月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

為替相場(ドル円)~今週(16~20日)の総括と来週の展望~【調整模様で小動き】 [市場概況]

sfx263.jpg
↑4月16日~4月20日の週。ドル円相場は1ドル=80.30~81.78円

今週の総括:日米の金融政策発表を控えて調整モード

16日の東京市場は、1ドル=80.40~80.90円台と、大幅に下落する場面も見られた。午前中は値幅が10銭程度とほとんど値動きがなかったものの、午後に入ると大口の売り注文をきっかけにして、円買い・ドル売りが優勢になるとストップロスを巻き込みながら、大幅に下落した。背景には本邦株価の下落や、スペインが3月にECB(欧州中央銀行)から借り入れた資金が過去最大規模であったことなどで、リスク回避の動きが強まったことがあると考えられる。
 海外市場では、1ドル=80.30~80.80円台での推移となった。欧州序盤は欧州株の堅調な推移を好感して、クロス円の反発に合わせてドル・円も上昇したが、(米)3月小売売上高が市場予測を上回り、(米)4月NY連銀製造業景気指数が下回るという結果の中で、ハイテク銘柄のナスダック指数が下げに転じたことが影響したのか、ドル・円市場はストップロスを巻き込みながら急落。一時1ドル=80.30円(今週の最安値)まで値を下げた。

17日の東京市場では、1ドル=80.30~80.50円台と、狭いレンジでのモミ合いが続いた。特に材料の無い中で気迷いムードも強かった。
 海外市場では、1ドル=80.50~80.90円台で堅調に上値を伸ばした。スペイン国債の入札が順調に消化されたことと、欧州の株価やNYダウ平均が結果的に+194ドルと超大幅高だったこともあってジリジリと値を上げる展開だった。

18日の東京市場では、1ドル=80.80~81.40円台とこの日も続伸。アジアの株高や日銀の西村副総裁が「今後も必要に応じ、追加的手段を講じていく」などと発言し追加緩和期待が高まったこともあって、81.40円台まで上値を伸ばした。
 海外市場では、1ドル=81.20~81.50円台での値動きとなった。欧州序盤に、ポンド・円の急騰につられる形で上値を伸ばした。要因としては、イギリスの雇用統計が市場予測よりも強い結果だったことや、前回の結果が上方修正されたことと、英中銀の追加緩和期待が後退したことなどがあった。その後は、徐々に欧米株の下落などに伴って、値を下げて1ドル=81.20円を挟んでの小動きに終始した。

19日の東京市場では、1ドル=81.10~81.50円台での推移となった。序盤に(日)3月貿易収支が発表され、-826億円と赤字になったものの、事前予想を下回ったため市場は円買いで反応。その後、G20財務相・中銀総裁会議に出席するため、ワシントンを訪れていた日銀の白川総裁が「金融緩和を推進していくことに完全にコミットしている」と発言したことが報じられたため、再び追加緩和期待が高まり、81.50円台まで上値を伸ばした。
 海外市場では、1ドル=81.30~81.70円台。序盤のスペイン国債入札が順調に消化されたことや、東京時間の日銀・白川総裁の発言などが再び報じられたこともあって、1ドル=81.73円(今週の最高値)まで上値を伸ばした。ただその後は、(米)新規失業保険申請件数、3月中古住宅販売件数、4月フィラデルフィア連銀景気指数などが軒並み市場予想より悪化していたことで、81.30円台まで下落した。

20日の東京市場では、1ドル=81.50~81.70円台での小動き。手がかり材料に乏しく、この日は方向感なく推移。来週の日米金融政策イベントを控えていたことも影響した。
 海外市場でも、1ドル=81.50~81.70円台でのモミ合いとなった。やはり材料に乏しく方向感が出ず、来週の金融政策イベントを控えた調整ムードが強く、この日は全体的に動きが重かった。

来週の展望:焦点は日米の金融政策発表だが、調整模様になる可能性も・・・

先週が1ドル=80.57~81.85円、今週が1ドル=80.30~81.73円と2週続けてほぼ同じ結果となり、やや膠着感が出てきましたね(´Д`υ) そんな中でも、値動きの大きな要因となったのは、先週書いたように金融政策(追加緩和)でした。

というわけで、来週25日のFOMC、27日の日銀金融政策決定会合で、追加緩和が発表されるかどうかが焦点となってきそうです。

ただ、市場ではすでにFOMCでは現状維持、日銀金融政策決定会合では資産買入基金の増額を織り込み済みとされ、もしも日銀が再び追加緩和を見送るようなことがあれば、大きなサプライズとなる可能性があります(●´^`●)シラカワソウサイハハードルヲアゲチャッタネ

市場ではそれだけ追加緩和期待が高まっているんですよねぇ(;゚Д゚)シーラナイシーラナイ そんな感じですが、もしも市場の予想通りの結果となった場合は、結果的に反応が限定的になる可能性もあるので、その辺には注意というか、期待しすぎてがっかりしないようにしたいところですね(∀`*ゞ)

それから今週はスペイン国債に注目が集まったものの、無難に通過したため警戒感がやや後退してはいますが、欧州各国の国債・利回り関連にはやはり目を向けておきたいです(;´∀`)

来週注目の経済指標(ドル円)
23日(月)はとくになし
24日(火):23:00 (米)4月消費者信頼感指数、4月新築住宅販売件数
25日(水):25:30 (米)FOMC・政策金利発表
26日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数、3月中古住宅販売保留
27日(金):      (日)日銀・政策金利発表
以上のラインナップになっております。

というわけで、今週も1週間応援ありがとうございました(∩´∀`)∩ 来週は結構注目の経済指標が目白押しですので、この膠着気味の相場を打破できるかどうか注目していきたいですね(ΦωΦ)フフフ


↓今週も1日1回の応援ポチよろしくお願いします(●´ω`●)ゞ

↓うちのおちびにもお願いしまーすヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ

キャンペーンの注意事項は、【↑のバナー】【キャンペーンの詳細はこちらから】で確認できますので、必ずご確認下さい。キャンペーンの紹介記事はコチラ
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース