【ドル安】5月米雇用統計を簡単解説総まとめ!利上げは7月?最短で11月の声も…【錯綜中】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【ドル安】5月米雇用統計を簡単解説総まとめ!利上げは7月?最短で11月の声も…【錯綜中】 [市場概況]

本当に驚きましたね。思わずゆきママも目を疑っちゃいました(つд⊂)ゴシゴシ でも、残念ながら現実でしたw

というわけで、ほとんどの方がご存知かと思いますが、昨夜の(米)5月雇用統計(雇用者数・失業率)は、雇用者数が予想を大幅に下回り、約6年ぶりの低水準を記録しました。

これを受けて、当然ドルは大幅に売り込まれたわけですが、エコノミストらの見解はイマイチ分かれている感じで、モヤモヤ悩ましい状態は継続ですσ(・´ω・`*)ウーン

sfxmnpc1643.png
↑早期利上げは消滅との見方が強いですが、錯綜しています。

まぁ6月利上げはないにしても、7月といった声もそれなりにあります。ただ、最短でも11月といった見方も出てくるなど、エコノミストらの見方は錯綜していると言えるでしょう。

というわけで、昨夜の雇用統計の結果について詳しく解説しつつ、エコノミストらの見解や今後のドル相場の展望を含めてまとめていきますので、ぜひ最後までお読みいただければ(*´▽`*)ノ))

せめてもの救いは賃金が上昇していたこと…

 まぁ雇用者数に関しては、よほどのことがない限りは問題ないとされてきましたが、今回はそのよほどのことが起こってしまいましたね↓

■21:30 (米)5月雇用統計(雇用者数・失業率)
・非農業部門雇用者数
【予想】+16.0万人
【結果】+3.8万人
・失業率
【予想】4.9%
【結果】4.7%
・賃金上昇率
【予想】+0.2%
【結果】+0.2%

は?って感じですねw 何かの間違いと考えるのも無理はないですが、とりあえず現実は現実として受け入れるしかないでしょう( *´Д⊂ グスン…

とにかく、非農業部門雇用者数は2010年9月以来となる低水準でした。一応、米通信大手のベライゾンで起こったストライキの影響もあり、電気通信(Telecommunications)は−3.72万人と大きく減少していました(Table B-1(非農業部門雇用者数)の情報(Information)参照)。

ただ、それでも低すぎですけどねw この大幅に下振れした理由についてはいろいろな指摘がなされており、暖冬によって堅調過ぎた雇用の反動が今になって出たといった話もありました( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

それから、唯一の希望としては、やはり賃金上昇率が前月比+0.2%・前年比+2.5%まずまずだったということでしょうか。前月の4月分が+0.4%に上方修正(速報値は+0.3%)されたことを考えれば、目標(前年比+3.0%以上)には遠いですが決して悪くはありません

失業率は完全雇用とされる5.0%をさらに下堀りしていますが、労働参加率が一段と減少した影響もあるので、一概には喜べない結果となっています(乂-д-) ムリ

そして、これらを受けてドル・円相場は大きく下落してしまいました↓

sfxmnpc1644.png
↑発表後のドル・円チャート。結局は3円超の下落に…。

まぁ雇用統計の後に発表されたISM非製造業景況指数の悪化も後押しとなりましたね。とにかく、早期利上げは消滅したとの見方が支配的となり、これまであったドル上昇のモメンタムが失われて3円を超える下落を記録しています⊂(´ω` )⊃↓sage↓

悲惨な結果でもエコノミストの見方は分かれる

 それから、イエレンFRB議長が重視しているとされる雇用指標(イエレン・ダッシュボード)については以下のようになっています↓

イエレン・ダッシュボード(雇用関連指標) 比較一覧
指標名  前回(4月)   今回(5月) 
 賃金上昇率  +0.4% +0.2%
 労働参加率  62.8% 62.6%
 長期失業者率   25.7%  25.1%
 広義の失業率(U6失業率)  9.7% 9.7%
は改善、は悪化を示しています。

 ・賃金上昇率:1時間あたりの平均時給の前月比
 ・労働参加率:生産年齢人口(15~64歳)に占める労働人口の割合
 ・長期失業者率:総失業者数に占める長期(27週以上)の失業者の割合
 ・広義の失業率:フルタイム就業希望者がパートタイムの場合も失業扱い

※イエレン・ダッシュボードには、この他にも求人率や退職率、解雇率、入職率といったものも含まれるのですが、それらは雇用統計ではなく雇用動態調査(JOLTS)で発表されるので、割愛しています。

労働参加率が相変わらず低調ですね。まぁ高齢化の影響などもあってもはや15年以上にわたって低下傾向なのですが、気になる数字ではあります。

それから、長期失業率も大幅改善にはなっているんですが、職探しを諦めた人が増えたという影響もありそうなので、素直には喜べないですね。う〜ん、とにかく全体的に微妙な数字といったところでしょう(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン

気になるエコノミストの評価としては、概ね悲惨な結果だったとされていますが、早期利上げが消滅したというのは7〜8割程度で、残りの2〜3割は7月も否定はできないといった見方となっています。

理由としては、単月のみで語れるものではないということや、暖冬で冬場の好調な雇用状況の反動が出たといった話があります。とはいえ、概ねヤバイんじゃないかといった見方になっているので、市場もその見方が大勢となることは間違いなさそうです(´・ω・`))´-ω-`)) ウン

したがって、週明けのドル・円相場は下値に警戒するしかないですね。NYダウは早期利上げの消滅を好感してほぼ持ち直しましたが、日経平均にとってドル安(円高)の流れはネガティブですからね。

まぁ週明けにイエレンFRB議長の講演があるので、まずはそこでの発言も注目です。この雇用統計を受けてもなお、早期利上げに言及するのであればドルが反発する場面が出てくるでしょう。もちろん、そこは戻り売りでしっかり狙っておきたいところです(`・ω・´*)b


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いしますฅ•ω•ฅ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気アップ!ʕ•ᴥ•ʔ ヨロシクママ!


父の日( *¯ ³¯*)⌒[10,000] CB美味しいヾ(*´∀`*)ノオコヅカイアップ!
6月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[187,000]ユキチ×18.7マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2