月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【1ドル=100円も!】為替相場(ドル円)~今週(17~21日)総括と来週の展望~ [市場概況]

今週は先週の大幅下落(4円超)とは反対に、4円以上も急騰しましたΣ・ ・( ω ノ)ノ 要因はもちろんFOMC声明やバーナンキFRB議長の発言で、中でもQE3(量的緩和)が年内にも縮小を開始する可能性があると言及されたことによるものが最も大きいでしょう。

日本は異次元の金融緩和を最低でもあと2年程度は続けることになっていますので、そんな中でアメリカのQE3が縮小されるとなれば、やはり方向として円安・ドル高になるのは当然といったところでしょう。ただ、株式市場は緩和をネガティブに捉えて弱含んでおり、さらに新興国市場では資金流出から不安定な状況に陥っています。この辺が上値を重たくしている要因となっている感じですね(´Д`υ)コマッタナ…

というわけでFOMCも経済見通しを上方修正するなど、状態としては悪くないので基本的には来週も上昇を織り込みたいところではあります。もしかしたら1ドル=100円台再び!という楽観論も随分見受けられるようになりましたが、先に書いた懸念材料も非常に大きいのでその辺に注意しつつ慎重に相場を見ていきたいところでしょう。

sfx987.png
↑6月17日~6月21日の週。ドル円相場は1ドル=94.17~98.29円

今週の総括:QE3年内縮小観測から、急上昇した1週間


17日の東京市場は1ドル=94.10~94.90円台で堅調な値動き。先週末のNYダウの下落や円高に対する警戒感から、日経平均が下げて始まるとオープン直後に94.10円台まで下落したものの、その後は株価が上昇し節目となる13,000円台を回復したこともあって、95円台手前まで上値を伸ばした。
 海外市場は海外市場は1ドル=94.20~95.20円台と約1円幅で乱高下となった。欧州市場では序盤から株高を受けて上昇したが、95円台では流石に上値が重たくなり、徐々に押し戻されて94円台後半でのモミ合い。NY市場でも95円近辺では伸び悩み、序盤に発表された(米)6月NY連銀製造業景気指数は予想を上回る好結果となったものの値動きは限定的。その後もモミ合いが続いたが、英紙フィナンシャル・タイムズが、「バーナンキ議長が緩和縮小に近づいていることを示唆する可能性が高い」などと報じたため30銭程度上振れしたが、堅調に推移していたNYダウが反落したことを受けて、ドル・円は1円近くも値を下げるなど急落し、94円台半ばでのモミ合いが続いた。

18日の東京市場は1ドル=94.40~94.90円台のレンジ内で上下。序盤は日経平均が小高く始まって値を維持していたことでやや堅調な動きが続いたが、その後は株価が反落しドル・円も伸び悩むといった展開。
 海外市場は1ドル=94.80~95.70円台での値動き。欧州市場では欧州株高や日経先物がジリ高という背景もあって、序盤から堅調な推移を見せた。ちなみに米系ヘッジファンドによるドル買戻しの指摘も。NY市場でもその流れは継続し、95.70円台まで上昇を見せましたが、その後はドル売りに押されて反落。さらに米国債利回りの低下もあって値を下げた。

19日の東京市場は1ドル=94.90~95.60円台で軟調な値動きとなった。序盤こそ高値を維持していたものの、FOMCを控えていたことなどから利益確定の売りが強まった。売り買いが交錯し、95円台前半でモミ合っていたものの、日経平均が上げ幅を縮小したことや、アジア株安などもあって終盤には95円台を瞬間的に割り込む場面もみられた。
 海外市場は1ドル=94.80~97.00円台とFOMCを受けて大幅に上昇する展開となりました。欧州序盤は欧州株や日経平均先物が軟調に推移して、下値をつけたもののビックイベントを控えて値動きは限定的となりジリジリと値を戻した。NY市場は95.00円台を挟んでのモミ合いが続き、日本時間3:00に(米)FOMC・金融政策が発表され、声明の中ではハト派寄りの意見が多く、また経済見通しについては上方修正するなど楽観的な内容が示されたことで、1円以上の急上昇となった。また、その30分後のバーナンキFRB議長の記者会見では、年内でのQE3縮小開始などを言及したことで、ドル・円は一旦97円近辺まで上昇したものの、株式市場にとってはややネガティブサプライズとなったことでNYダウが軟調に推移してドル・円は伸び悩んだ。

20日の東京市場は1ドル=96.00~97.20円台と終盤に急伸。序盤はNYダウや日経先物の下落を受けて、株価が大幅安で始まったことからドル・円も大きく値を下げてのスタートとなったが、米国債利回りの上昇などを受けて、終盤になると大きく上昇し97円台にのせるなど荒い値動き。
 海外市場は1ドル=97.10~98.20円台での乱高下となった。欧州市場では、QE3年内縮小観測から米長期金利(10年債利回り)が上昇したことを背景に上値を伸ばしてて98円台に突入した。ただ、アジアに続いて欧州株も大きく下落したことなどから、上値が押さ得つけられる形となって伸び悩んだ。NY市場では(米)新規失業保険申請件数が悪化し、NYダウも下落したものの、その後発表された(米)6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数や5月中古住宅販売件数好結果だったことなどから、再び98円台へ突入。しかしながら、NYダウ平均が終盤にかけて急落すると、ドル・円も急激に落ち込んで、1円以上の下落を見せた。

21日の東京市場は1ドル=96.80~97.80円台と株式市場を睨んで引き続き荒れ模様。日経平均が大幅安スタートとなったことでドル・円も弱含んだが、午後に入り株価が反発するとドル・円も急上昇を見せるなど株価動向を強く意識した展開となった。
 海外市場は1ドル=97.20~98.10円台での荒い値動きとなった。欧州市場の序盤は方向感のない展開でモミ合いが続いたが、ただその後は特に材料のない中で1円近く急落するなど不安定な動き。NY市場ではQE3の縮小が予想以上に早まるとの見方から、ドル高の動きが強まった。米国債利回りの大幅な上昇も下支えとなったが、NYダウが弱い動きだったことから伸び悩む展開。


来週の展望:株価が安定すれば1ドル=100円台も視野に!

今週はFOMC後からアゲアゲ相場となりました(´∀`∩)↑age↑ ですが、その後は日本以外の株価がダダ下がりで、日本を除いた世界同時株安状態!そのせいもあってドル高基調ではあるのですが、値動きはイマイチ安定せず、荒い値動きが続いています((゚゚дд゚゚ ))アワワ!!

そんな不安定な相場の中で来週を迎えるわけですが、一番のポイントとなりそうなのは大きく意識されていた株価動向ですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー 日経平均は元より、NYダウをはじめとした欧米株、さらには新興国市場にも注目しておきたいところです。

FOMCの声明で示されたとおり、基本的に景気は良くなっているなっているわけで、QE3年内縮小というショックはありますが、株価にとってマイナスな面ばかりではありません。なので、このショックを底として足場を堅められれば上昇トレンド復活となりそうです(∩´∀`)∩

なんといっても株高はドル・円にとって最高の追い風ですからね(b´∀`)ネッ! まぁ株価が安定して堅調な動きを見せるようであれば、1ドル=100円台を早々に回復してもまったく不思議はありません。

ただ、株価が弱含んでくるようだと・・・今週と同じように上値が押さえられながら荒っぽい値動きとなるかもしれません。また、最初に書いたように資金の引き上げが進む新興国市場がこれ以上の混乱ぶりを見せるようだと、例のシャドーバンキング問題で揺れる中国に飛び火して・・・なんて最悪のパターンも考えられるため、特に週明けの動向には注目しておきましょう。

 来週注目の経済指標(ドル円)
24日(月)は特になし
25日(火):21:30(米)5月耐久財受注
       :23:00(米)6月消費者信頼感指数、5月新築住宅販売件数 他
26日(水):21:30(米)Q1GDP、Q1個人消費 他
27日(木):21:30(米)新規失業保険製件数、5月中古住宅販売保留
28日(金):21:30(米)6月ミシガン大学消費者信頼感指数

来週は中程度の指標がそこそこ続きますね(∀`*ゞ) メインはもちろん(米)Q1GDPでしょう。まぁ影響力に関しては、直前の市場動向をみないとどれぐらいあるかというのを考えるのは難しいのですが、基本的には良ければドル買い、悪ければドル売りといったわかりやすい値動きになるのではないかと思います。

後は重ね重ねになってしまいますが、なんといっても株価からは目を離せません。とりあえずNYダウ平均株価が上がってくるようだと、ドル・円にとっては何よりの上昇材料となるでしょう。

まぁそして為替とは関係のない話になってしまいますが、日本はコンフェデで3連敗・・・今日のメキシコ戦もゆきママも実は早起きしてみていました(´・ω・`)ネブソクダヨ… う~ん、マスメディアはコンディションの問題を指摘していますが、それはイタリアにも言えたわけですし、根本的な問題はやらかしを含めた守備かと(;´∀`)マァトウゼンデスガ…

ちょくちょくバイタルエリアにもスペースが空くので、コンディションの悪いときはサイドを捨てて中央に絞ってディフェンスをするとかしないと難しい気がしました。まぁマスメディアから散々采配を批判されているザッケローニ監督ですが、そんなことは私に言われるまでもなく、守備のアラというのは気がついているんでしょうけどね。

う~ん、なので最悪の状態を想定してのテストだったのかなんなのかはわかりませんが、この結果にはちょっと残念です(つд⊂)エーン ただ本番ではないので、来年のWCに向けて糧として欲しいところです。

というわけで、今週も本当にお疲れ様でした。コンフェデのせいで寝不足の方もたくさんいるかと思いますが、また来週に向けて今日はゆっくり休みましょう。それではまた来週もどうぞよろしくお願いします(´∀`*)ノシ 


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(。・ω・)ノ゙

↓うちのニャン子ちゃんにも一押しお願いしまーすオネガ━(゚∀゚人)━イ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
6月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金為替本がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(o´∀`o)ノ
下記8社との限定キャンペーンとなってます(o・ω´・b)b
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×シストレ24紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トレイダーズ証券【みんなのFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×上田ハーローFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーシストレ24トレイダーズ証券【みんなのFX】上田ハーローFXFXブロードネットヒロセ通商マネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)

nice!(72)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感