月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

為替相場(ドル円)~今週(9~13日)の総括と来週の展望~【方向感に欠け小動き】 [市場概況]

sfx258.jpg
↑4月9日~4月13日の週。ドル円相場は1ドル=80.57~81.85円

今週の総括:細かな要素が絡み合い方向感に欠ける

9日の東京市場は、1ドル=81.10~81.50円台での推移となった。(日)2月経常収支・貿易収支が市場予測よりもやや良好だったことで、一時的に円買いが進む場面も見られたが、概ね81.30~81.50円台で方向間なくモミ合う展開だった。
 海外市場では、1ドル=81.20~81.60円台での推移。序盤は欧州勢がイースター休暇ということもあって市場は閑散とし、81.30円近辺でモミ合う展開だった。その後NY市場に入ると、先週末の雇用統計を受けてやや円買いが進むも、一部で「日銀による追加緩和が検討されるのでは」との報道がされると、円売りの流れとなり上値を伸ばした。

10日の東京市場では、1ドル=81.10~81.80円台と堅調に上値を伸ばす場面も見られた。要因としては、バーナンキ議長の講演で、金融政策に関する言及がなかったことでのドル買い。また日銀金融政策決定会合で、追加緩和や追加緩和示唆が期待されたことによる円売りで、一時1ドル=81.85円(今週の最高値)まで上値を伸ばした。その後、会合が終了し追加緩和が見送られ、さらに日銀白川総裁の「次回会合の決定内容について、予断(前もって判断すること)を持つことは慎まなければならない」という、追加緩和期待に対するけん制ともとれる発言がされたことで、81.00円台まで一気に下落した。
 海外市場では、1ドル=80.60~81.00円台とストップロスを巻き込みながら、さらに失速する展開。欧米の株価が軒並み大幅安となったことや、スペインやイタリアなどの国債利回りが上昇したため、ユーロ圏債務危機問題に対する警戒感が再燃したことが影響した。

11日の東京市場では、1ドル=80.60~80.90円台での値動きとなった。一部報道で、関係者の話として「日銀が次回会合で追加緩和に動く可能性が高い」と伝えると、81円台手前まで急進する場面も見られたが、その後はモミ合いとなり概ね小動きだった。
 海外市場では、1ドル=80.50~81.10円台での値動き。欧州序盤こそ株価の下落から、一時1ドル=80.57円(今週の最安値)まで値を下げる場面もあったが、株価が反発すると堅調に動きを見せて、81円台まで上値を伸ばした。

12日の東京市場では、1ドル=80.80~81.10円台での小動きとなった。北朝鮮のミサイル発射予告期間に入ったことなどからリスク回避の動きが強まり、やや円売り・ドル買いが優勢だった。
 海外市場では、1ドル=80.70~81.10円台。序盤から株価が堅調だったことで、スペインやイタリアの国債利回りが低下したことで、やや上値を伸ばす場面もあったものの、(米)新規失業保険申請件数が市場予測よりも悪化したことで、円買い・ドル売りが進んだ。

13日の東京市場では、1ドル=80.80~81.10円台と3日続けての小動きな展開となった。北朝鮮のミサイルが発射されたものの、失敗に終わってしまったことで、市場の反応は薄くほとんど無反応だった。
 海外市場では、1ドル=80.80~81.10円台で引き続き膠着感のある展開に。スペインによるECBからの借り入れが前月比で倍増した事などから、同国の国債利回りが上昇し、一時的に円買い・ドル売り優勢となる場面も見られたものの、反応は限定的だった。


来週の展望:円安地合も一服し、様子見で膠着か

今週は日米の金融政策に、欧州の債務問題、はたまたミサイルと結構ネタは豊富だったんですが、相場としては円安・ドル高基調が一服し、やや膠着し始めました(´Д`υ) 値動きそのものも週の半分は概ね80.70~81.10円台と値幅が40銭での推移となり、方向感に欠ける展開となっています。

まぁ基本的な考え方として、1週間の中で最も値動きの要因となったのは、やはり日米の金融政策に絡んだ追加緩和の問題だったので、来週以降もそれを睨んでの展開となると思います。なのでとりあえず、この辺のニュースは常にチェックしておく必要があるのかなとφ(`ω´)チェックチェック...

後はやはり何かと導火線のくすぶっている、ユーロ圏の債務問題でしょう。毎週毎週言っている気もしますが、何かある度に問題になってくるんですよね(ノД`)シクシク 欧米の主要国の利回りには注意が必要でしょうね( ´Д`)=3フゥ

ただここ最近で言うと、ファンダメンタルズ(経済指標)に対してはやや反応が薄くなっているので、また再び以前のように膠着しそうな様相があるのではないかと、個人的には思っています(`・ω・´) とかいってて来週思いっきり動いたら悲惨なんですけどね・・・。

来週注目の経済指標(ドル円)
16日(月):21:30 (米)3月小売売上高、4月NY連銀製造業景気指数
17日(火):21:30 (米)3月住宅着工件数・建設許可件数
18日(水):10:30 (日)日銀西村副総裁講演
19日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数
        23:00 (米)3月中古住宅販売件数 他
20日(金):22:00 (米)G20財務相・中央銀行総裁会議
以上のラインナップになっております。

やはりいまいち小粒ですね。経済指標に対する動きも鈍くなっている感じがするので、来週は決め手に欠けて膠着するかもしれませんね(●´^`●)ウ~ン

というわけでまた明日から新たな1週間が始まりますね(*´ω`*) 年度始めということもあり、何かと忙しく大変だとは思いますがあまり無茶じゃない程度に頑張って下さいね!応援しています(∀`*ゞ)

ゆきママも花粉症が酷いのですが、来週は上値重く、得意な相場展開となるかもしれないので、必死にトレードをがんばってみたいと思います(*´∀`*)


↓今週も1日1回の応援ポチよろしくお願いします(●´ω`●)ゞ

↓うちのおちびにもお願いしまーすヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ

キャンペーンの注意事項は、【↑のバナー】【キャンペーンの詳細はこちらから】で確認できますので、必ずご確認下さい。キャンペーンの紹介記事はコチラ
nice!(42)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース