月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【まさかの結果で】為替相場(ドル円)~今週(4~8日)総括と来週の展望~【荒れ気味】 [市場概況]

今週も結構値動きが荒かったですね。雇用統計の週ということはもちろんでしたが、その前日に一番大きな値動きがあるなど、なんというかショック続きの1週間といったところでしょうか(;´∀`)

そのショックの第一弾がまずは(欧)ECB・金融政策発表でしょう。なんとまさかの利下げ(追加緩和)を実施しました。今回は見送るとの方向で市場の見方も一致していたため、予想外の結果を受けてユーロが大幅に売られました。とりあえずユーロ高の是正に動いた形で、ドイツ以外の国は概ね好感していたようですw

そして、その直後の(米)Q3GDP第二弾!これまた予想外といえる強い結果にドル・円が反応して、いきなり99円台に突入!しかしながら、中身としては肝心の個人消費が予想を下回っており、これを嫌気してかドルが売られ始めると、株も同時に売られて相互に作用しながら、一時98円台を割り込むナイアガラ(暴落)状態に。まさに大荒れの1日でした。

最後はもちろん(米)10月雇用統計ですね(b´∀`)ネッ! これがトドメの第三弾ですが、なんと非農業部門雇用者数が+20.4万人という予想(+12.0万人)を大きく上回りました。米政府機関閉鎖(シャットダウン)の影響が心配されており、+5~10万人程度とするエコノミストも多くいる中でこの結果ですから、異様ともいえる強さでした。

もっとも、あまりの強さに市場も動揺したというか、懐疑的な見方があったため、発表直後は伸び悩みました。ただ、その後は結果は結果として受け止めて、ジリジリと上値を伸ばすという展開に。ちなみにこの結果を受けて、QE3(量的緩和)の縮小開始も来年3月以降という見方から、年内にもという声が高まりつつあります。

本当に驚くことが多かった1週間ですが、そのおかげでドル・円も1ドル=99円と約6週間ぶりの水準で取引を終えています。

そんなわけで、いよいよ来週は100円へ!な~んて期待も高まるわけですが、やはり雇用統計に対する懐疑的な見方も根強いことから、少しこの辺は割り引いて考える必要がありそうです。

そうなってくると大台達成へはもう少し材料が欲しいところですが、来週は経済指標がイマイチ・・・となると株価長期金利の動きが再びポイントとなってくるかな~と・・・。まぁこの辺は今週の流れを振り返ってからゆっくり考えたいと思います(*´ω`*)

sfx1314.png
↑11月4日~11月8日の週。ドル円相場は1ドル=97.64~99.41円

今週の総括:予想外のショック続きで荒れた相場に

4日の東京市場は、文化の日振り替え休日休場(*´△`*)お(*^д^*)や(*´ε`*)す(*´~`*)み アジア時間帯の値動きは、1ドル=98.60~98.80円台での上下。市場が閑散としていたため、ドル・円は動意薄でモミ合いが続きましたが、ユーロは売られ気味で急落する場面もみられた。
 海外市場は、1ドル=98.50~98.70円台と狭いレンジでの値動き。欧州市場は、序盤に対ユーロでドルが売られたことから、ドル・円もやや押し下げられる場面もみられたが、売り一巡後は持ち直すなどレンジ内での上下。NY市場でも、週末にイベントを控えていることなどから様子見ムードとなり、流れを引き継ぐ形で調整的な値動きに止まった。

5日の東京市場は、1ドル=98.20~98.60円台で急落する場面もあった。連休明けのマーケットオープン直後から本邦輸出企業による売りが先行し、さらに小じっかりのスタートとなった日経平均がマイナスに転じたことで、大きく値を下げた。ただ、株価が再びプラス圏に戻すとドル・円も高値圏まで上昇をするなどレンジ内で大き目の上下となった。
 海外市場は、1ドル=98.10~98.60円台での値動き。欧州市場では、序盤に欧州株安につられてユーロが売られ、ユーロ・円が大きく値を下げたことから、ドル・円も下値を切り下げながらジリ下がり。しかしながら、米長期金利が比較的高めの水準ということが下支えとなり、やや買い戻されてNY市場へ。NY市場は、欧州に続いてNYダウも下落スタートなりドル・円も値を下げた。そして、注目の(米)10月ISM非製造業総合景況指数は予想を上回ったことでやや反発。ただし、ISMはシャットダウンの影響を見せず強めの結果だったものの、株価の冴えない動きもあってか伸び悩んだ。

6日の東京市場は、1ドル=98.40~98.70円台での値動き。序盤は株価の冴えない動きに合わせて下押しされたが、例のトヨタの上方修正報道で日経平均が反発すると、ドル・円も急上昇。その後は株価の動きに合わせる形で伸び悩んで取引を終えた。
 海外市場は、1ドル=98.40~98.70円台での値動きとなった。欧州市場では、東京市場後半からの軟調推移を引き継ぐ形で序盤はジリジリと値を下げたが、欧州株が堅調スタートとなっていたことや(独)9月製造業受注指数が予想を大きく上回ったことで、徐々に値を戻して小じっかり。NY市場では、NYダウが史上最高値を更新するなど株価は堅調な値動きでしたが、米長期金利は低下したことで、ドルはその間での綱引き。結局週末へ向けて大きなイベントを控えていたことからそれほどの値動きは出ず、限定的なだった。

7日の東京市場では、1ドル=98.50~98.70円台でやや軟調な推移となった。序盤こそプラス圏で推移していた株価が徐々に値を下げると、それにつられる形でドル・円も下押しされるといった展開。この日はECBやQ3GDPなどを控えていたこともあり、様子見ムードが強かった。
 海外市場は、1ドル=97.60~99.40円台での乱高下。欧州市場では、(欧)ECB・金融政策発表を控えていたことで、10銭程度の狭いレンジでのモミ合いが続いた。その後ECBによる利下げ(追加緩和)が発表され、予想外の結果にユーロ・円では2円近く急落した。ドル・円はユーロに対してドルも円も買われたため、大きな動きはなかった。
 そして、NY市場では、(米)Q3GDPが予想を大きく上回ったことで急騰。売りポジションが溜まり、壁となっていた99.00円ラインを突破するとストップロスを巻き込みながら高値圏まで上昇した。しかしながら、GDPの中身について成長の軸である個人消費が伸び悩んでいたことがわかると期待感が一気に後退し、見切売りからの株価の下落などにも合わせて再びストップロスを巻き込みながら暴落した。ただ、さすがに97円台では買い戻す動きも強く、98円台を回復して取引を終えた。

8日の東京市場は、1ドル=98.00~98.20円台と落ち着いた値動き。株価は大きく下落して始まったが、前日までで動きを消化したのかそれほどの反応はなく、雇用統計を控えて様子見モードが続いた。
 海外市場は、1ドル=97.90~99.20円台で大きく上昇した。欧州市場では、雇用統計直前ということでいつものように様子見ムードとなり、狭いレンジでの値動きとなった。MY市場では、(米)10月雇用統計が発表され、予想を上回る強い内容にドル買いが強まった。予想との乖離やシャットダウン中の指標ということもあり、ギャップから懐疑的な見方もあって、発表直後はやや伸び悩んだものの、その後はしっかりと99円台まで上値を伸ばした。


来週の展望:テーパリング時期と株価の狭間で揺れ動く…

今週は荒いというかなんというか、驚くことのほうが多かったですねd(・ω・´o)ネッ!! 冒頭で書いたように予想外の出来事が多すぎて、市場も浮き足立っていた感じがします。なので、来週はこれらの結果を冷静に分析しながら・・・といった相場になりそうな気がします。

まず、一番大きいのは強い雇用統計の結果を受けて、テーパリング(量的緩和縮小)の開始時期がどうなるかといった点でしょう。前回(米)9月雇用統計の弱い結果を受けて、来年3月以降になるのではないかとの見方も強まっていましたが、その後のFOMCや今回(米)10月雇用統計の結果により、年内実施という可能性も十分出てきました。

もちろん、まだまだ今後の指標の結果などを受けて時期については決定していくことになりますが、株価にとっては緩和が長期的のほうがありがたいというか、むしろ緩和している限りは安心といった面があるので、強い雇用統計の結果を受けて来週からの米国株がどうなるかといったところに注目したいです。

やはり株式市場からすれば、量的緩和の縮小はハシゴを外されることに等しいわけで、リスクオフ(回避)要因となります。「景気が回復してきたから、緩和が終了するんだ!これからどんどん景気は良くなるゾ!(∩´∀`)∩ワーイ」といった感じでテーパリングをポジティブに捉えてくれるのであれば問題ないのですが、ここ最近の動きを見ているとどう考えてもネガティブに見ているので、株価的には来週は厳しいかもしれません。

さらにドルにしても株にしても、かなり上がっていて利益確定の出やすい水準となっていますから、確定売りに押されると・・・といったところです(ノ∀`)アチャー

ですので、一段と強い値動きを期待するというよりは、急な下落に注意するといった相場になりそうなので、ご注意ください。

 来週注目の経済指標(ドル円)
11日(月):08:50 (米)経常収支・貿易収支
12日(火):22:30 (米)シカゴ連銀全米活動指数
13日(水):28:00 (米)10月財政収支 他
14日(木):22:30 (米)9月貿易収支、新規失業保険申請件数 他
15日(金):22:30 (米)9月NY連銀製造業景気指数、10月輸入物価指数 他

来週は小粒も小粒といった感じで、それほど材料がありません。となるとやっぱり株価長期金利がポイントとなってきそうです。後は今週の結果を受けて、QE縮小開始時期がいつになるかといった点と、それに対する株価の動きといったところでしょうか。

いずれにせよ材料に乏しいので、どちらかといえばまた98円台を中心にウロウロするのかな~といった気がしますが、その辺は週明けのマーケットを見てといったところでしょう(*´∀`*)

こんな感じで大体まとめとさせていただきますが、11月はゆきママのブログでの限定タイアップキャンペーン8社行われ、さらに全体的にキャッシュバックキャンペーンが強化されていますので、まだやっていないお得なものは早めに攻略しておきたいところですねd(゚∀゚*)ネッ!

中でも特にワントレード(1万通貨・1,000通貨取引)でキャッシュバックがもらえるキャンペーンは

インヴァスト証券「シストレ24」限定15,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定4,000円紹介記事
外為ジャパン(当ブログ限定4,000円紹介記事
セントラルミラートレーダー5,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事
FXプライム byGMO1,000円紹介記事

11月は以上の7社が実施中です!今月はかなり強化されていてチャンスですね(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー 上位の4社でワントレードするだけで合計28,000円がもらえるヤバイレベルこのキャッシュバック分だけでも普通にFXで運用できるレベルなので、ご活用していただければと思います(*´∀`*)

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。皆様の応援のおかげで今週も1週間無事更新することができました。また来週もどうぞよろしくお願いします(っ´▽`)っ))ヨロチク

※このページは2013年11月10日時点の情報に基づいて作成しています。


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*`・ω・)ゞ

↓ニャンちゃんにもポチ!やる気につながります(っ*´∀`*)っヤルキデルー♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
11月はこのブログの専用バナーから口座開設すると、限定特別現金などがもらえるお得なキャンペーンを実施中ヾ(→ω←)ノなのです!
  ゆきママ×外為ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ひまわりFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットひまわりFXマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感