月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【値上げの夏に備える】1万円で始める! 小額資金で取引できるFX+シストレ会社についてまとめてみた! [FX業者情報&キャッシュバックキャンペーン]

以前にも記事にしましたが、今年4月頃から小麦やパン、マヨネーズ、ハム、ツナ缶、納豆などなどありとあらゆる食品の値上げが続いており、今月7月もロッテが41年ぶりに主力チョコレートの値上げを実施するなど、この流れが止まりません!

さらに食品だけには止まらず、関東を中心に中堅レジャー施設が駐車場料金を引き上げたり、有料エリアを拡大するなどして、実質的な大幅値上げに動いています。例えば、よみうりランドやとしまえんでは駐車料金を以前の500円から1500円と3倍にしています∑(´□`;) ヤメテー!!

couple_kakei.png
↑レジャーも値上げラッシュで、一段と頭を痛めている方が多いのでは…。

まさに値上げの夏となっているわけですが、何度も書いているようにアベノミクスそのものがインフレ・円安政策に他なりませんから、文句を言っても仕方がありません。安倍政権が続く限り、この流れはしばらく続くことになるでしょう。

今年1月の段階でシンガポールや欧州のファイナンス誌から2015年末の予想レートとして1ドル=150円といった声もあったほか、ここまで極端ではないもののあの有名なゴールドマン・サックス2015年末の想定を1ドル=130円としていました。

やはり円安が続く中で円資産にだけ集中しておくのはかえってリスクになりますから、富裕層のように円資産のウェイトを下げてリスクの分散するということも考えておきたいですね(*• ̀ω•́ )b グッ!

【解説】FXは安全?円安相場でFXを外貨預金の代わりに利用する富裕層が増加中!その秘密とは…

また、円安と同時にインフレも発生していますから、円しか持っていない人にとってはダブルで大ダメージとなってしまいます。すでに、多くの方が資産防衛を念頭に置きながらFX投資を行っている現実もありますので、ぜひぜひこの大相場を利用しては如何でしょうか?

それから、今現在のFXというのは、1万円程度の少額資金でも十分トレードすることができますので、今日は1,000通貨に対応したFX会社についてまとめつつ、何故いまFXを始めるのかについて解説しておきたいと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


【今週の為替相場展望】上海株8%超の暴落でブラックマンデー!焦点はFOMCですが…【7月27日のポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

まさかのおはぎゃあスタートですね(´;ω;`)ブワッ ご存知のように、本日の香港株式市場では上海総合指数が大暴落し、−8.48%という大幅安。これは2007年2月以来、8年5ヶ月ぶりの下げ幅となっています。

先週末に発表された7月の中国製造業購買担当景況指数(PMI)が1年3ヶ月ぶりの低水準になっていたこと、6月の中国主要工業利益の低下に加え、中国当局が今月始めに導入していた株価対策を打ち切る可能性があるといった報道がなされたことで、まさにパニック売りの様相を見せました(lil゚ω。ノ)ノヒィィィィ(((怖)))

sfxmnpc0597.png
↑「うそっ・・・また株価下がってる・・・」って感じのお爺ちゃん。

メルマガなどで、中国株の見通しは決して明るくないと書いていましたが、その通りの結果となりましたね。まぁやはり信用取引主体で暴騰していた背景があるので、一旦下がってしまうと取引資金があっという間に枯渇してしまい回復することもないんですよね(。-д-)(-д-。)ネェー

というわけで、今朝の株価暴落の影響を受けて為替相場も巻き戻しが進んでいます。まぁ今週は兎にも角にもFOMCが最大の焦点となりますので、一段と株価が下がらなければ影響は限定的と考えられますが・・・。

とりあえず、今日もテクニカル&ファンダメンタル分析を行いつつ、今週の為替相場の展望について考えていきますので、どうぞよろしくお願いします。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!