月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

アジア株は日本を含めて軟調気味(´・ω・`) 中国の『影の銀行』について簡単解説 [株取引]

というわけで、今日のアジア株は日本を含めて全体的にサゲサゲモードでしたq(゚д゚ )↓sage↓ 今日の東京株式市場で日経平均は反落。朝方は1ドル=98円台まで円安が進んだことなどから、輸出関連株や金融株を中心に買いが先行し、2週間ぶりに1万3400円台を回復するなど順調なスタートでした。

また、7月の参院選の前哨戦ともなった東京と議会選挙で、自民党・公明党が候補者全員当選など圧勝したことも、今後への期待感から相場の下支えとなりました。

ところが、新興国市場は相変わらずの混乱ぶりで、中でも中国への警戒感などから伸び悩みとなり、アジア各国の株価が値を下げたことで日本株も徐々に下落し、取引終了間際には急落して、結局前週末比167円35銭(1.26%)1万3062円78銭となりました。

う~ん、なかなか厳しいですね(´・ω・`) まぁこんな状況でも米長期金利の上昇もあってドル・円相場は堅調ですが、やはりアジア株、日経平均の下げ幅を見て押し戻される状況となっています。

sfx988.png
↑アジア株は軟調推移。特に中国は大暴落Ω\ζ°)チーン

特に中国に対する懸念としては、シャドーバンク(影の銀行)問題が大きいでしょう。ちなみにシャドーバンクとは、通常の銀行ではなく、投資銀行(証券会社)やヘッジファンド、証券化のための特殊な運用会社などの金融業態の総称のことで、中国の場合だと要は管理の緩いサラ金(消費者金融)とか、そもそも実態の良くわからない闇金の規模を大きくしたものとして捉えてもらえばわかりやすいでしょうか。

欧米で使われるシャドーバンクの場合は、どちらかというと収益性を追求する中で、規制を回避して証券化等を含めた特殊な金融技術を使ってジャンジャン稼ぎまくろう!という、ある意味で洗練された方向性なのに対して、中国の場合は単に通常の銀行からお金を借りれない(資金調達できない)ので、それを補うために発展してきたという背景があります。いわゆるまんま闇金スタイル・・・。

で、別にその辺の町金とか闇金とかが潰れても、まぁ日本であれば規模が小さいので実体経済に全く影響はありませんが、中国の場合は一般企業は元より、地方政府までもがシャドーバンキングと繋がって資金を動かしているため、規模が半端ない状態になっています。その額、なんと29兆元(約464兆円)規模とのこと\(^o^)/チュウゴクオワタ

まぁバブルのうちはぜんぜん問題ないんですよね。金利が10%だろうと20%だろうと、それ以上の成長ができていれば余裕で支払えてしまうわけですから、ジャンジャン借りて業務拡大して稼ぎまくってお金を返す。あるいは成長力のある企業にガンガン投資して利益を得るというスタンスでOK。

でも、ひとたび景気が冷え込んで借金を返せないという事態になると、当然借金を返せなくなった会社はどんどん倒産していきますよね。また、そういった会社に投資していた会社も資金繰りが厳しくなって潰れちゃうかもしれません。

後はドミノ倒しのように連鎖して、大企業や地方政府が破綻し、さらにそこにお金を貸していた一般銀行までもが回収不能で潰れちゃうんじゃないか・・・というのが今の中国に対する懸念・・・まさに中国の金融危機なわけです(´Д`υ)オワッテル…

なかなか根が深い問題なだけに、対応を誤ると中国経済全体、あるいは世界経済に対しても大きな影響を与えそうなだけに注意が必要でしょう。とりあえずここ最近の大きなトピックなので、覚えておいて損はないかと思います。

というわけで、ちょっとしたまとめでした。う~ん、今日はそこそこ落ち着いた相場ではあるので、どうにかFXでトレードしたいところです。まぁポジションを持ったら順次ツイッターで実況していきますので、どうぞよろしくお願いします。それではまた夜に~(´∀`*)ノシ


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
6月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(o´∀`o)ノ
下記8社との限定キャンペーンとなってます(o・ω´・b)b
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×シストレ24紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーシストレ24トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

【1ドル=100円も!】為替相場(ドル円)~今週(17~21日)総括と来週の展望~ [市場概況]

今週は先週の大幅下落(4円超)とは反対に、4円以上も急騰しましたΣ・ ・( ω ノ)ノ 要因はもちろんFOMC声明やバーナンキFRB議長の発言で、中でもQE3(量的緩和)が年内にも縮小を開始する可能性があると言及されたことによるものが最も大きいでしょう。

日本は異次元の金融緩和を最低でもあと2年程度は続けることになっていますので、そんな中でアメリカのQE3が縮小されるとなれば、やはり方向として円安・ドル高になるのは当然といったところでしょう。ただ、株式市場は緩和をネガティブに捉えて弱含んでおり、さらに新興国市場では資金流出から不安定な状況に陥っています。この辺が上値を重たくしている要因となっている感じですね(´Д`υ)コマッタナ…

というわけでFOMCも経済見通しを上方修正するなど、状態としては悪くないので基本的には来週も上昇を織り込みたいところではあります。もしかしたら1ドル=100円台再び!という楽観論も随分見受けられるようになりましたが、先に書いた懸念材料も非常に大きいのでその辺に注意しつつ慎重に相場を見ていきたいところでしょう。

sfx987.png
↑6月17日~6月21日の週。ドル円相場は1ドル=94.17~98.29円

今週の総括:QE3年内縮小観測から、急上昇した1週間


17日の東京市場は1ドル=94.10~94.90円台で堅調な値動き。先週末のNYダウの下落や円高に対する警戒感から、日経平均が下げて始まるとオープン直後に94.10円台まで下落したものの、その後は株価が上昇し節目となる13,000円台を回復したこともあって、95円台手前まで上値を伸ばした。
 海外市場は海外市場は1ドル=94.20~95.20円台と約1円幅で乱高下となった。欧州市場では序盤から株高を受けて上昇したが、95円台では流石に上値が重たくなり、徐々に押し戻されて94円台後半でのモミ合い。NY市場でも95円近辺では伸び悩み、序盤に発表された(米)6月NY連銀製造業景気指数は予想を上回る好結果となったものの値動きは限定的。その後もモミ合いが続いたが、英紙フィナンシャル・タイムズが、「バーナンキ議長が緩和縮小に近づいていることを示唆する可能性が高い」などと報じたため30銭程度上振れしたが、堅調に推移していたNYダウが反落したことを受けて、ドル・円は1円近くも値を下げるなど急落し、94円台半ばでのモミ合いが続いた。

18日の東京市場は1ドル=94.40~94.90円台のレンジ内で上下。序盤は日経平均が小高く始まって値を維持していたことでやや堅調な動きが続いたが、その後は株価が反落しドル・円も伸び悩むといった展開。
 海外市場は1ドル=94.80~95.70円台での値動き。欧州市場では欧州株高や日経先物がジリ高という背景もあって、序盤から堅調な推移を見せた。ちなみに米系ヘッジファンドによるドル買戻しの指摘も。NY市場でもその流れは継続し、95.70円台まで上昇を見せましたが、その後はドル売りに押されて反落。さらに米国債利回りの低下もあって値を下げた。

19日の東京市場は1ドル=94.90~95.60円台で軟調な値動きとなった。序盤こそ高値を維持していたものの、FOMCを控えていたことなどから利益確定の売りが強まった。売り買いが交錯し、95円台前半でモミ合っていたものの、日経平均が上げ幅を縮小したことや、アジア株安などもあって終盤には95円台を瞬間的に割り込む場面もみられた。
 海外市場は1ドル=94.80~97.00円台とFOMCを受けて大幅に上昇する展開となりました。欧州序盤は欧州株や日経平均先物が軟調に推移して、下値をつけたもののビックイベントを控えて値動きは限定的となりジリジリと値を戻した。NY市場は95.00円台を挟んでのモミ合いが続き、日本時間3:00に(米)FOMC・金融政策が発表され、声明の中ではハト派寄りの意見が多く、また経済見通しについては上方修正するなど楽観的な内容が示されたことで、1円以上の急上昇となった。また、その30分後のバーナンキFRB議長の記者会見では、年内でのQE3縮小開始などを言及したことで、ドル・円は一旦97円近辺まで上昇したものの、株式市場にとってはややネガティブサプライズとなったことでNYダウが軟調に推移してドル・円は伸び悩んだ。

20日の東京市場は1ドル=96.00~97.20円台と終盤に急伸。序盤はNYダウや日経先物の下落を受けて、株価が大幅安で始まったことからドル・円も大きく値を下げてのスタートとなったが、米国債利回りの上昇などを受けて、終盤になると大きく上昇し97円台にのせるなど荒い値動き。
 海外市場は1ドル=97.10~98.20円台での乱高下となった。欧州市場では、QE3年内縮小観測から米長期金利(10年債利回り)が上昇したことを背景に上値を伸ばしてて98円台に突入した。ただ、アジアに続いて欧州株も大きく下落したことなどから、上値が押さ得つけられる形となって伸び悩んだ。NY市場では(米)新規失業保険申請件数が悪化し、NYダウも下落したものの、その後発表された(米)6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数や5月中古住宅販売件数好結果だったことなどから、再び98円台へ突入。しかしながら、NYダウ平均が終盤にかけて急落すると、ドル・円も急激に落ち込んで、1円以上の下落を見せた。

21日の東京市場は1ドル=96.80~97.80円台と株式市場を睨んで引き続き荒れ模様。日経平均が大幅安スタートとなったことでドル・円も弱含んだが、午後に入り株価が反発するとドル・円も急上昇を見せるなど株価動向を強く意識した展開となった。
 海外市場は1ドル=97.20~98.10円台での荒い値動きとなった。欧州市場の序盤は方向感のない展開でモミ合いが続いたが、ただその後は特に材料のない中で1円近く急落するなど不安定な動き。NY市場ではQE3の縮小が予想以上に早まるとの見方から、ドル高の動きが強まった。米国債利回りの大幅な上昇も下支えとなったが、NYダウが弱い動きだったことから伸び悩む展開。


来週の展望:株価が安定すれば1ドル=100円台も視野に!

今週はFOMC後からアゲアゲ相場となりました(´∀`∩)↑age↑ ですが、その後は日本以外の株価がダダ下がりで、日本を除いた世界同時株安状態!そのせいもあってドル高基調ではあるのですが、値動きはイマイチ安定せず、荒い値動きが続いています((゚゚дд゚゚ ))アワワ!!

そんな不安定な相場の中で来週を迎えるわけですが、一番のポイントとなりそうなのは大きく意識されていた株価動向ですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー 日経平均は元より、NYダウをはじめとした欧米株、さらには新興国市場にも注目しておきたいところです。

FOMCの声明で示されたとおり、基本的に景気は良くなっているなっているわけで、QE3年内縮小というショックはありますが、株価にとってマイナスな面ばかりではありません。なので、このショックを底として足場を堅められれば上昇トレンド復活となりそうです(∩´∀`)∩

なんといっても株高はドル・円にとって最高の追い風ですからね(b´∀`)ネッ! まぁ株価が安定して堅調な動きを見せるようであれば、1ドル=100円台を早々に回復してもまったく不思議はありません。

ただ、株価が弱含んでくるようだと・・・今週と同じように上値が押さえられながら荒っぽい値動きとなるかもしれません。また、最初に書いたように資金の引き上げが進む新興国市場がこれ以上の混乱ぶりを見せるようだと、例のシャドーバンキング問題で揺れる中国に飛び火して・・・なんて最悪のパターンも考えられるため、特に週明けの動向には注目しておきましょう。

 来週注目の経済指標(ドル円)
24日(月)は特になし
25日(火):21:30(米)5月耐久財受注
       :23:00(米)6月消費者信頼感指数、5月新築住宅販売件数 他
26日(水):21:30(米)Q1GDP、Q1個人消費 他
27日(木):21:30(米)新規失業保険製件数、5月中古住宅販売保留
28日(金):21:30(米)6月ミシガン大学消費者信頼感指数

来週は中程度の指標がそこそこ続きますね(∀`*ゞ) メインはもちろん(米)Q1GDPでしょう。まぁ影響力に関しては、直前の市場動向をみないとどれぐらいあるかというのを考えるのは難しいのですが、基本的には良ければドル買い、悪ければドル売りといったわかりやすい値動きになるのではないかと思います。

後は重ね重ねになってしまいますが、なんといっても株価からは目を離せません。とりあえずNYダウ平均株価が上がってくるようだと、ドル・円にとっては何よりの上昇材料となるでしょう。

まぁそして為替とは関係のない話になってしまいますが、日本はコンフェデで3連敗・・・今日のメキシコ戦もゆきママも実は早起きしてみていました(´・ω・`)ネブソクダヨ… う~ん、マスメディアはコンディションの問題を指摘していますが、それはイタリアにも言えたわけですし、根本的な問題はやらかしを含めた守備かと(;´∀`)マァトウゼンデスガ…

ちょくちょくバイタルエリアにもスペースが空くので、コンディションの悪いときはサイドを捨てて中央に絞ってディフェンスをするとかしないと難しい気がしました。まぁマスメディアから散々采配を批判されているザッケローニ監督ですが、そんなことは私に言われるまでもなく、守備のアラというのは気がついているんでしょうけどね。

う~ん、なので最悪の状態を想定してのテストだったのかなんなのかはわかりませんが、この結果にはちょっと残念です(つд⊂)エーン ただ本番ではないので、来年のWCに向けて糧として欲しいところです。

というわけで、今週も本当にお疲れ様でした。コンフェデのせいで寝不足の方もたくさんいるかと思いますが、また来週に向けて今日はゆっくり休みましょう。それではまた来週もどうぞよろしくお願いします(´∀`*)ノシ 


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
6月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(o´∀`o)ノ
下記8社との限定キャンペーンとなってます(o・ω´・b)b
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×シストレ24紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーシストレ24トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

nice!(72)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ラストチャンス】このブログ限定実施のFXキャンペーンについてまとめ(*´ω`*) 【8社実施中】 [FX業者情報&キャッシュバックキャンペーン]

6月あっという間に終わりが・・・というわけで、現在このブログ限定で行われるキャンペーンも終了が近づきつつあります(つ﹏<。)オワッチャウ…

もちろん毎週まとめている、FXのキャッシュバックキャンペーンも終わりが近づいているのですが、特に今月はタイアップキャンペーンのキャッシュバック額が大幅増額されるなど、本当にお得なキャンペーンが目白押し!

なので今日は見逃すことのないように絶対にやっておきたい限定8キャンペーンについて内容や期間、さらにはゆきママが口座開設(オンライン)するまでにかかった日数なども含めてまとめていきますので、「おトクだな!」と思ったらぜひこの機会にどうぞ(*´ω`*)

このブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本が条件さえ満たしてしまえばもれなくもらえますので、ぜひ活用していただければと思います。

一応キャンペーン内容(キャッシュバック金額や難易度)などを考えて、限定キャンペーン版オススメランキングを作成してみました。それではいよいよ気になるランキングの発表です↓

   【第1位】  シストレ24 紹介記事
ゆきママ × インヴァスト証券「シストレ24」 タイアップ企画
商品 現金5,000円キャッシュバック
期間 2013年5月1日~7月31日
内容 期間中に新規に口座を開設し、口座開設の翌月まで取引(※)
※ストラテジーの自動売買(A)から、新規約定1回、決済約定1回以上取引

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで3でした。来週6月24日からいよいよ1,000通貨でのトレードも可能となる他、今月はタイアップのキャッシュバックが+3,000円されて5,000円と大幅増額されています(oノ´∀`)ノヲォォ♪
 現在、口座開設キャッシュバックキャンペーンの5,000円と合わせて、ワントレードで合計10,000円の現金ゲットのチャンスとなっております(∩´∀`)∩↓




   【第2位】  セントラルミラートレーダー 紹介記事
ゆきママ × セントラルミラートレーダー タイアップ企画
商品 現金3,000円キャッシュバック
期間 2013年5月27日~6月28日営業終了まで
内容 期間中に新規に口座を開設し、セントラルミラートレーダーで1回取引

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで2でした。もともと1,000通貨トレードが可能で、小額資金で取引できるのでシストレビギナーの方にはオススメ!
 しかも1回取引(手動可)で限定3,000円口座開設キャッシュバックキャンペーンの5,000円と合わせて、合計8,000円がもらえるので、ぜひぜひやっておきたいところ。ただ締め切りが迫っていますので、お急ぎください(`・ω・´)↓




   【第3位】  DMM FX 紹介記事
ゆきママ × DMM.com証券「DMM FX」 タイアップ企画
商品 現金3,000円キャッシュバック
期間 2013年6月1日~6月30日
内容  期間中に新規に口座を開設し、口座開設から60日以内に1回取引 

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで2でした。取引高世界第2位とそれだけ選ばれていますし、ゆきママの主要取引業者で、いつもトレードに使用しています。限定キャンペーンも初回取引で3,000円もらえるのはおいしいですね。
 また、取引も口座開設申込から60日以内の取引となっているので日程的に余裕がありますし、口座開設キャッシュバックキャンペーンの10,000円などを合わせると最大14,000円の現金ゲットのチャンスとなっています(*´∀`*)↓




   【第4位】  FXブロードネット 紹介記事
ゆきママ × FXブロードネット タイアップ企画
商品 図書カード3,000円分をプレゼント
期間 終了日未定(※終了の2週間前に告知)
内容      期間中に新規に口座を開設し、1万通貨以上の取引     

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで3でした。こちらは1万通貨取引で3,000円分の図書カードがもらえます。またこれとは別に口座開設キャッシュバックキャンペーンの10,000円受け取れるので合計で13,000円ゲットするチャンスとなっています(∀`*ゞ)




   【第5位】  ヒロセ通商 紹介記事
ゆきママ × ヒロセ通商「LION FX」 タイアップ企画
商品 現金1,000円キャッシュバック
期間 新規口座開設期間:2013年6月3日~6月30日
取引期間:2013年6月1日~7月1日AM8:59
申込期間:2013年6月3日~7月1日AM8:59
内容 期間中に新規口座を開設し、1万通貨取引後、専用フォームより申込

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで2でした。こちらも最短翌日と書いてあるだけかなり早め。内容的には1万通貨取引で1,000円と上位に比べると若干少ない感じはいなめませんが、口座開設キャッシュバック10,000円などその他キャンペーンは充実しています( ´∀`)bグッ! ↓




   【第6位】  マネースクウェア・ジャパン 紹介記事
マネースクウェア・ジャパン 「トラリピ」 限定キャンペーン
商品 トラリピくんQUOカード1,000円プレゼント
期間 2013年6月15日~9月30日
(※)キャンペーン対象となる口座開設申込期間は2013/6/15~9/17
内容 期間中に新規に口座を開設し、初回入金30万円以上

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで3でした。ここは口座開設完了後にキャンペーンに申し込む(入金すら不要)だけで、初心者向けのトラリピ本「FXトラリピの教科書」がもらえてしまう他、初回入金30万円以上でQUOカード1,000円がGETできます。
 また今月からキャンペーン商品がJTBギフト券に変更されるなど、前回のポイントプレゼントキャンペーンから比べると大幅にパワーアップしているので、逃さず攻略しておきたいところですね(∀`*ゞ)↓




   【第7位】 トレイダーズ証券 【みんなのFX】紹介記事
ゆきママ × トレイダーズ証券「みんなのFX」 タイアップ企画
商品 外国為替のしくみ(著)小口 幸伸】1,575円)をプレゼント
期間 申込受付期間:2013年5月31日~6月28日
取引期間:2013年5月31日~6月28日
内容 期間中に新規に口座を開設し、初回10万円以上+FXで1Lotの取引

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで3でした。1Lot取引でゆきママお勧めの為替本がもらえる他、口座開設キャッシュバックキャンペーン最大10,000円も実施されているので全体としてはかなりお得な内容となっています(ノ´∀`*)↓




   【第8位】  上田ハーローFX 紹介記事
ゆきママ × 上田ハーロー タイアップ企画
商品 トム・バッソの禅トレード(1,890円)をプレゼント
期間 申込受付期間:2013年5月31日~2013年6月30日まで
内容 申込日から30日以内に初回入金10万円以上+1万通貨取引

【総評】:ログイン(取引)可能になるまで3でした。こちらは申込日から30日以内の入金とトレードとなっていますので、まだまだ日程的な余裕があるのが良いですね(*´ω`人´ω`*)ネー
 ただまぁその他のキャンペーンなど、総合的に判断するとちょっと・・・な部分があるので、心苦しいですがこの辺りの位置に・・・とはいえお得なことには変わりありませんので、もし上田ハーローFXの口座開設をしようと考えている方はご利用いただければと思います↓



大変長々なってしまいましたが、ゆきママのブログの限定タイアップキャンペーンの8社をまとめてみました(*´ω`*)

特に上位のキャンペーンは、FXをやる上で参加しないともったいないぐらい好条件かと思います。どこも規制などに伴い、このようなキャンペーンは縮小傾向にあるので、終了する前に攻略しておく良いのかなと思います(*´∀`人)

本当に取引資金を稼ぐこともできますし、もちろん自由に使うこともできますので・・・(`ω´)グフフ というわけで、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。私用が忙しく、コメントの返信が遅れがちですが、これからやっていきますのでどうぞよろしくお願いします(´∀`*)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(108)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【1ドル=98円台突入】ドル・円は再び100円台へ向かうか!? バーナンキ発言の見方が真っ二つ割れています(。-`ω´-)ンー [市場概況]

というわけで、1ドル=98円まで上昇するなど、そろそろ100円台の大台も見え始めて来ました。基本的には株高・円安という方向性に向かうのではないかと思っていますが、市場の雰囲気的には微妙な面も・・・(;`・_・´)ン-

ただ、現在の相場で株価が全面安といった動きになっていても、それほどリスク回避の円買いに傾かないのはある意味で好材料といえるかもしれません。これまでかなり強く株価に連動して来ましたが、そういった足枷が徐々に外れてくるようなら、早々に1ドル=100円台ということもありそうです(ノ´∀`*)

現状では昨日のバーナンキFRB議長の発言について、見方が真っ二つに割れているような感じです。昨夜の記者会見で「年内の資産購入ペースを緩めることと2014年半ばの資産購入終了の可能性」を示唆しましたが、これをポジティブと捉えるかネガティブと捉えるかで、見解が分かれており、市場はやや混沌としたムードが漂っています。

ポジティブ派としては、アメリカ経済の堅調さを背景としたQE3(量的緩和)の年内縮小を歓迎し、これまで不透明だったスケジュールについて、具体的な道筋を示したことを好感しているようです。目先の株価の下落もハト派(金融緩和派)寄りの会見になると期待されていた反動として、あまり心配はしていない模様。

逆にネガティブ派は、いわゆるトリプル安(円安・株安・債権安)が進行している日本を含めたアジア市場の状況を警戒し、再び不安定な情勢・・・バーナンキショックに陥るのではないかと懸念しています。

う~ん、この辺の判断は実に難しいところですが、ゆきママも意外とポジティブに捉えて楽観しはしているんですよね(∀`;ゞ) というのも、QE3については永遠に続けるわけにもいきませんから、いつかは終了しなければならないものなので、今回の縮小・終了というのは絶対に避けられないもので、アメリカ経済が堅調に推移すれば「終わって当然」という見方が徐々に強まってくるのかなと。

そしてドル・円に関しては、異次元の緩和をこれから続けていく日本(円)と、緩和を徐々に縮小していくアメリカ(ドル)という構図であれば、上がらないわけがありません。とにかく、中長期的に見たときのドル・円の上昇は間違いないわけで、今後は再び円安が日経平均などの株価を引っ張っていくのではないかと思います。

それでも懸念材料が全く無いわけではなくて、やはり先に書いたトリプル安・・・中でも特に日本の債券市場の動きには注意したいところでしょう。現在の日本の10年債は、大体0.8%程度で推移していますがここから再び急上昇するようだと、リスク懸念から株安と円高が進む可能性があります。

この他には弱含んでいるNYダウが下げ止まらないようだと、日経平均にも大きな影響が出てきますので、徐々に株価の影響が無くなってきているとはいえ、やはり目を向けおきたいところでしょう。

市場の現況をまとめるとこんなところでしょうか。まぁ株高・円安というわかりやすい動きになってくれると一番良いのですが、落ち着いてくるまでに少し時間はかかるかもしれませんね。

そしてここからはいつものように昨日今日のドル・円相場についてまとめていきます。昨日の海外市場は1ドル=94.80~97.00円台とFOMCを受けて大幅に上昇する展開となりました。欧州序盤は欧州株が軟調スタートとなったことで、やや小緩みましたがビックイベントを控えて値動きは限定的。

NY市場は95.00円台を挟んでのモミ合いが続き、日本時間3:00に(米)FOMC・金融政策が発表され、声明の中ではハト派寄りの意見が多く、そして経済に対して楽観的な見通しが示されたことで、1円以上の急上昇となりました。また、その30分後のバーナンキFRB議長の記者会見では、年内でのQE3縮小開始などを言及したことで、ドル・円は一旦97円近辺まで上昇したものの、NYダウが軟調に推移したことで上値を押さえつけられる展開となりました。

今日の東京市場では1ドル=96.00~97.20円台と終盤に急伸。序盤はNYダウや日経先物の下落を受けて、株価が大幅安で始まったことからドル・円も大きく値を下げてのスタートとなりましたが、米国債利回りの上昇などを受けて、終盤になると大きく上昇し、97円台にのせました。

先ほど始まった海外市場では、ドル・円は非常に堅調な推移をみせて1ドル=98円台を達成するなど、円安が進んでいます。

今日明日のドル・円相場について考えていくと、21:30からは(米)新規失業保険申請件数、23:00からは(米)6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数、5月中古住宅販売件数、5月景気先行指標総合指数の発表があります。

市場の雰囲気が昨日から一変しているので、経済指標に対するリアクションというのはなかなか予想がしづらいですが、昨日のバーナンキ議長の発言でも経済情勢次第(雇用)で縮小時期を判断していくとのことなので、やはり新規失業保険申請件数などの雇用情勢を示す指標にはいつも以上に注目しておきたいところです。

株価については、現状では影響が小さくなっているとはいえ、これ以上軟調に推移するようだ不安定さが嫌気されてリスク回避の円高につながる可能性もありますので、大幅に下がった場合などは注意が必要でしょう。

まぁ大体こんなところでしょうかね。戦略としては株価をみつつ押し目を拾っていけばいいのかなといったところ。目先のラインとしては、上は98.20~98.30円近辺にテクニカルラインが集中しているので、ここを抜ければ一段高も。下は97円台前半を割り込んでしまうようだと、下落が進む可能性があります。

とにかくわかりやすい動きとなったらボーナスチャンスなので、いつもよりチャートに注目しておくと良いことがあるかもしれません(`ω´)グフフ ゆきママもチャンスがあったら押し目を拾って、少し長めにポジションを持つことがあるかも(`・ω・´)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
6月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(o´∀`o)ノ
下記8社との限定キャンペーンとなってます(o・ω´・b)b
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【速報】FOMC+バーナンキ議長会見についてまとめ。なんだか株価が…(; ・`д・´)【6月20日のトレード結果】 [市場概況]

注目の(米)FOMC・金融政策発表(米)バーナンキFRB議長の記者会見は、ほぼ予想通りの内容となったことでドル・円は上昇しましたが株価は下落し、為替相場の上値を押さえつける格好となっています(´Д`υ)ォィ…

金融政策については当然のことながら現状維持で、FOMCの声明については以下のとおり↓
・政策金利は0.0~0.25%を維持する
・月額850億ドルの資産買い入れを継続する
・(証券購入ペースについて)増額もしくは、減額の準備がある
・(景気について)緩やかに拡大している
・(インフレについて)長期目標を依然として下回っている
というわけで、前回と同じく「増額もしくは、減額の準備がある」とするにとどまり、QE3(量的緩和)縮小に着手する時期などについては何も示しませんでした。これを受けてドル・円は1円程度の上昇を見せました。

そしてバーナンキ議長の発言をまとめると以下のとおり↓
年内にも資産購入ペースを緩める可能性がある
来年半ばあたりに資産購入終了の可能性がある
・(インフレについて)長期目標を依然として下回っている
量的緩和停止と政策金利引き上げには大きな時間差がある
・去就について述べることはない
バーナンキの方は昨日予想したパターン(2)の方ですね(b´∀`)ネッ! QE3の縮小・終了について具体的な時期や判断基準などを明確にして、しかしながら利上げの開始時期については言及せず、時期的に相当な開きがあるということをアピールして市場の理解を求めました。

これについては、市場からもある程度受け入れられたようで再び1円近く上昇しましたが、株式市場では資金の流入が減るとの見方から利益確定の売りが先行し、NYダウ平均株価は大幅に下落する結果となり、それにつられてドル・円も上値が重くなるといった展開となっています。

sfx981.png
↑未明のドル・円チャート。株価の下落が上昇の足枷に・・・。

まぁパニック売りといったような動きではなく、どちらかというと静かに下げるといった動きなので、今のところは穏やかな感じもしますが、これ以上弱含んでくるようだと黄色信号。再び市場がナーバスなって、株安・円高といった動きにつながる可能性もありますのでご注意ください。

個人的にはもう上げていくしかないと思うんですけどね(;´∀`) まぁこの円安水準であれば、日経平均株価は大丈夫かな~と思うので日経平均がしっかりしていれば、とりあえず東京時間帯はドル・円もジリ上げといった動きになってきそうです。

逆に日経平均が軟調気味だと・・・また95円台に逆戻りということもありそうです。さらに問題はNYダウ平均株価ですね・・・。特に海外勢の参入がある東京市場終了直後の動きには気をつけたいところです。そこで崩れるようだと、ドル・円も巻き込まれて軟調な動きとなるかもしれませんので、一応想定はしておきましょう。

トレード結果報告@DMM FX+21,600円(2勝0敗)
sfx982.png

まぁまずまずでしょうか(ノ´∀`*) 値動きが荒いので、いつもの15Lot(15万通貨)から5Lotに減らしてのトレードとなっています。

sfx983.png
↑エントリーと決済まとめ。青の矢印が新規エントリーで、ピンクの矢印が決済のタイミングです。

FOMCの発表後も、バーナンキの会見後もわかりやすいアゲアゲ相場でしたから、流れに沿ってロング(買い)で稼いでいきました(´∀`∩)↑age↑

まぁこのトレードは本当に流れに従う感じだったので、あまり解説すべき点はないのですが、2回目のトレードに関してはNYダウが軟調気味だったことや97.00円ラインという節目の手前ということもあり、その辺が気になったので決済しています。

決済後、やはりNYダウの下落が意識されて、ドル・円相場もつられる形で弱含んだのでその判断は結果的には良かったのかなと思っています(ノ´∀`*)

ちなみにその時のツイッターでの実況がコチラ↓

最近はかなりの確率で、こうやってリアルポジションについてつぶやいていますので、興味がある方はフォローお気軽にどうぞです(*´ω`*)フォローカエシマス

なんというかこういうわかりやすい動きのときに稼げるとおいしいですよね(*´∀`*) 早起きした甲斐があるというものです。

そしてゆきママはコンフェデ(サッカー)の方も見ていましたが・・・。日本・・・(´;ω;`)ブワッ 勝てる試合だったのにもったいなかったですね。これでGL敗退が確定してしまいました。

う~ん、イタリア相手に2点リードしたことでなんだか逆に浮き足立っちゃいましたよね。あそこでもう少し冷静にペースを落とせると良いと思うのですが・・・。まぁこういった勝てる試合を落として勝ちあがれるほど甘くはないですからね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

まぁ来年の本番へ向けて、しっかりと調整して欲しいところです。というわけでこんな感じで今日のまとめとさせていただきます。それにしても寝不足で眠いです(ρω・)ネムネム どこかでお昼寝できるといいな~w


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
6月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(o´∀`o)ノ
下記8社との限定キャンペーンとなってます(o・ω´・b)b
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

本日のFOMCとバーナンキ議長講演などの展望&ポイント総解説(`・ω・´)【6月19日のトレード結果】 [本日の収支]

さて、今日はいよいよ大注目の(米)FOMC・金融政策発表が27:00から、そして(米)バーナンキFRB議長の記者会見が27:30から予定されています(`・ω・´)

今回、金融政策の方はほぼ100%現状維持の据え置き判断がでしょうから、焦点はFOMC(連邦公開市場委員会)の声明やバーナンキ議長の発言の中での、QE3(量的緩和)を含めた金融緩和における今後の方向性・見通しということになります。

前回のバーナンキFRB議長の講演では、議会証言原稿とその後の質疑応答でQE(量的緩和)の早期縮小・終了について、異なる見解を示したため大荒れの展開となりました。もちろん今回もバーナンキ議長の発言に大きな注目があつまっており、神経質な値動きが予想されます。

これまでに何度か説明していますが、QE3の縮小というのは要はドルの供給を絞るわけですから、株価にとっては株安・為替にとってはドル高というある意味で相反する要因になりますが、ここ最近のドル・円相場は株価との相関性が強く、株価につられるパターンが多いので、今回の発表でも株高になればドル・円の押し上げることになるでしょうし、逆に株安となればドル・円を押し下げることになるでしょう。

というこれらのことを踏まえた上でFOMCについてパターン別に考えていくと、(1)どうやら現状ではバーナンキ議長が市場の混乱に配慮する形で、慎重姿勢を崩さず縮小について踏み込んだ発言はしない』だろうとの見方が強まっているようです。前回は、両睨みといった発言で市場の混乱を招きましたからね。

まぁそういった見方が強まった理由というのが、昨日の海外市場での米系ヘッジファンドや短期筋によるドルの買戻しや株の買戻しといった動きということのようで、FOMCに関して何らかの情報が漏れているのではとの話も・・・(;´∀`)

とにかくバーナンキ議長がQE3の早期縮小に否定的な見解を示すようであれば、基本路線としては株式市場がこれを好感して上昇し、つられる形でドル・円も上昇ということになるでしょう。

ただ、仮にこのような結果となった場合、今後の見通しという部分については不透明さが残ってしまう可能性があります。いつかはQE3の縮小や終了というのは避けられないわけで、全く道筋が示されない形となった場合、市場が再び不安定な状況に陥ってしまうということについても注意しておきたいところではあります。

(2)また昨日まで有力視されていたのがQE3の早期縮小の道筋を示しつつも、金融政策の引き締めにはあたらず適切な措置としてアピールし、利上げの開始時期については前倒ししないことを強調するなどして金融緩和の継続姿勢を示唆する』というものです。

一見すると「緩和の縮小と継続をアピール」という矛盾するようなメッセージですが、少なくとも年内にQE3の縮小というのは確定路線であり、いつかは実行しなければならない事でもあります。問題はそれがいつ・どのように行われるかということが不透明なため、疑心暗鬼のような不安感に市場が陥っているというのが現在の状態でもあります。

そこで今回の発表では、QE3を縮小する具体的な経済状況(数字など)を示すとともに、利上げにはまだ遠いということを明確にしていくのではないかというのがこのパターン。これによって市場からのコンセンサス(合意)を得て、不安感を払拭することができれば、一挙両得!大成功!!(株高・ドル高)となるわけです。ある意味でQE3の縮小は米経済の回復を裏付けることでもありますからね(b´∀`)ネッ!

しかしながらQE3の縮小のみがクローズアップされて、市場の説得に失敗したような形となると当然のことながら株安・円高のパターンになってしまい、悲惨な結果に・・・といったところでしょうか。

というわけで大きく分けるとこの2つのシナリオが想定されているようです。どちらのパターンになるにせよ、一番のポイントは『市場の不安感の払拭ということであり、いずれのパターンでもこの1点の成否にかかっているといっても過言ではないでしょう。

まぁ結局はバーナンキ次第という身も蓋もない結論に達してしまうわけですが、現在の状況を総合的に考えると(昨日の海外市場の怪しい値動きも含めて)、個人的には下振れ(株安・円高)の可能性は減りつつあるのかなぁ~といったところです。なので、上下どちらかでいうと目線ではいます(∀`;ゞ)

今日のFOMCとバーナンキの講演についてはこんな感じかと。これらのビックイベントを受けて、株価がどのような動きを示すかというのがドル・円の値動きを左右しますので、もしこの時間帯にトレードするのであれば、必ず目を向けておきたいところです。

恐らく発表直後は荒れた展開にはなるんでしょうけどね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー ただ、今後の相場の方向というのも決まってくるかと思いますので、これらの発表がある前に一旦はポジションを整理しておいた方が良いかもしれません。

ゆきママの予定としては市場の反応が固まる明日以降にゆっくりとトレードしようかな~とw でもわかりやすい動きになったら絶対に逃したくないので、とりあえずいつもより早寝して、27:30頃に起きてチャートを眺めていようと思います(ノ´∀`*)サッカーモアリマスカラ


ということでまとめでした(*´∀`人) ここからはいつものように昨日今日のドル・円相場について振り返っていきたいと思います。

昨日の海外市場は1ドル=94.80~95.70円台での値動き。欧州市場では株高という背景もあって、序盤から堅調な推移を見せました。ちなみに米系ヘッジファンドによるドル買戻しも指摘されていました。NY市場でもその流れは継続し95.70円台まで上昇を見せましたが、その後はドル売りに押されて反落。さらに米国債利回りの低下もあって値を下げました。

今日の東京市場は1ドル=94.90~95.60円台で軟調な値動きとなりました。序盤こそ高値を維持していたものの、FOMCを控えていたことなどから利益確定の売りが強まって、売り買いが交錯。概ね95円台前半でモミ合っていたものの、終盤には95円台を瞬間的に割り込む場面もみられました。

う~ん、なんというか怪しい値動きですねw 今後のドル・円については言うまでもなくFOMCとバーナンキの会見にかかっていますので、発言内容と市場の反応を見ていきましょう(*´ω`*)

トレード結果報告@DMM FX+19,500円(3勝0敗)
sfx979.png

今日は連敗脱出で、さらに昨日一昨日の負け分以上に稼げたので良かったですε-(´∀`*)ホッ 昨日の予告どおり東京時間帯でのトレードとなりました。

sfx980.png
↑エントリーと決済まとめ。青の矢印が新規エントリーで、ピンクの矢印が決済のタイミングです。

今週に入ってからというもの、何だか海外勢の動きが怪しくトレードし辛かったこともあって、今日は久々に東京時間帯でのトレード。ほぼ95.20~95.40円台での値動きが続いていましたので、エントリーとしてはレンジ下限付近からのロング(買い)を狙っていきました。95.20円近辺ではかなり下げ渋っていたので、その辺りからのエントリーです。

1回目のトレードは慎重に相場の流れを見ながら、やや上昇し始めたところからエントリー。目標は5~10pipsとしていましたが、連敗していたこともあってちょっと弱気になってしまい微益で撤退。そしてその直後に大きく上昇し、裏目に出てしまいました\(^o^)/ このトレードはちょっぴり後悔。

上がってしまったので後はずーっと様子見。下がってきたので2回目のトレードも同じ水準からのエントリー。これは瞬間的に上振れしたときに決済しました。まぁやはり連敗の影響もあって今日はいつもより決済が早目となっていますが、結果的にこの決済は好判断となりました。

普段なら大体満足してこれで取引を終えるのですが、やはり昨日一昨日の赤字を埋めるべく、どこかでもうワントレード・・・なんて考えながら相場を見ていると、レンジブレイクしてあれよあれよと急落(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!

ただ節目の95.00円ラインにはやや底堅さがあったようなので、短時間なら保てるだろうと思い3回目のエントリーとなりました。こちらも上昇後、やや上げ渋った瞬間に決済して合計+19,500円3連勝で取引を終えることができましたヽ(o`・∀・´)ノ

ちなみにその時のツイッターでの実況がコチラ↓

最近はかなりの確率で、こうやってリアルポジションについてつぶやいていますので、興味がある方はフォローお気軽にどうぞです(*´ω`*)フォローカエシマス

本当に負け分をしっかり取り返せることができて良かったです(ノ´∀`*) これで明日からはまたいつもどおりにトレードできそうな感じですね( ´∀`)bグッ!

今日はこれからFOMCもあるので、それに向けて早め寝てしまおうと思います。まぁ一応チャートを見ながらどうするかといったところでしょうか。わかりやすい動きとなれば参加予定ですが、方向間が出ないようならサッカーをみながらとなります(ΦωΦ)フフフ…

というわけで今日はこんな感じで。長々となりましたが、最後までお読みいただいてありがとうございました。それではFOMCでお会いしましょう!ポジションを持ったらツイッターでつぶやきますので、どうぞよろしくお願いします(*´∀`*)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
6月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(o´∀`o)ノ
下記8社との限定キャンペーンとなってます(o・ω´・b)b
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

相変わらず微妙な相場で2連敗(つ﹏<。)FOMCを睨んで短期筋からの買戻しが…【6月18日のトレード結果】 [本日の収支]

まぁなんだか今日も微妙な相場が続いていますね(〃´・ω・`)=3 ハァ… 要因はもちろん今日から2日間の日程で行われるFOMC(連邦公開市場委員会)を控えているためで、市場は全体的に様子見ムード。

すでにある程度、中身が織り込まれてきたものの、結果を受けての株価の反応が予想しづらいこともあって積極的な取引が控えられている状態です。なので上も下も板(注文)は薄めで、まとまった注文が入ると大きく動くような展開になっています。

まぁ現段階でいえば、市場が混乱気味なこともあってFOMCは慎重な姿勢を示すと見られています。市場の状況によっては、今後の複数回の会合においてQE3(量的緩和)の縮小を決定する可能性を示唆するとの見方が強まる一方で、利上げの開始時期については前倒ししないことを強調するなどして、緩和姿勢の継続を市場参加者に訴えるのではないかとのこと。

このような結果にならない可能性もありますが、とにかくどんな結果になるにせよ問題はFOMCとバーナンキ議長の会見を受けて市場がどう動くかですよねぇ・・・( -`Д´-;A)ヨソウガツキマセン…

ただ、今の市場心理を見る限りだと、ある程度情報が出る中で、かなり踏み固められてきた感じもありますし、FOMCも市場の混乱を収めるよう万全を期すと思うので、これをきっかけにして再び出口戦略に関する懸念が大幅に強まって株安・円高といった動きになる可能性は低いのかな~なんて思っています(∀`;ゞ) まぁその辺を含めて、詳しくは明日やっていく予定ですのでどうぞよろしくお願いします。

そんなこんなでここからはいつものように昨日今日のドル・円相場について振り返ってみたいと思います。昨日の海外市場は1ドル=94.20~95.20円台と約1円幅での値動きとなりました。欧州市場では序盤から株高を受けて上昇しましたが、95円台では流石に上値が重たくなり、徐々に押し戻されて94円台後半でのモミ合いとなりました。

NY市場でも95円近辺になると上値が重たくなる展開が続き、序盤に発表された(米)6月NY連銀製造業景気指数は予想を上回る好結果となったものの値動きは限定的。その後もモミ合いが続きましたが、英紙フィナンシャル・タイムズが、「バーナンキ議長が緩和縮小に近づいていることを示唆する可能性が高いなどと報じたため、30銭程度上振れする場面もみられましたが、堅調に推移していたNYダウが反落したことを受けて、ドル・円は1円近くも値を下げるなど急落し、そして94円台半ばでのモミ合いに。

今日の東京市場は1ドル=94.40~94.90円台のレンジ内で上下する動きとなりました。序盤は日経平均が小高く始まって値を維持していたことで、やや堅調な動きが続きましたが、その後は株価が反落しドル・円も伸び悩むといった展開。

そして先ほど始まった海外市場では、欧州勢参入後から予想外に堅調な推移。米系ヘッジファンド贅が買い戻しているようで、短期筋を中心に買戻しが強まっている模様です。

今後のドル・円については、21:30から(米)5月CPI(生産者物価指数)・CPIコア5月住宅着工・建設許可件数の発表があります。

割と注目度の高めな指標ですが、昨日の動きを見る限りだと、市場の意識は完全に明日のFOMCに向いており、発表直後はともかくとして大きな値動きにつながっていくとは考えにくいです。なので、その動きについては継続する可能性が低いので、ある程度動いた場合でも深追いには要注意。

なのでやはり値動きの中心的な材料としては、株価とFOMCに関する報道でしょう。昨日もFOMCに関する報道を受けて為替独自の上昇をした後に、株価の反落した動きを追うといった動きがみられますので、仮にFOMC関連報道で為替相場が大きく動いた場合でも、株価の動きからは目を離さないでおきたいところでしょうかね( ・_・)ジー|NYダウ|

トレード結果報告@DMM FX-6,000円(0勝1敗)
sfx977.png

いいんだいいんだ・・・もうこんな相場..ρ(。 。、 ) イイモンイイモン... 地味~なモミ合いで下で拾って今日も撃沈したよー久々の2連敗だよー\(^o^)/

sfx978.png
↑エントリーと決済まとめ。青の矢印が新規エントリーで、ピンクの矢印が決済のタイミングです。

今日も相場はなんというか読み難い状況。上がってはいるんですが、雰囲気的には上げるような相場ではありません。なので売り買いともに悩む相場・・・。それでもまぁ2時間近く95.30~95.40円でのモミ合いが続いていたので、下値近辺からロング(買い)でエントリーしました。

読みにくいならトレードするなよ・・・って感じですが、そこはトレードしないとブログのネタにならないし!っていうところがあるので、日々トレードポイントを探して、ゆきママは時々強引にトレードしているのです(´;ω;`)ブワッ 待つのも相場なので皆様は決して真似されないように。読み難い相場のときは大人しくノートレ推奨です。

そんな強引なトレードが響いたのか、上昇せず損切りラインに設定していた95.300円をあっさり割り込んだので即損切り。今日もトレードはうまくいかず、見事な2連敗となりましたΩ\ζ°)チーン まぁ2連敗するのも久しぶりかな・・・何ヶ月ぶりなんだろう・・・ε-(´ω`○)ハァ…

まぁ本当に待つのも相場です・・・。読者の皆様にはゆきママの失敗を教訓にしていただきたく思います・・・( ;∀;)マツノモソウバ…マツノモ…

ちなみにその時のツイッターでの実況がコチラ↓

最近はかなりの確率で、こうやってリアルポジションについてつぶやいていますので、興味がある方はフォローお気軽にどうぞです(*´ω`*)フォローカエシマス

あがれぇぇえー!!(パズー風)』とかトレード中にツイッターつぶやいて、コントみたいなことをやっていた天罰でしょうか・・・現実では上がりませんでした(☍﹏⁰)。

本当にダラダラした相場なんですよね。まぁFOMCを控えているから仕方ないんですけどね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー とりあえず不安定な相場が続くと思われますので、今日明日ぐらいは様子見のノートレでも良いかもしれません。

大体こんなところで今日はまとめ。それにしても今週はいきなり低調なスタートとなりました。チャートを見ていると東京時間帯のほうがこのところはわかりやすい動きをしているようなので、明日は午前中から15時ぐらいまでにトレードしてみようかと思います(*´ω`*)


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
6月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(o´∀`o)ノ
下記8社との限定キャンペーンとなってます(o・ω´・b)b
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーインヴァスト証券「シストレ24」トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。) width=

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感