月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【業界初!】DMM FXがLINEでのユーザーサポート対応!ゆきママも実際にやってみました(●´ω`)b【限定タイアップキャンペーン実施中!】 [DMM FX]

驚きのサービスがDMM.com証券で提供されているのをご存知でしょうか?ナントナント、あのLINEによるカスタマーサポートを行っていますヽ(o′エ`(o′エ`o)′エ`o)ノスゴ━イ!!!

導入は超簡単!LINEを開いて「その他」から「友だち追加」を選択し、ID検索から「@sec.dmm.com」と入力して追加するか、以下のQRコードを読み取って追加するだけでOKです!

sfxmnpc2278.png
↑このQRコードを読み取って友達に追加することもできます。

もちろん、業界初の試みとなるわけですが、電話だと混み合っている時間帯はなかなか繋がらなかったり、メールはメールで少しかしこまった感じで問い合わせなければいけなかったりと、どちらもちょっと面倒さがありましたよね(*´ -`)(´- `*)ネー

しかしながら、LINEであればアプリを立ち上げ、友達感覚で気軽にメッセージを送るだけで質問することが可能となるわけです。しかも、後ほど詳しく解説しますが、レスポンスも超早いですからねw

また、読者の方から「FXを始めたいけどやり方がわからない」「質問できる相手がいない」といった声を頂くことがありますが、このLINEサービスは口座を開設する前でもサポートを受けることができるので、ちょっとでも疑問があったら問い合わせてみましょう(-∀-。)ノ'`ィシツモンデス!

↓ゆきママのブログの専用バナーから口座開設、限定レポートをGET!

てなわけで、ゆきママも早速このLINEからサポートに質問してみました!今日は実際にやってみた感想などを含めてまとめていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【リスクオン?】中国GDPは25年ぶりの低水準も市場には安心感が広がる【1月19日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

午前に発表された(中)10-12月期四半期GDP+6.8%と事前予想を0.1%下回ったものの、それほど悪くはない数字ということもあってか、市場は概ね好感して株価が買い戻される展開となっています((安*´∀`pqヨカッタpq´Д`*心))

まぁこれで中国の昨年1年間のGDPの伸び率は前年比で+6.9%と25年ぶりの低水準となりましたが、とりあえずは一安心といったところなんでしょう。懸念が異常に強まっていましたからね。

エコノミストは依然としてこの結果に懐疑的な見方を強めているものの、今の相場で問題となっているのは本質的な部分ではなくまさに雰囲気なので、あまり関係ないでしょう。

sfxmnpc1164.png
↑25年ぶりの低水準となったものの、中国の覇権は続くのか?

いつものように昨日から今日にかけてのドル・円相場を振り返っておくと、昨日(18日の東京市場は、1ドル=116.60〜117.30円台で小高く推移した。週明けは比較的落ち着いた推移となっており、中国の株価が反発してわずかに人民元高となったこともあって、ややドルが買い戻されました。

海外市場は、1ドル=117.00〜117.40円台での小動きでした。欧州市場では、株価の上下に対して神経質な動きを見せ、レンジ内での上下となりました。NY市場はキング牧師の誕生日(祝日)で休場となっており、参加者の少ない中で小動きを続けていました。

今日は冒頭でも書いたように、中国への過度な懸念が後退して株価とともに反発しています。まぁ株価の戻りが限定的な中で比較的しっかりとしていますから、今後、株価が急騰する場面では大幅な上昇が期待できるかもしれませんね。

とりあえず、今回の中国GDPに対するエコノミストの見方や今後の展望についてまとめておきますので、興味がある方はぜひお読みいただければと思います(*´▽`*)ノ))

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感