月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【簡単解説】2015年の為替相場を大胆予想してまとめてみた(*´ω`*)~今年の戦略と狙いとは~ [市場概況]

というわけで、以前に予告していたように今年の為替相場について考えておきたいと思います。もちろんドル・円中心ではありますが、一応は為替全体動きについてまとめていきますので、どうぞ最後までお読みいただければ(ノ´∀`*)

ちなみに、実は去年も同じような記事を書いていたんですよね(b´∀`)ネッ! ゆきママは年末までに1ドル=115~120円台に達すると予想していましたが、当時は1ドル=110円程度が主流でこういった大胆な予想をするエコノミストは、国内では皆無といって良いほどでした(∀`*ゞ)エヘヘ

関連記事:
【解説】2014年の為替相場を大胆予想してまとめてみた(*´ω`*) ~2013年の回顧と今後の展望~

いきなり自画自賛ですが、やはり時にはゆきママの予想も当たることがありますので、少しはお役に立てているのかなと・・・w

去年のドル・円相場は1ドル=100~121円!

 そんなわけで、まずは去年のドル・円相場を振り返っていきましょう↓

sfx2595.png
↑2014年のドル・円チャート。1ドル=100.75~121.84円での値動き。

去年は序盤から中盤にかけてはかなりモタつきを見せましたが、10月末に日銀による更なる緩和策の導入から円売りブーストが働き、その直後にFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ期待からドル買いブーストが作用するという流れになりました。

ただ、円売りとドル買いのどちらが強かったかと言えば、日銀の追加緩和が上昇に弾みをつけたことは間違いないものの、主要通貨に対するドル指数の上昇率は1997年以来、17年ぶりの水準になっており、どちらかといえばドルの一人勝ちといった相場だったのかもしれません((φ(・д・。)ホォホォ

いずれにせよ、円安・ドル高という相場の中で、ユーロ安も目立ちましたね。これには何度も書いているように金融政策のスタンスの違いも大きいですが、EU圏の経済情勢の悪化や政局不安なども強く影響しています。

特にロシアのクリミア侵攻を皮切りに、全体として大きく揺れ動く1年となったと思います。こういった不安感が消費に与えた影響というのは少なくないでしょう。

てなわけで、去年2014年の流れとしては円安&ユーロ安・ドル高というのが非常に強まった1年でした(*´ω`*)

2015年も基本的な流れは変わらないけども…

 そして、今年2015年の為替相場について考えていくと、基本的には去年の流れを踏襲することになるでしょう。

むしろ、近い将来にECB(欧州中央銀行)が国債購入を伴う形での量的緩和を実施するとされていることや、日本も物価上昇が1.0%を割り込むことから年内の追加緩和が見込まれる中で、一段と主要各国の金融政策の違いが明確になることから、流れが加速することも十分ありそうです。

ヘッジファンド・ファイナンス各社がいろいろと予想をしていますが、強気なものを見ていけば2015年末に1ドル=150円といった声や、1ユーロ=1ドルというフラットまでユーロが下落するといった指摘もあります。

予想の中心としては1ドル=130円1ユーロ=1.10ドルとなっていますが、結局のところ去年と同じく円安&ユーロ安・ドル高が進むといった見解で一致しています(゚▽゚*(。_。*)ウンウン

また、気になる意見として今年は荒れた相場になるといった見方が比較的多く見られます。理由としては、特に米国の利上げが相場を上下に動かす要因となるのではないかとされています。

例えば、去年・一昨年もそうでしたが、いざ緩和縮小や利上げといった金融の引き締めに着手するとなると、それまで十分織り込み済みだったのにも関わらず、直前にはリスクオフ(回避)の動きに傾いて、相場が巻き戻されることがあります。

なので、もちろん金利の引き上げはドル高(円安)要因ですが、市場参加者のマインドの変化によって相場がリスク回避の円買いといった動きに傾くパターンについては覚えておきましょう。

個人的には最大で10~15円程度の巻き戻しがあると考えていますから、今年の6~7月頃に行われるとされる米国の利上げを巡って、この直前の4~5月頃からの値動きについては特に警戒しておく必要がありそうです。

リスク要因は中国?政策スタンスの変化に注意

 また、今年のリスク要因についていくつか注目ポイントを挙げていくと、1つは先ほども書いたFRBの大きな動きに左右されることになりそうです。

これまで、2015年半ばに利上げをするための地ならしをしてきたわけですが、直前になると流石に市場にも動揺が走ると考えられますので、これをどう落ち着かせるかイエレンFRB議長の手腕が問われることになるでしょう。

あまりに急激に金利が引き上げられることになれば、市場も急激なリスクオフムードに見舞われそうですので、この辺はしっかり見ておく必要があるでしょう(;´∀`)

ちなみに、ここ最近話題となっている原油安については、差し引きでメリットの方が大きいとされていますが、1バレル=50ドルが割り込んだ状態が続けばロシアのデフォルト(債務不履行)リスクが高まるといった指摘もありますから、原油価格とロシア、さらには産油国の状態については警戒しておく必要があるでしょう。

そして、最大のリスクとしては問題が山積している中国が挙げられるでしょう。直近の中国の不動産市場は経済が大きく停滞したEUよりも悪化しているという現実があります。

もちろん、これは中国政府が意図的に行っている政策(不動産バブルを抑えている)の影響によるものなのですが、あまりに急激に下がり過ぎたため最近になってテコ入れを行ったりと、一見矛盾した政策を行いながら必死にバランスをとっている最中です。

また、去年春ごろにはシャドーバンキング問題に伴い、信託商品のデフォルトが叫ばれたりする時期もありました。これに関しても、中央政府が補填を行うことでなんとか連鎖的な破綻を防いでいるといった状態なんですよね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

というわけで、実は中国の実体経済というのは我々が考えてる以上に深刻ではあります。まぁ2015年中に急速に景気が大きく下振れするリスクはあまりないとされてはいますが、万が一、中国が経済の舵取りに失敗して住宅市場が混乱したり、連鎖的な破綻により中国の大手銀行が痛手を負うことがあれば、中国版リーマンショックが現実化することになりますから要注意でしょう。

新興国は受難の年か?結局は今年もドル買い!

 そして、ここまでの話を総合すればお分かりでしょうが、結局は今年もドルを買うしか無いのかなと考えています(゚ω゚)(-ω-)(゚ω゚)(-ω-)ゥィゥィ

まぁゆきママも何度も予告しているように、対円だけでなく対ユーロなどについてもドルを買っておくことがリスクの分散につながりそうですね↓

sfx2623.png
↑2014年のユーロ・ドルチャート。半ば以降急速にドル買いが高まりました。

今日の記事でも書きましたが、ゴールドマン・サックスが今後のユーロ相場の見通しを大幅に引き下げましたし、また、2015年のトレードアイディアとしても「さらなるユーロ安に備えよとのことでしたから、こういった格言も1つ参考になるのではないでしょうか(ノ´∀`*)

関連記事:
【1ユーロ=1ドル時代へ】ゴールドマン・サックスがユーロ相場の見通しを大幅下方修正!

ユーロ・ドル  取り扱いFX会社 上位比較一覧
会社名 スプレッド 買いスワップ 売りスワップ
外為どっとコム 0.5pips(原則固定) -14円 +6円
GMOクリック証券 【FX】 0.5pips(原則固定) -18円 +15円
DMM FX 0.5pips(原則固定) -2円 +2円
FXトレード・フィナンシャル 0.5pips(原則固定) -11円 +11円
YJFX! 0.6pips(原則固定) -13円 +12円

ユーロ・ドルのスワップポイントを簡単に比較してみたのですが、意外なところでGMOクリック証券 【FX】が強いんですねφ(`д´)カキカキ まぁ他の通貨ペアなどを比べるとYJFX!も有力ではありますが、ことユーロ売り・ドル買いの中長期的ポジションを持つのであれば、オススメと言えるかもしれません。

それから、今年の新興国通貨はどうかというと、少し厳しいといった見方が多いですね。やはり、アメリカが利上げするとなれば新興国からの資金の引き上げも発生する可能性が高く、また、ここ最近の新興国経済そのものが低調なのもあり、大きな上昇は見込めないのではないかという声が強いです。裏を返せば、大きく下がった場合は買い・・・なんでしょうけどね(ΦωΦ)フフフ…

大体こんなところでしょうか。最後に、ゆきママの2015年末のドル・円相場の想定レートは1ドル=130円としておきたいと思いますので、1年後の答えあわせをお楽しみに!それではまた(*゚ー゚)ノシ マタネー♪


↓♪あけおめ(*´д`人´д`*)ことよろ♪1日1回の応援ポチお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓クマちゃんにもポチっと!ゆきママのやる気がUPします!( ✧Д✧) カッ!!


お年玉!】 (๑•﹏•)いつやるか?ლ(ಠ_ಠ ლ)今でしょ!
1月ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると限定キャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)がもらえるのでこの機会にどうぞ!

 スススッ…─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ[186,000]ユキチ×18.6マイゲット!! ↓↓↓

  ゆきママ×DMM FX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×外為ジャパンFX紹介&解説記事へ
  ゆきママ×インヴァスト証券「シストレ24」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXトレード・フィナンシャル紹介&解説記事へ
  ゆきママ×YJFX!紹介&解説記事へ
  ゆきママ×JFX「MATRIX TRADER」紹介&解説記事へ
  ゆきママ×ヒロセ通商紹介&解説記事へ
  ゆきママ×マネースクウェア・ジャパン紹介&解説記事へ
  ゆきママ×FXブロードネット紹介&解説記事へ
  1,000通貨対応!外為どっとコム 紹介&解説記事へ
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、当ブログのバナーキャンペーンの詳細から、お確かめ下さい。)