月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【QE縮小見送りも】為替相場(ドル円)~今週(16~20日)総括と来週の展望~【上昇相場】 [市場概況]

今週は序盤から波乱の週だったといえそうです。前週末に米露のシリア化学兵器廃棄の枠組み合意で、リスクオン(選好)ムードで始まるかに思えた相場ですが、サマーズ氏のFRB議長候補辞退という一報から、ドル売り優勢で円高になりました。

そしてもっとも注目されていた、(米)FOMC・金融政策発表では、まさかのQE(量的緩和)縮小見送りというサプライがあったことで、急落する場面も見られました(ノД\lll)・゚・ヒイィィィ!!

とはいえ、QE縮小見送りを株式市場は好感したことで、NYダウが史上最高値を更新するなど、市場全体としてはアゲアゲムードとなり、ドル・円相場もそれにつられる形で全戻しするなど、一転して力強い相場となりました(´∀`∩)↑age↑

そんな中で来週を迎えるわけですが、とりあえず注目はやはり経済指標といったところでしょうか。今後のQEの行方というのもある程度見極めていく必要がありますからね。

また、その他にはアメリカの予算案などについても目を向けておきたいところ。これまで同様にギリギリまで決まらないことが予想され、また喧々諤々の議論を重ねながら結論を出していくという感じではありますが、一応それなりにポイントとはなってきそうです。

一方で欧州に目を向けると、今日はドイツ総選挙の投票日です。速報ではすでにメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟の支持率が第1党とのことで、EUが揺れるような結果になりそうにはないですが、最も影響力の強い国の1つですので、念のためチェックはしておきたいところでしょう(*´ω`*)

sfx1192.png
↑9月16日~9月20日の週。ドル円相場は1ドル=97.84~99.66円

今週の総括:QE縮小見送りも、結局は上昇トレンド

16日の東京市場は敬老の日(祝日)休場。東京時間帯は、1ドル=98.40~99.10円台と序盤に乱高下。未明に次期FRB議長候補として有力視されていたサマーズ氏が辞退を表明したことで、早朝のオセアニア市場から軟調気味な推移となり、東京時間帯は商い薄なこともあってか上下に値動きの荒い展開だった。サマーズ氏はイエレン現FRB議長よりもタカ派姿勢であることが知られており、同氏の辞退により米国の金融緩和の長期化が見込まれたことが下落の背景となった。
 海外市場は1ドル=98.60~99.10円台での値動きとだった。欧州市場では、米露合意によるシリア情勢の緊迫化後退やサマーズ氏が次期FRB議長候補を辞退したことなどを好感して、欧州株が上昇しそれにつられる形でドル・円も小反発した。NY市場では、ややドル売り先行でスタート。米長期金利(10年債利回り)の低下が主な要因で、さらに(米)NY連銀製造業景気指数が予想を下回ったこともあり、安値まで続落する場面もみられた。しかしながら、株式市場はサマーズ氏の辞退を好感して大きく上昇しており、ここでも株価の値動きを受けてドル・円相場は反発をみせて、終盤に米長期金利が2.87%台まで戻したことで、一段高となり99円台を回復した。

17日の東京市場は、1ドル=99.00~99.30円台でのモミ合いとなった。3連休明けということもあってか、実需筋からのドル買いが入ってジリジリと上昇したが、午後に入ってからは日経平均が反落したこともあって伸び悩み、押し戻されて取引を終えた。
 海外市場は1ドル=99.00~99.30円台といった狭いレンジでの値動きとなり、様子見ムードが鮮明となった。欧州市場では、小高く始まった欧州株の影響からクロス円が上昇し、つられる形でドル・円もやや上値を伸ばしたが値動きは限定的。NY市場では、この日のメインとなった(米)8月CPI(消費者物価指数)・CPIコアが予想を下回ったことで、軟調なスタートとなった。ただし、底堅さを見せたことやNYダウが堅調な動きで始まったことから反発し高値圏へ。その後は株価や長期金利を睨んでの一進一退で、レンジ内での小動きにとどまった。

18日の東京市場は、1ドル=99.10~99.30円台と極小レンジでの推移。日経平均が大きく上昇を受けて、ドル・円もジリジリと値を上げましたが、FOMCを控えて手控える動きがみられ、値幅がほとんどないまま取引を終えた。ちなみに株価については、前日の安倍首相のメリルリンチ日本証券が開催した投資家向け会合で、明らかに今の日本は買いなどと発言したことが材料視されたとの指摘もあった。
 海外市場は1ドル=97.80~99.20円台で大きく値を下げた。欧州市場では、FOMCを控えていたことで序盤からポジション調整的な動きが強まって、ドル売り優勢の値動きでした。節目となる99.00円ラインを割り込むと、ストップロスを巻き込みながらやや大きめな下落をみせた。その後は底堅さもあって反発するなど、方向感には乏しい展開だった。NY市場では、序盤に発表された(米)住宅着工件数が市場予想を下回ったために、若干値を下げたが限定的な値動きにとどまった。そして注目の(米)FOMC・金融政策発表では、予想外の現状維持(緩和縮小見送り)が発表され、1円近くの急落。バーナンキ議長の会見も一定の配慮を伺わせているものの、全体的にはハト派色が強かった内容となったことで、ドル売りが顕著となり97円台に突入した。しかしながら、この結果を受けた株式市場は大いに上昇を見せて、NYダウ平均株価は史上最高値を更新するなどしたため、それが下支えとなって下げ渋った。

19日の東京市場は、1ドル=97.70~98.40円台で堅調な推移。序盤こそ弱めのスタートだったが、昨晩のNYダウ平均が過去最高値を更新したことで、日経平均も大きく上昇し約2ヶ月ぶりの高値をつけたこともあり、円売り優勢でジリジリと上昇を続ける力強い値動きを見せた。
 海外市場は、1ドル=98.40~99.60円台と大きく上昇した。欧州市場は、前日のQE縮小見送りを好感して新興国やアジア株が堅調な動きを受けて、欧州株も上昇スタートとなったことや、クロス円を中心に円売り優勢となったことなどが影響して、ドル・円も力強い値動きとなり、あっさり99円台にのせる場面も見られた。NY市場では、注目の(米)新規失業保険申請件数が発表され、予想を大きく下回る結果を受けて一段高となった。また、前週末分は+2,000人分修正され、未処理分はまだ正確に反映されてはいないものの、それ以上の回復であるとの見解も後押し。さらに、その後発表された(米)中古住宅販売件数や(米)フィラデルフィア連銀景況指数も好調な結果だったことでさらに上昇し、高値圏へ。特に中古住宅販売件数は2007年2月以来となる高水準で、住宅市場の強さを見せる結果となった。しかしながら、株価が伸び悩むと共に次第に頭打ちとなり、福島で震度5以上の地震が発生したとの一方を受けて、急落する場面もあった。

20日の東京市場は1ドル=99.10~99.50円台のレンジ内で上下。全体的にはやや弱含む展開で、序盤は高値近辺でのモミ合いを続けていたが、3連休を前に利益確定の動きが強まって株価が伸び悩んだかことで、徐々に下値を切り下げる動きとった。また、麻生大臣が法人実効税率の引き下げについて「下げたことで出た利益が企業の内部留保として積み上がるだけでは意味がない」と指摘するなど、改めて税率下げに慎重な姿勢を示したことも重石となった模様。
 海外市場は、1ドル=99.20~99.60円台での方向性に欠ける値動きとなった。欧州市場は、週末のドイツ総選挙を控えていることもあってか、手控える動きもあり様子見ムードが漂っていた。NY市場でも全体的に方向感のない動きだったが、米セントルイス連銀のブラード総裁はが「(緩和縮小を見送ったことについて)ぎりぎりの判断だったと説明し、10月の会合で小規模な緩和縮小を決定する可能性があるとしたことを受けて上昇する場面も。ただ、NYダウも利益確定の売りに押され気味だったことも影響したのか、それ以上の上昇もなく、やや押し戻されて取引を終えた。


来週の展望:基本的にはリスクオンでのドル買い優勢

というわけで、今週は小幅なQE縮小が有力視されたFOMCで、まさかの見送りとなるなど波乱含みの展開でしたが、終わってみればリスクオンの上昇ムードでほっとしましたねε-(´∀`*)ホッ

基本的にはこの流れが来週も続くものと考えられ、大きな調整下落もあったことから、買い戻す動きが活発になってくるのではないかなといったところでしょうか。ここまでクロス円が節目を上抜けしていることや、世界的な株高もそれを後押しするものと思われます。

なので、後は経済指標次第といったところでしょうか。とりあえず弱い結果にさえならなければ、10月のFOMCでQE縮小開始期待が高まっていくことになります。

唯一の懸念材料を強いて挙げるとすると、やはりドイツ連邦議会(下院)選挙でしょうか。与党有利が伝えられていますが、連立相手の支持率がイマイチで波乱も指摘されていることが不安材料でしょうか。ただ、この辺はその他野党との連立などで混乱を回避すると思われるので、イタリアの時のようにショック的な動きはないものと見ていますが、念のためチェックは怠らないようにしましょう(∀`*ゞ)

 来週注目の経済指標(ドル円)
23日(月):22:20 (米)ロックハート・アトランタ連銀総裁講演 他
24日(火):23:00 (米)9月消費者信頼感指数 他
25日(水):21:30 (米)8月耐久財受注 他
26日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数、Q2GDP、Q2個人消費 他
27日(金):22:55 (米)9月ミシガン大学消費者信頼感指数 他

来週はまんべんなく細かい経済指標がつまっている感じですね。メインは(米)Q2GDPとなりますが、もちろんその他の指標についても注目しておきましょう。とりあえず決定的な材料が出てこない限りは、これらを見ながらの値動きでしょう。

う~ん、全体的に見ればドル高、株高、金利高といったわかりやすいトリプル高を形成しつつあるので、上昇相場になるのではないかなと思っていますが、ドイツの選挙などを受けてどうなるかというところでしょうか。

まぁまとめについては大体こんなところで。そういえば再び3連休なんですよね(b´∀`)ネッ! 皆様は如何お過ごしでしょうか?ゆきママはあまりいつもと変わらずまったり過ごしておりますw

そういえば今日は『半沢直樹』の最終回ということで、100倍返しだ!に期待しております。どんな感じで100倍返ししてくれるんでしょうかね。大和田常務の土下座も見たいので本当に楽しみです((o(´∀`)o))ワクワク

もう今から次回策が楽しみです!映画化、大和田常務のスピンオフなども若干期待しており、今後の展望には目が離せませんね。とにかく次回策だけはなんとしてでも制作して欲しいところですw

それから最後になりますが、9月も終盤ということで、そろそろ各キャンペーンの締め切りが迫っています。 中でも、ワントレード(1万通貨・1,000通貨取引)でキャッシュバックがもらえるものはおいしいので、ぜひともご活用いただければと思います↓

セントラルミラートレーダー(当ブログ限定8,000円紹介記事
シストレ245,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事

以上が実施中です。特にセントラルミラートレーダー1,000通貨の1回取引で8,000円というのは破格のキャンペーンですのでお見逃しなく!(紹介&詳細ページ

9月30日までとなっておりますのでお急ぎください(`・ω・´)アトチョット!


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(人・ω・*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります( >ω<)9ヨッシャ♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
9月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定現金商品券がもらえるお得なキャンペーンを実施中(〃∀〃)ゞ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×セントラルミラートレーダー紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、セントラルミラートレーダーヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)