月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

為替相場(ドル円)~今週(27~31日)の総括と来週の展望~【78円台で膠着】 [市場概況]

sfx453.jpg
↑8月27日~8月31日の週。ドル円相場は1ドル=78.19~78.84円

今週の総括:78円台で膠着もやや踏み込んだ発言で円高

27日の東京市場は1ドル=78.60~78.80円台で午前中は輸入企業からのドル買いを背景に上値を伸ばしたが、午後に入るとジリジリと値を下げる展開となった。
 海外市場は1ドル=78.60~78.70円台での小幅なレンジでモミ合った。ユーロ・円の上昇につられて上値を伸ばす場面も見られたが、手がかり材料に乏しく値動きはほとんどなかった。

28日の東京市場は1ドル=78.50~78.70円台でやや弱含む展開だった。NZドル・円の急落(ニュージーランド酪農最大手フォンテラ社が、2012/2013年の農家向け配当を引き下げると発表たことがきっかけ)につられる形で下落した。
 海外市場は1ドル=78.40~78.60円台で動きの鈍い展開が続いた。欧州序盤こそスペイン国債の入札が順調に消化されたことで、ユーロ買い・円売りの動き。それにつられる形でドル・円市場でも円が売られ、やや上値を伸ばしましたが、限定的だった。NY市場ではほとんど78.50円を挟んでのモミ合いに終始し、ほぼ値動きのない展開となった。

29日の東京市場は1ドル=78.50~78.60円台で膠着状態。この日のNY市場で(米)Q2GDPの発表や週末のバーナンキFRB議長講演を控えて様子見ムードとなり、ほとんど値動きのないモミ合い相場となった。
 海外市場では1ドル=78.40~78.70円台での値動きとなり、久々にやや動きのある相場となった。ただし、方向感には乏しい。欧州序盤は欧州株の下落を背景にしてやや円買いとなり、78.40円台に差し込み場面も見られた。NY市場に入り(米)Q2GDP<改定値>が予想通りの上方修正となったが反応はほとんどなかった。ロンドンフィキシング(日本時間24時)に絡んだ動きで、ドルが買われるとやや上値を伸ばしたすぐ押し戻されて限定的な動きにとどまった。

30日の東京市場は1ドル=78.60~78.70円台で、相変わらずのモミ合い相場となった。若干弱含んで推移しましたが、相変わらず値動きに乏しく、方向感のない展開が続いた。
 海外市場は1ドル=78.50~78.60円台とここでも値動きはほとんどなし。欧州市場は78.60円台でモミ合うだけの相場で、ユーロの動きもそれほど無かったことから完全に動きを失って膠着しました。NY市場では米国の経済指標が複数発表され、いずれもやや弱い結果となると、ドル・円もわずかに値を下げる程度でほとんど反応はなかった。

31日の東京市場は1ドル=78.30~78.60円台で久々に動きのある展開。ノボトニー・オーストラリア中銀総裁が「ECBの発行市場での国債買い入れは問題がある。ECBの流通市場での国債買い入れは条件をつけるべき。」などの見解を示したことで、ユーロ・円が下落するとつられる形でドル・円も円買い優勢の流れとなり、ジリジリと値を下げた。
 海外市場は1ドル=78.10~78.60円台と今週の最も注目されていたバーナンキFRB議長の講演もあり、今週最大の値動きとなった。欧州序盤は欧州株が高値で始まったことや(欧)8月消費者物価指数が予想を上回る結果となったことで、ユーロ買いの流れとなり、ドル・円市場でも円が売られてややジリジリと上値を伸ばした。NY市場ではバーナンキFRB議長の講演があり、事前の予想では踏み込んだ発言は無いものと思われていたが、「景気回復を加速させるために必要であれば、行動する」などとやや踏み込んだ発言をしたことで、市場は迷い気味だったが緩和期待をつなぐ結果となり、やや円高となって今週の取引を終えた。


来週の展望:なんといっても(米)雇用統計の結果次第

今週は値幅が65銭と本当に膠着していましたね(;´∀`) まぁもともと値動きに乏しいドル・円だったのですが、今週は特に値動きのない展開が続きましたね。週末のバーナンキの講演でようやく・・・といった感じです。

そのバーナンキの講演では、「必要なら追加金融緩和を実施する」との考えを改めて示しました。特に目新しい材料ではなかったのですが、市場としてはやや迷い気味というか、追加緩和観測を前進させるものでも後退させるものでもなかったことで、追加緩和への望みをつなぐ結果となったようです。

というわけで望みをつなぐ結果となったことから、次の焦点は来週末(7日)に発表される(米)8月雇用統計となるでしょう。これが悪化した場合には、緩和観測が高まる結果にもなりますし、もし追加緩和に踏み込むような結果となった場合には、更なる円高にもつながっていく事になります。

というわけで、来週は週末の(米)8月雇用統計を意識しながらの相場が続くものと思われます。まぁ先行指標などに注意しながら推移を見ていくことになると思いますが、週末までこの膠着は続きそうですね(;・∀・)

来週注目の経済指標(ドル円)
 3日(月)は特になし
 4日(火):23:00 (米)8月ISM製造業景況指数
 5日(水)も特になし
 6日(木):21:15 (米)8月ADP雇用統計、23:00 (米)8月ISM非製造業指数
 7日(金):21:30 (米)8月雇用統計(非農業部門・失業率)
以上のラインナップになっております。

さて来週はいよいよお祭り雇用統計ですね(*´ω`*) まぁ本当に悪化したら76円台もあり得るのではないかと思うぐらい面白そうな相場となりそう。逆に良い結果となった場合には、この上値の重たい相場の中で、どの程度上値を伸ばせるかということがポイントでしょう(∀`*ゞ)

というわけで今週のまとめにさせていただきます。今週も1週間ありがとうございました(∩´∀`)∩ また来週もよろしくお願いします。


↓今週も1日1回の応援ポチよろしくお願いします(●´ω`●)ゞ

↓うちのおちびにもお願いしまーすヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ

ゆきママのブログのバナーから口座開設すると、限定で私が選んだ為替本がもらえるチャンスです!3社ともそれぞれ違うので、3冊とも読んでみてください(ノ´∀`*)
   ゆきママ×外為ジャパン紹介記事10/31まで)
   ゆきママ×ヒロセ通商紹介記事9/2まで)
   ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介記事9/30まで)
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、必ず外為ジャパントレイダーズ証券【みんなのFX】及びヒロセ通商のHPをご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、必ずご確認下さい。)
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース