【利上げ見通し】未明のFOMCの見所&展望は?注目はドットチャート【9月21日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【利上げ見通し】未明のFOMCの見所&展望は?注目はドットチャート【9月21日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

日銀を終えたと思ったら、次はFOMC(連邦公開市場委員会)ということで、なんだか忙しい1日ですね。もはや政策については現状維持見通しなので、注目すべきポイントはドットチャート(金利見通し)ということになるでしょう|ω'*)ジー

これはFRBメンバーが適切と考える金利の水準がドット状の分布で示されたもので、市場参加者はこれを手掛かりに今後の政策見通しを予想し、トレードしていくことになります。今夜もこれを見て一喜一憂することになる可能性が高そうです。

sfxmnpc1681.png
6月時点のドットチャート。これとの比較が重要となります。

いつものように昨日から今日にかけてのドル・円相場についてまとめておくと、昨日(20日の東京市場は、1ドル=101.50〜102.00円台で終盤に急落。序盤は小高く推移していたものの、102円以降の上値の重さが嫌気されたのか、その後は軟調な推移で反落しています。

海外市場は、1ドル=101.50〜101.90円台で101円台後半でのモミ合いが続きました。欧州市場では、欧州株高もあって底堅さも見せてややドルが買われました。NY市場では、翌日の日米の金融政策イベントを控えて様子見ムードが強まっており、小動き継続でした。

今日は先ほどの記事にも書いたように、結構荒い値動きとなっています。102円後半と雲入りまでは上値を伸ばしましたが、その後はテーパリング懸念が強まったのか大きく反落しています⊂(´ω` )⊃↓sage↓

それでは、未明のFOMCの見所、そして展望について詳しくまとめておきますので、ぜひお読みいただければと思います。

12月利上げ示唆と金利見通しの変化に注目!

 政策の変更が期待できない以上、見るべきポイントは比較的多岐に渡るのですが、絞るとすれば、目先の12月利上げの示唆はあるかという点と、今後の政策見通し(金利見通し)という点の2点になるでしょう( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

まず、年内1回の利上げ示唆があるかどうかについては、市場の期待感もそれほど高まっていないので最低ラインとまでは言えませんが、やはり現在のドル円相場の水準を考えるのであれば、声明文はもちろん、もしもイエレンFRB議長の記者会見でも明確な示唆がなかった場合には、ドル円は一段安を覚悟しておいた方は良さそうです。

特にイエレンFRB議長が従来と同じく、今後の経済指標次第といった見方を繰り返しアナウンスするようであれば、ドル買い期待は弱まると考えられます。もっとも、利上げ先送りを好感してダウがしっかりしていればある程度はドルの下支えになるでしょうが・・・┗(; -`д-)┛オモー

そして、もう1点、ドットチャート(金利見通し)については、前回(6月)からの比較することになるでしょう。ちなみに、6月時点の金利予想の中央値は、2016年末:0.875%、2017年末:1.625%、2018年末:2.375%でした。

6月時点では2回利上げが多数派でしたが、今回はもはや1回が多数派になることは目に見えていますから、2016年末の中央値としては0.625%程度が想定されることになるでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

で、むしろ問題となるのは2017年末、2018年末の数字になります。6月時点では2017年末は1.625%ですから、2016年末と比べると0.75%引き上げられています。つまり、1回あたり0.25%の利上げが行われるとすれば、3回あると見込まれていたわけです。

これは2018年も同様で、2.375%(2018年末)−1.625%(2017年末)=0.75%ですから、6月時点では2017年も2018年も3回(0.75%)の利上げがあるとの見通しでした。

まぁこれらが今回は引き下げられる可能性があるわけですが、少なくとも年2回、0.50%の引き上げというのは予想されていますから、最低でも2017年末で1.125%、2018年末で1.625%が想定され、これらの数字を割り込んできた場合には、かなりドル安が進む可能性がありますから、警戒しておく必要があるでしょう。

及第点としては、2017年末で1.3%程度、2018年末で1.9%程度といったところで、これらをしっかり上回ってくれば、ドルは比較的買われる可能性が高い水準であると言えそうです(`・ω・´+) キリッ

というわけで、年末の想定レートを比較し、その年にどれぐらいの利上げがあるのかというのを確認しましょう。今年(2016年)はともかくとして、2017年、2018年がそれぞれ2回(0.50%)以下の引き上げだった場合には、ドルが売られることになるでしょう。



今日の経済イベントは以下のようになっています↓

9月21日(水)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
27:00
usa.gif
FOMC・金融政策発表 ★★★
★★
政策系イベント
27:30
usa.gif
イエレンFRB議長・定例記者会見 ★★★
★★
要人発言
9月22日(木)の主要経済指標・イベントまとめ
06:00
nzl.gif
ニュージーランド準備銀行・金融政策発表 ★★★★ 政策系イベント
17:00
eu.gif
ECB月報 ★★★ 政策系イベント
21:30
usa.gif
新規失業保険申請件数 ★★★ 26.0万件 26.1万件
22:00
usa.gif
7月住宅価格指数(前月比) ★★★ 0.2% 0.3%
22:00
eu.gif
ドラギECB総裁、発言機会 ★★★★ 要人発言
23:00
eu.gif
9月消費者信頼感・速報値 ★★★ -8.5 -8.2
23:00
usa.gif
8月中古住宅販売件数(年率換算件数) ★★★ 539万件 545万件
23:00
usa.gif
8月中古住宅販売件数(前月比) ★★★ -3.2% 1.1%
23:00
usa.gif
8月景気先行指標総合指数(前月比) ★★★ 0.4% 0.0%
26:00
uk.gif
カーニーBOE総裁、発言機会 ★★★★ 要人発言
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はFOMCですね。未明のイベントとなりますが、注目度は高めですし、明日は休みの方が多いと思いますので、余裕があればぜひぜひ見ておきたいところでしょう。

それから、読者の方にゆきママはどんな情報を見て戦略を立てているかと良く質問されるのですが、チャート分析やファンダメンタルズ分析はもちろんのこと、他者のトレード(注文状況)なども参考にしていますので、ここで紹介しておきます。

例えば、DMM.com証券口座開設者限定で見ることのできる、ユーザーの売買比率の状況(DMM FX PLUSログイン後メニュー(右上)売買比率)も見ています↓

sfxmnpc1981.png
23:00現在の売買比率(左側が注文比率、右側が人数比率)。

ドル円ではかなり売りポジが溜まっていますので、反転した際のショックはそれなりに大きそうですので、トレードする際はその辺を意識しておいたほうが良さそうです。

特にDMM.com証券は最大手(FX口座数国内第1位※)でユーザー数が最も多い為、国内トレーダー(いわゆるミセスワタナベ)の状況を知るのには重宝しているんですよ。
※1. 2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
※2. 2016年2月2日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

↓ゆきママも参考にしている売買比率が見れますよ|ω'*)ジー↓

関連記事:
【IMM】市場のポジション状況の確認方法や考え方を簡単解説!DMM FXの売買比率はなぜ優れてる?


アップが遅くなってしまって申し訳ありません(*´Д⊂ヽゴミンナサイ まぁとにかく、日米のイベントのある特殊な日ですから、しっかり活用してチャンスがあれば稼いでいきましょう!


↓ブログランキング参加中!1日1回応援ポチお願いしますฅ•ω•ฅオニャガイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップする?ʕ´•ᴥ•`ʔ


お月見-●●●-c(ω`c ) オダンゴヨリモ… CB美味しいc⌒っ゚Д゚)っ[10,000]
9月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[195,000]ユキチ×20マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラル短資FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
 乱高下で絶好調!マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0