月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

為替相場(ドル円)~今週(29~2日)の総括と来週の展望~ [市場概況]

sfx079.jpg
↑8月29日~9月2日の週の外国為替市場で、ドル円相場は1ドル=76.41~77.24

今週の総括:原因不明の異様な膠着状態に・・・

29日の東京市場では、材料難からか76.60~76.80円の間での小動きに終始した。民主党代表戦で、野田氏当選のニュースが流れるもマーケットは反応せず、さらに膠着間を強めた。海外市場では一時76.50円台まで円が買い進められるも、その後の米経済指標で7月個人消費が市場予測を上回り、さらに米国債利回りが上昇するとドルが買い戻され77円台に。しかしながら上値は重く76.80円まで押し戻され、その近辺で推移した。

30日の東京市場は、昨日に引き続き材料難が続き76.60~76.90円台で推移した。積極的に取引をするという動きも無く、方向感の無い展開だった。海外市場では、1ドル76.60~76.80円台で推移した。米経済指標である8月消費者信頼感指数や米FOMC(連邦公開市場委員会)8月9日開催分の議事要旨が公表されるなど、手掛かりとなりそうなものは多くあったものの、市場の反応は非常に限定的で、極めて反応薄だった。

31日の東京市場では、1ドル=76.50~76.70円台での小動きとなった。国内企業の月末の円需要や野田首相の「電話会談で為替の話はしていなかった」という発言などが材料視され、ドル売り円買いが進むも76円半ばの買い注文の厚さや、介入に対する警戒感などから小反発、また重要な米経済指標を控えていることから手控えムードに。海外市場では1ドル=76.40~76.80円台で推移した。序盤にあった(米)8月ADP雇用統計が市場予想を下回ると76.40円台になるも、この水準では介入も意識されるだけに底堅く、その後に発表された(米)8月シカゴ購買部協会指数や(米)7月製造業受注などが市場予想を上回るとドルが買い進められ76.80円台まで上昇した。しかしながら相変わらず上値は重く、追加金融緩和策期待のニュースが流れると再び76.40円台に、その後はジジジリと値を上げ76.60円台で終了となった。

1日の東京市場では、手掛かりとなる材料に乏しい中、本邦銀行筋のまとまったドル買いが入るとそれに海外HFが追随する形となり、一時77.24円付近まで急騰した。ただこの水準では上値が重く、円売りドル買いが一巡すると、利益確定の売りなども入り、76.70円近辺まで押し戻される。その後は76.70~76.90円付近でモミ合う展開に。海外市場では、1ドル=76.80~77.10円台で推移した。(米)ISM製造業景況指数などがわずかに市場予想を上回ったこともあり、円売りドル買いが優勢となった。

2日の東京市場では、1ドル=76.70~76.90円台で膠着した。やはり雇用統計の発表を控えた様子見ムードが強く、方向感の無い取引に終始する形となった。海外市場では、(米)8月雇用統計が発表され非農業部門雇用者数が0.0万人と市場予測を大幅に下回ると、76.40円台まで急落する。ただ結果の悪さを考えると、ほとんど動いていないと言っても良い値動きで市場の反応は限定的と判断できる。その後はジリジリと値を上げ、安住財務相の「円高を注意深く監視して適切に対応する」との発言が伝えられると介入への警戒感が強まり、円売りドル買いが優勢となり一時76.80円台になった。その後はこの近辺でモミ合い、結局2日の海外市場は1ドル=76.50~76.80円となり、雇用統計の結果などから考えると非常に狭いレンジでの値動きとなった。

来週の展望:76~77円の超円高水準で膠着かあるいは大きな値動きが・・・

今週はビックリするぐらい膠着した1週間となりました。上値は重く、下値は堅い・・・まぁ通常材料に乏しいかったり、あるいは経済指標のあまりない週ならわかるのですが、今週は経済指標目白押しで、月に一度のお祭りでもある雇用統計もあったのにこの膠着感です。しかも雇用統計の結果が、ほぼ市場予測に近かったらこの結果もわかるのですが、大きく乖離しているのにも関わらず強い膠着感を見せた相場となりました。原因は定かではありませんが、考えられることとして ①為替介入に対する警戒感 ②76円半ばから下にある買い注文の厚さ ③米国景気悪化の材料で尽くし感 などが考えられますが、それにしても異様に動かなかったと言えるでしょう。

来週の展望としては、ほとんど経済指標が無いので、普通に考えればさらに膠着感を強めると考えられるのですが、テクニカル的に見ると膠着した相場のあとはどちらかの方向に一気に動きやすいということもあるので、注意が必要です。まぁHFなんかの仕掛けもありそうなので、来週以降の値動きには十分警戒する必要がありそうです。

来週注目の経済指標(ドル円)
5日(月):アメリカは休場で指標もなし
6日(火):23:00 (米)8月ISM非製造業景況指数
7日(水):27:00 (米)ベージュブック公表
8日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数、26:00 (米)バーナンキFRB議長公演
9日(金):特になし
となっております。まぁ来週はのんびり眺めながらのトレードとなりそうです。新たな月ということで、心機一転頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします(∀`*ゞ) それではまた!


↓皆様の応援がやる気になります(`・ω・´)1日1回の応援クリックを・・・
人気ブログランキングへ
↓このパンダちゃんにもお願いしまーす。
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース