月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【G20】為替相場(ドル円)~今週(17~21日)総括と来週の展望~【5年で2%超の底上げ】 [市場概況]

今週もイベントはいろいろあって上下にそれなりに動きましたが、トレンドを生み出すような決定的な材料はなく、方向感のない展開が続いています。まぁ黒田マジックといった興味深いイベントもあったんですけどね(*´ω`*)

そんなわけで、イマイチ掴みどころの無い為替相場となったわけですが、一方で株式市場のほうは大きく上昇しています。特に、米国株は堅調に推移しており、S&Pに至っては過去最高値に近づく場面もあるなど、堅調な推移となっています。

最近は下振れする経済指標も多いのですが、それほどネガティブには捉えていないということなのかもしれません。一応は大寒波の影響ということで言い訳ができますし、中には強めの結果が出ていたものもありますしね。

さて、そして来週ですが重要イベントは少なめです。再来週に雇用統計などを控えていることを考えると、それほど大きな流れの出てこなそうな一週間。なので、あまり期待しすぎることなく相場をじっくり眺めていくことになりそうです(∀`*ゞ)

sfx1594.png
↑2月17日~2月21日の週。ドル円相場は1ドル=101.38~102.82円

今週の総括:決定打なく、先週に続き膠着状態

17日の東京市場は、1ドル=101.30~101.60円台で軟調な推移。(日)Q4GDPが予想を大きく下回ったことを受けて、日経平均がマイナスに転じると下値圏まで値を下げた。ただ、その後は株価と共にやや買い戻されて値を戻したものの、戻りは弱かった。
 海外市場は、1ドル=101.60~101.90円台での値動きとなった。欧州勢参入直後から、突如102.00円ライン手前まで急上昇。要因はこの日の午前に発表された日本のGDP成長が、予想を大きく下回る弱い結果となったことから、日銀が追加緩和を行うのではないかという期待感もあった模様。ただし、102円台には乗せられず、上昇後は高値圏でのモミ合いに終始した。
ちなみに祝日(大統領の日)休場ヾ(´○` )お♪( ´▽`)や♪(´ε` )す♪( ´θ`)ノみ♪ となっており、この時間帯の値動きはほとんどなく、10銭程度の超極小レンジでの上下。

18日の東京市場は、1ドル=101.0~102.70円台と日銀の発表を受けて1円幅での値動きとなった。序盤から日銀への緩和期待が強くジワジワ上昇して102円台へ。ただ、その後は株価が伸び悩んだこともあり徐々に値を下げた。そして、注目の(日)日銀・金融政策が発表され、現状維持となったことから直後は下押しされるも、貸出支援基金の倍増と延長が行われる、いわゆる黒田マジックが炸裂。これを好感して株価と共に急上昇といった展開。この『倍増』という単語にアルゴリズムトレードが反応したとの話も。
 海外市場は、1ドル=102.20~102.60円台で全体的にやや軟調な値動き。欧州市場では、黒田総裁の記者会見で目新しい材料がなかったことや、米長期金利(10年債利回り)も低下していたことなどからジワジワと値を下げた。その後、欧州株が上昇したことでドル・円も高値圏まで上昇したものの、伸びきれず再び下落しながらNY市場へ。
NY市場では、この日の主要経済指標がいずれも弱めで、それに伴ってドル売り優勢となった。もっともそれほど重要度の高い指標では無かったためかそれほど大きく値を下げなかったものの、ほぼ下値圏でのモミ合いとなった。

19日の東京市場は、1ドル=102.10~102.30円台でのやや弱めの値動き。序盤こそ高値をつけたものの、その後は前日の反動から利益確定の動きもあって上値が抑えられる格好となった。上下に値動きは限定的だった。
 海外市場は、1ドル=101.80~102.40円台での上下。欧州市場では、ドル売り優勢で綺麗に値を下げ続ける相場だった。日本株が値を下げていた流れから、欧州株も軟調スタートで米長期金利(10年債利回り)も低下し、ドル・円も軟調な推移。さらに(英)雇用統計も悪化したことで、ポンドが売られた流れもあってクロス円を含めて円全面高の展開となった。
NY市場では、序盤に発表された(米)1月住宅着工件数が弱めの結果となりやや下押しされたが、FOMC議事録を控えていたため値動きは限定的だった。そして、注目の(米)FOMC議事録が発表され、予想以上に強気な内容となったことにドル・円は発表直後に急上昇した。しかしながら、このタカ派な議事録の中で早期の利上げを主張するメンバーがいたため、株価がこれ嫌気してNYダウが下落に転じ、上値が抑えられて伸びきれずといった展開だった。

20日の東京市場では、1ドル=101.70~102.40円台で大きく下落しました。日本の貿易収支が過去最大の赤字となったことを受けて円売りが強まって上昇したものの、(中)2月製造業PMIが発表されると警戒感が高まって株価とともに失速し、大きく値を下げる結果となりました。
 海外市場は、1ドル=101.60~102.40円台と大きな振れ幅で荒れた相場となった。欧州序盤は、(仏)2月製造業PMI・サービス業PMIの悪化を受けてユーロ・円が急落し、それにつられる形でドル・円も弱含むとこの日の最安値をつけた。また、ウクライナ情勢もマイナス材料となった。ただし、その後は欧州株が下げ渋ったことでジワジワと値を戻し102円台を回復。しばらく102.00円ラインを挟んでの上下を続けてNY市場へ。
NY市場では、序盤のプチ指標ラッシュ(CPI、新規失業保険申請件数、マークイットPMIなど)で、全体的に好結果が続いて徐々に上昇するも、(米)2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が大きく悪化したことで再び102円台を割り込みました。しかしながら、マークイットが発表した2月製造業の景況指数が、ほぼ4年ぶりの高い水準となったことなっていたことを背景に株価が堅調に推移。これを受けてドル・円も再度高値圏まで上昇するなど、めまぐるしく上下する展開でした。

21日の東京市場は、1ドル=102.20~102.60円台で概ね堅調な推移だった。小高く始まった日経平均が、海外勢の薄商いな相場を狙った買い仕掛けから急騰して400円超の上げ幅となり、それにつられる形でドル・円も上値を伸ばし高値圏へと上昇した。
 海外市場は、1ドル=102.30~102.80円台と一段高。欧州市場では、G20財務相・中央銀行総裁会議を控えて様子見ムードが続いた。ウクライナ情勢に対する懸念がリスクオフ(回避)からドル買いを抑制。
NY市場では、G20で金融政策の正常化が支持されるとの報道(つまり、量的緩和縮小の継続が支持)から、それを手がかりにリスクオン(選好)ムードとなってさらに上昇、強めの値動きとなった。


来週の展望:材料不足でレンジからは抜けられなさそう

先週に引き続き今週もレンジ相場となって、値幅もほぼ一緒になっています。結局は大きなテクニカルラインを抜けきれずといった状態となっています。

イベントとしては日銀の金融政策発表FOMC・議事録公表などがあり、両方ともサプライズ的な内容となったことから、直後はそこそこ大きな値動きを見せたものの、勢いは続かずといった感じでした(*´ο`*)=3

そして来週ですが、やはり再来週に(米)2月雇用統計を控えていることなどを考えると、これまでのレンジを抜け切るのは難しそうな感じがします。まぁ再来週へ向けての準備運動といった週になりそうでしょうか。

ちなみに週末から開催されているG20財務相・中央銀行総裁会議では、アメリカの量的緩和縮小に対して、資金の引き上げ問題などから新興国市場が混乱したことについて批判が出ていたものの、先進国側がこれを一蹴する形となっていますφ(゚0゚*)ホォホォ

というのも、アメリカの金融政策については正常化が支持されていることから、今後もFRBがQE(量的緩和)の縮小を行っていくことにお墨付きが出ています。また、今後5年間で世界経済の成長率を2%押し上げる協調行動を公約するなど、具体的な成長目標を初めて設定しています。

というわけで、日米の金融政策が支持される結果となったわけですが、こうなってくると少し新興国市場が不安ですね(A;´・ω・)アセアセ G20の結果を受けて荒れる可能性も否定できませんので、週明けの明日はその辺を少し気をつけておきたいところです。

 来週注目の経済指標(ドル円)
24日(月):22:30 (米)1月シカゴ連銀全米活動指数 他
25日(火):24:00 (米)2月消費者信頼感指数 他
26日(水):24:00 (米)1月新築住宅販売件数 他
27日(木):22:30 (米)1月耐久財受注、新規失業保険申請件数 他
28日(金):22:30 (米)Q4GDP、Q4個人消費 他

来週もまずまず指標は揃っているんですよね(b´∀`)ネッ! まぁまずはこれらを見ながらの相場とはなりそうですが、再来週の雇用統計のほうが注目されるため、値動きは限定的なのかなといった感じがします。まぁ株価が史上最高値を更新するようであればあるいは・・・といった面はありますが・・・。

とまぁ大体こんなところでまとめとさせていただきます。それから最後になりますが、今月もキャッシュバックキャンペーンの大強化月間となっております。各社がかなり力を入れていますので、何かと物入りなこの季節を乗り越える意味でもぜひぜひ攻略していただければと思います(*`・ω・)ゞノリコエマショ!

中でも特にお得なワントレード(1回取引)でキャッシュバックがもらえるキャンペーンは

サイバーエージェントFX(当ブログ限定3,000円紹介記事
セントラル短資FX【ウルトラFX】当ブログ限定5,000円紹介記事
インヴァスト証券「シストレ24」(当ブログ限定15,000円紹介記事
シストレ.COM(当ブログ限定3,000円紹介記事
DMM FX(当ブログ限定6,000円紹介記事
外為ジャパン(当ブログ限定4,000円紹介記事
ヒロセ通商(当ブログ限定1,000円紹介記事
FXブロードネット(当ブログ限定図書券3,000円紹介記事
マネースクウェア・ジャパンJTB商品券5,000円紹介記事

2月は以上の9社が実施中です!ほとんどがこのゆきママのブログだけで行われている特別なキャンペーンなので、ぜひぜひご活用いただければと思います。

上位数社でワントレードするだけで、楽に数万円は稼げてしまうので、このキャッシュバック分だけで普通にFXで運用できますよ(o・ω´・b)b

という感じです。いずれも申し込みさえしてしまえば時間的には余裕のあるキャンペーンばかりなので、今月もそろそろ終わりが近づいていますので、できる限りしっかりと攻略しておきましょう。

そういえばオリンピックもいよいよ閉幕ですね。いろいろありましたが、日本的にはなんだかんだメダルラッシュとなったので、全体的にみればまずまずといったところでしょうか(ノ´∀`*)

ゆきママもついつい夜更かししてしまい寝不足気味でしたが、来週は睡眠をよくとってブログをしっかり更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。それでは今週も応援していただき本当にありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


↓皆様の応援が励みです。1日1回の応援ポチお願いします(*´▽`*)ノ

↓ニャンちゃんにもポチっとな!ゆきママが泣いて喜びますヾ(o´∀`o)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ

重要\_(´∀`)コレ大事!ご存知ですか?今月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ(っ*´∀`*)っ[50000]ユキチ×5ゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×セントラル短資FX【ウルトラFX】紹介&解説記事へ
  ゆきママ×サイバーエージェントFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×シストレ.COM紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×SBIFXトレード紹介&解説記事へ
SBIFXトレード
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、サイバーエージェントFXセントラル短資FX【ウルトラFX】外為ジャパンインヴァスト証券「シストレ24」ヒロセ通商FXブロードネットマネースクウェア・ジャパンシストレ.COM及びDMM FXのHPを必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】【キャンペーンの詳細】で確認できますので、念のためご確認下さい。)
nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感