ECBナイト!ドラギ記者会見の見どころ展望を簡単解説【3月9日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

ECBナイト!ドラギ記者会見の見どころ展望を簡単解説【3月9日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

今日はドラギナイトですね。21:45にECB理事会の結果発表、その後22:30からドラギECB総裁の定例記者会見が行われます。今回も特に政策の変更はないでしょうが、政策の方向性は注目されています|ω'*)ジー

ちなみに前回もそこそこドラギマジックは成功し、直後はユーロ売りに傾いたんですよね。新味に欠けるドラギの発言でユーロが売られるとは思っていなかったのですが・・・。まぁ賞味期限は短く、すぐに反発しましたけどね。

sfxmnpc2439.png
↑前回1月19日の会見直後はユーロ安。(チャート:外為どっとコム

ここまでの値動きについてまとめると、昨日(8日の東京市場は、1ドル=113.50〜114.00円台で軟調気味の推移となりました。序盤に発表された中国の貿易統計が3年ぶりの赤字となったことをやや嫌気する形で値を下げました。ただ、終盤には米長期金利(10年債利回り)が上昇したことでやや買い戻されています。

海外市場は、1ドル=113.60〜114.70円台で1円幅を超える上昇となりました。欧州市場でも米長期金利の上昇が続き114円台を回復し、続くNY市場ではADP雇用報告が予想を大幅に上回る数字を記録したことで高値をつけました。ただ、終盤にはアメリカの原油在庫増を受けて、原油が大幅安となりドル円も大きく下落して取引を終えています。

今日は比較的底堅い推移ですね。ルペンリスクも大きく後退したことが報じられており、リスクオン気味です。原油に関しては在庫増はもちろんですが、ロシアの減産履行が進んでいないことも要因となっています。必ずロシアはどこかで裏切ると・・・(*`ω´*)

というわけで、今夜のECBイベントの見どころや相場展望について解説していきますので、ぜひお読みいただければと思います。

ドラギがいくら緩和姿勢を堅持したところで…

 個人的にはそう思うんですけどね(´・ω・`))´-ω-`)) ウン いくらドラギが口で緩和方向を継続するとしたところで、どれだけ説得力があるかといえば微妙ですからね。

先ほども書いたように、とりあえず新たな政策が発表されることはなく、政策そのものは現状維持でしょう。もし、さらに年末で終了が予定されているQE(量的緩和)が延長されることがあれば、サプライズのユーロ売りとなるでしょう。

ただし、現実としては実はEU圏は早くもインフレ率2%を達成していることもあって、これ以上のQEや金利の引き下げというのは難しそうで、むしろ逆に引き締めを考える時期に来ていますヽ( ・∀・)ノ↑age↑

もしこれらの緩和姿勢が正当化されるとしたら、各国で景気の回復状況に格差が残るまだら模様の状況にあるという点だけでしょう。

現状では、中銀預金金利がマイナス0.4%、QEについては月額800億ユーロの買い入れ枠が4月から600億ユーロに減額され、これが12月まで続く予定です。来年1月からについては言及がありませんが、さらに減額するといった話が少しでも出てくるようであれば、ユーロは買われることでしょう。

まぁドラギはいつもの通りで、政治リスクが完全に晴れて来ない限りは緩和姿勢をアピールするものと思われますが、状況を考えればそろそろ限界というのは誰の目にも明らかですので、会見後ユーロ安がずっと続くような状況は想定しなくとも良いと思います(`・ω・´+) キリッ

なので、今晩の短期的なトレード戦略としては具体的な政策の変更がない限り、ユーロが売られたら押し目を狙っていくというスタイルで良いのかなと。上値も重いですし、欧州の政治リスクが完全に晴れたわけではないので積極的にガンガン買っていくことは避けたいですが、少なくとも下がれば買い(ロング)といった意識でトレードしたいところでしょう。

ドル円に関しては、想定以上に底堅いですね。明日の雇用統計で115.00円ラインのブレイクを狙っている雰囲気は十分で、今夜の新規失業保険申請件数の結果次第では、明日の雇用統計まで高値が維持される可能性がありますから、一旦は様子見でしょう。



今日明日の経済イベントは以下のようになっています↓

3月9日(木)の主要経済指標・イベントまとめ
時間 経済指標・イベント 重要度 前回 予想
10:30
cn.gif
2月消費者物価指数(前年同月比) ★★★ 2.5% 1.7%
10:30
cn.gif
2月生産者物価指数(前年同月比) ★★★ 6.9% 7.7%
21:45
eu.gif
ECB理事会・金融政策発表 ★★★
★★
政策系イベント
22:30
eu.gif
ドラギECB総裁、定例記者会見 ★★★★ 要人発言
22:30
usa.gif
新規失業保険申請件数 ★★★ 22.3万件 23.7万件
27:00
usa.gif
30年債入札 ★★★
3月10日(金)の主要経済指標・イベントまとめ
18:30
uk.gif
1月鉱工業生産指数(前月比) ★★★ 1.1% -0.5%
18:30
uk.gif
1月製造業生産指数(前月比) ★★★ 2.1% -0.7%
22:30
usa.gif
2月非農業部門雇用者数(前月比) ★★★
★★
22.7万人 19.0万人
28:00
usa.gif
2月次財政収支 ★★★ 513億ドル -1520億ドル
※指標については★★★★★→★★★★★→・・・→★の6段階評価

今日はドラギナイトですが、水準が水準だけに今日の新規失業保険申請件数にも注目しておく必要があるでしょう。もちろん、ドル円にとっては明日の雇用統計がメインイベントではありますが。

それから、読者の方にゆきママはどんな情報を見て戦略を立てているかと良く質問されるのですが、チャート分析やファンダメンタルズ分析はもちろんのこと、他者のトレード(注文状況)なども参考にしていますので、ここで紹介しておきます。

例えば、DMM.com証券口座開設者限定で見ることのできる、ユーザーの売買比率の状況(DMM FX PLUSログイン後メニュー(右上)売買比率)も見ています↓

sfxmnpc2440.png
21:00現在の売買比率(左側が注文比率、右側が人数比率)。

とりあえずほどほどに買いポジ優勢ですね。まぁ今の水準を考えるとニュートラルといった感じで、さほど過熱感はありません。これで上昇できるかどうかが問われるでしょう。

特にDMM.com証券は最大手(FX口座数国内第1位※)でユーザー数が最も多い為、国内トレーダー(いわゆるミセスワタナベ)の状況を知るのには重宝しているんですよ。
※1. 2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
※2. 2016年2月2日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

↓ゆきママも参考にしている売買比率が見れますよ|ω'*)ジー↓

関連記事:
【IMM】市場のポジション状況の確認方法や考え方を簡単解説!DMM FXの売買比率はなぜ優れてる?


メインイベントは明日なので、今日は無理せずやっていきましょう。まぁユーロは面白そうですが、チャンスがあればといった感じで。


↓ブログランキング参加中!1日1回応援ポチお願いします(ฅ'ω'ฅ)ニャー
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチッ!ゆきママのやる気がアップ!ฅ(•̀㉨•́ )ฅクマー


ひな祭りΨd(*'ェ`*)bΨ とにかくお金(σ´∀`)σ[10,000]
3月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

[195,000]ユキチ×20マイゲットニャー!! ฅ(ΦωΦฅ)༄༅༄༅༄༅

  ゆきママ×DMM.com証券紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ★乱高下&レンジ相場でも絶好調!ゆきママ×M2J紹介&解説記事へ
 1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0