月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

本日のバーナンキFRB議長講演などの展望&ポイントまとめ(`・ω・´)【5月22日のトレード結果】 [本日の収支]

日銀・金融政策発表はまぁ無難に通過し、いよいよ今週最大のポイントとなる(米)バーナンキFRB議長の議会証言が23:00から予定されています。

今回、一番の注目が集まっているのは言うまでもなく、講演の中でQE3(量的緩和第3弾)の縮小・終了に関する話題。「経済見通し」についての証言で、果たして早期に縮小・終了といった発言が出てくるのかどうかですね。

市場動向としては、今のところ強気な姿勢は崩れず、円安・株高が進んでいます。足元では各連銀総裁の発言からQE(量的緩和)の縮小・終了観測が高まっていますが、これまでハト派(緩和拡大派)で慎重なバーナンキ議長がこれまでの見解を覆す可能性はそれほど高くないのにもかかわらず、この動きということはやはり地合いが非常に強いのかなといったところ。

ちなみに講演で早期縮小・終了を示唆するかについては、市場でも意見が真っ二つに分かれる形となっており、展開の予想をするのはちょっと難しいですね(;´∀`)

それでもパターン別に考えていくと、バーナンキ議長がQEの早期縮小・終了を示唆した場合には、当然サプライズとして一層ドル買いが強まり、一段と上昇すると予想されます。

逆に今後もQE3を継続していくといった内容が示唆された場合には、もちろんこれはドル売りとなり、軟調な推移となるでしょう。とりあえず102.00円近辺では非常に押し目買いの動きが強いので、まずはそこでの攻防程度になるのかなと考えています。

そして何も示されなかった場合(QEに関する言及なし)には、一旦はドル売りという動きになりそうですが、27:00からの(米)FOMC議事録公表(4月30日・5月1日分)が次なる焦点となってくるでしょう。ここで積極的に出口戦略(QE終了)についての議論がなされているようであれば、再び盛り返して(ドル買い)きそうな感じなので、今日の予備的な材料ではありますが、示唆されなかった場合には特に注目しておきたいところです。

まぁこんなところでしょうかね。バーナンキ議長の発言ひとつで相場が動いていくことになると思いますので、今晩はあまり予断を持たずに様子を見ながらトレードしたほうは良さそうですね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

というわけでここからは昨日今日のドル・円相場について振り返っていきましょう。昨日の海外市場は1ドル=102.20~102.80円台での値動きとなりました。欧州序盤は東京市場の流れを引き継ぐ形で、序盤からややしっかりとした動き。そして、(英)4月CPI(消費者物価指数)が弱含むと、ポンド売りが進行しました。その流れの中で、ポンド売り・ドル買いの流れもあって、ドル・円はやや上昇しました。

そしてNY市場でもその流れは継続し、株価(NYダウ)が史上最高値を更新したことも下支えとなり、ドル・円も高値圏で推移しました。ただ103.00円ラインでは阻まれる形となっており、その後アメリカ国債が急騰し、利回りが下がるにつれてドルも売られて弱含む展開となりました。

今日の東京市場は1ドル=102.30~102.70円台で全体としては堅調な推移となりました。日銀・金融政策を控えていましたが、序盤から小じっかりとした動き。その後、日銀から現状維持の発表があると一時的に値を下げましたが、すぐに値を戻してジリジリと値を上げました。

う~ん、本当に強気な展開が続いていますね。先ほど始まった欧州市場でもすでに103円台間近とか・・・。そんな中で今後のドル・円について考えていくと、23:00からは(米)4月中古住宅販売件数、バーナンキFRB議長講演があり、27:00からは(米)FOMC議事録公表(4月30日・5月1日分)が予定されています。

先にも書いたように最も注目されるのがバーナンキ議長の発言ですね。これによって今夜の値動きは7割以上決まってくるでしょう。ハト派で慎重なバーナンキ議長がQEの早期縮小・終了について示唆するようであれば、ドル高が進み大きく上昇して103円台後半という水準もありえるでしょう。

逆にこれまでと変わらず慎重なスタンスを維持するようであれば、ドル売りで昨日と同程度の102円台前半まで弱含むか102.00円近辺での攻防が見られるのかなといった感じです。まぁとにかく相場の反応を見ればそれなりにわかりやすい展開となりそうですので、値動きもよくみておきましょう(ノ´∀`*)

トレード結果報告@DMM FX+5,400円(2勝0敗)
sfx922.png

今日は久々にDMM FXでのトレードとなりました。まぁそろそろヒロセ通商食品プレゼントキャンペーン分のトレードも終わったので、今日からまた月末まではコチラでのトレードとなります(∀`*ゞ)

ちなみにDMM FXではこのブログ限定で、3,000円がもらえるキャンペーンも実施していますので、そちらもぜひどうぞです(詳細&紹介ページ

トレードのほうは今日もスキャルピングですね。高値圏でのエントリーはちょっと怖かったですが、いきなり大きく下げるような相場でもないので、流れにのってチマチマ抜いていく感じです。

sfx923.png
↑エントリーと決済まとめ。青の矢印が新規エントリーで、ピンクの矢印が決済のタイミングです。

今日は解説が不要のトレードというか、解説が難しいトレードというかなんというか・・・(´Д`υ))ポリポリ まぁ割と大き目のボラ(動き)が出たときに、それに乗っかっていく感じです。

大事なポイントとしては、方向に逆らわないことでしょうかね。今日は上へ上へという相場でしたし、大きく上げることはあっても、大きく下げるという動きはあまりないので、チマチマやるにしてもどちらが勝つ確率が高いかといえば当然ロング(買い)でエントリーしたほうが高いと思うんですよね。

そういう部分に気をつけながらトレードしていけば、それほど負けがこむということもないのかな~と考えていつもやっています。

まぁ今日のトレードの中で本当の狙いとしては、103.00円ラインをブレイクしての上昇だったのですが、何度もそこで跳ね返されるので、仕方なくこんなトレードになりました。いきそうでいかないとやっぱりちょっとイライラしますよね○(#゚Д゚)=(  #)≡○|壁|・∴'.

逆にそれだけ103.00円手前がそれだけ堅いなら、そこでショート(売り)でエントリーするのはどうなの?と思うかもしれませんが、万が一上ブレした場合の勢いを考えると、それほど大きなリスクは取りたくないですね。市場の動向が下向きの相場ならわかりますが、今の相場では避けたほうが大怪我しなくて済むかなと、個人的にはそのように考えています。

といったところでしょうかね。まぁ23:00からは荒れる展開もあるかと思いますが、サプライズで上昇となればわかりやすい動きとなるかと思いますので、ゆきママも一応値動きを見ておこうと思います。トレードできそうならトレードする方向です(ノ´∀`*)

そして明日はゆきママはまた旦那の実家ですねil||li ショボーン(-ω-` )ショボーン il||li まぁ孫は可愛いらしいので、顔を見せにがんばっていってきます!


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーす(っ´∀`)っ))ヨロシク♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
5月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金や私の選んだ為替本がもらえるキャンペーンを実施中(´ε`*人)
下記7社との限定キャンペーンとなってます(v´∀`)ハ(´∀`v)
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、マネースクウェア・ジャパンヒロセ通商FXブロードネットインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFX及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。) border=
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

【速報】日銀・金融政策発表まとめ。金利上昇言及せず。ただし市場は強気 [市場概況]

まさに予想通りの結果となりましたね。金融政策に関しては現状維持、値動きもほとんどなく無風通過といった感じです。

主な内容としては以下のとおり↓

・資金供給量(マネタリーベース)を年間60~70兆円増加させる
・長期国債の保有残高を年間50兆円増加させる
・量的・質的金融緩和は安定的に持続するために必要な時点まで継続する
景気判断を「持ち直しつつある」とし5ヶ月連続で上方修正

まぁ目新しい話題は景気判断が上方修正されたことぐらいで、他は現行策をそのまま継続なのでサプライズはありませんでした。ただ、一部で最近の長期金利上昇をけん制するのではないかとの期待がありましたが、声明における市場動向への言及はなく、ややがっかりといった感じでしょうか。

sfx921.png
↑本日のドル・円チャート。12:10頃に発表されたが動きは限定的。


やや逆風となる結果でしたが、ドル・円の地合は強く、発表後すぐに値を戻してジリジリと上昇する展開でした。ちなみにこの後の黒田日銀総裁による会見では↓

・「長期金利が大きく跳ね上がるとは考えていない」
・「必要に応じて弾力的なオペ運営を行っていく
・「(長期金利について)市場の状況を十分に注視する」
・「現段階での上昇は実体経済に大きな影響を及ぼさない」

として、長期金利の上昇については弾力的に対応を行っていくとしました。まぁそれほどインパクトのある会見ではありませんが、無難というかバランスの取れた発言だったと思います。市場も一定の安心感は得られたような気がしますね(b´∀`)ネッ!

全体的な内容としては、一応無難にまとめたといったところでしょうか。ややがっかり感もありますが、市場は織り込み済みで強気の姿勢を崩さずといった値動きなので、あまり問題なさそうです。

あとは今日のバーナンキFRB議長の講演とFOMCの議事録の中身次第ですね。それについては夜にまたまとめていきますので、どうぞよろしくお願いします(*´ω`*)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーす(っ´∀`)っ))ヨロシク♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
5月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金や私の選んだ為替本がもらえるキャンペーンを実施中(´ε`*人)
下記7社との限定キャンペーンとなってます(v´∀`)ハ(´∀`v)
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、マネースクウェア・ジャパンヒロセ通商FXブロードネットインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFX及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

明日の日銀・金融政策発表について展望予想&市場動向など簡単まとめ(*´ω`*)【5月21日のトレード結果】 [本日の収支]

明日はいよいよ注目の日銀・金融政策(政策金利)発表が予定されています。ただ、結論から言ってしまうと、今回はあまり期待できそうな状況ではありませんね(´・ω・`)

というのも、ドル・円相場をはじめとして円高はかなりの部分で是正されてきており、むしろ過度な円安になることを懸念し始めているといった感じも微妙に出始めてきたので、これ以上の緩和という可能性はほとんど無さそうです。

「でも、2年でインフレターゲット2%っていう大目標があるじゃん」という意見もあるかと思います。もちろん今のところ達成が困難なことから、日銀は自ら設定した高めの物価見通しを正当化するために、追加緩和を迫られる展開も考えられますが、どうやら物価上昇率の中身の品目を入れ替えて、見かけだけ超強引に達成するとの話も出始めたので、微妙なところではあります(;´∀`)

それに、まだ異次元緩和を導入してから2ヶ月足らずとなっており、このタイミングで目標どうこうということも考えにくいので、今回は現状維持となる公算が高そうです。

値動きとしては、あまり動かない可能性が高いのかなという気がします。今日のドル・円市場をみていてもそうですが、日銀金融政策発表を控えているにもかかわらず、かなり底堅い動きを見せています。現状維持というのはほぼ織り込み済みにもかかわらずこの動きですから、発表直後はともかくとして基本的に値動きは限定的だろうと考えられます。

逆にサプライズでさらなる緩和策が発表された場合は、市場から驚きをもって迎え入れられると思いますので、そうなった場合は上方向に動いて再び103円台を目指すことになるでしょう。

その他今回の発表でポイントとなりそうなのは、やはりここ最近は証券市場で長期金利が乱高下しており、それに対する見解や改善策などが挙げられます。今後も金利上昇が続くようであれば、現在の緩和姿勢に影響を与えかねないだけに、何らかのコメントや対策で安心感を与えられるかどうかといった部分に目を向けておきたいところです。

明日の展望予想についてはこんなところでしょうか。一方市場動向はどうかというと、強気強気ですねヾ(゚Д゚ ;)ォィォィ 正直「大丈夫なの?」っていうぐらい地合いは強めです。ドル・円相場も株価も過熱感が高まっているのにもかかわらず、調整的な動き(下落)は限定的となっており、異様に底堅い展開が続いています。

日銀は緩和見送り(現状維持による円買戻し要因)となることが織り込まれる中、この強さなので為替、株相場共に明日も基本的には強気の姿勢が見られるのではないかと思っています。

現状ではこんな感じだと思います。最後に前回発表時の値動きと明日の日程について確認してまとめとさせていただきます(*´ω`*)

前回(4月26日):【速報】日銀・金融政策発表と展望リポートまとめ

10:00~15:00 日銀・金融政策(政策金利)発表
15:30~17:00 日銀・黒田新総裁会見
明日の日程については上記の通りです。正確な時間は決まっておらず、会合が終わり次第発表。そして会見という流れになっています。

そしてここからはいつものように昨日今日のドル・円相場についてまとめていきます。昨日の海外市場は1ドル=102.10~102.70円台で軟調な値動き。昨日は材料らしい材料もあまりなく、あったといえば甘利経済相の発言ぐらいのものでしたが、利益確定の動きなども強まったのか全体として調整下落気味の推移となりました。

今日の東京市場は1ドル=102.00~102.70円台でうって変わって、堅調な値動きとなりました。早朝に小緩む場面が見られるも、序盤から株価が堅調な滑り出しとなったことが影響したのか急反発して高値圏まで一気に値を戻しました。甘利経済相の「円高修正がどこなら終わるか言及しない」などと19日の発言を撤回気味にしたことなども買戻しの材料となった模様です。ただ、その後は伸び悩んでやや押し戻されるなど、上値追いの動きは続きませんでした。

先ほど始まった欧州市場もそうですが、心配になるほど積極的ですね。いけいけドンドンといった感じがぴったりかと。それだけ買い意欲が旺盛となんでしょうが、さすがにこの102円台後半の水準を抜けて103円台にのせるのは苦しいかなといったところです(;´∀`)

やはり明日は日銀だけでなく、バーナンキFRB議長の講演とFOMC議事録公表を控えていることもあり、そろそろ様子見ムードといった部分もあるかと思いますのでご注意ください。

ドル・円対する直接的な材料としては、24:30からの(米)ブラード・セントルイス連銀総裁講演や26:00から(米)ダドリー・ニューヨーク連銀総裁講演があります。発言内容によっては多少影響する可能性もありますが、今のところ注目度は低めです。

むしろこれよりも、明日の日銀による発表やバーナンキ議長の講演に関する報道で、何かこれまでの予想と違ったサプライズ的な報道などが出てくるほうが、大きな影響となりそうなのでその辺には特に目を向けておきたいところですね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

トレード結果報告@ヒロセ通商+4,650円(2勝1敗)
sfx919.png

今日は久々にスキャルピングトレードとなりました。まぁまずまずの結果かなとは思いますが、最後のトレードは想定していたレートとはちょっと離れてのエントリーとなってしまったため、それだけが心残りではあります(∀`;ゞ)

sfx920.png
↑エントリーと決済まとめ。緑の矢印が新規エントリーで、黄色の矢印が決済のタイミングです。

強気強気でジリジリと上げていくような相場だったので、ゆきママもそれに乗っかる形でチマチマと抜いていきました。1~2回目のトレードはそれで問題なくいけたのですが、3回目はクリックした瞬間に値がやや飛んで想定とは違った位置でのエントリーになってしまいましたΣ(゚д゚lll)

ちょっと悩みましたが切って様子見。今日の高値(102.83円近辺)をはっきり抜けたら追いかけてロングしようと思いましたが垂れてしまったのでここで終了としました。

まぁ安定して5,000円程度稼げるなら、ゆきママとしてはまずまずといったところなので、そこそこ満足はしております。

FXに関してはこんなところ。そして株に関してですが、ようやく自分のスタイルというものが見えてきた感じです( ー`дー´)キリッ 今日は東電株がわかりやすく上下にヨコヨコしていたので、100株程度を下値で売って上値で売るといったデイトレみたいなことを繰り返していましたが、それで結構稼げることもわかってきました。

なので、今後の方針としては各銘柄(アイフル・東電)100株不動のベースとしてホールドし続けて、残り100~200株を状況によって買い増して利益確定したりしながら運用を続けていこうかなと思っています。

なので、常に東電・アイフル株を共に200~300株程度ずつを保有して、ただその内の100~200株は程度は状況に合わせて利益確定したりしながらやっていく感じですね。

基本的にこの上昇相場なので、取得単価は上がっていきますが、利益確定することによりある程度余力も増えてくるので、そんな感じで頑張っていこうかと(ノ´∀`*)

そんなこんなで株について、状況を整理しておくと、現在確定益が+27,121円(税+手数料引き後)でこれとは別に含み益が+10,400円となっております。売り買いを繰り返したので含み益は減りましたが、その分確定益が増えたということですね(b´∀`)ネッ!

株のほうはアイフル(チワワ)ちゃんが下がってしまいましたが、東電のほうが今日も順調に上昇してくれたので、プラスマイナスゼロといったところです。明日はさすがに下がってしまいそうな気もしますが、東電はがっちり200株ほどホールドしているので、上昇してくれることを祈りたいです。

というわけで、いろいろなことについてまとめさせていただきました。明日は日銀による金融政策の発表がありますが、それほど期待値としては高くないので様子を見る程度ですかね。まぁチャンスがあればトレードしていきたいと思います。それではまた明日もトレード頑張りましょう(`・ω・´)ノシ


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーす(っ´∀`)っ))ヨロシク♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
5月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金や私の選んだ為替本がもらえるキャンペーンを実施中(´ε`*人)
下記7社との限定キャンペーンとなってます(v´∀`)ハ(´∀`v)
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、マネースクウェア・ジャパンヒロセ通商FXブロードネットインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFX及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)/span
nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【止まらぬ円安】為替相場(ドル円)~今週(13~17日)総括と来週の展望~ [市場概況]

あっという間に102円台から1ドル=103円にジャンプアップして、着実に円安が進んでいますね(b´∀`)ネッ! まぁ今週に関して言えば、円安というよりかはドル高といった相場でした。

要因としては、ここ最近のアメリカ経済指標が比較的好調だったことで、4~6月期の景気減速懸念が「それほどでもない」と受け取られて、楽観ムードとなったこと。そしてそれに伴い、QE3(量的緩和第3弾)の早期縮小・終了観測が高まったことが大きいといえるでしょう。

アメリカ・日本ともに株価も堅調で、まだまだ上目線ではすでに次のターゲットは105円もみえてきたドル・円相場ですが、今週のおさらいをしつつ来週の相場について考えていきましょう(*´ω`*)

sfx914.png
↑5月13日~5月17日の週。ドル円相場は1ドル=101.26~103.30円

今週の総括:景気減速懸念後退とQE3縮小観測でドル高


13日の東京市場は1ドル=101.50~102.10円台と序盤に2008年10月以来となる102円台を一時的に達成した。週末のG7(主要7カ国)財務相・中央銀行総裁会議で円安批判がなかった事などから、上昇スタートとなり序盤は円売り先行。ただその後は利益確定の売りが強く出て、徐々に値を下げて伸び悩むといった展開だった。
 海外市場は海外市場は1ドル=101.50~102.00円台での値動きとなった。欧州市場は東京市場の流れを引く継ぐ形となり、序盤からジリジリと値を下げる展開で、さらにECB(欧州中央銀行理事会)メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁が、EU圏の経済が悪化すれば金利がマイナスになるまで引き下げるとの見解を示したことが、押し下げ要因となった。ただ、内容的にもこれまで何度か同じ内容が示唆されいたためか値動きは限定的で、その後はやや反発した。NY市場では序盤に発表された(米)4月小売売上高が予想に反して好結果となったことから、直後に上昇を見せて102円台にのせたものの、勢いは続かず反落。ただ値動きは限定的でその後もジリジリと上昇を見せるも、102円台にのせられず高値圏でのモミ合いが続いた。

14日の東京市場は1ドル=101.20~101.60円で軟調な推移。序盤から本邦輸出企業が利益確定のドルを売る動きに出たたようで、ストップロスを巻き込みながら値を下げた。その後反発したものの、長期金利の上昇を嫌気したのか再び円買い優勢となり、軟調な動きとなった。
 海外市場は1ドル=101.20~102.40円台と大幅な上昇となった。欧州市場は材料難から方向感なくモミ合いが続く展開だったものの、続くNY市場では株価(NYダウ平均)の上昇とともにジリジリと上値を伸ばした。また、米国債利回りも上昇を見せて株高と合わせて、ドル需要が高まりドル買い優勢となり、市場はリスクオン(選好)で上値追いの動きが続いた。

15日の東京市場では、1ドル=102.00~102.30円台のレンジ内で上下に大きく動く値動きだった。前日の流れを引き継ぐ形で堅調に推移する場面もあったが、伸び悩むと失速。ただ、株高もあって円安基調継続の意識も強く、下値も限定的だった。
 海外市場は1ドル=101.80~102.70円台のレンジ内で上下に大きく動く、やや荒れた展開だった。欧州市場は米景気回復期待を背景に、序盤からすべての通貨に対してドル独歩高といった様相で、ドル・円も堅調な推移をみせて、年初来高値をつけた。しかしながらNY市場に入ると、序盤に発表された(米)5月NY連銀製造業景気指数や(米)4月鉱工業生産指数の弱さが嫌気されて、利益確定の売りなどに押されて102円台を割り込む場面もみられるなど荒い値動き。しかしながら、株価は相変わらずの堅調さを見せて、史上最高値を更新するとつられる形でドル・円も上昇した。もっともその後NYダウが伸び悩むと、弱含んで取引を終えた。

16日の東京市場は1ドル=101.90~102.40円台での値動き。102円台をわずかに割り込む場面も見られたが、この水準では押し目買いの意識が強いのか底堅く推移。その後反発して上昇するも、株価(日経平均)と共に伸び悩む展開で102円台前半で大きく上下した。また、内閣府が発表したQ1GDPの成長率は前期比0.9%、年率換算では3.5%と予想を上回り、1年ぶりの高い伸びとなった。
 海外市場は1ドル=101.80~102.60円台でレンジ内で荒い値動きとなった。欧州市場は前日と同じく、欧州勢参入直後からジリジリと上値を伸ばす展開。(欧)3月貿易収支が大きく予想を上回ったことから、株高・ユーロ高の流れも下支え。しかしながらNY市場では、(米)新規失業保険申請件数や(米)5月フィラデルフィア連銀景況指数が市場予想より大幅に悪化したことを受けて急落した。ただその後、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が「早ければ夏にもQEを縮小する可能性がある」との発言が伝わったことから、ドルが買い戻しされて、モミ合いながら102円台を維持するといった値動きとなった。

17日の東京市場は1ドル=102.00~102.50円台の値動き。手がかり材料に欠ける部分もあったのか、概ね狭いレンジでのモミ合いとなった。ただ、終盤に入り欧州勢が参入し始めると上値を伸ばした。
 海外市場は1ドル=102.20~103.30円台と大幅な上昇を見せた。欧州市場は前日のサンフランシスコ連銀総裁の緩和縮小可能性発言を受けて、ドル買いが強まったものの、その後は伸び悩んだ。NY市場では、序盤からジリジリと上昇する展開で、(米)5月ミシガン大消費者信頼感が市場諸相を大幅に上回るなどしたため急騰した。上昇の背景にはやはり前日のサンフランシスコ連銀総裁の発言があり、QE3縮小への思惑が爆発する形となった。その後、一時的に103円台を割り込んだものの、終盤には再びドルが変われる展開となり103円台を維持して取引を終えた。


来週の展望:バーナンキFRB議長の議会証言に大注目

今週も振り返ってみれば結局アゲアゲ相場でした(´∀`∩)↑age↑ 背景にあるのは最初にも書いたように、4~6月期のアメリカ経済に対する景気減速懸念が、ここ最近の経済指標を受けて払拭されつつあるというのが1点。そしてそれに伴ったQE3の早期縮小観測というのがドル高の要因となりました。

決定打となったのは、ハト派(金融緩和に積極的で、引き締めには慎重)とみられていたウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁がQE3の早期縮小を示唆したことでしょう。これに関しては市場からも驚きの声が出ていました。

そして来週はいよいよ22日(米)バーナンキFRB議長の議会証言とFOMC議事録公表が予定されています。話としては簡単で、バーナンキFRB議長がQE3の早期縮小・終了といった出口戦略に前向きな発言をした場合は、一段と円安・ドル高の動きが強まることが予想されますが、従来通りの金融緩和継続といった方向性を示した場合は、上値が重くなってきそうです。

もちろんバーナンキFRB議長をはじめ、FOMCの主要メンバーのほとんどハト派なのですが、今回は特に議長の見解が注目されることになるでしょう。これに関しては要チェックですね(b´∀`)ネッ!

また、同日22日には(日)日銀の金融政策発表も予定されており、こちらも注目度の高いイベントです。まぁ今回は円安・株高が続いていることもあり、さらなる金融緩和策が発表される可能性は少ないですが、10年債利回りが乱高下するなど債券市場が荒れているため、その辺を踏まえた動きがあるかもししれません。いずれにせよ注視する必要があるでしょう。

逆に円高・ドル安材料としては、やはり19日に米国連邦債務の暫定的な上限引き上げ措置が期限を迎え、近々債務上限に到達すると考えられます。そこで今回も上限を引き上げて先送りという措置をとることが予想されるわけですが、合意に至らない場合はアメリカのデフォルト(債務不履行)や格下げ懸念といったネガティブな材料がクローズアップされることになるため、こちらも注意が必要です。

まぁどうせ民主党と共和党のプロレスごっこが続くわけで、市場が楽観視している限りは問題ないのですが、あまりに長引いて、市場が嫌気し始める可能性もありますので、市場のムードといった部分に関してはアンテナを高めで見守りたいところです。

 来週注目の経済指標(ドル円)
20日(月)は特になし
21日(火)も特になし
22日(水):     (日)日銀・金融政策(政策金利)発表
       :15:30(日)黒田日銀総裁会見
       :23:00(米)バーナンキFRB議長講演、4月中古住宅販売件数
       :27:00(米)FOMC議事録公表(4月30日・5月1日分)
23日(木):21:30(米)新規失業保険信施件数
       :23:00(米)4月新築住宅販売件数、4月新築住宅販売件数 他
24日(金):21:30(米)4月耐久財受注

というわけで、来週は中盤から終盤にかけてラッシュが続きますね。中でも特に22日は今後のドル・円相場の方向性を占う上でも重要な1日となりそうです。

まぁ来週も基本的には上目線ですが、22日の結果次第では大きく下落する可能性もあるだけに、あまり予断なく見ておきたいところです(*´ω`*)

今日も更新が遅くなってしまい申し訳ありません。これからメッセなどの返信を行っていきますので、どうぞよろしくお願いします。今週も1週間応援ありがとうございました。また来週もどうぞよろしくお願いします。


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーす(っ´∀`)っ))ヨロシク♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
5月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金や私の選んだ為替本がもらえるキャンペーンを実施中(´ε`*人)
下記7社との限定キャンペーンとなってます(v´∀`)ハ(´∀`v)
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、マネースクウェア・ジャパンヒロセ通商FXブロードネットインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFX及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(63)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本当に1万円からはじめられる使いやすいFX会社を比較してみました(∀`*ゞ) (2016/03更新) [FX業者情報&キャッシュバックキャンペーン]

日本の2月全国消費者物価指数のコア指数(価格変動の激しい生鮮食品を除いた数字)は伸びが鈍化し続けており、2016年1月は前年比で0.0%まで落ち込んでいます\(^o^)/オワタ

さらに、1世帯当たりの消費支出は実質で前年同月比で−3.1%となっており、底が見えない状況です。食料品の支出額ではカップ麺が+32.1%となっており、庶民はカップ麺を爆買いしているという現実が・・・。

sfxmnpc0160.png
↑景気回復しか道はありませんが、アベノミクスは果たして…

日銀が物価上昇目標を2%としてインフレにしようとしている理由としては、1つは景気を好循環させるため、もう1つは適度にインフレして日本の債務問題を軽くしていくということが挙げられます((φ(・д・。)ホォホォ.

というわけで、円だけを持っていることがリスクとなりつつある中で、ここ最近は外貨投資にも注目が集まり、富裕層も利用しています。

そこで今日は、FXのコツや利点、さらには1万円以下の小額資金で始めることのできるFX会社についてまとめていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(36) 
共通テーマ:日記・雑感

FXの売買代金は約4倍!株は約3倍とまさに投資ブームですね(*´ω`*)【本日の株取引】 [株取引]

アベノミクスによる円安・株高を受けて、個人投資家の取引が急拡大しているというニュースがありました。なんと4月は前年比でFXの売買高は4倍株は3倍と完全に投資ブームの再来ですね(ノ´▽`)ノオオォォォ♪

ゆきママ自身も、「主婦が株に手を出し始めたら相場が終わり」とか「典型的な靴磨きだな」と言われつつも、なんとなく先月から株式投資を始めて今に至っていますw まぁ株に関しては完全に素人トレードですけどね。

ちなみに現在の状況はというとアイフル株もずいぶん値を戻してくれたので、ゆきママとしては一安心と言ったところです(∩´∀`)∩ まぁ株に関しては短いスパンで見ていないので、あまり気にはしていませんけどね(震え声)。

保有株状況@GMOクリック証券 【FX】:含み損益-1,000円
sfx909.png

安かったのでちょっとチワワちゃんを買い増しました(∀`;ゞ) あと新たに内需株である東電ちゃんを追加です。この間はあまり動かないのでさっさと切ってしまってその後の爆上げで悲しい思いをしましたが、今度こそまったりと見ていきたいなと思っています。

まぁ昔は高嶺の花だったような株が数万円から買えてしまうのは、リーマンショックと民主時代の株安が如何に凄まじかったかを物語っているような気がします。まぁFXも低額資金から始められるのが特徴でしたが、実際に株取引をやってみると、株も数万円程度で取引できるんですねφ(゚o゚*)フムフム…

数年前は10万円で買える株と言うのは、非常に限られていた印象(買えるのはクズ株みたいなのがほとんどだったような・・・)があってFXを始めたのですが、最近は単元株数が少ないところだと1株とか10株程度なので、普通に買えてしまうんですね(b´∀`)ネッ!

なので、貯金感覚で何か好きな株をちょっとだけ買っておくというのも面白そうですね。1年後みたら増えていたり減っていたりで、これだけ小額でトレードできるのであれば有りなのかなと思っています。もともとゆきママも貯金感覚でやっています。

というわけで、ここ最近は株で毎日遊んでいるゆきママでした(*´ω`*) それにしても新興株(アイフルなど)の値動きは荒いんでびっくりしました。まぁだからレバレッジ(信用取引)をかける必要がないというか、むしろ信用取引をしていたら死んでしまうというか・・・(;´∀`)

FXにしろ株にしろリスクコントロールが重要かと思いますので、最悪これぐらい負けても大丈夫というラインでの取引というか、あまり無理のない範囲で始めるのがコツのような気がします。下手に動いてしまうと利益を逃してしまうばかりか、傷を広げてしまうことも多そうですので。

とりあえず株についてはこんな感じです。まぁ資金的な余裕はあるので、株式投資はじっくりやっていこうと思います。明日もチワワちゃんが元気に走ってくれますように・・・(*・ω・pq) オネガイ♪


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーす(っ´∀`)っ))ヨロシク♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
5月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金や私の選んだ為替本がもらえるキャンペーンを実施中(´ε`*人)
下記7社との限定キャンペーンとなってます(v´∀`)ハ(´∀`v)
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、マネースクウェア・ジャパンヒロセ通商FXブロードネットインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFX及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(キャンペーンの注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

【70,000口座突破】インヴァスト証券「シストレ24」で新機能リリース記念キャンペーンが実施中(*´∀`*) [シストレ]

ゆきママが運用している選択型シストレ(自動売買)ですが、この1か月間の運用益は+92,390円、含み益は現在+11,652円と絶好調(7月2日現在)なこともあり、多くの質問をいただいています(o´ェ`o)ゞエヘヘ


ちなみに、ゆきママはスタート資金として10〜30万円程度を想定して運用しています。それから、このシストレ(ミラートレーダー)の最大のメリットとしては、ストラテジーと呼ばれる戦略ソフトを選ぶだけで24時間自動でトレードしてくれますので、自分自身は何もする必要がなく相場観も必要ありません。

なので、相場について知識のない初心者の方や、どうやっても裁量トレードが苦手といった方に試して欲しいと思っています(´ー`*)ウンウン

それでも、肝心のストラテジーをどうやって選べば良いのかわからない、あるいは始めるのが不安という方へ向けて、ゆきママが書いた限定レポートをプレゼントしていますので、ぜひお読みいただければと思います。

この特製レポートはFXで勝てないは嘘?シストレ24マル秘レポートと題し、中身はミラートレーダーの基礎・基本から、ゆきママ流のストラテジーの選び方などをまとめ、スタートアップに必要なエッセンスを凝縮していますd(*´ェ`*)イイネ!

↓ゆきママのブログの専用バナーから口座開設、限定レポートをGET!

やはり、裁量の場合は特に判断や決断が苦手な方だと、ついつい含み損を抱え続けて大損してしまったり、必要以上にリスクをとって失敗することがままあります。しかしながら、この選択型シストレであれば、ストラテジーが設定されたロジックにしたがって淡々と利食い・損切りしてくれるので、人間でありがちな失敗には陥りにくいでしょう。

20150905_FX-yukimama.png
↑ゆきママ書き下ろしの限定レポートをぜひお読みくださいね。

というわけで、今日はこのインヴァスト証券「シストレ24」の紹介と、キャンペーンの注意点などについてまとめさせていただきましたので、興味がある方はぜひぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞