【一段高】為替相場(ドル円)~先週(4月18~22日)の総括と今週の展望~【日銀&FOMCへ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【一段高】為替相場(ドル円)~先週(4月18~22日)の総括と今週の展望~【日銀&FOMCへ】 [市場概況]

先週はドーハの悲劇から始まり、ややブラックマンデー気味の相場でスタートしましたが、ある程度は想定の範囲内ということや楽観ムードから原油相場は小じっかりとなっており、その後は調整気味の反発となりましたε-(´∀`*)ホッ

また、ECB理事会では予想通りの現状維持となっており、目新しい話題はなく通過したものの、週末には日銀の追加緩和報道で一段高となって112円ラインに迫る勢いで取引を終えるという流れでした。

sfxmnpc1523.png
強いドルの復活なるか?各中央銀行総裁の思惑が交錯し…。

ドル・円相場のさらなる踏み上げがあるかどうかは、今週の日銀、FOMCという日米の金融政策のイベント次第となるでしょう。特に日銀のハードルは上がっていますので警戒が必要ですヽ(;′△`)ノヤバヤバ

というわけで、いつものように先週のドル・円相場について振り返りつつ、今週の展望についてまとめていきますので、どうぞよろしくお願いします。

先週(4月18〜22日)のドル・円相場をまとめ

sfxmnpc1524.png
4月18〜22日の週。ドル円相場は1ドル=107.83~111.80円。

先週の総括:日銀の追加緩和報道で大反発

18日の東京市場は、1ドル=107.80〜108.40円台で値を下げた。週末に熊本地震やG20での為替介入否定、産油国会合の不調による増産凍結合意見送りといった悪材料が立て続けに発生したことで大きく下に窓を開けて始まり、その後も日経平均が大幅安となったことで、ドル・円も下押されて安値をつけた。
 海外市場は、1ドル=107.90〜108.90円台と1円幅の上昇を記録した。欧州市場では、クウェートの産油企業で大規模ストライキ発生といった一報が減産を意識させ、原油の下げ止まりとともにドルが買い戻された。
NY市場では、次回6月の産油国会合では合意できるといった報道もあり、原油高・株高の好循環の中で米長期金利(10年債利回り)の上昇を眺めてドルが買われ続け、堅調な値動きを続けた。主要企業の決算が予想を上回っていたことも後押しとなった。

19日の東京市場は、1ドル=108.70〜109.20円台のレンジ内で神経質な上下。前日のNYダウの上昇から序盤こそ日経平均の大幅高とともに堅調な推移となったが、株価は上昇し続けてもドル・円は伸びきれずに反落という流れとなった。
 海外市場は、1ドル=108.70〜109.40円台で概ね堅調な推移でした。欧州市場では、序盤から原油高&株高の流れから円売りが加速しており、ユーロやポンドなどとともにドルも買われるリスクオン(選好)そのものの値動きとなった。黒田日銀総裁が円高へ懸念を示したという報道も影響した模様。
NY市場では、相変わらず110円に近づくと上値が重くドル・円は伸び切れず反落した。(米)3月住宅着工件数・建設許可件数の下振れも重石となっていた。

20日の東京市場は、1ドル=108.70〜109.20円台で右肩下がりの値動き。日経平均は17,000円の大台を突破したがドル・円は伸び切れず。原油先物の下落もあり、序盤から押し戻されて力なく取引を終えた。
 海外市場は、1ドル=108.70〜109.80円台で一転して1円幅の上昇。欧州市場では、序盤こそ下押されたものの、欧州株の反発に合わせてドルが買い戻される展開だった。
NY市場では、イラクのニマ石油相が5月のロシア会合で増産凍結に至るだろうとの発言を受けて原油価格が大きく反発し、原油高が年初来高値になるとともに株価が上昇。さらに米長期金利(10年債利回り)も上値を伸ばすトリプル高の中、ドル・円も110円に迫る勢いを見せた。

21日の東京市場は、1ドル=109.50〜109.80円台の小幅な値動きでした。日経平均株価が400円超の上げ幅を記録する中でも110円台には乗せきれず、ジワリと押し下げられる展開。
 海外市場は、1ドル=109.30〜109.80円台で弱めの動きは継続。欧州市場では、(欧)ECB理事会を控えていたこともあったのか様子見ムードが強く、レンジ内での上下だった。
NY市場では、リビア国営石油公社の高官が今後数週間内に石油生産を倍増する可能性を示唆したことが嫌気されて原油が値を下げたことで、ドル・円も安値をつけた。(欧)ドラギECB総裁・定例記者会見に関しては、緩和を強調していたが目新しい話題もなく反応は限定的だった。

22日の東京市場は、1ドル=109.20〜110.60円台と大きく上昇した。午前は弱めの動きとなっていたが、午後に「日銀、金融機関への貸出にマイナス金利適用を検討」と報じられたことで一気に円が売られ、110円の大台を突破した。
 海外市場は、1ドル=110.20〜111.80円台で一段高となった。欧州市場では、引き続き円売りが継続しており、上値を伸ばす展開となった。
NY市場では、円売りが続くとともに原油高も加わってドルが買われており、高値をつけて取引を終えた。

今週(4月25〜29日)の展望・経済指標まとめ

 先週は日銀のさらなる追加緩和という予想外の材料が出たことで円が大きく売られる展開となりましたが、足元に目を向ければ原油がしっかりしていてドルが買い戻されたことも良かったですね。

なので、主要国の金融政策も当然見ておくべきではありますが、原油相場というのも忘れずに心に留めておきたいところでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

今週の展望:日銀の追加緩和が行われるかどうかで…

そして、今週は基本的には日米の金融政策イベント待ちになるでしょうか。弱気な相場になりそうかというとそうではないでしょうが、かといって強気にも傾けにくい悩ましい状況が続きそうです。

まぁ投機筋の円買いが過去最高レベルだったことを考えれば、まだまだ巻き戻される可能性はありますが、実際に(日)日銀金融政策決定会合で追加緩和が決定されるかどうかといえば、難しそうですからね(。-`ω´-)ンー

また、(米)FOMC金融政策発表では、6月利上げの示唆があるかどうかが注目されます。現段階で市場は6月の利上げはほとんどないと見ていますが、これに修正が入れば大きくドル買いが進むことになるでしょう。

ただし、原油の増産凍結問題の見通しが不透明なことや、6月にイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票が実施されることを考えると、慎重なイエレンFRB議長は様子を見たいと思うかもしれません|ω'*)ジー

う〜ん、自ずと下値の限界も見え始めたので下値を模索するという動きはそれほどないでしょうが、特に日銀の判断がどうなるかによって目先の方向性が決まってきそうなので、そこには最大限注意しながらトレードしていきましょう。




以下に今週の主要経済指標をまとめておきますので、ぜひぜひご確認いただければと思います↓

今週(4月25日〜4月29日)の主要経済指標まとめ
日付 時間 経済指標・イベント 重要度
25日 17:00
ger.gif
4月IFO企業景況感指数 ★★★
23:00
usa.gif
3月新築住宅販売件数 ★★★
26日 21:30
usa.gif
3月耐久財受注 ★★★
22:00
usa.gif
2月ケース・シラー住宅価格指数 ★★★
23:00
usa.gif
4月消費者信頼感指数 ★★★
23:00
usa.gif
4月リッチモンド連銀製造業指数 ★★★
27日 07:45
nzl.gif
3月貿易収支 ★★★
10:30
aus.gif
1-3月期四半期CPI ★★★
17:30
uk.gif
1-3月期四半期GDP ★★★★
27:00
usa.gif
FOMC金融政策発表 ★★★★★
28日
jpn.gif
日銀金融政策決定会合・結果発表 ★★★★★
06:00
nzl.gif
NZ準備銀行・政策金利発表 ★★★★
08:30
jpn.gif
3月全国消費者物価指数 ★★★
15:30
jpn.gif
黒田日銀総裁・定例記者会見 ★★★★★
16:55
ger.gif
4月失業率 ★★★
18:00
eu.gif
4月消費者信頼感 ★★★
21:00
ger.gif
4月消費者物価指数 ★★★
21:30
usa.gif
新規失業保険申請件数 ★★★
21:30
usa.gif
1-3月期四半期GDP・速報値 ★★★★★
29日 15:00
ger.gif
3月小売売上高指数 ★★★
18:00
eu.gif
4月消費者物価指数 ★★★★
18:00
eu.gif
1-3月期四半期GDP・速報値 ★★★★
21:30
usa.gif
3月個人消費支出 ★★★
21:30
usa.gif
3月個人所得 ★★★
21:30
usa.gif
3月PCEコア・デフレーター ★★★★
22:45
usa.gif
4月シカゴ購買部協会景気指数 ★★★
23:00
usa.gif
4月ミシガン大学消費者態度指数・確報値 ★★★
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

日米の金融政策イベント以外にも、主要国からの経済指標が豊富な1週間ですので、今週は注意しながら見ておいた方が良さそうです。

なかなか上値を追う材料に乏しい中、日銀の追加緩和観測というのは心強いですね。一方で、裏切られた時の反動というのもそろそろ織り込まれてくると思いますので、上値の追い過ぎには注意しつつ、トレードしていただければと思います。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございます。今週もまた、よろしくお願いいたします(=´ー`)ノ ヨロシク


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いしますฅ( ̳• ·̫ • ̳ฅ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気アップ!ฅ(•̀㉨•́ )ฅヨロシクママ!


お花見(´∀`)っ[10,000] CB美味しい⊂(´∀`)ハナヨリオカネ
4月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[187,000]ユキチ×18.7マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0