月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

為替相場(ドル円)~今週(19~23日)の総括と来週の展望~ [市場概況]

sfx094.jpg
↑9月19日~9月23日の週。ドル円相場は1ドル=76.10~76.98

今週の総括:妙に底堅いが高止まりで膠着

19日は東京市場が休場で参加者は少なく、海外市場が始まるまで76.80~76.90円台での動きに終止した。結果的にこの日の日本時間の午前10:30頃つけた76.98円が最安値となった。海外市場では、一時1ドル=76.30円台にまで急落した。ギリシャ債務問題を背景にして、欧米の株式や先物が軟調に推移したことからユーロが売られ、クロス円には軒並み弱含み、リスク回避の流れが波及した。終盤になるとやや買い戻され76.50円台に回復した。

20日の東京市場では、1ドル76.50円台でスタート。枝野経済相の円高牽制発言などから、1ドル=76.70円台にまで上昇するも上値は重く、その後は1ドル=76.40~76.50円台で推移した。海外市場では、1ドル=76.30~76.70円台で推移した。レンジはそれほど広くは無いが、動きは多くやや乱高下気味だった。背景としては、ECBのイタリア国債購入観測やEFSF債購入に前向きな野田財務相の発言、さらにはスイス中銀が対ユーロへの防衛ライン引き上げ観測など他通貨の動き
に巻き込まれる形があった。

21日の東京市場では昨日の欧州の流れを引き継いでか乱高下する展開となった。序盤には本邦輸出企業によるドル売り観測などで、一時1ドル=76.10円台まで急落。しかしながらこの水準では介入警戒感が強く、レートチェックのや介入の噂が流れると一気に76.60円台まで急反発するなど神経質な動きを見せた。その後激しい値動きを見せたが、FOMCを控え1ドル=76.20~76.30円台で落ち着いたところで海外市場へ。海外市場では序盤はFOMCを控え様子見ムードとなり、概ね1ドル=76.20~76.30円台で推移した。その後、27:15のFOMCで総額4000億ドル規模のツイスト・オペの導入が伝えられると、米10年債利回りが低下した一方で米2年債利回りは急騰し、ストレートドルでドルの全面高となり、それにつられる形で1ドル=76.70円台まで上昇した。しかし上値は重く、ドル買いが一巡すると1ドル=76.40円台に下落し、この近辺でモミ合った。

22日の東京市場では、1ドル=76.40~76.90円台で推移した。昨夜のFOMCを受けて、円売りドル買いとなった流れを引き継ぎ、一時76.96円まで上昇するも相変わらず上値は重く、午後からはジリジリと押し戻される展開に。海外市場では、ユーロ圏の債務問題が嫌気され、欧米の株式市場で急落。その流れを受けるとクロス円が全面安となり、1ドル76.10円台まで急落した。その後は介入警戒感から1ドル=76.50円台まで回復するもクロス円の下落が進み、再び76.10円台に。その後も76.10~76.50円台での激しい値動きをみせる展開となった。

23日の東京市場は休場。やはり参加者は少なく、1ドル=76.20~76.30円台の狭いレンジで推移した。海外市場ではリスク回避の円買いが進み、76.10円台まで下値が進むも、この水準での底堅さが確認されると介入への警戒感もあって徐々に円売りドル買いの流れへ。その後、米短期債の金利上昇や週末の持ち高調整などもあり、ドルが買われ1ドル=76.70~76.80円台で取引を終えた。


来週の展望:サプライズが無ければ引き続き膠着

今週はユーロ円が102.20円台と2001年6月以来の水準に、濠ドル円が73.80円台と3月11日以来の水準に、さらにはポンド円が116.80円台となり変動相場制市場最高値を記録するなどクロス円全面高という展開になりました。が、これだけクロス円全面高の中にあったことを考慮すれば、ドル円は比較的堅調に推移したと言えそうです。76円割れしなかったことを考えると、かなり底堅いのではないのかなと・・・。

来週1週間は底堅く上値は重い展開なので、何か大きなサプライズのような発表が無ければ膠着した展開が続くものと思われます。ちなみに来週は小粒ですがそこそこ重要な経済指標が毎日あるので、このファンダメンタルズ次第とも言えるかも知れません。良かったら77円台手前まで、悪かったら75円台手前までという動きになりそうです。

というわけで来週注目の経済指標(ドル円)
26日(月):23:00 (米)8月新築住宅販売件数
27日(火):23:00 (米)9月消費者信頼感指数
28日(水):21:30 (米)8月耐久財受注
29日(木):21:30 (米)Q2GDP、新規失業保険申請件数
30日(金):22:55 (米)9月ミシガン大消費者信頼感指数
となっております。


↓1日1回の応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ
↓このパンダちゃんにもお願いしまーす。
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ
まぁ今週はFOMCで動きが出てくるかと思ったら全然でしたね。大きな動きが出てくるのは10月7日の雇用統計までお預け状態なんですかね。とにかく大きなサプライズが無ければ、比較的膠着した相場が続きそうなので、ある意味トレードはしやすいかもしれません。とりあえず来週も頑張りますので応援よろしくお願いします(∀`*ゞ)
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース