【高まるヘリマネ期待】日銀金融政策決定会合はどうなるか?見所&展望について徹底解説まとめ【FX始めるなら外為どっとコム】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【高まるヘリマネ期待】日銀金融政策決定会合はどうなるか?見所&展望について徹底解説まとめ【FX始めるなら外為どっとコム】 [市場概況]

未明に日銀が追加緩和を検討しているといった報道があったことで、ドル円は1円ほど円安に振れました。やはり、直前までこういった報道に左右されますし、日銀イベントというのは基本的に悩ましいですねσ(・´ω・`*)ウーン

ちなみに、ゆきママがこの記事を書き始めた時間は4:20です。ここから関連報道で相場が大きく荒れた際には、多少はシナリオを修正していただければと思います。

sfxmnpc1814.png
高まるヘリコプターマネーへの期待!現実的ではありませんが…。

黒田日銀総裁はヘリコプターマネー(ヘリマネ)について、必要ないと明確に否定していましたが、それでも市場は期待を捨てきれていないようですし、エコノミストの8割が追加緩和を予想しています∑(*゚ェ゚*)マジデ!?

【円安加速】Qヘリマネ&永久国債とは何か?A.日本は財政破綻しました!【簡単解説】

というわけで、果たして追加緩和はあるのか、またその後の展望について詳しく解説させていただきますので、ぜひお読みください。

待ち受ける2つのハードル?厳しい展開を予想

 何度も書いているように、個人的に追加緩和はないと思うんですけどね。しかしながら、エコノミストの8割は追加緩和を予想ということで、今回も何かチグハグで怖さのあるイベントになりつつあると思います(ノ′Дヾ)ママーコワイョー!!

そして、まず今回の日銀金融政策決定会合について考えると、最大の注目ポイントであり1つ目のハードルは、追加緩和を導入できるか否かということでしょう。

ちなみに、エコノミストの多くは『財政出動と追加緩和』をキーワードにして、安倍首相(政治サイド)から28兆円の景気対策が打ち出されたことで、日銀も強調して緩和策を実施するのではと見ているようです(´・ω・`)ヘー

確かに、ここ最近の景気動向を見ていると、日銀が目標とする17年度中の物価上昇目標(インフレターゲット)達成は非常に難しいですから、ここで政府と連携するというシナリオは十分ありそうな話です。

しかしながら、金融緩和の悪影響が銀行の行動などを通して目に見えるようになってきたことや、また、現状で既に限界近い緩和策を実施していることもあり、さらに追加緩和を導入したところで効果が見込めるかどうかというのが難しいところでしょう(ヾノ・ω・`) ムリムリ

特にマイナス金利の導入以降、三菱東京UFJがプライマリーディーラーの資格を返上したことでも話題となりましたが、金融緩和の弊害がようやく実感され始めましたからね。

【簡単まとめ】長期金利マイナスの本質について補足解説!ゆきママはメディアに怒っているんですo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

この弊害については導入直後の2月時点で書きましたが、国債のマイナス金利化で損をするのは私たち国民であり、得をするのは政府(国)です。企業年金や保険会社における運用の悪化によって、保険料などが大きく上昇し、この非常に単純な構図が明らかとなりました(。-´ω`-)アーアー

せっかく金融緩和でお金をジャブジャブにしても、国民の財布の紐が固くなってしまうのでは意味がありませんから、多くの金融機関でも不評だったマイナス金利をさらに深堀するのはかなり厳しいのではないかと思います。

さらに、国債買い入れ枠(マネタリーベースの増加)は異次元の年間80兆円となっていますが、上乗せすることでどれだけの効果があるかといえば、ほとんどないといった指摘がほとんどです(´・ω・ヾノ)ナイナイ

これらのことを考えると、やはり日銀が追加緩和に踏み切るのは難しいのではないかと個人的には思います。

また、2つ目のハードルとしては、市場を満足させられるかどうかということにあります。市場はこれまで、ヘリマネ導入といった話題で相場を進めてきましたが、ヘリマネというのは財政ファイナンスという法律で禁止されている手法となりますから、そもそもとして生半可な期待感ではないんですよねヾ(・ε・。) オイオイ…

なので、この期待感を満たせるレベルの追加緩和とは一体なんなのかを考えると、やはりヘリマネ・永久国債級のありえない政策導入が必要となるわけで、このハードルを超えるのは実質不可能ではないかと思えるほどです。

以上、この2つのハードルが今回の日銀イベントにおける大きなポイントとなりますから、これらを踏まえて展望について考えておきたいと思います。

期待感先行でよほどのことがなければ円高か?

 まぁやはり展望予想の中心としては円高ということになるでしょう。一部では、政府が数年間の予算総額を6兆円ほど積み増すということで、このタイミングで国債買い入れ増が発表されれば、実質的なヘリマネ(財政ファイナンス)を市場に印象づけるのではという声もありますが、そもそも80兆円も買い入れてるわけで、今更といえば今更なんですよね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

また、マイナス金利の深堀についても弊害が明らかとなりましたから、さらに進めたからといって市場が喜ぶかといえば全くの別問題です。ちなみに、最も多くのエコノミストが予想しているETF(指数連動型上場投資信託)買い入れ増についても、市場規模の小ささから効果は限定的とみられる可能性が高そうです。

というわけで、国債買い入れ枠の増加、マイナス金利のさらなる拡大、ETFの買い入れ枠増加という、これまでの政策をちょっとパワーアップした程度では、仮に追加緩和があったとしても大幅な円安というのは見込めないでしょう。もちろん、追加緩和がないとなれば、ここまで期待感先行で円が売られてきましたから、当然大きく反落することになります⊂(´ω` )⊃↓sage↓

う〜ん、ですから日銀がこれまでやったことがないレベルのウルトラC的な追加緩和を行うしか、円安方向に大きく傾くという値動きは期待しにくいのが現状といえそうです。

したがって、投資戦略としては、これまでにないような追加緩和策が導入された場合には市場の見方が固まるまで一旦様子見でしょうが、仮に追加緩和が導入されたとしても既存のものを強化する程度であれば一旦円安に振れたとしても戻り売り目線現状維持の見送り判断となった場合には素直に円売りを狙うといった感じでしょうかヾ(o・`ω・)ノ キリッ

まぁ個人的には今回は結構結果が見えてるのかなという気もしますが、ヤルヤルと言ってやらない、ナイナイと言っていてやるのが黒田日銀総裁という人物でもありますので、発表内容をしっかり見極めてからポジションを持った方が良いでしょう。

それから、日銀金融政策決定会合の結果が発表される時間は決まっていません。終わり次第、日銀HPで発表というスタイルなので、大体11〜12時の間に発表されることが多いです。12時を過ぎても発表されない場合は議論が紛糾しており、何らかの重大な決定を行う可能性が高いとされていますので、その際には注意していただければと思います。

なお、たくさんの方からFXを始めたいという声を頂いていますが、どこの口座を使ったらいいか悩んでいるのであれば、DMM FXと下記で紹介している外為どっとコムがオススメです (o・∀・)b゙イィ!

合わせて読みたい関連記事:
【初心者OK】ゆきママのオススメFX会社をまとめてみた~厳選4社~【7月版】
【これからFXを始める方へ】今がチャンス?まずは何をするべきなのかを簡単解説まとめ【初心者向け講座】

FXにおいては、常にリスクを分散することが重要になってきますから、安定的な口座を選ぶのはもちろんですが、複数の口座を持ってチャンスを逃さないようにしたいところでしょう。

新通貨も1,000通貨対応で1,000円で取引可

 なんといっても嬉しいことに新通貨ペアも1,000通貨の小口取引が可能となっています。他社だと新興国通貨は別枠扱いで、10,000通貨単位でのトレードしかできなかったりするのですが、外為どっとコムは違います!

ちなみにそのおかげで1,000円という超少額資金でもトレードが可能となっています↓

sfxmnpc1222.png
外為どっとコム1Lot(1,000通貨)辺りの最低保証金額。

FXは多額の資金が必要なように思う方もいるかもしれませんが、1,000通貨単位のトレードであれば1,000~6,000円程度のお金で始められるんですね(∀`*ゞ)

元々メキシコペソや人民元などは1通貨辺り10円台で米ドルと比べて1/5~1/10程度ということも重なって、1,000円からのトレードが可能となっています。ただし、中長期的に安定的にトレードするのであれば、1Lot辺り2,000~3,000円で余裕をもって運用したいところでしょう。

そして、ドル・円などのメジャー通貨でも、1,000通貨辺り1~2万円の証拠金があればかなり安定(レバレッジ一桁台)して運用できるでしょう。これなら月のお小遣いから少しずつ外貨預金的な運用に取り組むことが可能だと思います。

1,000通貨のトレードにも対応!1,000円から始めることも可能に↓

ちなみに外為どっとコムはFXのイメージ調査における4部門(取引ツールの使いやすさ、サポート体制、情報量、システムの安定性)で第1位を獲得しています( *′ω`p)qパチパチパチ

さらに、口座数・預かり資産の2部門で9年連続No.1とアプリ以外での実力も十分兼ね備えたFX会社となっていますので、FXをやろうという方は検討されてみては如何でしょうか。

初心者向けツール充実!通称ぴたテクが登場!

 また、10月末頃に正式にサービスインしたFXのサポートツールであるぴたんこテクニカル(通称:ぴたテク)」を紹介させていただきたいと思います。

このぴたんこテクニカルには、お天気シグナルみらい予測チャート2種類の機能が搭載されていますので、それぞれ機能や特徴をまとめておきます(∀`*ゞ)

sfx2545.png
↑WEBブラウザ・インストール版は[チャート]⇒[ぴたんこテクニカル]から↓
sfx2544.png

※ちなみにぴたテクは、WEBブラウザ版のほか、インストール版、さらにスマホアプリ(Android、iPhone)版が用意されているので、PC、タブレット、スマートフォンのいずれの端末からでも利用できるようになっています(∩´∀`)∩ワーイ

まず、お天気シグナルについてですが、これは7種類ものテクニカル分析を行った結果をパネル形式で一覧表示し、さらにわかりやすいように5段階のお天気マークで売買シグナル表現してくれる機能です。

sfx2542.png
実際のお天気シグナル。7種類のテクニカル分析も表示される。

お天気アイコンについては、晴れなら買い、雨なら売り、曇りなら中立(晴れ&曇り、雨&曇りで計5段階)となっています。

この機能の何が優れているかと言えば、お天気マークで直感的に相場状況を把握できるほか、なんといっても7種類のテクニカル(移動平均線やボリバン、一目均衡表、MACD、RSIなど)の売買サインを一目で確認できるという点でしょう(*゚Д゚)φ))ナルホド!!

ゆきママも読者の方から、テクニカル分析の際の売買サインをどう見たら良いか聞かれるのですが、これは基本的に解説本や詳しく書かれているサイトを見て理解するしかないのですが、初心者の方にとってはなかなか難しいという面があります。

しかしながら、この「お天気シグナル」を見れば、お天気マークで相場状況を直感的に確認でき、各テクニカルの売買サインが一覧で見ることができるようになっているので、わずらわしいテクニカル分析が一瞬で済むようになっています。

さらに、画面右側には選択した通貨ペア・足種・テクニカルのチャートが表示されていますので、どこで売買シグナルが発生したかということも、細かく知ることができます。

まぁチャート分析が日課になって、テクニカルを当たり前に見られるようになれば必要のない機能とも言えますが、FXを初めて取り組むような方にとっては非常に力強い味方となってくれるツールの1つだと思いますので、ぜひぜひ活用していただきたいです(*´∀`*)

次に、みらい予測チャートですが、これは例のFXトレード・フィナンシャルの「未来チャートと同じシステムを利用しています。

sfx2541.png
実際のみらい予測チャート。どこかで見たような気が・・・。

どこかで見覚えがある方も多いのではないでしょうか。それもそのはずで、これはセンティリオン者が開発した人気ツールで、ゆきママが知る限り国内 FX会社では5社導入していますΣ(・ω・ノ)ノナント!

なので、具体的な機能についてご存知の方も多いかもしれませんが、これは現在の相場と近似する過去の相場を自動で最大3つまで表示することができます。

ゆきママも予想をするときには、ほぼ必ず過去の出来事と値動きというのは振り返っているように、分析する上での基本の1つに歴史は繰り返されるというのがあります。多くのトレーダーが過去の相場を振り返って考えていることからもわかるように、人間心理は大きく変わらないということです。

そんなわけで、この「みらい予測チャート」は直近のチャート形状と類似している相場局面を過去のチャートから検索し、適合したチャートを未来の予測として表示してくれるテクニカル分析ツールとなっています。将来的にこうなりやすいということを示してくれるこのツールは、ゆきママとしても非常に役立っているんですよね。

やはり、過去の傾向というのはある程度理解はしていても、キッチリした分析をするとなるとデータも膨大になることから専門ディーラーでも難しいのですが、このツールがあれば初心者の方でも手軽に過去のチャートを元にした将来の値動き予想を確認できてしまうのが大きいです。

FXを始めたばかりというかたや、これからまさにFXをやってみようという方にとって、テクニカル分析というのは大きな課題かと思いますが、その課題を解決することが可能になるかと思いますので、ぜひぜひ有効に活用していただければと思います。

相場も大まかな流れをファンダメンタルズで見通して、これらのテクニカル分析ツールを使って直近の動きを考えていくというのも使い方の1つですよ。

初心者向けツールも非常に充実しているのでオススメの1社です↓

iOS9対応!スマホ・タブレットにも最適!

 そしてさらに嬉しいことにスマートフォンやタブレットといった端末でも、アプリの機能が非常に充実しているほか、洗練されたインターフェースもあって驚きの速さで注文を行うことが可能となっています。

さらに、スマホでもiPadでも「スピード注文」が最近のアップデートで使えるようになり、ワンタッチで注文処理を行うことができるようになったので、PCでなくとも短期トレードに対応できるかと思います(∀`*ゞ)

sfx2118.png
↑スマホでもiPadでもワンタッチでのスピード注文が可能になってます↓
sfx2117.png

ちなみに以下にアプリケーションの特徴などについて簡単にまとめておきます↓

・「スピード注文」画面導入!
短期トレードに特化した機能を1画面に集約され、よりスピーディな取引が可能になりました。1タップで注文が可能に!また、トレールをはじめ11種類の注文方法が使えます。

・いつでも見れる豊富なマーケット情報!
5種類のニュース(ニュース速報、フィスコライブ、GI24、ロイター、DJ)に加え、6種類のレポート(フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂レポート、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)を見ることができちゃいます。さらに、経済指標データも簡単に調べることが可能になっています。

12種類のテクニカル!高機能なチャート!
トレンド系、オシレーター系のテクニカルが各6種類ずつ、合計12種類も用意されています。もちろんチャートをカスタマイズした後は、その設定をお気に入り保存できるので、呼び出す際も簡単です。

・その他の嬉しい機能も充実!
その他にも嬉しい機能はたくさんあって、携帯端末から入出金も可能になっていますし、ID・パスワードが保存できるので、ログインも素早くできるようになっています。

また、FXにおいて情報というのは何よりも優先される部分ではありますが、そういった意味でこの外為どっとコムは業界でもトップの位置にあると言えると思います。

ニュースについては、5種類(ニュース速報、フィスコライブ、GI24、ロイター、DJ)見ることができ、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解なども見ることが可能になっています。

また、レポートについては6種類(フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂レポート、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)あり、想定レートといった踏み込んだ具体的な相場展望を見ることができます。

しかもいずれもスマホで見ることができるので、ワンタッチで欲しい情報を得ることが可能になっています↓

sfx2318.png
↑ゆきママはちょっとした時間に同社の専用アプリから情報収集しています。

しかも口座をお持ちであればいずれも無料で見ることができますので、ぜひぜひ開設しておきたい口座の1つかと思います(ノ´∀`*)

sfx2319.png
↑日々の具体的な相場について解説してくれる展望レポートは貴重です。

ゆきママの貴重な情報収集ツールとして欠かせない存在になっており、個人的にはかなりオススメアプリですので、お試しいただければ幸いです。

1,000通貨のトレードにも対応!初心者の方でも安心して取引できそう↓

本当に長々なりましたが、お読みいただいてありがとうございます。スプレッド、取引ツール、情報量、さらに1,000通貨にも対応とまさにパーフェクトに近い口座の1つですので、これからFXをはじめる方にもオススメとなっています。この機会にぜひどうぞです。もちろん、ゆきママも現在使用中です╭(๑•̀ㅂ•́)وグッ !


↓ブログランキング参加中!1日1回の応援ポチお願いします(ฅ'ω'^ฅ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気アップ!(。•ﻌ•。)ヨロシクママ!


七夕(っ*´ェ`*)っ[10,000] CB美味しい(・ω´-ゞ)[カブアガレ!]
7月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[200,000]ユキチ×20マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
 乱高下で絶好調!マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2