月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

日経平均は再び15,000円割れ。+゚(うω`)゚+株価が下がるとテンションもq(゚д゚ )↓sage↓【1月31日のFX・株トレード結果】 [本日の収支]

ほんとヨワヨワですね。昨日のNY市場で、ポイントと思われた(米)Q4GDPはまずまず堅調な予想と同じ結果となって、NYダウ平均株価も強めな動きとなっていました。なので、ゆきママも明日は上がるだろうな~ε-(´∀`*)ホッなんて思いながら床に就いたわけですが・・・Σ (゚Д゚;)サガッテル…

蓋を開けてみれば今日の日経平均株価は、前日比-92.53円安14,914.53円で取引を終えました。小高く寄り付いて始まったものの、その後はモミ合いから徐々に下を向き始め、後場には急速に値を下げて一気にマイナス圏に突入。終盤はやや買い戻されたものの、それでも15,000円台は回復できず弱い相場となりました。

また、JPX日経インデックス400のほうは、前日比-29.00ポイント安11,034.66ポイントとなっています。日経平均に比べればかなりマイルドな下げ。こちらのほうが実態を反映しているかもしれません。

日経平均の大きな下げに関しては、米系投資家から大引けにかけて現物売りが観測されたとのことなので、特に売り込まれるような材料のない中で、一部から下げたいという意向が強まったような感じでしょうか。まぁ特に積極的に買いたいという相場ではないことは確かですが、割安感はあるので買い戻されてもおかしくはないと思うのですが・・・(A;´・ω・)アセアセ

まぁ週末と月末、さらには来週に(米)1月雇用統計が控えていることも影響したのでしょうか。東証1部の売買代金は2兆8427億円と売り買いそのものは活発でしたが、残念ながら上昇にはつながりませんでした。

そんな相場の中で、ゆきママの保有株も含み益を一段と圧縮しちゃってます(´・ω・`)↓

保有株状況@GMOクリック証券 【FX】:含み損益+43,000円
sfx1522.png

朝確認したときはいい感じで増えてたのに・・・ヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。ウワァァァン 株はどうしても仕方ないですね。個人的にはここが買い場だと思っているので、来週中にNISA口座の開設狙いの中小株の選定を済ませておこうかなと思っています。

気になる来週の株価についてですが、先にもお話したとおり、アメリカの雇用統計やさらには債務上限問題に対する懸念も高まってきますので、なかなかポジションを傾けにくい週になるでしょう。なので、基本的には狙いの株を少しずつ拾っていく感じで様子見が吉なのかなと考えています。



ここからは昨日今日のドル・円相場について。昨日の海外市場は、1ドル=102.10~102.80円台で概ね堅調な値動きとなりました。欧州市場では、序盤は新興国通貨の売り一服もあって上昇したものの、再び売りが強まると下値圏まで値を下げるなど過敏な反応を見せました。しかしながら、その後は新興国通貨が反転したことで反発し、米長期金利の上昇も下支えとなって全戻しとなりました。

NY市場では、序盤に発表された(米)Q4GDPが予想通りの結果となりました。事前予想ではまずまず堅調な数値が弾き出されていましたが、政府機関閉鎖や大寒波の影響などを懸念する声もあり特に下ブレが心配されたものの、そこそこの結果となったことを好感して、株価の上昇とともに高値圏まで上値を伸ばしました。その後はやや伸び悩んで取引を終えました。

そして今日の東京市場は、1ドル=102.30~102.90円台での値動きで、午後に入ってから急落しました。序盤は日経平均が小高く寄り付いたことなどから高値圏での推移となりましたが、後場になると株価が急落し、それを受けてドル・円も大きく値を下げました。

そして先ほど始まった欧州市場でも、序盤は比較的強い動きを見せたものの、その後は失速するなど相変わらず方向感のない展開が続いています。

今後のドル・円相場について考えていくと、今日は指標ラッシュの1日となっています↓

22:30 (米)12月個人所得、12月個人消費支出、12月PCEコア・デフレータ
23:45 (米)1月シカゴ購買部協会景気指数
23:55 (米)1月ミシガン大学消費者信頼感指数
24:00 (米)ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演
27:15 (米)フィッシャー・ダラス連銀総裁講演

とりあえず材料は豊富な1日となっています。まずまずの結果となればそれなりに上昇するでしょうし、悪化してしまうようだと下押しといった単純な動きになることが予想されますが、週末と月末が重なっていることもあって、動き出しにくいということもあるので値動きは限定的かと。来週には雇用統計もありますしね(b´∀`)ネッ!

そして攻防のポイントとしては、上はまず102.90~103.00円近辺で、節目でありテクニカルラインが集中しています。下は102.20円近辺から断続的にかなり買い注文が入っているようなので、結構底堅そうです。

トレード結果報告@DMM FX+13,800円(1勝0敗)
sfx1523.png

今日も短期のトレンドフォローで上手に稼ぐことができました。今週は動きがそれなりにありますし、上げるときはポンポン伸ばしてくれるので楽ですね。どちらかというとエントリーより決済のタイミングに悩みます(∀`*ゞ)

sfx1524.png
↑エントリーと決済まとめ。青の矢印が新規エントリーで、ピンクの矢印が決済のタイミングです。

今週はしっかりとしたテクニカルラインの形成に乏しい状態が続いているので、短期のトレンドフォローに切り替えてます。狙い目としては上でも下でも強めの動きが出たときにその流れに逆らわずにそのまま乗ってしまう感じですね。

今日のトレードとしては、17.45頃から強めの上昇が始まったので、様子を見ていました。反落の怖さもありましたが5日移動平均などは楽々抜いてしまっていたので、比較的強いのかなと思いロング(買い)から流れに乗ってエントリーしました。

その後は順調そのもので、結構強めの動きが続いたので少しいつもより引っ張ったものの、目標ラインである5pipsは超えていたので、頃合を見て決済するという形です。これで+13,800円となりましたε=(。・д・。)フー

ちなみにその時のリアルタイムポジションツイッター実況はコチラ↓

ほぼ毎日こうやってトレードの際のリアルポジションについてつぶやいていますので、興味がある方はフォローお気軽にどうぞです(*´ω`*)フォローカエシマス ちなみにmixiもやってます♪

というわけで、今週のFXトレードは+13,800円となり、今週の合計は+57,900円といい感じで取引を終えることができました(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! この好調の要因としては、ここ最近続いていたヌルヌルとした相場にようやく慣れたこともあるでしょうかね。特に今週は短期フォローのトレードが冴え渡ったので、そのおかげかと思います。

それにしても相場の方は相変わらずピリッとしてきませんね。新興国経済の懸念が要因ですが、FRBは現在の状況に対して強気な姿勢を崩していませんから、市場もそういうことをもう少し感じ取って欲しいなぁとは思います。基本的に今後もQE(量的緩和)の縮小は、ちょっとぐらい雇用統計が悪かったり、あるいは新興国が多少転ぼうが、アメリカ経済が強い限りは続いていくのでというメッセージなので、中長期的に見た円安・ドル高といった流れはまだまだ変わらないでしょう。

なので、ゆきママ個人はここ最近の動きについてあまり深刻にならずに相場を眺めてはいます。ですがまぁやっぱり目先の株価が下がってしまったりすると、ちょっと残念というかテンションは下がってしまいますねρ(-ω-。)イジイジ…

この辺については大寒波は懸念されますが、来週の雇用統計で一発逆転して欲しいところ。とにかく来週から再来週にかけてが1つの山場ですので、チャンスは逃さぬようしっかり準備を整えておきましょう!

大体こんな感じで今日のまとめとさせていただきます。今週も1週間応援本当にありがとうございました(ノ´∀`*) ゆきママも徐々に足の骨折が回復してきており、少しずつ家事もしっかりできるようになってきました。1月はなかなか更新の時間帯が不安定でしたが、来月はもう少し一定になる予定ですので今後とも末永くよろしくお願いします(シ´ω`)シ ((o _ω_)oドーゾヨロシク


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びます(pq′▽`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉\_(´∀`)ココ注目!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【速報】緩和縮小継続!新興国不安はさほど重要視せず、100億ドルの減額決定! [市場概況]

タイトルにもあるように、QE(量的緩和)縮小が継続されましたね(b´∀`)ネッ! 新興国市場の混乱から通貨や株価が急落し、今回は緩和縮小を見送るのではないかという憶測も広がっていましたが、やはり事前の予想通り、2月から債権購入額を月額で100億ドル減らし、合計650億ドルにすると発表されました。

内訳は、国債購入が50億ドル減で350億ドル、モーゲージ債(MBS)も50億ドル減で300億ドルとなり、債券購入額を100億ドル減らし、計650億ドルとすることになっています(*´ω`*)

当然といえば当然ですが、ここ最近の新興国経済へ対する懸念というのは、ほとんど無視されました。声明文の中でも特に言及はありませんでしたし、FRB(米連邦準備理事会)にとっては取るに足らぬことだったということでしょうか。

そもそも下げすぎというか、下げるための口実に利用されてる感じでしたしね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー アルゼンチンを含め、新興国の大半はどうでもいいというかなんというか・・・。まぁ中国の景気減速懸念というものは注意して見ておかなければなりませんが、現状では日米の経済状況は安定し、さらに改善を続けていますから当たり前の判断と言えるでしょう。

というわけで、前回のFOMCに続き今回も100億ドル規模の緩和縮小となりました。ここからはFOMCの声明文やドル・円相場の値動きについてまとめておきます↓

■04:00(米)FOMC・金融政策発表(声明)要旨
米長期国債は月額400億ドルから350億ドルに縮小
モーゲージ債(MBS)を月額350億ドルから300億ドルに縮小
・金融政策は全会一致で決定した
雇用指標はまちまちだが、全体をみるとさらに改善したことを示している
インフレ見通しが2.0%を下回り続ける場合ゼロ金利を維持する公算

とりあえず冒頭でお話したQEのさらなる縮小が発表されたほか、まさかの結果となった12月雇用統計についても一定の評価をしているようで、今後の見通し的には明るいのかなといったところです。

そしてやはりゼロ金利政策はかなり長引きそうですね。失業率が6.5%を下回っても、特にインフレ見通しが2.0%を下回る場合、FF(フェデラルファンド)金利の誘導目標をかなりの期間0―0.25%に維持する公算としていますので、ある意味ではもはや失業率6.5%という数字には意味がないのかもしれません。

う~ん、結局フォワード・ガイダンス(政策指針)に大きな変更はなかったものの、ゼロ金利政策についてはさらにもう一歩踏み込んで、失業率とインフレターゲット目標の両方をクリアしない限り、FRBが十分と判断しない限り続けられるということになりました。

失業率に関しては予想を上回るペースで改善していますが、インフレ率に関しては思うように上がっていないのが現状なので、もはや数字的にあまり意味を持たなくなりそうです。そうそうに失業率が6.5%を下回ったとしても、インフレ率はなかなか上がないので、ゼロ金利終了の大きなハードルになるかもしれませんヾ(°∇°;) オイオイ

こんな感じで、前回と同様に量的緩和を進める代わりにゼロ金利政策に関しては長期化する可能性を示唆するなど、バランスのとれた内容になっています。

普段の状態であれば、これらの結果からドル買いに傾いてもおかしくなさそうだったのですが、昨日は残念ながらFOMCの前に新興国経済へ対する懸念が再び高まり、大きく値を下げていたことから値動きは限定的でした↓

sfx1518.png
↑発表時のドル・円チャート。直後はドル買いで反応したものの方向感なし。

一応発表直後はドル買いで反応したのですが、その後は再び下落・・・再び上昇といった流れで方向感は定まらず、なんだかあの地震計のような上下を繰り返しました

相場の状態としては、量的緩和縮小に伴って日米の金融政策差、金利差を意識したドル買いと、新興国からの資金引き上げによる経済ダメージを懸念して安全資産である円買いという、同じ材料を元に相反する動きが出たことがこの値動きの原因となっています。

個人的には新興国市場へ対してそこまで敏感になる必要はないと思うのですが、市場はFOMC直前のリスクオフ(回避)ムードの高まりを意識してか、なかなか上昇せず、かといって下落せずといった気迷いムードとなってしまいました(´・ω・`)

これらに関しては、市場で結論がでるのを待つしかなさそうですね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー ただ、新興国へ対する懸念というのは、徐々に弱まってくると考えられるので、個人的には警戒しつつもドル買いで参加したいところが・・・。

今後のドル・円相場に関しては、昨日もお話したようにしばらくは株価新興国通貨の値動き次第といったところでしょう。この辺がしっかりしてくれば一安心ですが、崩れた場合は再び102円割れといった動きも出てくるかと思いますので、注意して見ておきましょう。

こんな感じで昨夜のFOMCについてまとめさせていただきました。値動きとしては寂しい結果となってしまいましたが、ドル買いに結びつきやすい内容だったことは救いです。

ゆきママはもちろん今日もトレードしていく予定です。また夜にそれらの結果などをまとめていきますので、どうぞよろしくお願いします。それではまた夜に( ゚∀゚)ノシ マタネ♪


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びます(pq′▽`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉\_(´∀`)ココ注目!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

【衝撃の逆スプレッド】ウルトラFXの紹介と限定タイアップキャンペーンについてまとめ【1回取引5,000キャッシュバック!】 [FX業者情報&キャッシュバックキャンペーン]

今日のECBの金融政策発表はややトリッキーな動きになりましたねw 流石ヨーロッパというか、ちょっとお洒落な方法で攻めてきました。発表直後は金利引き下げのみとなったため予想通りユーロは買い戻されましたが、この後一段の政策措置を発表する」と明らかにしたため再び下へΣ(゜∀゜)!!

まぁ結局この後のドラギに希望をつなぐというか、期待感を抱かせているわけですがどうなるか・・・。このあと21:30からのドラギに注目です!

そしてここから本題に(*´ω`*) マイナススプレッドで話題となっている例のセントラル短資FX【ウルトラFX】との限定タイアップキャンペーンが先月から復活となっていますが、実は今月末終了予定です。なので、逃さずお早めに攻略していただければ幸いです。


後ほど詳しくやっていきますが、限定タイアップの内容としては1回取引で4,000円キャッシュバックとなっています。また、その他のキャンペーンも攻略することで、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れますので、ぜひぜひこの機会を利用して使用感などを確かめてくださいね(b´∀`)ネッ!

話題のマイナススプレッドとは?o(゚◇゚o)ホエ?

 昨年の10月7日からサービスを開始したセントラル短資FX【ウルトラFX】ですが、コンセプトは究極のスプレッド、さらには最狭スプレッドの追求ということで、ご存知の方も多いようにマイナススプレッドが他社にはない特徴と言えるでしょう。

これは本当にウルトラですよね(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネー なんと、買値より売値の方が高くなるといった「マイナススプレッド」が存在しています。

ちなみにマイナススプレッドを知らないという方もいるかと思いますので、簡単に解説させていただきますと、いわゆる逆スプレッドなどと呼ばれる現象なのですが、要は買値と売値の差であるスプレッドが逆転する現象のことを意味しています。

例えば、通常の場合だと、FXの取引画面には「売値(Sell)が102.500円、買値(Buy)が102.505円」というように、売値よりも買値の方が高く提示されています。この差(これだと0.05円差)をスプレッドと呼び、この差額分を実質的な手数料収入として各FX会社は得ながら稼いでいるわけですね(b´∀`)ネッ!

しかし、買値より売値が高くなる、つまり「売値(Sell)が102.505円、買値(Buy)が102.500円」のように逆転し、顧客有利な状況になってしまうことをマイナススプレッド(逆スプレッド)と呼びます。

この状態で瞬間的に102.500円で買い、102.505円で売れば、理論上は差額の0.05円を労せずして顧客が得ることができるわけですが、このセントラル短資FX【ウルトラFX】では本当にマイナススプレッドが頻繁に発生していますΣq|゚Д゚|p ワォ!

↓バナーからリアルタイムでマイナススプレッドが見れますので、ぜひ確認を↓

非常に驚きではありますが、実情については気になる面もありますよね。そもそも、いくらマイナススプレッドが存在すると入っても、あまりにも短すぎたり、普段のスプレッドが広かったり、あるいはキチンと約定しないということがあれば、全く意味がありませんからね(p`・ω・´q)プンプン

しかしながら、そんなゆきママのように穿った見方をしてしまうような人たちのためかはわかりませんが、実はしっかりとセントラル短資FX【ウルトラFX】の「スプレッド提示率」と「約定率」が開示されていました↓

sfx085npc.png
↑このようにしっかりと公開しているところが自信の現れでしょうか(∀`*ゞ)

てなわけで、確かにマイナススプレッドは提示されているようです。ただ、その提示されている割合(約0.2%~0.4%)を時間に換算すると、2月の1ヶ月間の中で逆スプレッド状態となっていたのは各通貨それぞれ、約60~120分程度となっており、短いといえば短いといえるかもしれません゚.+ε(・ω・`*) ミジカス…

ただ、注目したいのは全約定に対するマイナススプレット時の割合です!例えばポンド・円だと-0.1pips以下のマイナススプレット時の全約定に対する約定率が30%を超えています。つまりこれは、ポンド・円の全取引(約定)で3回に1回程度は逆スプレット時に取引が行われているということです。

なので、かなり多くのユーザーがマイナススプレッド時を狙っていることがわかりますし、実際にトレードできているということがこの表から見て取ることができます(*・д・)φフムフム…

それに約定率も非常に高いですからね。これで約定率が低かったら話になりませんが、100.00%という数字も珍しくないということも、マイナススプレッドに加えてのストロングポイントでしょう*。:゚+(人*´∀`)+゚:。

ただ、デメリットが全く無いわけではないので、その辺についても少し解説しておきます。

まず、先ほど高い約定率について書きましたが、その中にはいわゆる滑りと呼ばれる、表示価格と実際の約定価格との間の価格差である「スリッページ」が発生しているのもそこそこあります。

sfx086npc.png
↑やはり性質上、滑りはどうしても発生してしまうようです(´・ω・`)

まぁそもそもユーザー自体が、スプレッドがマイナスになる瞬間といった不安定な相場を狙っていることもあって、そこそこ発生しちゃっていますね(ノω`*)ァチャモ それでも有利にも不利にも出ている点は好感が持てますが、やはりこの辺は考慮に入れておく必要はあるでしょう。

その他には、ウルトラFXはディーリングデスクを介さず、カバー先の金融機関に直接アクセスする、「インターバンク直結型取引(NDD方式)」を採用していますが、このNDD方式は直接的な取引を通すだけに、成行で注文した場合でも取引が成立しない場合があります。いわゆるナッシング・ダンと呼ばれる状態ですが、要は自分が売りたい場合には買い手がいないこと成立しないといったことがありますので、注意が必要です。

インターバンク直結ということで透明性の高いレートが採用されているのですが、透明性が高いゆえにこのようなことが発生してしまうというのはFXの難しいところかもしれません。

それからデメリットとは少し違うかもしれません、ウルトラFXでは1万通貨単位のトレードができますが、最低取引数量は5万通貨からとなっていますので、ちょっと初心者の方には敷居が高いかもしれません。やはり1,000通貨に対応するサービスが増える中で、最低5Lotというのはちょっとキツめですよね(。-∀-)(-∀-。)ネェー

といった感じです。この他、トレードシステムなどについては普通に使いやすくいですね。まぁ昔とは違ってここ最近は各社の技術力が上がっていますから、ほとんど差はないですし特に問題は無いと思います。

ただ、少し気になるのはやはりスプレッドが原則固定ではないので、割と細かく動くんですよねw いずれも慣れの問題だとは思いますが、原則固定に慣れきっていると最初は違和感があるかもしれません(ノ)・ω・(ヾ)イワカン…

でもこの辺の使用感については慣れの問題ですので、使っていくうちに解決するのでしょう(ノ´∀`*)

限定タイアップキャンペーンが再開(感´∀`動)

 そんなわけで、セントラル短資FX【ウルトラFX】について長々紹介させていただきましたが、最後に5月から再開となった限定タイアップキャンペーンについて紹介させていただきます。

ゆきママ × ウルトラFX タイアップ企画
商品 4,000円キャッシュバック
期間 2014年5月1日(木)~2014年6月30日(月)営業終了まで
内容 キャンペーン期間中に本サイト経由で新規に当社の口座を開設され、2014年7月末までにウルトラFXでの1回以上の取引で4,000円をキャッシュバック
※現在実施中のキャンペーンと合わせて最大30,000円のキャッシュバックとなります。
※当タイアップキャンペーンへのお申込みは不要です。

■キャッシュバック実行日
対象のお客さまのFXダイレクトプラス口座へ2014年8月中旬までに行う予定です。
※キャッシュバック実行日は変更となることもありますので、あらかじめご了承ください。
※お客さまのお取引口座(FXダイレクトプラス)にキャッシュバックします。
※キャッシュバック実行日に当社のいずれの口座にも現金残高のないお客さまは、対象外となりますのでご注意ください。

■注意事項
・当タイアップキャンペーンは初めてFXダイレクトプラス口座を開設されるお客さま限定となります。
・現在、FXダイレクトプラス口座をお持ちのお客さまで新たにウルトラFX口座を開設される方は当タイアップキャンペーンの対象外となります。
・過去にFXダイレクトプラス口座を解約されたお客さまは当キャンペーンの対象外となります。
・口座開設申込みを完了する途中で離脱したり、本ページを開いた状態で別サイトを経由するなどの行為を行った場合は本キャンペーン経由か判断できず、キャンペーン対象外となりますのでご注意ください。
・キャンペーン期間中にウルトラFX経由で約定(成立)したご注文が対象です。約定(成立)していない注文は対象外となります。
・キャッシュバック実行時点で現金残高がない場合はキャンペーンの対象外となります。 お申込み時の入力内容に不備等があった場合は、キャンペーンの対象外となる場合がありますので、ご注意ください。
・キャンペーンの終了が近づくにつれ、口座申込数が増加する傾向にあるため、口座開設まで1週間程度お時間をいただく場合もあり、 当キャンペーンの対象外になる可能性もございます。キャンペーンへのご参加をご希望の方はお早目のお手続きをおすすめします。
・名義貸しや成りすましなどの行為が判明した場合は取引口座を閉鎖させていただきます。また、その場合、お持ちの建玉は当社の裁量にて反対売買させていただき、当キャンペーンの対象外となります。口座開設およびお取引は必ず口座名義の方ご自身で行ってください。
・キャッシュバック実行日までに口座解約をされたお客さまは対象外となります。

■キャンペーンの問い合わせについて
当キャンペーンに関してはお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはタイアップキャンペーン事務局(株式会社DYM)までメールでお問合せください。
※お問い合わせ内容により、返答できない場合、または、お時間を頂戴する場合がございます。
キャンペーンに関するお問い合わせ:central-tanshifx@dym.jp
※詳しい内容はセントラル短資FX【ウルトラFX】社の公式HPをご確認ください

てなわけで、たった1回取引で4,000円がもらえる破格のキャンペーンとなっております。ちなみに現在、ウルトラFXのスマホ取引キャンペーン(1,000円キャッシュバック)も実施されていますから、もしスマホからトレードすれば1回の取引で合計5,000円もらう事もできちゃいます(人′▽`*)イッキョリョウトク

また、6月は通常のキャッシュバックキャンペーンが大幅に強化されています、メインで利用するサービスに関わらず、対象となるキャンペーンもありますので、セントラルミラートレーダーFXダイレクトプラスにも挑戦してキャッシュバックをゲットしておきましょうヽ(´∀`*)ノワーイ
  • 最大20,000円キャッシュバック』 はじめてのFXキャンペーン
  • ①口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込を完了
    ②口座開設月の翌月末の営業終了までに約定数量を取引
  • セントラルミラートレーダー』 新規口座開設5,000円キャッシュバック
  • ①当社で初めて口座を開設
    ②キャンペーン申込完了
    ③セントラルミラートレーダーで1回以上の自動売買取引
      (マニュアル取引およびセミオート取引は除く)
    ④セントラルミラートレーダーで1万通貨以上の取引
上記2つのキャンペーンで合計25,000円のキャッシュバックがもらえます(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

ちなみに最大20,000円がもらえるはじめてのFXキャンペーンについては、「FXダイレクトプラス」、「セントラルミラートレーダー」、「ウルトラFX」での新規取引および決済取引の合計で、30万通貨(往復15万通貨)以上の取引で5,000円200万通貨(往復100万通貨)で20,000円となっています。

まぁ複数サービスの取引数量の合計ということもそうですが、もともと条件としてもかなりハードルが低い上にさらに強化されおり、合計で30,000円もらう事も可能なので、もし口座をお持ちでない方はこの機会をお見逃しなくです!

※ちなみにFXダイレクトプラスは1,000通貨取引にも対応していますので、1万円程度の小額資金からFXを始める際には良いですよね゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:

かなりキャッシュバックがウマウマといった感じですが、最後にセントラル短資FX【ウルトラFX】良い点・ここはチョット・・・という点についてまとめ(あくまで個人の感想です)てみました。

ここがイイ!(`・ω・´)
・スプレッド:脅威のマイナススプレッドとなっており、一般的にNDD方式はスプレッドが広めというのが大きなデメリットでしたが見事にそれを克服しています
・レート:NDD方式なので透明性の高いレートを確保
・システム:わかりやすい設計

ここがチョット・・・(´・ω・`)
・ナッシング・ダン:成り行きで約定しないことも!透明性が高いゆえの弱点
・最低取引単位:最低5万通貨は初心者には厳しい

そんなわけで、『セントラル短資FX【ウルトラFX】』はちょっと上級者向けサービスといったところかもしれませんが、実はこの他に『FXダイレクトプラス』というサービスも提供しています。これは1,000通貨取引に対応しているので、初心者の方にも十分対応していますので、最初はそちらを使うと良いかもしれません。

多様なサービスが用意されていますので、ぜひ一度は使いたいですね↓

なんといっても初心者から上級者の方まで対応した、幅広いサービスを提供しているのも同社の魅力ですね(b´∀`)ネッ! 今日紹介したウルトラFXに限らず、総合的に使う意味でもオススメですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

※この記事は2014年6月7日時点の情報に基づいて作成しています。


↓皆様の応援が励みです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!1日1回の応援ポチお願いします!

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママの元気UP!!٩(๑•̀ω•́๑)۶アーップ!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ご存知ですか?\_(・ω・´)コレジュウヨウ! 今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三(((っ*´∀`*)っ[170,000]ユキチ×17マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×トライオート紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)

【さらに延長】DMM FXでスマホ取引で20,000円キャッシュバック!ゆきママのブログなら8,000円もらえる大チャンス(*`・ω・)ゞ [DMM FX]

ゆきママがいつも取引していることでもお馴染みのDMM FXFX口座数国内第1位(※)となりました(*´∀`p〃qパチパチパチ

※1. 2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
※2. 2016年2月2日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

多くの読者の方から、なぜ使っているのか質問されることがあるのですが、その理由は取引通信簿というツールが利用できるからなんですね。

sfxmnpc1571.png
↑取引通信簿で自分のトレードを分析し、苦手を克服・得意を磨きましょう!

この取引通信簿を使うと取引データを多角的に分析し、かつ視覚的に捉えることができます。通貨ペア毎の勝率などもわかりますので、自分の得意、あるいは苦手なトレード手法も知ることができるので、ストロングポイントを一段と伸ばしたり、弱点を克服して収益性を伸ばすことが可能になっています。

やはりFXでは特に負けたトレードを見直して修正するという作業が必須ですから、こういったオリジナル機能をしっかり活用して、収益性の向上に努めたいところでしょう。

さらに、今ならゆきママ書き下ろしのオリジナル為替レポート最大28,000円がもれなくもらえちゃいます(*′□`(*′□`*)′□`*)スッゲ-!!!

↓ゆきママのブログでは最大28,000円限定レポートGETできます!↓

このオリジナル為替レポートはFXを始める際に必須の知識や、ゆきママ流のトレードテクニックなどが満載ですので、ぜひぜひお読みいただければと思います。

というわけで、今日はDMM FXの紹介とお得な口座開設キャッシュバックキャンペーンについてまとめましたので、ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

※この限定キャンペーンの申し込み締め切りは8月31日までとなっていますので、口座開設申し込みだけはお早めに!まだまだ間に合います(*‘ー‘)ゞ

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【償還期限は1月31日】中国のシャドーバンクで初のデフォルトの可能性も:(;゙゚'ω゚'):【1月27日のFXトレード結果】 [本日の収支]

ついに!というかべきなのか何なのか、例の中国のシャドーバンク(影の銀行)問題で初のデフォルト(債務不履行)案件が出そうという話がありますね(ノ∀`) アチャー

今月末31日に満期を迎える中国の信託会社、中誠信託が発行した「理財商品(高利回り金融商品)」について懸念が高まっているようです。ちなみに地方の石炭会社がこのシャドーバンクから30億元(約513億円)の資金を調達したものの、ずさんな経営から返済の目処が立っていないということでわりと危機的状況ですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

ただし先ほど、中国メディアから今月末の償還期限を前に、中誠信託がこの金融商品について元本保証を行うと発表した模様です。詳細は不明ですが、償還資金の目処がほぼ付いたとのことなので、ギリギリセーフとなりそうな公算です。まぁ詳細は明日(28日)に発表とのことなので、今後も事態の推移を見守りたいところです。

中国のシャドーバンク問題については、去年の6月ごろもブログで取り上げましたが、500兆円規模とも指摘され(膨大すぎて正確には不明)、万が一デフォルトに陥ると連鎖してさらなる破綻を誘発する可能性もあるだけに、今日明日の推移次第では市場の警戒感が増してくるかもしれません。

それにしてもこの問題を考えれば考えるほど、まんま闇金スタイルなんですよねw 中国では特に不動産バブルとなっており、それを抑えるために中国政府系銀行が貸し付ける際の条件を厳しくし、いわゆる貸し渋り状態となりました。

でも相変わらず不動産はバブルだし、個人で不動産投資したい方も多いでしょうし起業したいか方もいるでしょう。もちろん企業もガンガン投資しまくり&新事業を立ち上げたい!でもでもお金が無い!というわけで、誕生したのがシャドーバンクなわけです。超高金利で貸し付けを行うことはもちろん、こういった高利回りな理財商品を作ってお金を集めてまた貸し付ける・・・この無限コンボ(゚∀゚)=3 ウマー!

こういったお金の流れがあって、政府が不動産バブルを押さえつけようにもコントロールができない状態が続いていましたが、そろそろ陰りが見え始めてついに冒頭で書いたような事案が目立ち始めたというのが今の状況ですね。

そして性質が悪いことに、中国の場合は地方政府がシャドーバンクからお金を引っ張りまくって開発・投資を行っているという無茶苦茶な現実があるため、マーケットの規模が500兆円ともいわれる莫大な規模となっていますヾ(・_・;)チョ…

まぁ今回は一応解決しそうな感じなので、しばらくすればマーケットからも忘れられていくとは思いますが、やはり中国市場の崩壊というリスクは数年単位とった近い将来発生する可能性も考えておくべきかと思います。



そしてここからは週明けのドル・円相場について振り返っていきます。今日の東京市場は、1ドル=101.70~102.50円台で売り一巡後は概ね堅調な推移となりました。早朝に急落して102円台を大きく割り込んだものの、流石にこの水準だと買戻しの動きも強まって反発しました。

そして先ほど始まった欧州市場では、日経先物を含めて欧州株などが上昇したため、一段と上値を伸ばす場面も見られましたが、伸び悩んでいます。

今後のドル・円相場を考えていくと、24:00から(米)12月新築住宅販売件数、24:30に(米)1月ダラス連銀製造業活動指数の発表がある他、30:30には(米)アップル決算が予定されています。

いろいろ発表はありますが、結局は株価米長期金利(10年債利回り)次第といったところでしょうね。この水準まで下げてしまうと、今日の細かな指標の結果がどうこうというよりも株価の動きが焦点となる可能性が高いです。なので、アップルの決算発表でNYダウがどう動くかなどには特に注目しておきましょう。

トレード結果報告@DMM FX+10,200円(1勝1敗)
sfx1507.png

今日のFXトレードはまずまずですね(∩´∀`)∩ 週の初めとしては上々の滑り出しでしょう。相場もこうなってしまうと、テクニカル中心というよりは市場心理によって大きく動いてくるので、その辺に気をつけてトレードしたいですね(b´∀`)ネッ!

sfx1508.png
↑エントリーと決済まとめ。青の矢印が新規エントリーで、ピンクの矢印が決済のタイミングです。

ここ最近の欧州市場の傾向としては、東京市場での上昇分を吐き出してしまうというか、材料がない時は下押すパターンが多いので、今日もその流れだと考えていました。まぁ特に上げていこうという材料が無い場合には、やはり噴いたら売りという格好で短期でチマチマ取っていきたい相場ということですね。

もちろんガンガン下げるという印象も無いですが、少なくとも一方的に上昇を続けるような動きとなる相場ではないので、短期的なトレードであればこんな感じですね。

1回目はそのまま上がってしまって大損してしまいましたが、2回目は上手に流れに乗れたのでそこそこ引っ張って決済し、大きくプラスで終えることができました(ノ´∀`*)

まぁ決済直後に一段下というのはもはや仕方ないですよね。今日は頑張ったつもりだったんですが、決済直後に急落したのでその点についてはちょっと悲しかったですw

ちなみにその時のリアルタイムポジションツイッター実況はコチラ↓

ほぼ毎日こうやってトレードの際のリアルポジションについてつぶやいていますので、興味がある方はフォローお気軽にどうぞです(*´ω`*)フォローカエシマス ちなみにmixiもやってます♪

今日のFX収支は+10,200円としっかり諭吉ゲットです(っ*´∀`*)っ[10000]ユキチゲット!! 比較的値動きが大きいので、明日もこんな感じで大きく稼げればと思っています。割と取りやすそうな相場ですから、積極的に活用していきたいところです。

FXに関しては大体こんなところでしょうか。株価に関しては先ほどまとめた通りです。相場としてはピンチな状態かもしれませんが、むしろチャンスでもあるので徐々に買い増していく予定です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。最近はなかなか更新が遅れがちで申し訳ありません。明日はもう少し早めにできるよう頑張ります。それではまた明日(*゚ー゚)ノシマタネ♪


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びます(pq′▽`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉\_(´∀`)ココ注目!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【日経平均大暴落】東証1部上場銘柄の98%が下落する結果に(ノ)゚Д゚(ヽ)ヒョエー!!【1月27日の株トレード結果】 [株取引]

日経先物が15,000円台の大台を割り込んでいたので、日経平均株価も当然大台割れでした\(^o^)/オワタ 今日は一時450円を超える大幅安で、終値は前週末比-385.83円15,005.73円で取引を終えました。

値動きとしては、大きな下落スタートで始まりましたが、直後にやや反発して15,000円台を回復。その後は大台ラインを挟んで上下し、最終的にはなんとか大台にわざうかにのせて取引を終えました。

というわけで、取引時間中としては、昨年11月15日以来2ヶ月半ぶりとなる15,000円割れとなり、東証1部上場銘柄の98%が下落するという悲惨な結果となってしまいました。+゚(うω`)゚+ やはりリスクオフ(回避)ムードが未だに強い状態が続いています。

ちなみにJPX日経インデックス400も当然続落。前週末比-316.29ポイント安11.103.87ポイントとなっています。まぁ幅広い銘柄が売られたというか、ほぼ全ての銘柄が売られているので当然の結果ですね。

う~ん、先週末のNY市場でもダウが崩れて、不安定な相場を引き継ぐ形でとなっています。しかしながら、やはり少し大げさな感じもするんですよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー いろいろ言われていますが、日米を含めた先進国は堅調な状態が続いていますから、個人的には売られ過ぎ感があります。

ただ、市場のマインドは冷え冷えですからね(ノ∀`) アチャー ポジティブな材料が割安感から一気に加熱してきそうではありますが、現状ではそういった材料がなかなか見当たらないため、温まりにくいといった面があります。

ちなみにゆきママの口座も含み益が圧縮されてしまっています(´・ω・`)↓

保有株状況@GMOクリック証券 【FX】:含み損益+51,600円
sfx1506.png

Oak キャピタル(3113)が結構下げていたので、500株ほど買い増してみました(∀`*ゞ) 反発に期待してという形ですが、果たしてどうなるか・・・。ソフトバンク(9984)も8,000円を割り込んで魅力的な価格帯になっていたのですが、これまでの下げを見ているとちょっと手が出ずでした。大魚を逃してしまったのかもしれませんヾ(・_・;)チョット…

気になる明日からの相場ですが、割安感はありますよね。今日も大幅安で寄り付いた後は、売り買いが拮抗していて節目のラインでの上下となりました。ということもあって、個人的には丁寧に拾っていきたい相場です。ただ明日も下落して、15,000円のガッツリ割り込んでしまうと黄色信号かと思うので、少しずつ持ち株を増やしていく予定です(*´ω`*)

今日の株相場とトレードについてはこんなところで。それでは、今日のFXトレードについてもまとめていきますので、また後ほど(´∀`*)ノシ 


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びます(pq′▽`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉\_(´∀`)ココ注目!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【大暴落】為替相場(ドル円)~今週(20~24日)総括と来週の展望~【アルゼンチン・ショック】 [市場概況]

今週は波乱含みの展開でした。序盤から中盤までは相変わらずの手掛かり材料難から膠着していましたが、中国の1月製造業PMIの発表を受けて以降、主に新興国市場で混乱が広がり、それがリスクオフ(回避)の動きにつながって大幅に円高に傾きました ャバィョ!!o((´・д・`〃≡〃´・д・`))oァタフタ

その中でもとりわけアルゼンチンのペソ暴落というのが、このショックを引き起こした大きな要因の1つとなったようです。まぁアルゼンチンの中央銀行がペソの買い支えを断念したため、それも当然と言えば当然なのですが、今回のアルゼンチン・ショックというのはアメリカの量的緩和縮小(テーパリング)とはあまり関係が無いというのがポイントでしょう m9っ`Д´) ココダイジ!ビシッ!!

これまでは、アメリカが行ってきた市場へ行ってきた資金供給が縮小(テーパリング)されることから、それまで新興国に向かっていた資金がストップし、さらにはそれまでの投資していた資金の引き上げなど、資金の逆流懸念から新興国市場がパニックに陥る・・・という流れは何度かありました。

しかしながら、今回のケースはそれとは全く別で、中央銀行がペソ買い・ドル売りの為替介入で自国通貨を買い支えを放棄するということで急落という流れ。アルゼンチンは2001年にデフォルト(債務不履行)に陥って以降、急激なインフレに悩まされてきました。これでペソ安となってしまうと、さらにインフレが加速してしまうので、政策として必死になって買い支えてきたものの、体力の無いアルゼンチン中銀はついに限界を迎えたといったところでしょう\(^o^)/オワタ

こんな理由でペソ暴落となったわけですが、こういうことが起こると近隣諸国に真っ先に影響してきますし、そうなると投資家心理もすっかり冷え込んでしまいリスク回避で安全資産の円買いが強まったのが、今週終盤でした。う~ん、日米は順調だったのですが、直接的に関係の無いところでの出来事で相場が変調してしまうのは、やはり悲しいというかなんというか・・・ヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。ウワァァァン

そんなショックを引きずったまま来週の相場がスタートすることになりますが、最大の焦点は週の半ばに発表される、(米)FOMC・金融政策発表です。さらなる緩和縮小が行われるかどうかといった点や、フォワード・ガイダンスの変更など、今後のアメリカの方向性を見る上でも非常に重要なイベントとなってきますので、注目しましょう!

sfx1505.png
↑1月20日~1月24日の週。ドル円相場は1ドル=101.99~104.83円

今週の総括:新興国経済への懸念が高まりショック状態

20日の東京市場は、1ドル=103.80~104.30円台での値動き。早朝のオセアニア市場では高値を保っていたものの、日経平均が値を下げて始まると、それを嫌気したのかその後も株価の動きに合わせる形で下落した。株価が反発すると値を戻して104円台に復帰したものの、冴えない動きが続いた。
 海外市場は、1ドル=103.90~104.20円台で狭めのレンジ相場。欧州市場では、序盤は高値圏でのモミ合いが続いていたが、その後は調整主体で徐々に値を下げて104円台割れ。
NY市場は、祝日(キング牧師誕生日)のため休場ヾ(´○` )お♪( ´▽`)や♪(´ε` )す♪( ´θ`)ノみ♪ そのためNY時間帯は特に方向感はなく、底堅さを確認すると再び104円台に復帰して、細かな値動きが続いた。

21日の東京市場は、1ドル=104.20~104.60円台で概ね堅調な推移となった。日経平均が連日小幅な値下げが続いて割安感も出始めたのか株価が小高く寄り付くと、その後は株価とドル・円が相互に影響しながら上昇を続ける好循環相場。香港株などのアジア株が上昇したことも下支えとなった。ただ、株価が伸び悩むと共にドル・円も上昇一服となり、やや反落して取引を終えた。
 海外市場は、1ドル=104.00~104.70円台で全体的に軟調な値動きだった。欧州市場では、高値での推移が続いた。東京市場から流れやウォールストリートジャーナル(WSJ)紙が「来週のFOMCで資産購入枠がさらに100億ドル縮小される」と報じたことからドル買いが入り、米長期金利が上昇する中で、徐々に上値を伸ばして高値を更新した。
NY市場では、3連休明けということもあってか序盤は買いが入って堅調な動きをみせたが、各企業の決算が冴えない結果となりNYダウがマイナスに転じると、ドル・円も敏感に反応して互いに大きく下落した。さらに、長期金利も上げ幅を圧縮していたことも要因となった。その後は株価が下げ止まったことや、104.00円ラインでの底堅さを見せて反発し、やや持ち直して取引を終えた。

22日の東京市場は、1ドル=103.90~104.50円台で荒い動きだった。序盤から株価の動きに敏感に反応し、上下に落ち着かない値動きが続いた。そして注目の(日)日銀・金融政策が発表され現状維持が決定。一部海外勢から期待されていた追加緩和が見送られたことで、期待感剥落から日経平均とともに値を下げて104円台を割り込む。ただ、その後は本邦輸入企業からの実需主導のドル買いを受けて急反発し、一気に高値を更新するなど激しい動きも見せた。
 海外市場は、1ドル=104.20~104.50円台の狭いレンジでの値動きだった。欧州市場では、日銀の金融政策発表や黒田総裁会見の消化モードで、やや大きめに上下したものの方向感はなかった。
NY市場では、序盤に買いが先行して上昇する場面も見らたが、IBMをはじめ各企業の冴えない決算もあってNYダウがマイナスに転じると、ドル・円も下値圏まで値を下げた。その後は米長期金利の動きなども材料にしながらレンジ内での上下を続け、終盤にはダボス会議での安倍首相基調演説の効果もあったのか、やや上昇して取引を終えた。

23日の東京市場は、1ドル=104.20~104.80円台で大きめの上下となった。前日のダボス会議での安倍首相による法人税引き下げ発言などを材料にしたのか、東京オープン直後の日経平均は大幅高で始まり、それにつられる形でドル・円も急騰。ただ、株価は16,000円手前で伸び悩み、ドル・円も105円の大台を前に止まると、市場がそれ以上はないと悟ったのか反落。さらに中国の1月製造業PMIが49.6ポイントで、好不況の基準となる50.0を半年ぶりに下回ったことからムードが一変すると、軟調な値動きを続け安値圏まで急落した。
 海外市場は、1ドル=102.90~104.40円台で大きく値を下げた。欧州市場では、序盤は中国PMIによる東京市場の流れから売り優勢だったものの、仏・独の製造業PMIが好結果となったことで高値圏まで値を戻した。しかしながら、中国PMIの影響が新興国市場に影響を与えて、つられる形で欧州株が値を下げると、徐々にドル・円も下落といった展開となった。
NY市場では、序盤こそ値を保っていたものの(米)失業保険継続受給者数の増加や(米)12月シカゴ連銀全米活動指数が予想に反して大きく低下したことを嫌気してドル売りに傾き、節目の104.00円ラインを大きく下回った。その後、NYダウの下げ渋りに合わせて小幅に反発する場面も見られたが、新興国市場が落ち着きを無くすと、再びリスクオフ(回避)ムードが高まって円高・株安の第2波が発生。なす術も無く急落して103円台を割り込んだ。

24日の東京市場は、1ドル=103.00~103.50円台での値動き。大幅な下落を受けて日経平均の動きに反して序盤は買戻しが進んだが、下げ止まらない株価を眺めてドル・円も徐々に値を下げていくという展開に。ただ、終盤は株価の反発に合わせて、やや上昇して取引を終えた。
 海外市場は、1ドル=101.90~103.50円台で大暴落となった。欧州市場では、序盤こそ値を保っていたものの、前日の弱い中国製造業PMIが嫌気されたことやペソが暴落したことから、新興国市場への懸念が強まるとリスクオフムードが高まり、円とスイスフランなどが買われた。また、日経平均先物も2ヶ月ぶりに15,000円台の大台を割り込むなど、パニック相場の様相を呈していた。
NY市場でも、欧州市場の流れを引き継ぐ形で株価が大幅安スタートとなり、一段と円高圧力が高まって序盤から急落。売り一巡後はやや落ち着きを取り戻して買い戻されたものの、新興国市場へ対する不安感は拭いきれず、慎重な値動きが続いた。


来週の展望:まずはFOMCでの緩和縮小ペースがどうなるか

今週末は大変な値動きでしたね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー まぁ一方的に相場が上昇し続けたりすることは無いのですが、予想外の部分で新興国に対する不安が広がる結果となってしまい、安全資産の円買いという動きに大きく傾いてしまいました。やはり相場というのはどこに魔物が潜んでいるかわからないものです・・・。

てなわけでドル・円相場は1ドル=102円、日経平均先物に至っては15,000円の大台を割り込んだ状態で来週の相場を迎えることとなりましたが、来週のポイントとなるのはもちろん(米)FOMC・金融政策で量的緩和の縮小ペースがどうなるかということでしょう。

これに関しては、週の中ごろにWSJ紙が関係者の話として「さらに100億ドルの資産買い入れ枠を縮小する」としているため、これが実際に行われる結果となれば大きな混乱はなさそうです。まずは市場のコンセンサスとして固まりつつある、この100億ドルの緩和縮小が実施されるかどうかが相場を左右しそうです。

ただ気になる話もあって、米国株が不安定さを増していることや2月初めの米債務上限問題、中国の景気後退懸念、さらには今回のアルゼンチンペソの急落などを考慮して、テーパリングを見送るとの観測も出始めているようです。これについては一種の待望論といった感じでしたが、こういった話が出てくること事態、マーケットの混乱ぶりが現れているような気がしますヾ(・_・;)チョット…

今回の混乱が早々に収まってくれれば問題ないんですけどね。はっきりいって、日米の経済状態だけを見れば概ね堅調ですし、そうなると大まかな流れは変わっていないので、後は市場のセンチメント次第といったところでしょうか。落ち着いてくれれば来週中に元の値段帯まで値が戻ってくることも十分考えられますので、そういったことも考慮しつつ市場の状態を見極めていければと思います(`・ω・)

 来週注目の経済指標(ドル円)
27日(月):24:00 (米)12月新築住宅販売件数 他
28日(火):22:30 (米)12月耐久財受注、12月製造業受注 他
29日(水):28:00 (米)FOMC・金融政策発表
30日(木):22:30 (米)Q4GDP、Q4個人消費、新規失業保険申請件数 他
31日(金):23:55 (米)1月ミシガン大学消費者信頼感指数 他

来週はFOMCがある他、かなり粒ぞろいですね(*´ω`*) Q4GDPを筆頭に重要な経済指標が毎日続く1週間となっております。まぁ材料に乏しい相場にはなりそうにないので、強めの結果が出て市場が落ち着きを取り戻してくれることを期待したいです。

まぁ全体的にかなり売り込まれていますので、ここ1~2週間がチャンスとなる可能性もありますからね(b´∀`)ネッ! 特に株に関してはNISA口座の一部の枠を使ってしまっても良いと思いますし、ゆきママも中小株を物色して買い込んでおくかもしれません。次の山場は4月の増税時期だと思いますが、まずはこの辺で少しずつ狙っておきます(ΦωΦ)フフフ…

それから最後になりますが、今月もキャッシュバックキャンペーンの大強化月間となっております。各社がかなり力を入れていますので、何かと物入りなこの季節を乗り越える意味でもぜひぜひ攻略していただければと思います(*`・ω・)ゞノリコエマショ!

中でも特にお得なワントレード(1回取引)でキャッシュバックがもらえるお・と・し・だ・まキャンペーンは

サイバーエージェントFX(当ブログ限定3,000円紹介記事
セントラル短資FX【ウルトラFX】当ブログ限定5,000円紹介記事
インヴァスト証券「シストレ24」(当ブログ限定15,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定6,000円紹介記事
外為ジャパン(当ブログ限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事
マネースクウェア・ジャパンJTB商品券5,000円紹介記事

1月は以上の8社が実施中です!ほとんどがこのゆきママのブログだけで行われている特別なキャンペーンなので、ぜひぜひご活用いただければと思います。

上位数社でワントレードするだけで、楽に数万円は稼げてしまうので、このキャッシュバック分だけで普通にFXで運用できますよ(o・ω´・b)b

というわけで、今週もまとめさせていただきました(∀`*ゞ) 今週は予想外の出来事により、波乱含みといった展開になってしまいましたが、落ち着いてくれば問題ないと思うのでむしろチャンスとしてしっかり活用しておきたいところです。

今週も1週間本当に応援ありがとうございました。ここ最近はインフルエンザもノロウイルスも流行っているので、うがい手洗いをしっかりして、体調管理にはお互い気をつけていきましょう(ノ´∀`*) それではまた明日~( ゚∀゚)ノシ


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びます(pq′▽`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

お年玉\_(´∀`)ココ注目!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパン及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(55)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感