月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【GDPで一段高も】為替相場(ドル円)~今週(28~1日)の総括と来週の展望~【雇用統計イマイチで…】 [市場概況]

遅くなりました(;・∀・) いつものようにドル・円相場の1週間の総括来週の展望についてまとめていきたいと思います。

今週はなんといっても(米)Q2GDPが大きく予想を上回ったこともあって、ドル・円相場は大きく上昇しました。その一方で、NYダウは4日連続で値を下げるなど、下落幅は500ドル近くを記録しています。

ダウに関してはここまで上げすぎていたこともありますし、前述したGDPの強さやアルゼンチンの債務問題、さらにはポルトガル銀行に絡んだ欧州株の急落により、調整ムードが強まっています。

来週については、雇用統計で利益確定の売りに傾いたものの、外部環境を考えればまだまだドル高という大きな流れは変わらないので、一段高を期待したいところです。ただ、103円台に定着できなかったのが致命傷とならなければ良いのですが・・・(´・ω・`)

今週(7月28日~8月1日)のドル・円相場まとめ

sfx2080.png
7月28日~8月21日の週。ドル円相場は1ドル=101.75~103.06円

今週の総括:GDPがサプライズも雇用統計はイマイチ

28日(月)の東京市場は、1ドル=101.70~101.80円台で静かな立ち上がりとなった。序盤はやや下押されていたが、日経平均が上昇に転じて堅調推移。半年ぶりに15,500円台を回復して取引を終えたことで、株価の強さもあってかドル・円もわずかに上昇した。
 海外市場は、1ドル=101.70~101.90円台での値動き。欧州市場では、東京市場の流れもあって101.90円ラインにタッチする場面もあったが、102.00円という節目は重く、様子見ムードの相場では上昇もここまで。その後は欧州株の軟調推移もあって、反落した。
NY市場でも、NYダウの動きによって上下する程度で、狭いレンジでの値動きが続いた。FOMCやGDP、雇用統計といった重要指標を控えて様子見ムードだった。

29日(火)東京市場は、1ドル=101.80~101.90円台で膠着をやや抜けた感じで小じっかり。日経平均が小安く寄り付いたものの、徐々に強めの値動きとなってプラスに展示たことで、ドル・円相場も102円に迫った。ただ、この時点では102円台を達成できず。
 海外市場は、1ドル=101.80~102.10円台となり、3週間ぶりに102円台に突入した。欧州市場では、序盤に仕掛け的な動きで102.00円ラインにタッチしたものの、売り注文に抑えられる形で一旦は反落。米長期金利の下げも影響した。ただ、その後に再び欧州株とともにジワリジワリと上昇し、ついに102円台にしっかりと乗せて一段高となった。
NY市場では、(米)5月S&P/ケース・シラー総合指数の弱めの結果に102円台を割り込んだが、その後発表された(米)7月消費者信頼感指数が好結果となったことで再び回復し、NYダウの持ち直しもあってしっかりと102円台を維持。このとき、翌日のFOMC声明で利上げに関するメッセージが出るのではといった報道もあって、ドル買いが進んだ面も。

30日(水)の東京市場は、1ドル=102.00~102.10円台で張り付いて動かず。ADP雇用統計をはじめ、GDPやFOMCを控えていたこともあって、様子見ムードが続き、狭いレンジでのモミ合いが続いた。
 海外市場は、1ドル=102.10~103.00円台で4ヶ月ぶりの高値をつけた。欧州市場では、FOMCがタカ派になるといった報道が再燃し、米長期金利と共にジワジワと上値を伸ばす展開だった。
注目されたNY市場では、トップバッターの(米)ADP雇用統計が発表され、予想を若干下回ったことで押し下げられたものの、(米)Q2GDPが予想を大幅に上回る好結果となって急伸した。(米)PCEコアデフレータも、前期比年率2.0%と前回の1.2%から大きく上昇している。その後も、米長期金利(10年債利回り)が強めの動きとなったことも要因となってさらに上値を伸ばして103円台へ。一旦は押し戻されて、(米)FOMC・金融政策発表を迎えましたが、強弱入り混じる内容で上下に動いてその後は高値圏でのモミ合いとなった。

31日(木)東京市場は、1ドル=102.70~102.80円台で小幅に調整した。前日の反動もあってか一旦休憩といった展開に。日経平均も結局は値を下げて引けるなど、静かな動きが続いた。
 海外市場は、1ドル=102.70~103.00円台での値動きとなった。欧州市場では、概ね高値圏で推移だった。欧州株は下落していたものの、米長期金利は上昇しておりドル・円の下支えとなった。
NY市場では、(米)Q2雇用コスト指数の上昇が2008年以来の上昇となったことで、103.00円ラインにタッチ。ただ、その後の(米)7月シカゴ購買部協会景気指数が予想を大幅に下回ったことで、安値圏まで値を下げるなどやや忙しい値動きとなった。ただ、翌日に雇用統計を控えていることから、値動きは限定的で市場も様子見ムードが強かった。

1日(金)東京市場は、1ドル=102.70~102.90円台でやや強めの値動きだった。前日のNYダウが大幅安となったことで、日経平均も大きく下落して始まった。ただ、徐々に下げ幅を縮小したことや、雇用統計に対する期待感もややあったのか徐々に買われて小じっかり。
 海外市場は、1ドル=102.30~103.00円台で大きく下落する場面も見られた。欧州市場では、高値圏でのモミ合いが続いた。雇用統計を控えて完全な様子見モードで、値幅も10銭未満と動きがほとんどなかった。
NY市場では、メインイベントであった(米)7月雇用統計が発表され、雇用者数・失業率がやや予想を下回ったことや、とりわけ賃金上昇が冴えない結果となったことでドル売りに傾いた。一時ストップロスを巻き込んで大きく値を下げる瞬間もあったが、なんとか102円台後半に戻して取引を終えた。

来週(8月4日~8日)の展望と経済指標まとめ

 今週はゆきママの予想がかなり当たった1週間でしたね(∀`*ゞ)ジガジサン! まぁ(米)Q2GDPをはじめ、(米)7月雇用統計もほぼ展開は想定どおりといったところでしょう。とはいえ、予想以上に大きく上昇しましたw

これで賃金さえ上昇していれば完璧だったのですが、そうはならなかったので残念です。結局は労働市場に対する強い懸念を示した(米)FOMC・金融政策発表が、ある意味当たっていたわけですが・・・。

来週の展望:リスク回避要因に警戒しつつを目指すか

 こんな流れの中でいよいよ来週を迎えるわけですが、週末の雇用統計でやや勢いを失ったとはいえ、アメリカの景気が上向いていることは明らかですから、ここで円買いに走るという動きも考えにくいのかなと思います。まずは、200日移動平均線もしっかり回復したので、上昇するためにもその水準は維持して欲しいところでしょうか。

ただ、警戒したいのはリスク回避要因でしょう。繰り返しになりますが、ウクライナ情勢をはじめ、パレスチナ、イラクといった地政学的リスクもありますし、織り込み済みではあるもののアルゼンチンのデフォルト(債務不履行)も気になります。また、ポルトガル大手銀行の信用不安も落ち着きを見せたとはいえ、まだ先行きが不透明です。

いずれも極端にリスクが高まるといった動きは今のところないものの、今後も動向をしっかり見ておきたいところでしょう。

その他には、直接的な経済イベントというものは乏しいですが、(日)日銀・金融政策発表(欧)ECB・金融政策発表も予定されていますので、まずはその辺がポイントとなりそうです。

特にEUは低インフレ+緩和政策がコンセンサスとなりつつありますから、ユーロ売り・ドル買いといった流れが強まるようであれば、ドル・円相場でもドル買いが波及しそうですので、ECBの次なる手を注視しておきましょう。

まぁそれほどドル買いが強まりそうといった感じもないですが、流れ的には上昇を期待したいですね。ただ、103円台に乗せられなかったことが大きなマイナスにならないことを祈るばかりです・・・:(;゙゚'ω゚'):

 ~来週注目の経済指標(ドル円)~
4日(月)は特になし
5日(火):23:00 (米)7月ISM非製造業景況指数
6日(水)も特になし
7日(木):21:30 (米)新規失業保険申請件数 他
8日(金):     (米)日銀金融政策決定会合結果公表

まぁまともなのはISMぐらいでしょうね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー 日銀も特に新たな緩和策といったことは期待しにくいので、注目ではあるものの材料としては弱め。その他には木曜日に(欧)ECB・政策金利発表が予定されていますので、まずはこの辺でしょうか。

期待できるほどの材料はありませんが、ガチガチのレンジからは抜け出した感がありますので、今週の上への流れというのを期待しています。


↓皆様の応援が励みです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!1日1回の応援ポチお願いします!

↓パンダちゃんにもポチっとな!ゆきママの元気UP!!٩(๑•̀ω•́๑)۶アーップ!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ご存知ですか?\_(・ω・´)コレジュウヨウ! 8月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三(((っ*´∀`*)っ[145,000]ユキチ×14.5マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ   1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【予想は大当たり!】米7月雇用統計は17年ぶり6ヶ月連続+20万人増も賃金上昇なお冴えず【雇用統計のFXトレード結果】 [本日の収支]

遅くなって申し訳ありません。ここ最近、体調がどうにも安定せずで、ブログの更新も不安定な状態が続いています(´;ω;`) それでもなんとか週末にあった(米)7月雇用統計のまとめをやっていきたいと思います。

ちなみにゆきママの事前予想は大当たりでしたね(b´∀`)ネッ! やはり質的な面が追いついてこないのではという懸念が当てはまる形となりました。
【104円に迫るか!?】本日の7月雇用統計の先行指標&展望・予想まとめ【それとも暴落か】

予想をやや下回る。そして、冴えない賃金…

 それでは、7月雇用統計の数字からまとめていきましょう↓

■21:30 (米)7月雇用統計(雇用者数・失業率)
・非農業部門雇用者数
【予想】+23.0万人
【結果】+20.9万人
・失業率
【予想】6.1%
【結果】6.2%
・民間部門雇用者数
【予想】+22.7人
【結果】+19.8万人

雇用者数・失業率ともに予想を若干下回ってしまいました。ただし、非農業部門の雇用者数で6ヶ月連続+20万人増というのは、1997年以来となっており、米経済の回復は疑う余地のない状況です。しかも、前回分も上方修正されています。

てなわけで、17年ぶりの記録の出た今回の雇用統計については、雇用の量的な面で言えば、予想を下回ったとはいえ問題のないレベルでした。しかしながら、それでも上昇しなかったのは、やはり質的な面において冴えない結果となってしまったからでしょう。

具体的には、平均時給が前月比0.01ドル上昇して24.45ドルで、前年比では2%上昇とほぼ横ばいでした。事前予想では、平均時給が前月比+0.2%増、前年比+2.2%増と予想されていましたから、期待外れといった中身(´・ω・`)ショボーン

まぁやはりFRBも賃金上昇に関しては非常に重視していますし、これが上がってこないとインフレ期待・懸念も高まらず、早期利上げ観測といった流れにはならないため、なかなかドル買いを後押しするような材料にならないんですよね↓

sfx2079.png
↑雇用の質は相変わらず高まってこず、ドル買いの熱が冷めてしまいました。

まぁ(米)Q2GDPで熱を帯びていた相場にさらなる燃料投下となれば良かったのですが、結局は冷や水を浴びせる形となって、利益確定の売りに傾いてしまったような感じですヽ(TдT)ノアーウ…

また、労働参加率も前回から0.1ポイント回復して+62.9%となったものの、相変わらず歴史的な低水準は続いていますから、FOMCで指摘された「労働力の活用がなお極端に低い状態にある」ことが裏付けられる格好となっています。

う~ん、今回の雇用統計も量的には問題ないものの、質的にはまだまだという米労働市場を如実に表した結果になってしまったかもしれません。

まぁ今後もこの質の部分に注目が集まることになるかと思いますので、この辺を次回のためにもしっかり覚えておきたいところです。



トレード結果報告@DMM FX+5,400円(2勝1敗)
sfx2081.png

雇用統計なのにチマチマ抜いていくようなトレードで、こちらも何とも冴えない結果に・・・ヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。ウワァァァン まぁそれでもプラスなので良かったですが、ボーナスとはなりませんでしたね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ピボットサポートがあった102.50~102.60円台でそこそこ底堅さがあったので、まずは102円台後半での上下が続くと考えて、そのレンジを利用したトレードが1~2回目です。いずれもロング(買い)でエントリーしたものの2回目に失敗。

ちなみに3回目のトレードはそのサポートを割り込んだのでショート(売り)で入りましたが、急速に下がると思われたものの、意外としぶとかったので細かく決済して終了となりました。

また、その時のリアルタイムポジションツイッター実況はコチラ↓

ほぼ毎日こうやってトレードの際のリアルポジションについてつぶやいていますので、興味がある方はフォローお気軽にどうぞです(*´ω`*)フォローカエシマス ちなみにmixiもやってます♪
というわけで、雇用統計のFXトレードは+5,400円となり、今週の合計は+42,300円となっています。

う~ん、結局GDPボーナスは良かったですが、最終的にはまずまずといったレベルに落ち着いてしまいましたね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー 雇用統計で103円台にズドーンと花火を打ち上げてくれれば良かったのですが・・・。

仕方ないですけどね・・・。そしてこれから今週の相場のまとめと来週の展望についてまとめていきます。23時過ぎぐらいにアップすることになると思いますが、もうしばらくお待ちいただければと思います(;´∀`)


↓皆様の応援が励みです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!1日1回の応援ポチお願いします!

↓パンダちゃんにもポチっとな!ゆきママの元気UP!!٩(๑•̀ω•́๑)۶アーップ!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ご存知ですか?\_(・ω・´)コレジュウヨウ! 8月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三(((っ*´∀`*)っ[145,000]ユキチ×14.5マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ   1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感