月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

為替相場(ドル円)~今週(31~4日)の総括と来週の展望~ [市場概況]

sfx129.jpg
↑10月31日~11月4日の週。ドル円相場は1ドル=75.57~79.53円

今週の総括:値幅4円超に達する過去最大規模の市場介入

31日の早朝にオセアニア市場で、一時1ドル=75.31円と戦後史上最高値を更新。東京市場では、介入警戒感から買い戻され、75.60円近辺で始まった。10:25頃、日本政府・日銀による為替介入が発動されと、グングンと上昇し75.50円近辺から79.50円付近まで、約80分間で値幅にして4円程度上昇した。終盤になると利食いの円買い・ドル売りに押されて、1ドル=78.80円近辺で海外市場へ。海外市場では、ECB理事の「介入は好ましくない」という発言や、日銀総裁の「為替の名目実効レートは必ずしも円高でない」という介入に対して自ら水を差すような発言を受けて、円買い・ドル売り圧力が強まり、ジリ安の展開になり78円を割り込んだ。その後は介入警戒感もありやや買い戻されて取引を終えた。海外市場では概ね1ドル=77.90~78.20円台での取引となった。

1日の東京市場では、介入観測のニュースが流れ、一時79.00円近辺まで上昇する場面も見られたが、介入不在が確認されるとジリ安の展開になり、78.10円近辺まで押し戻された。この日の東京市場では概ね1ドル=78.00~78.40円台での取引となった。海外市場では、78.00円ラインでの下値が堅く、FOMCを控えていたこともあり膠着した相場となった。経済指標の(米)10月ISM製造業景況指数も前回から悪化したものの市場の反応は限定的で、1ドル=78.00~78.20円台での小動きに止まった。

2日の東京市場では、福島原発にホウ酸水注入などのニュースが流れ、序盤はやや円売り・ドル買いが優勢となり一時78.40円台まで上昇したものの、その後はジリジリと値を下げ、78.10円台に押し戻され、やや膠着した状態に。海外市場では、78円ラインでの攻防に終始した。米FOMCを控えて様子見ムードが強まったことや、米FOMCの政策発表自体も現状維持でQE3は見送られたこともあり、市場の反応は非常に限定的だった。FOMCやADP雇用統計といったビックイベントがあったにもかかわらず、この日も1ドル=77.90~78.10円台での小動きに止まった。

3日は文化の日で日本(東京市場)はオ(o・0・o)ヤ(o・ェ・o)ス(o-ェ-o)ミィ(o_ _)o.zZ となった(休場)。当然市場参加者も少なく、薄商いな状態で1ドル=78.00~78.10円台での超小幅なレンジでの取引となった。海外市場でも、1ドル=77.90~78.10円台での小動きに終始した。(米)新規失業保険申請件数が市場予測を上回るも、市場の反応はほとんどなし。また、(米)10月ISM非製造業景況指数が市場予測を下回ったものの、反応は限定的で値動きはほとんどなかった。やはり78円ラインでの攻防が続く。

4日の東京市場では、手がかり材料に乏しく、雇用統計を控えていることから様子見ムードが強まり、1ドル=77.90~78.10円台での小動きに終始した。海外市場では、ビックイベントの(米)10月雇用統計(雇用者数・失業率)が発表されたものの、市場の反応は極めて限定的。市場予測を若干下回ったものの、前回の結果が上方修正されるなど、強弱の入り混じる結果も影響した。その後、フランスで閉幕したG20で具体的な進展が見られなかったことなどへの失望から、ユーロ売りが始まり、ドルが買われる展開になると、ドル円市場でもややドルを買う動きが強まり、78.20円台まで上昇した。海外市場では、1ドル=78.00~78.20円台での小動きに止まり、通してあまり動きの見られない1週間となった。


来週の展望:EUの混迷と市場介入に注目

今週は週明けから為替介入があり、10万円の介入ボーナスを得ることができ、ゆきママとしては大満足の1週間となりましたワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪ まぁそんなこともあってか、その後はトレードをサボりがちになっていったんですけどね・・・。来週は頑張ります(`・ω・´)

というわけで円高感も一服し、また新たな週を迎えるわけですが、今後も断続的に為替介入が予想されるため注意が必要です。またEU情勢もギリシャの政局が二転三転し、なんら具体的な進展が見られないこともあり、非常に不安定な状態が続いています。なので、来週は売りポジションを持つにしても買いポジションを持つにしても、乱高下に巻き込まれないようなトレードを心がける必要はありそうです(早めの損きり、利食いなど)。ゆきママは超短期的なトレードですので、あまり問題はありませんが、デイトレ単位以上での取引をされている方は、維持率などに少し余裕を持ってみては如何かな~と思っています。

というわけで来週注目の経済指標(ドル円)
 7日(月)は特になし
 8日(火)も特になし
 9日(水):23:30 (米)バーナンキFRB議長講演
10日(木):22:30 (米)新規失業保険申請件数、9月貿易収支
11日(金):23:55 (米)ミシガン大消費者信頼感指数
以上のラインナップになっております。

まぁ来週は小粒ですねー。というか今週FOMCや雇用統計があったのにもかかわらず、この膠着ぶりですから、経済指標に期待するのは無駄というものかもしれません。まぁ重要なのはやはり為替介入とEU情勢だと思います。その2点は注意深くニュースなどを見ていく必要がありそうです。介入以降サボりがちだったゆきママも、来週は頑張ってトレードしたいと思いますので、応援よろしくお願いします(●´ω`●)ゞ


■初心者向けQ&A(クリック) ■初心者向けFX業者スペック一覧(クリック)

↓1日1回の応援クリックよろしくお願いします(●´ω`●)ゞ
人気ブログランキングへ
↓うちのおちびにもお願いしまーす。
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ
nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース