月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【106円台も?】本日の8月雇用統計の先行指標&展望・予想まとめ【9月4日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [市場概況]

雇用統計で年初来高値も・・・なんて言っていたら、発表前に更新してしまいドル・円相場は2008年10月以来の約6年ぶりとなる水準まで上昇していますキタ━( ゚∀゚ )っ ━( ゚∀゚ )っ━( ゚∀゚ )っ ━!!!!

てなわけで、すでにボーナス相場気味の大暴騰を見せているドル・円相場ですが、今日はなんといっても21:30から(米)8月雇用統計(雇用者数・失業率)の発表がありますので、まずはその結果に注目したいところでしょうか。

内容次第では来月までに108円台に突入し、年末にかけて110円台の大台に達するといったエコノミストらの話もあるだけに、もしかしたら今日はビッグボーナス相場になるかもしれませんよね(b´∀`)ネッ!

てなわけで、この9月早々に大きなターニングポイントとなりそうなイベントについてについて、先行指標や展望などをまとめていきますので、最後までお読みいただければと思います。

前回のおさらい:質から考えると低調なパフォ

 まずは前回のおさらいを簡単にしていきます。やはり今回の動向を考える上で、前回の結果と値動きというのは参考になりますからね(b´∀`)ネッ!

■21:30 (米)7月雇用統計(雇用者数・失業率)
・非農業部門雇用者数
【予想】+23.0万人
【結果】+20.9万人
・失業率
【予想】6.1%
【結果】6.2%
・民間部門雇用者数
【予想】+22.7人
【結果】+19.8万人

前回は雇用者数・失業率ともに予想を若干下回る結果となっています。ただし、非農業部門の雇用者数で6ヶ月連続+20万人増というのは、1997年以来となっており、米経済の回復は疑う余地のない状況です。さらに、前回分も上方修正されました。

したがって、雇用の量的な面で言えば予想を下回ったとはいえかなり堅調な結果といえるでしょう。しかしながら、それでもドル・円相場が上昇しなかったのは、やはり質的な面において冴えない結果となってしまったことが挙げられます。

具体的には、平均時給が前月比0.01ドル上昇して24.45ドルで、前年比では2%上昇とほぼ横ばい。平均時給が前月比+0.2%増、前年比+2.2%増と予想されていましたから、前月比+0.0%という結果は低調というほか無いでしょう。

まぁFRBも特にイエレン議長を中心として、賃金上昇に関しては非常に重視していますし、これが上がってこないとインフレ期待・懸念も高まらず、早期利上げ観測といった流れにはならないため、なかなかドル買いを後押しするような材料にならないんですよね。

したがって今回も雇用者数や失業率といったメイン部分だけでなく、賃金上昇率労働参加率といった普段はサブ扱いの指標もしっかり確認しておく必要があるでしょう((φ(・д・。)ホォホォ

sfx2079.png
↑雇用の質は相変わらず高まってこず、ドル買いの熱が冷めてしまいました

前回の結果:
【予想は大当たり!】米7月雇用統計は17年ぶり6ヶ月連続+20万人増も賃金上昇なお冴えず【雇用統計のFXトレード結果】

期待感先行でハードル高め。鍵は賃金上昇率か!

 普段から経済指標を意識して確認している方はすでにご存知かと思いますが、今回は先行指標が非常に強めの結果となっています(`・ω・´)

以下が今回(8月分)の先行指標となります↓

雇用統計の先行指標 比較一覧
経済指標<速報値> 前回(7月) 今回(8月)
 新規失業保険申請件数(間近4週平均)  29.7万件 30.3万件
ADP雇用統計 +21.2万人 +20.4万人
ISM製造業景況指数(雇用部門) 58.2 58.1
ISM非製造業景況指数(雇用部門) 56.0 57.1
民間部門雇用者数 +19.8万人 +21.5万人(予想)
非農業部門雇用者数 +20.9万人 +23.0万人(予想)
失業率 6.2% 6.1%(予想)
※数字はいずれも速報値。は改善、は悪化を示しています。

まず、先行指標についてですが、前回から見るとやや悪化している感もありますが、そもそも前回が強すぎたという面もありますから、それを差し引いて考えれば今回もほぼ同等の結果となっているので、非常に強めということが言えるでしょう。

したがって、市場予想では非農業部門雇用者数が+23.0万人ということですが、これよりはすでにハードルが高めなのかもしれませんね(;´∀`)

これらのことを総合的に考慮した上で展望についてまとめておくと、雇用者数のポジティブサプライズの水準としては、+30万人に迫る雇用者数が求められてくるでしょう。

最低でも+20万人以上にはならないと一旦はネガティブ気味な反応を見せるかもしれません。まぁ+20万人を超えてくるようであれば、7ヶ月連続での20万人超ということでバブル期並といった声もありますので、まずはこのラインを超えれば一安心といったレベルでしょうか。

もちろん、+20万人以下となるようだと、強い結果を織り込んでの先高感もあってネガティブな反応を見せそうなので警戒が必要です。

失業率についてはあまり神経質になる必要は無いでしょう。この辺は労働参加率との兼ね合いもありますので、予想から±0.2%程度であれば、まずは問題の無い数字です。

そしてなんといっても的面が今日のキーポイントとなるでしょう。前回、雇用者数等がまずまずの結果だったのにもかかわらず反落したのは、労働参加率が+0.1%(62.9%)とほとんど横ばいだったことや、平均時給も+0.0%(24.45ドル)と全く伸びが無かったことが大きかったですからね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

イエレン議長も常々労働市場には緩みがあると指摘しているように、雇用者数が増えてもパートタイマーが多かったり、労働参加人口が少なかったりと質はまだまだ改善していないといった見方があります。

今回の予想では、平均時給が+0.2%(24.50ドル)と予想されていますから、まずはこれ以上の結果が求められるでしょう。これをしっかり上回ってくるようだと、イエレンの主張もそろそろ期限切れといった感じになってくるので、この数字もしっかり見ておきたいところでしょう。

てなわけで、雇用者数はもう+20万人を超えてくれば十分なので、ドル・円の値動きとしては労働参加率の伸び賃金の上昇にかかっているかと思いますので、こちらの結果もしっかりと確認しておきましょう。

そして、個人的な予想についてですが、今回も先行指標がかなり強めということもありますし、そろそろ賃金の上昇も見られて上値を伸ばす動きとなることを期待しています(∀`*ゞ)

結果が良ければ、106円までの余地は十分にあると考えているので、そういった値動きとなるよう祈っていますw ただ、もちろん弱めの結果となれば、これまでの先高感もあって週末ということで一旦は利益確定の動きが出そうな感じです。

また、あまりにも強すぎる結果となってしまった場合には、株価が大きく値を下げることが予想されますので、そういったパターンも頭に入れておきましょう((φ(..。)カキカキ

まぁ予想についてはあくまでも個人的なものになります。なんといっても蓋を開けてみるまでわからないのが雇用統計ですから、結果をしっかり確認した上でトレードしていただければと思っています。


う~ん、大体こんな感じでしょうか、もちろんゆきママも参加予定ですから、いつものようにツイッターで実況していきますので、どうぞよろしくお願いします(ノ´∀`*)

発表の5分前からPCの前に待機して、アメリカの労働統計局のHPでF5(更新ボタン)を連打しながら結果が出るのを待ちたいと思います(。・Д・)ゞレンダシマス!!

労働統計局:http://stats.bls.gov/news.release/empsit.toc.htm

それから最後になりますが、各FX会社で雇用統計に関するリアルタイムのオンラインセミナーも開催されていますので、お知らせしておきます(∀`*ゞ)

 外為どっとコム雇用統計 全員集合!(21:00~21:35)』

 JFX「MATRIX TRADER」雇用統計Live!(21:00~22:00)』

いずれも雇用統計に見所や予想などについての解説や、結果などについてリアルタイムで教えてくれます。こういったオンラインセミナーが各社で用意されていますので、初心者の方などは一度参加してみると面白いかもしれません(*´∀`*) ゆきママも結構参加して楽しみながら雇用統計を見ていますので、オススメですよ♪


↓皆様の応援が励みです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!1日1回の応援ポチお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチっとな!ゆきママのやる気UP!!٩(๑•̀ω•́๑)۶アーップ!!


知っていますか?\_(`・ω´・+)コレダイジ! 9月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三((っ`・ω・´)っ[145,000]ユキチ×14.5マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【まとめ】日銀・黒田総裁「消費増税の先送りはリスクが大きい」【9月4日の日銀・金融政策決定会合】 [市場概況]

増税後に経済情勢が大きく弱まったのに、それでも再増税なんでしょうか・・・(´;ω;`)クロダッチ… もはや意味不明というかなんというか・・・。

理論としては再増税を先送りすると、市場から政府の財政健全化への姿勢に疑念が持たれて国債の信頼が失われるといった黒田総裁のお話でしたが、景気が下ブレして税収が落ち込めば同じことだと思うんですけどね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

まぁわかりきってはいますが、消費税10%確定ということで・・・\(^o^)/オワタ

成長の下振れ認めるも、強気な姿勢は崩さず

 今日の黒田総裁は景気の下ブレについて一定の理解は示したものの、一時的なもの」として相変わらずアグレッシブな感じでしたね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

まぁ今回もいつものように金融政策発表と黒田総裁の記者会見の中身について振り返っていきたいと思います。

まず、当面の金融政策については、予想通りの現状維持となっています↓

■12:07(日)日銀・金融政策発表(要旨)
・資金供給量(マネタリーベース)を年間60~70兆円増加させる(据え置き)
・(海外経済)一部に緩慢さを残しつつ先進国を中心に回復している(据え置き)
・(景気判断)駆込需要の反動あるが、基調的には緩やかな回復(据え置き)
・(輸出)弱めの動きとなっている(据え置き)
・(住宅投資)駆け込み需要の反動減が続いている(下方修正

ほぼ全くの据え置き判断となっています。ただし、住宅投資については「駆け込み需要の反動減が続いている」と下方修正されました。

あまりに予想通りの内容となったので、株価も為替も目立った値動きはなく、この後の記者会見待ちといった雰囲気になりました。

そして注目の黒田総裁の記者会見は以下のとおり

■15:30~(日)黒田日銀総裁会見(要旨)
昨年4月の予想より成長率が下振れしたのは事実
・家計・企業部門の好循環のメカニズムはしっかり働いている
・(下振れは)実質所得の減少・天候要因の影響もあるが、いずれも一時的
・(物価は)今年度後半から再び上昇し、14~16年度中頃に2%程度に達する
・(増税先送り)市場から疑念を持たれると、政府・日銀として対応しようがない
・(再増税で景気が落ち込んだ場合は)財政・金融政策で対応できる

一応は景気の下ブレを認めたものの、相変わらずこれまでと同様のシナリオを描いており、2015年度に物価上昇率が2%に達するとの見解を示しています。ややトーンは変わりつつあるような感じもしますが、強気姿勢は変わらずといったところでしょうか。

このときの値動きとしては、黒田総裁が始めて経済情勢の弱さについて言及したこともあり、やや円売りに傾きましたが、ほぼ無風通過となっています↓

sfx2192.png

それから驚いたのは、なんといっても再増税を強く支持している点ですね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー これまで安倍首相が増税へ消極的なのではないかといった見方もあっただけに、この発言は大きいような気がします。

要するに簡単にまとめると、景気が弱含んだ場合は金融政策で対応できます。しかしながら、増税を先送りしたことで財政赤字が膨張し、日本国債に対してマーケットからの信認を得られなけなれば長期金利が上昇してしまいます。

したがって、日銀が量的緩和(QE)によって大量の国債を購入したとしても、金利の高さから財政の悪化が見込まれて、金利の上昇を招くため、QEといった金融政策が行えなくなってしまうため、政府・日銀としても手の打ちようがなくなってしまうということですね。

まぁ理論的にはわかるのですが、税収が減ってしまっても財政の健全化が進まないため、増税をしたからといって国債に対する信用が高まるというわけではないと思うのですが・・・ヾ(゚Д゚ )ォィォィ 歳出削減というのも1つの方法なはずですし・・・。

結局のところは増税ありきなんでしょうか。難しい問題ですが、個人的にはやや納得の行かない論理になっているような気がしますヽ(`Д´)ノ


とまぁ昨日の日銀イベントについてはこんなところでまとめておきます。そして今日はいよいよ雇用統計ですね(b´∀`)ネッ! 夜には先行指標の結果などとともに、展望や予想などをアップさせていただきますので、どうぞよろしくお願いします(ノ´∀`*)


↓皆様の応援が励みです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!1日1回の応援ポチお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチっとな!ゆきママのやる気UP!!٩(๑•̀ω•́๑)۶アーップ!!


知っていますか?\_(`・ω´・+)コレダイジ! 9月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!
     スススッ…三((っ`・ω・´)っ[145,000]ユキチ×14.5マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  1,000通貨対応!外為どっとコム紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細で確認できますので、ご確認下さい。)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感