月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

為替相場(ドル円)~今週(14~18日)の総括と来週の展望~【79円割れ間近(; ロ)゚ ゚ 】 [市場概況]

sfx293.jpg
↑5月14日~5月18日の週。ドル円相場は1ドル=79.01~80.55円

今週の総括:欧州だけではなく、米国経済にも暗雲が・・・

14日の東京市場は1ドル=79.90~80.10円台で先週末に引き続き、方向感なくモミ合う展開が続いた。やはりギリシャの動向を見極めたいとの思惑が強く、様子見ムード一色だった。
 海外市場では、1ドル=79.60~80.10円台とやや値動きの荒い展開だった。序盤こそ堅調な推移を見せていたものの、ギリシャで大統領と主要政党党首との協議の難航が予想されたことなどから、徐々にリスク回避の円買い優勢となり、値を下げた。

15日の東京市場では、1ドル=79.80~79.90円台と再び極小レンジでのモミ合いとなった。やはり東京市場時間帯には、欧米の材料がなく手ががかりに乏しい状態で、方向感のない値動きが続いた。
 海外市場では、1ドル=79.80~80.30円台と上値を伸ばした。序盤から欧州の経済指標で予想を上回る結果が続いたが、反応は限定的だった。ただし、この結果を受けてリスク回避地合はやや後退。NY市場に入り、(米)4月CPI、4月小売売上高はほぼ市場予想通りだったが、(米)5月NY連銀製造業景気指数が予想を大幅に上回ると、徐々に上値を伸ばした。その後、ギリシャで大統領の仲介にもかかわらず決裂し、6月の再選挙が確定的となったことが報道されたが、市場としても織込済みだったためか反応はあまりなく、(米)5月NAHB住宅市場指数が予想を上回ると、さらに上値を伸ばす展開となった。

16日の東京市場では、1ドル=80.10~80.40円台と堅調な推移を見せた。前日に発表された米国の経済指標が好調だったことを受けてドルが独歩高となり、ユーロに対しても円に対してもドルが買われる展開。
 海外市場では、1ドル=80.10~80.50円台での推移となった。(米)4月住宅着工件数が市場予想を上回ったことでドルが買われ、一時1ドル=80.55円と今週の最高値を記録した。しかしその後、4月のFOMC議事録が公表され、雇用者数(雇用統計)の伸び悩んだことで、3月の会合時よりも追加緩和支持派がやや増加していたことが追加緩和(QE3)を意識する結果となり、市場では円買い優勢となり80.10円台まで値を下げる場面もあった。

17日の東京市場では、1ドル=80.20~80.30円台と相変わらず方向感に乏しい展開。欧州・米国時間帯での材料待ちといった展開が続く。
 海外市場では、1ドル=79.10~80.30円台と大幅に失速した。序盤から株安や欧州情勢が嫌気され、円が買われる場面も見られたものの反応は限定的だった。しかしながらその後発表された(米)5月フィラデルフィア連銀製造業指数が市場予想を超大幅に下回る結果に終わると一気に失速。ドル・円相場の下支えとなっていた堅調な米国指標が一気に崩れ去り、株安も止まらないことでさらに売り込まれて、最終的に値幅1円以上の大失速となった。

18日の東京市場では、1ドル=79.20~79.40円台でやはり膠着気味。週を通して欧米の材料待ちといった感じで、東京時間帯に大きな値動きはなかった。
 海外市場では、1ドル=79.00~79.30円台で弱含む展開だった。米国債の利回りが低下(日米金利差縮小)したことなどを受けて、徐々にドルが売られる形となり、1ドル=79.01円(今週の最安値)と79円を割れる寸前まで値を下げた。


来週の展望:欧米の動向を睨んで膠着しそうだが・・・

今週は下支えとなっていた米国経済指標が脆くも崩れたことで、このところ膠着していたドル・円市場のレンジブレイクのきっかけとなりました。本当に上値を伸ばしていた理由はその1点だけだったので、それが無くなると一気に崩落していくんですね・・・:(;゙゚'ω゚'):

まぁそういう支えを失った中で来週を迎えるわけですが、ということはやはり下方向になってしまうのかなといった印象です。ただこれ以上下方向に行くと、一応日銀の為替介入の可能性なんかも意識されてくるため、一方的にガンガン掘り進むということはないかと思います。

当面はギリシャ・スペインなどの欧州債務問題やアメリカの追加緩和(QE3)への動向を見ながら、徐々に徐々にリスク回避の円買いが進むのではないかと予想(∀`*ゞ)

ただギリシャの世論調査で緊縮財政支持の連立与党が過半数を獲得しそうだとの情報もありますので、この辺が市場に好感されればユーロ売りも一服しますし、展開も違ってくるのでやはり動向を見ながらというパターンがベストなんでしょうかね (σ´.ω.`)ウ~ン

来週注目の経済指標(ドル円)
 21日(月):21:30 (米)4月シカゴ連銀景気指数
 22日(火):23:00 (米)4月中古住宅販売件数 他
 23日(水):(日)日銀政策金利発表、白川日銀総裁会見
        :23:00 (米)4月新築住宅販売件数 他
 24日(木):21:30 (米)4月耐久財受注、新規失業保険申請件数 他
 25日(金):22:55 (米)5月ミシガン大消費者信頼感指数
以上のラインナップになっております。

やはりというかなんというか、一番の注目は22~23日にかけて行われる日銀金融政策決定会合になるんでしょうかね。今回は追加緩和見送ることが濃厚なのですが、79円割れ間近の円高基調や株安などを考えると、市場としてはやはり追加緩和を期待したくなるというものです・・・(ΦωΦ)フフフ…

一応発表前に特集記事を書く予定ですが、あんまり市場に対して冷たい見解を示すと、一気に円高が進行する可能性もあるだけにここには目を向けておきたいところですね(`・ω・´)

というわけで今週も1週間応援ありがとうございました。また来週もよろしくお願いします(*´ω`*)


↓今週も1日1回の応援ポチよろしくお願いします(●´ω`●)ゞ

↓うちのおちびにもお願いしまーすヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ

今月はなんと限定タイアップキャンペーンが3社も!ゆきママが厳選したオススメ為替本がもらえます。各社それぞれ違うので、3冊とも読んでくださいね(*´ω`*)
   ①ゆきママ×外為ジャパン紹介記事
   ②ゆきママ×ヒロセ通商紹介記事
   ③ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介記事
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、必ずトレイダーズ証券【みんなのFX】ヒロセ通商及び外為ジャパンのHPをご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、必ずご確認下さい。)
nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース