月間記事一覧:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続):So-netブログ
【初心者OK】GWに始める?FXキャッシュバック【4&5月完全版】
 シストレ口座を徹底比較まとめ!〜24時間の自動売買で相場を攻略〜
 【1万円からはじめるFX】ゆきママのFXオススメ業者ランキング

ブログお引越しますた!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ
https://yukimama.net/fks/
時代はビットコイン投資!ゆきママが暗号通貨・仮想通貨をやさしく解説するブログ
https://btcmama.net/

【1,000円から始められるFX】深キョンのCMでお馴染み!安心のFX会社♪

【ストラテジー完全公開】シストレ24でゆきママがリアルに運用中!

MT4対応!ゆきママ参考の未来チャートが使えます(o'ヮ'o)♪

初心者OK!ゆきママオススメ会社&キャッシュバックキャンペーン【9月版】

会社名(詳細確認はコチラ↓) 限定商品 条件(解説はココ↓)
DMM.com証券 現金4,000円&
特製レポート
新規1Lot取引
外為ジャパンFX 現金3,000円 新規1Lot取引
インヴァスト証券「シストレ24」 現金3,000円&
特製レポート
(NEW)1往復取引
アイネット証券(ループイフダン) 特製レポート (NEW)10万円入金
みんなのFX 特製レポート (NEW)10万円入金
+5Lot取引
FXプライム byGMO 現金3,000円 (NEW)3万通貨取引
JFX「MATRIX TRADER」 現金1,000円 (NEW)1万通貨取引
FXトレード・フィナンシャル 現金2,000円 (NEW)初回取引
FXブロードネット 図書3,000円 1万通貨取引
ヒロセ通商 現金1,000円 1万通貨取引
お月見9月 今月も超お得なFXのキャッシュバックが実施され、ゆきママのブログで合計9社特別キャンペーン実施中!いずれも1回取引といったクリアしやすい条件なので、初めての方にもオススメo゜o(´ω`)オダンゴオイシ

【取引通信簿】トレード分析ツールで勝利を掴む!国内口座数第1位のDMM FXの紹介&口座開設キャッシュバックキャンペーン攻略【ゆきママの主要取引業者!】 [DMM FX]

ゆきママがいつも取引していることでもお馴染みのDMM.com証券FX口座数国内第1位(業界初の50万口座突破!)となりました(*´∀`p〃qパチパチパチ

※1. 2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
※2. 2016年2月2日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

多くの読者の方から、なぜ使っているのか質問されることがあるのですが、その理由は取引通信簿というツールが利用できるからなんですね。

sfxmnpc2262.png
↑取引通信簿で自分のトレードを分析し、苦手を克服・得意を磨きましょう!

この取引通信簿を使うと取引データを多角的に分析し、かつ視覚的に捉えることができます。通貨ペア毎の勝率などもわかりますので、自分の得意、あるいは苦手なトレード手法も知ることができるので、ストロングポイントを一段と伸ばしたり、弱点を克服して収益性を伸ばすことが可能になっています。

やはりFXでは特に負けたトレードを見直して修正するという作業が必須ですから、こういったオリジナル機能をしっかり活用して、収益性の向上に努めたいところでしょう。

さらに、今ならゆきママ書き下ろしのオリジナル為替レポート最大28,000円がもれなくもらえちゃいます(*′□`(*′□`*)′□`*)スッゲ-!!!

↓ゆきママのブログでは最大28,000円限定レポートGETできます!↓

このオリジナル為替レポートはFXを始める際に必須の知識や、ゆきママ流のトレードテクニックなどが満載ですので、ぜひぜひお読みいただければと思います。

というわけで、DMM.com証券の紹介とお得な口座開設キャッシュバックキャンペーンについてまとめましたので、ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ECB見所】テーパリング観測が焦点!株へのストレス度合いが鍵か?【10月20日の為替相場ポイント&重要指標まとめ】 [本日のポイント&重要指標]

今日は大統領選挙が午前中にありましたが、ヒラリーの優位は揺るがずでしたね。得意のはずの乱打戦でもなかなかヒラリーを攻略できず、逆に利用されてしまった感があります。最近は情けなさが目立っており、トランプの大統領への道はより険しくなったと言えるでしょう(乂∀・)┌┛)`д) ;∴コトワルキック!!

そして、今日はECBイベントがあります。20:45に(欧)ECB金融政策発表、21:30に(欧)ドラギECB総裁定例記者会見が予定されています。まぁ政策については現状維持となるでしょうが、ドラギ総裁の会見では突如として報じられたテーパリング(緩和縮小)観測について、どういった見解が示されるかが注目されています。

sfxmnpc2068.png
↑(スーパー)マリオ・ドラギと呼ばれていた時代が懐かしいです…。

これまでのドル・円相場についてまとめておくと、一昨日(18日の東京市場は、1ドル=103.60〜104.10円台で小じっかりとした右肩上がりの展開でした。序盤こそ押し下げられたものの、日経平均株価の上昇に合わせ、その後は素直な足取りに。

海外市場は、1ドル=103.70〜104.10円台のレンジ内での上下でした。欧州市場では、104円台での重さが意識されたのか、一旦は反落。ただし、欧州株が堅調な推移だったこともあって底堅さは変わらず、再び値を戻しました。

NY市場では、序盤に発表された(米)9月消費者物価指数のコア指数が予想を下回ったこともあってドル売りが強まりましたが、原油価格の上昇から5か月ぶりの伸びとなったことが評価されたのか、再度反発して高値をつけました。しかしながら、その後は伸びきれず、米長期金利(10年債利回り)の低下とともに押し下げられて取引を終えています。

昨日(19日の東京市場は、1ドル=103.50〜103.90円台で材料待ちといった雰囲気も漂い始めていました。日経平均株価がほぼ横ばいの中で、ドル円もモミ合いといった雰囲気でしたが、上値の重さが嫌気されたのか徐々に下を試す動きに。

海外市場は、1ドル=103.10〜103.60円台で軟調な動きとなりました。欧州市場では、序盤から下を試す動きが鮮明となっており、一目均衡表の雲上限を割り込んだこともあり、下値試しが鮮明となりました。NY市場では、原油高に下値を支えられる格好で、反発して取引を終えています。

今日は小じっかりといった感じですね。日経平均の大幅高がリスクオン(選好)ムードを作り出しており、まずまず上値を伺う展開となっていますが、104円タッチがせいぜいなのかなといった感もあります┗(; -`д-)┛オモー

というわけで、今日はタイトルにもあるように、ECBイベントの見所やポイントについて解説しつつ、ドル円はもちろん、ユーロなどの展望についても解説させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

…続きはコチラから( *・ω・)っクリック!


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感