月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【速報】2週間遅れの9月雇用統計!先行指標&展望・予想などポイント総まとめ【本日発表】 [市場概況]

ではではタイトルの通り、米政府機関の閉鎖で2週間遅れとなった(米)9月雇用統計(雇用者数・失業率)が本日発表となります。もちろん時間はいつも通り21:30となっています(*´ω`*)

う~ん、いつもは週末の金曜日に発表される指標なので何だか違和感はありますが、とりあえずいつものように先行指標や展望・予想などについてまとめていきたいと思います。

その前に一応前回のおさらいからしておくと、予想と結果、さらに値動きはは以下のようになっています↓

■21:30 (米)8月雇用統計(雇用者数・失業率)
・非農業部門雇用者数
【予想】+18.0万人
【結果】+16.9万人
・失業率
【予想】7.4%
【結果】7.3%
・農業部門雇用者数
【予想】+18.0万人
【結果】+15.2万人

直前にはかなり強気な予想も出始めていたこともあり期待感は高まっていましたが、それを大きく裏切るネガティブサプライズな結果となりました(ノ∀`)アチャー 値動きも当然下方向で大きく下落する結果となっています。

sfx1155.png
↑発表直後、約1円ほど下落し、さらにその後も下押しされ値崩れ…


こんな感じで前回は大きく下落する結果となりました。強気でいた市場の雰囲気がある意味で一変したので、仕方がないといえば仕方がないでしょうか。それにしても雇用統計はやはり予想が難しいので、結果を見て動くというのが一番正解ではないのかなと思います。

参考:前回の雇用統計まとめ記事【速報】ジブリの呪いが発動!予想を下回った雇用統計まとめ((ノ)゚Д゚(ヽ))【雇用統計のトレード結果】

前回のおさらいはこれぐらいにして、それではいよいよ今回の先行指標の結果から見ていきましょう↓
雇用統計の先行指標 比較一覧
経済指標<速報値> 前回(8月) 今回(9月)
 新規失業保険申請件数(間近4週平均)  32.9万件 30.5万件
ADP雇用統計 +17.6万人 +16.6万人
ISM製造業景況指数(雇用部門) 53.3 54.4
ISM非製造業景況指数(雇用部門) 57.0 52.7
民間部門雇用者数 +15.2万人 +18.0万人(予想)
非農業部門雇用者数 +16.9万人 +18.0万人(予想)
失業率 7.3% 7.3%(予想)
※数値:は改善、は悪化を示しています。

先行指標に関しては、強弱入り混じるマチマチの結果となっています。それなりには改善を見せているので不安を持つような内容ではありませんが、期待もしにくいといったところで、ニュートラルな感じです。

まずはこれを踏まえたうえで展望について考えていきますが、市場の現在の状況は先行指標とは違って、ネガティブな雰囲気となっています。理由はいくつかありますが、1つはこの指標そのものが2週間以上遅れて発表となるため、鮮度が著しく欠けていること。もう1つはそれなりの好結果でないと、予定されていた年内のテーパリング(量的緩和縮小)の可能性がかなり低いこと、といった2点が大きいかと思われます。

前者についてはあまり説明する必要もないとは思いますが、遅れに遅れているだけに現在のアメリカの経済状況の判断基準になり難いという事です。特に政府機関の一部閉鎖を挟んでいて、市場が最も知りたいと思っている閉鎖による経済への影響というのは、10月の指標で見ていくことになりますからね。

そして後者についてですが、このところの市場はこれまで2013年内に行うとしてきたQE(量的緩和)の縮小開始について、かなり懐疑的な目を向け始めています。というのも、政府機関の閉鎖は確実にアメリカの景気を押し下げることになっているため、10月の指標というのはすでに絶望的・・・とするならば、少なくとも10・11月の緩和縮小はないですし、そうなってくるとわざわざ年末にやる可能性は限りなく低いのかなといったところでしょう。

なので、これらの読みを崩すだけの強い結果が出てこない限りはドル買いに傾きにくいという側面があるため、市場のテンションも下がっているといったような状態です。

まぁそんなわけなので、今回はある意味では読みやすいかもしれません。具体的な数字でラインを引くのは難しいですが、目安となるのは恐らく、非農業部門雇用者数が+20万人を超えるかどうといったところでしょう。

これまでも縮小を決める判断の目安として、+20万人程度の安定的な雇用者数増加としていることから、やはりこのラインを超えてくるようであれば、にわかに市場も活気付きそうな感じです。ただし、ギリギリ超えたという程度では一過性の動きに止まって全戻しという最悪のパターンも考えられるだけに注意が必要です。

個人的には+24~25万人以上の水準であれば、安心して初動からドルロング(買い)で入りたいと思っています。これぐらいあれば、QE縮小の年内開始というのも十分期待されるのではないでしょうか。

逆に+20万人以下となるようだと、かなり厳しいのかな~といったところ。普段であれば予想を上回ればまずまずというか、それなりの好結果といえるのですが、それなりでは年内の緩和縮小期待にはつながりにくい状態なので、初動でドル買いに傾いてもすぐに戻してしまうか、最初からややドル売りといった値動きになりそうです。

大体こんなところでしょうかね。まぁゆきママの予想から言ってしまえば、やはり上昇するためのハードルはかなり高いと言わざるを得ないため、上か下かで言えば下になる可能性が高いと考えています。

しかしながら、蓋を開けてみるまでわからないのが雇用統計なので、実際の結果を見てといったところでしょうか。ちなみに雇用統計はアメリカの労働統計局のHP直接見るのが一番早いので、F5(更新ボタン)を連打しながら発表を待ちたいと思います(∀`*ゞ)

労働統計局:http://stats.bls.gov/news.release/empsit.toc.htm

というわけで、本日の雇用統計についてのまとめでした。午前中にアップする予定が大幅に遅れてしまって申し訳ありません( ;∀;) なんというか株の方がちょっと忙しく、そちらに時間をとられているうちにズルズルと・・・。

なんかくまモン(熊谷組:1861)が大幅上昇してくれちゃったのでw ちなみにこの上昇で再び株口座もプラスとなりましたε-(´∀`*)ホッ かなり一進一退の攻防を続けているゆきママの株口座ですが、少し売ったことでかなり軽くなりましたし、また低位株にでも手を出して、吹き上げるのを待ちたいところです。

まぁ株や雇用統計の直前情報はまた夜の更新で載せていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。それではまた夜に(´∀`*)ノシマタネー♪


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いしますd(´・ω-*)

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります(*´∀`)Ωヨッシャ♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
10月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定特別現金がもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(´∀`*)ノ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×シストレ.COM紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、シストレ.COMヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)