月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【米感謝祭】来月ECB理事会での追加緩和を織り込み?休暇で小動きとなるもユーロ売りは相変わらず継続中!【11月26日のポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

今日はサンクスギビング・デー(感謝祭)ということで、米国を中心に参加者が大きく減少しており、全体的に小動きとなっています。

ただ、相変わらずユーロは売り込まれており、ユーロ・ドルは昨晩1.06ドルを割り込んでいます。この辺は12月3日に予定されているECB理事会を睨んだ動きもありそうですね(о`・ω-)(-ω・`о)ネー

sfxmnpc0974.png
↑感謝祭を翌日に控えた昨日はホワイトハウスで恩赦式がありました。

ECBによる追加緩和については後ほどまとめておくとして、昨日から今日にかけてのドル・円相場について振り返っていくと、昨日(25日の東京市場は、1ドル=122.20〜122.50円台で狭めのレンジ内で上下。序盤こそ高値をつけたものの、日経平均が弱めの動きとなったことでドル・円も下押されてしまいました。

海外市場は、1ドル=122.20〜122.90円台で急反発する場面もありました。欧州市場では、来月のECB理事会での追加緩和に絡んだ報道があり、ユーロ売り・ドル買いの流れが強まり、ドル・円にもその動きが波及して大きく上昇しました。

NY市場では、注目の(米)10月PCEコア・デフレーターが予想を下回り物価上昇圧力に相変わらずの停滞感が見られたものの、賃金の上昇などは顕著だったことが下支えとなり、その他(米)新規失業保険申請件数や(米)10月耐久財受注の好結果もあって高値をつけました。ただ、123円台には乗せきれず反落しています。

今日は調整モードとなっており、大きな値動きはありません。まぁ今日明日はこういった傾向が続きそうですが、ある意味で注文が薄くなっている分、今をときめくトルコとロシアなどによってリスク懸念が高まれば急な動きが出る可能性もありますので、念のためご注意をΣ(〃゚ω゚pq)ドキッ…

そして、冒頭でも書いたように市場は来月3日に予定されているECB理事会での追加緩和を織り込みつつあるようです。その辺を踏まえて、今日はユーロ・ドルの目先の戦略についてまとめておきますので、気になる方はぜひお読みいただければと思います。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【第3次世界大戦へ?】トルコとロシアの対立の背景と今後の相場に与える影響を解説してまとめてみた【FXを始めるなら外為どっとコム】 [外為どっとコム]

シリアとトルコの国境付近で、ロシアのSu-24爆撃機が領域を侵犯したとして撃墜したとトルコ側が発表したことで、緊張が高まりました(∩´﹏`∩)センソウコワイ…

ロシアのプーチン大統領はトルコをテロリストの共犯者と名指しで批判し、このような犯罪をわれわれは決して許さないと述べるなど対決姿勢を強めています。

sfxmnpc0973.png
今年1月のプーチンとエルドアン。両者が対立を深めるのは何故か?

一部で第3次世界大戦といった声もありますが、プーチンは現実的で冷静な人物なので、そういったゴタゴタに発展する可能性は極めて低いでしょう。逆にトルコのエルドアン大統領は、激情家で独裁色が強いため、もし心配するならどちらかといえばトルコ政府の動向を見ておいた方が良いのかなとは思います|_・)ジーッ

というわけで、多くの方からトルコとロシアの関係や今後について質問が多く寄せられましたので、この問題の背景や今後の相場にどのような影響をもたらすかについて解説してまとめていきます。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感