻されました。

NY市場では、NYダウは小安くスタートしたものの、ハト派で知られるエバンズ・シカゴ連銀総裁が「アメリカ経済のファンダメンタルズは非常に良好であると発言したことなどが好感され、米長期金利(10年債利回り)の上昇とともにドルが買われて高値をつけました。

今日も小じっかりの流れですね。エバンズ・シカゴ連銀総裁は、年2回の利上げを想定しているとしていましたが、かなりのハト派(緩和派)ですから、そのエバンズ総裁が年2回としているなら、もっとあるんじゃないか的な見方でしょう+(0゚・∀・) ワクテカ +

まぁ今日もFOMCの反動の流れが続きそうですが、115円台に乗せきるまではまだまだレンジ内での値動きですからね。

それでは、冒頭に書いたように消費増税の先送りになるとすれば、相場にどのような影響を与えるかについてまとめておきますので、興味がある方はぜひお読みいただければと思います(=´ー`)ノ ヨロシク

消費増税先送りは基本的に株高・円安要因か?

 一昔前、安倍政権が発足した直後には、消費増税の先送りは株安・円高要因と言われたのですが、ここ数年は全く逆の論調になっているんですよね。まぁそれだけ家計的にも企業的にも増税の痛みが伴っているということでしょうか。

というわけで、発足当時はリーダーシップの欠如から信認に疑義が生じるとされ、株安・円高といった見方が大勢でしたが、現在は増税見送りなら基本的に株高・円安要因となるでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

ただし、一旦は日経平均が上昇し、リスクオン(選好)からのドル高(円安)の反応となりそうですが、その後は財政健全化目標の達成が難しくなることや、日本国債が格下げられる可能性などに目が向けられそうなので注意が必要です。

特に国債格下げは大きな問題となってくるでしょう。日本の金融機関はアホみたいに日本国債を買いまくっていますので、会社の格付けももれなく引き下げられて株は売られることになります(´・ω・`))´-ω-`)) ウン

また、そもそも国以上の格付けは得られませんから、ある国の国債格付けが下がるということは、自動的にその国の企業すべての格付けが1段階引き下げられることに等しい面もあります。

ムード次第といった面もありますが、実際に主要格付け会社が日本の国債格付けを引き下げるようだと、株安になる可能性がかなりありそうです(; ゚д゚)ゴクリ…

また、黒田日銀総裁は「(消費増税に関して)政府の財政健全化の意思や努力について市場から疑念を持たれると、日銀としても対応のしようがない」としていました。

異次元緩和政策によって政府の発行する国債を日銀は買い続けていますが、その前提条件にあるのが財政再建ですので、先送りすることで安倍ぴょんと黒田っちの関係が悪化すれば、アベノミクスの失敗が意識されることにもつながりかねませんからね。そうなると、短期的に円高に傾く場面も出てくるのかなと・・・。・゜・(。´ノω・`)。ウウゥゥ

大体こんな感じで、結論から言ってしまうと短期的には株高・円安材料となりますが、その後は政府の舵取り次第で大きく変わってきそうですので、その辺を見ておきたいところでしょう。

う〜ん、とはいえ、財政健全化目標が未達で国債が格下げられ、日銀が狂ったように国債を買い続けている現状を考えれば、近い将来には大幅に円安が進みそうな気がするんですけどね(。-д-)(-д-。)ネェー

そして、そうなった時の備えとしては、FXなどで外貨に投資しておくといった方法も有効かと思いますので、ぜひ検討いただければと思います。



今日明日の経済イベントは以下のようになっています↓

3月23日(水)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
21:40
eu.gif
バイトマン独連銀総裁講演、講演 ★★★ 要人発言
22:00
usa.gif
ブラード・セントルイス連銀総裁、講演 ★★★★ 要人発言
23:00
usa.gif
2月新築住宅販売件数(年率換算件数) ★★★★ 49.4万件 51.0万件
23:00
usa.gif
2月新築住宅販売件数(前月比) ★★★★ -9.2% 3.2%
23:00
usa.gif
EIA週間原油在庫統計 ★★★★
3月24日(木)午前の主要経済指標・イベントまとめ
06:45
nzl.gif
2月貿易収支 ★★★ 0.08億NZドル 0.90億NZドル
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はイベント豊富な1日となります。FRB当局者が利上げに前向きな見解を示す中で、ブラード・セントルイス連銀総裁の講演が予定されています。比較的タカ派的人物ですので、ドル買いをサポートする発言をする可能性が高いでしょうし、投票権を持っているので発言の意味は重いです。

また、昨日は経済指標に対しても素直な反応を示していましたので、新築住宅販売件数の結果や、原油価格に大きく影響するEIAの在庫統計にはしっかり目を向けておきたいところでしょう|-'*) …チラッ

それから外為どっとコム 口座開設者限定で見ることのできる、市場のオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツール外為注文情報)は以下のようになっています↓

sfxmnpc1406.png

ドル・円については、113.00円ラインに厚めの売り注文があります。下で作ったロングポジションの利食いの意味も強そうですが、新規の売りもありそうなのでここが目先の攻防ラインとなるでしょう。

↓ゆきママの参考にしている細かな市場のオーダー状況が見れますよ♪↓

関連記事:
【スマホ(iPhone/Android)対応】初心者向け新ツール「ぴたんこテクニカル」紹介!みらい予測チャートやお天気シグナルで一目でチャート分析完了【ゆきママもトレードの参考に!】


今週はFOMCからの巻き戻しが進んでいます。まぁそもそも日米の経済状況や金融政策の差を考えれば、円を買う理由なんてほとんど無いんですけどね(ヾノ・ω・`)ナイナイ

しかしながら、短期的にまだまだドル・円の底が見えない状況は続いていますので、ゆきママは中長期のユーロ売り・ドル買いの戦略を続けていきたいと思います。


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いしますฅ⊱*•ω•*⊰ฅ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気アップ!ฅ(•̀㉨•́ )ฅヨロシクママ!


ひな祭り(*´ω`*)っ[10,000] CB美味しい⊂(●‘ω‘●)ヒシモチウマー
3月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[184,000]ユキチ×18.4マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0