月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【最大28,000円キャッシュバック!】取引通信簿で勝つためのトレードを身につける!DMM FXの紹介&口座開設キャッシュバックキャンペーン攻略【ゆきママの主要取引業者!】 [DMM FX]

ゆきママがいつも取引していることでもお馴染みのDMM FXFX口座数国内第1位(※)となりました(*´∀`p〃qパチパチパチ

※1. 2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
※2. 2016年2月2日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

多くの読者の方から、なぜ使っているのか質問されることがあるのですが、その理由は取引通信簿というツールが利用できるからなんですね。

sfxmnpc1571.png
↑取引通信簿で自分のトレードを分析し、苦手を克服・得意を磨きましょう!

この取引通信簿を使うと取引データを多角的に分析し、かつ視覚的に捉えることができます。通貨ペア毎の勝率などもわかりますので、自分の得意、あるいは苦手なトレード手法も知ることができるので、ストロングポイントを一段と伸ばしたり、弱点を克服して収益性を伸ばすことが可能になっています。

やはりFXでは特に負けたトレードを見直して修正するという作業が必須ですから、こういったオリジナル機能をしっかり活用して、収益性の向上に努めたいところでしょう。

さらに、今ならゆきママ書き下ろしのオリジナル為替レポート最大28,000円がもれなくもらえちゃいます(*′□`(*′□`*)′□`*)スッゲ-!!!

↓ゆきママのブログでは最大28,000円限定レポートGETできます!↓

このオリジナル為替レポートはFXを始める際に必須の知識や、ゆきママ流のトレードテクニックなどが満載ですので、ぜひぜひお読みいただければと思います。

というわけで、今日はDMM FXの紹介とお得な口座開設キャッシュバックキャンペーンについてまとめましたので、ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

※この限定キャンペーンの申し込み締め切りは8月31日までとなっていますので、口座開設申し込みだけはお早めに!まだまだ間に合います(*‘ー‘)ゞ

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【円高】ドル・円急落!米国の年来利上げは是か非か?今日は要人発言に注目【10月15日のポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

先ほどから始まった欧州市場は株価が堅調なのにも関わらず、円高に傾いてしまっています。為替相場全体で見るとドル売りというより、円買いの向きが強いと思うのですが、この値動きの要因をはっきり求めるのはちょっと難しいですね(。-д-)(-д-。)ネェー

一応、昨夜の米国指標の下振れからの年内利上げ後退観測が挙げられてはいるのですが、ユーロ・円などを見ていると、それだけでは説明がつきませんからね。まぁこのところ異様な底堅さの続いていたこともあり、その反動も加わっているのかもしれませんが・・・。

そして、118.00円ラインというレンジ下限を抜けそうな中で、今晩はインフレ指標の他に多くの連銀総裁の発言機会が予定されていますので、それらの結果次第ではさらなる円高もあるかもしれませんので要注意です\(`・ω・´+) ココチュウイ!

sfxmnpc0874.png
↑政策決定に大きな影響力を持つダドリーNY連銀総裁には特に注目!

というわけで、昨日から今日にかけて大きく下落したドル・円相場を振り返ると、昨日(14日の東京市場は、1ドル=119.40〜119.70円台でやや軟調な推移でした。日経平均の下落につれてドル・円も押し下げられる展開となっており、株価を睨んでの弱めの動きが続きました。

海外市場は、1ドル=118.60〜119.60円台で1円幅の下落となりました。欧州市場では、東京市場の流れを引き継いで欧州株が値を下げていたことで、ドル・円もジワジワと押し下げられています。

NY市場では、序盤に発表された(米)9月小売売上高の弱い結果を受けて、NYダウの下落とともにドル・円も大きく値を下げました。また、(米)地区連銀報告でもドル高が懸念されていたことや、NYダウや米長期金利(10年債利回り)も続落となったことでドルが売られ、トリプル安商状となっていました。

今日はストップロスを巻き込みながらガンガン下値を切り下げています。もしかすると、底堅さの要因として指摘されていた公的機関の大規模な買いが終わってしまったのかもしれません。

いずれにせよ、目先では下値に警戒する展開となりそうですので、その辺を踏まえつつ今日の要人発言のポイントとともに今後の値動きについて考えていきたいと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感